深井 朋樹

J-GLOBALへ         更新日: 10/04/14 10:59
 
アバター
研究者氏名
深井 朋樹
URL
http://nct.brain.riken.jp
所属
独立行政法人理化学研究所
部署
和光研究所 脳科学総合研究センター 脳回路機能理論研究チーム
職名
チームリーダー

研究分野

 
 

経歴

 
2004年10月
 - 
現在
理化学研究所 脳回路機能理論研究チーム チームリーダー
 
2005年4月
 - 
2009年3月
理化学研究所 理論脳科学研究グループ グループディレクタ-(2009年3月組織変更により職の廃止)
 
2001年4月
 - 
2005年3月
玉川大学 工学部・教授
 
1999年10月
 - 
2001年3月
玉川大学 工学部 助教授
 
1992年4月
 - 
1999年9月
東海大学 工学部 助教授
 

論文

 
Takekawa T, Isomura Y, Fukai T
The European journal of neuroscience   31 263-272   2010年1月   [査読有り]
Isomura Y, Harukuni R, Takekawa T, Aizawa H, Fukai T
Nature neuroscience   12(12) 1586-1593   2009年12月   [査読有り]
Yazaki-Sugiyama Y, Kang S, Câteau H, Fukai T, Hensch TK
Nature   462(7270) 218-221   2009年11月   [査読有り]
Okamoto H, Fukai T
PLoS computational biology   5 e1000404   2009年6月   [査読有り]
Temporal precision of spike response to fluctuating input in pulse-coupled networks of oscillating neurons.
Teramae JN, Fukai T
Physical review letters   101 248105   2008年12月   [査読有り]
Teramae JN, Fukai T
Biological cybernetics   99 105-114   2008年8月   [査読有り]
[Formation of cortical cell assemblies--synaptic plasticity and beyond]
Fukai T, Kang S, Kitano K, Teramae JN
Brain and nerve = Shinkei kenkyu no shinpo   60 763-770   2008年7月   [査読有り]
Câteau H, Kitano K, Fukai T
Physical review. E, Statistical, nonlinear, and soft matter physics   77(5,Pt.1) 051909   2008年5月   [査読有り]
Kang S, Kitano K, Fukai T
PLoS computational biology   4 e1000022   2008年3月   [査読有り]
Sakai Y, Fukai T
Neural computation   20(1) 227-251   2008年1月   [査読有り]
Sakai Y, Fukai T
PloS one   3 e3795   2008年   [査読有り]
Miura K, Tsubo Y, Okada M, Fukai T
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   27 13802-13812   2007年12月   [査読有り]
Synchronization of excitatory neurons with strongly heterogeneous phase responses.
Tsubo Y, Teramae JN, Fukai T
Physical review letters   99 228101   2007年11月   [査読有り]
Takekawa T, Aoyagi T, Fukai T
Journal of computational neuroscience   23(2) 189-200   2007年10月   [査読有り]
Kitano K, Fukai T
Journal of computational neuroscience   23(2) 237-250   2007年10月   [査読有り]
Teramae JN, Fukai T
Journal of computational neuroscience   22(3) 301-312   2007年6月   [査読有り]
Okamoto H, Isomura Y, Takada M, Fukai T
Journal of neurophysiology   97 3859-3867   2007年6月   [査読有り]
Tsubo Y, Takada M, Reyes AD, Fukai T
The European journal of neuroscience   25 3429-3441   2007年6月   [査読有り]
Fujiwara-Tsukamoto Y, Isomura Y, Imanishi M, Fukai T, Takada M
The European journal of neuroscience   25 2713-2725   2007年5月   [査読有り]
Teramae JN, Fukai T
Physical review. E, Statistical, nonlinear, and soft matter physics   75(1,Pt.1) 011910   2007年1月   [査読有り]

Misc

 
寺前順之介, 深井朋樹
電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング   109(125) 31-32   2009年7月
神経細胞集団が生成するスパイク列の時間的な精度について理論的に議論する事で、神経細胞のスパイクを用いた情報符号化の典型的な時間スケールを明らかにする事を試みる.スパイク時間精度の問題は、同一入力うを受ける異なる試行間での発火同期と同一視できる.この事実を用いて、スパイク時間精度を神経細胞間のネットワーク構造や同期傾向の関数として導出する.さらに神経細胞集団のスパイク時刻精度を明らかにするための生理実験パラダイムについても議論する.
坪泰宏, 礒村宜和, 深井朋樹
電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング   109(125) 33-35   2009年7月
活動中の動物の大脳皮質神経細胞から記録されるスパイク時系列は不規則であることが知られている.脳の機能を知るためには,この不規則時系列がどのように生成されているかを調べることが重要である.そこで,自発前肢運動課題中のラット大脳皮質運動野の神経細胞から傍細胞記録を行い,スパイク時系列を記録した.その結果,スパイク間隔はべき分布を示した.この結果は,インビボでは発火率が時間変動しその変動がガンマ分布に従うことを示唆している.さらにこの発火率のガンマ分布は,発火率をスパイク間隔に変換する際のノイズ...
寺前順之介, 深井朋樹
電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題   109(124) 31-32   2009年7月
神経細胞集団が生成するスパイク列の時間的な精度について理論的に議論する事で、神経細胞のスパイクを用いた情報符号化の典型的な時間スケールを明らかにする事を試みる.スパイク時間精度の問題は、同一入力うを受ける異なる試行間での発火同期と同一視できる.この事実を用いて、スパイク時間精度を神経細胞間のネットワーク構造や同期傾向の関数として導出する.さらに神経細胞集団のスパイク時刻精度を明らかにするための生理実験パラダイムについても議論する.
坪泰宏, 礒村宜和, 深井朋樹
電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題   109(124) 33-35   2009年7月
活動中の動物の大脳皮質神経細胞から記録されるスパイク時系列は不規則であることが知られている.脳の機能を知るためには,この不規則時系列がどのように生成されているかを調べることが重要である.そこで,自発前肢運動課題中のラット大脳皮質運動野の神経細胞から傍細胞記録を行い,スパイク時系列を記録した.その結果,スパイク間隔はべき分布を示した.この結果は,インビボでは発火率が時間変動しその変動がガンマ分布に従うことを示唆している.さらにこの発火率のガンマ分布は,発火率をスパイク間隔に変換する際のノイズ...
西垣泰宏, 寺前順之介, 深井朋樹
電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング   108(480) 69-73   2009年3月
Neuron in the brain have two ways of information coding by spike trains. One is rate coding and another is temporal coding. Recent study suggests that the existence of the neural circuit which can convert rate coding to temporal coding. In this st...