吉崎知典

J-GLOBALへ         更新日: 16/08/15 23:22
 
アバター
研究者氏名
吉崎知典
 
ヨシザキトモノリ
ハンドル
Tomonori YOSHIZAKI
eメール
yoshizakinids.go.jp
URL
http://www.nids.go.jp/research/profile/anzen/01-yoshizaki.html
所属
防衛省防衛研究所
職名
特別研究官(政策シミュレーション担当)
その他の所属
東京外国語大学大学院総合国際学研究院筑波大学大学院

研究分野

 
 

経歴

 
2015年4月
 - 
現在
神戸大学 客員教授
 
2014年4月
 - 
現在
筑波大学 大学院共通科目/総合科目 客員教授
 
2008年4月
 - 
現在
東京外国語大学大学院 平和構築・紛争予防専修コース(PCS) 客員講師
 
1987年4月
 - 
2011年7月
防衛研究所 第2研究部 助手、所員、主任研究官、室長、上席研究員
 
2007年9月
 - 
2008年3月
上智大学大学院 グローバル・スタディーズ研究科 非常勤講師
 
1997年4月
 - 
2007年3月
大東文化大学国際関係学部 非常勤講師
 
1999年1月
 - 
1999年9月
ハドソン研究所 国際安全保障研究部 客員研究員
 
1993年9月
 - 
1994年9月
ロンドン大学キングズカレッジ 防衛研究学部 客員研究員
 

学歴

 
1985年4月
 - 
1987年3月
慶應義塾大学大学院 法学研究科 修士課程
 
1981年4月
 - 
1985年3月
慶應義塾大学 法学部 政治学科
 

委員歴

 
2016年
 - 
現在
日本国際政治学会  分科会担当(政策決定分科会)
 
2001年
 - 
現在
国際安全保障学会  理事(大会プログラム・事務局担当)
 
 
 - 
現在
Centre for Security Governance (CSG)  Centre for International Governance Innovation (CIGI)
 

受賞

 
1998年
国際安全保障学会(旧・防衛学会) 最優秀出版奨励賞 『戦争 その展開と抑制』(勁草書房、1997年)
受賞者: 吉崎知典 加藤朗・長尾雄一郎・道下徳成と共著
 

論文

 
吉崎知典、ウィリアム・タウ
防衛研究所国際共同研究シリーズ(オーストラリア国立大学(ANU)共同研究)   1-11   2014年3月
吉崎 知典
外交 = Diplomacy   23 87-91   2014年1月
吉崎知典
防衛省防衛研究所編『防衛力の戦略的マネージメント』   7-16   2013年11月
吉崎知典
防衛省防衛研究所編『大規模災害における軍事組織の役割』      2012年10月   [招待有り]
吉崎 知典
防衛研究所紀要   14(2) 49-64   2012年3月
吉崎 知典
エコノミスト   89(38) 86-87   2011年8月
吉崎知典
防衛省防衛研究所編『平和構築と軍事組織―21世紀の紛争処理のあり方を求めて』   109-132   2009年11月
吉崎 知典
防衛研究所紀要   11(3) 25-44   2009年3月
吉崎 知典
防衛研究所紀要   10(3) 23-45   2008年3月
金子 讓, 吉崎 知典, 佐藤 丙午
防衛研究所紀要   7(1) 1-20   2004年11月
吉崎 知典, 道下 徳成, 兵頭 慎治
防衛研究所紀要   5(3) 96-154   2003年3月
長尾 雄一郎, 坂口 賀朗, 吉崎 知典
防衛研究所紀要   2(3) 1-58   1999年12月
金子 譲, 吉崎 知典
防衛研究所紀要   1(2) 17-34   1998年12月
長尾 雄一郎, 吉崎 知典, 佐藤 丙午
防衛研究所紀要   1(1) 2-63   1998年6月

書籍等出版物

 
広瀬 佳一, 吉崎 知典 (担当:共著)
ミネルヴァ書房   2012年11月   ISBN:4623064476
上杉勇司、藤重博美、吉崎知典編 (担当:共編者)
国際書院   2012年8月   ISBN:4877912312
『岐路に立つNATO--米欧同盟の国際政治』
吉崎知典
日本国際問題研究所   2010年3月   
http://www2.jiia.or.jp/pdf/resarch/h21_nato/natostudygroup20100331.pdf
『国家建設と民軍関係―破綻国家再建の理論と実践をつなぐ』
上杉勇司・青井千由紀編 (担当:共著, 範囲:第11章「北大西洋条約機構(NATO)と民軍協力」、205~226ページ)
国際書院   2008年   
『NSC 国家安全保障会議の研究――危機管理・安全保障政策統合メカニズムの比較研究』
松田康博編 (担当:共著, 範囲:第1章「米国―国家安全保障会議(NSC)」、第7章「英国ブレア政権の国家安全保障政策決定過程」)
彩流社   2008年   
『戦略論――現代世界の軍事と戦争』
ジョン・ベイリス、ジェームズ・ウィルツ、コリン・グレイ編/石津朋之監訳
勁草書房   2012年   
『戦略の形成――支配者・国家・戦争』上巻
ウィリアムソン・マーレー、マクレガー・ノックス、アルヴィン・バーンスタイン編/石津朋之、永末聡監訳
中央公論新社   2007年   
加藤 朗, 吉崎 知典, 長尾 雄一郎, 道下 徳成 (担当:共著)
勁草書房   1997年8月   ISBN:4326301120

講演・口頭発表等

 
吉崎知典
陸上自衛隊中央即応集団主催 「国際平和協力活動民軍連携研究会」   2014年3月4日   
吉崎知典
Future Force Conference 2013, Royal Netherlands Army   2013年11月27日   
Japan’s National Security Policy and Peacebuilding in Afghanistan
吉崎知典
Pakistan National Defense University,Islamabad   2013年10月29日   
吉崎知典
North East Asia Defence and Security Forum, Australian Security and Policy Institute (ASPI)   2013年9月24日   
吉崎知典
National Bureau of Asian Research (NBR),Washington, DC   2013年9月12日   
吉崎知典
Australian National University (ANU) and NIDS Joint Workshop, Canberra   2013年6月27日   
Afghan Transition [招待有り]
吉崎知典
Carnegie Europe, Brussels,   2013年3月6日   
NATOの危機管理―バルカン、アフガン、リビア [招待有り]
吉崎知典
国際安全保障学会研究大会(拓殖大学)   2012年12月11日   
HA/DR: A Japanese View [招待有り]
吉崎知典
Fourth Xiangshan Forum, China Association for Military Science, Beijing   2012年11月16日   
討論者、部会「同盟の変革とNATO=ロシア関係」
吉崎知典
日本国際政治学会 2011 年度研究大会   2012年11月12日   
Afghanistan: Engagement and Partnership
吉崎知典
Royal Military College of Canada (RMCC)   2012年3月6日   
A Peace-Creating Nation? A Japanese Perspective [招待有り]
吉崎知典
Ifri, Strategic Observatory of Northeast Asia 2011, Paris   2011年5月17日   
Afghanistan: Engagement and Cooperation [招待有り]
吉崎知典
Canada-Japan Symposium on Peace and Security, Ottawa   2011年3月29日   
吉崎知典
The 16th International Seminar on Military Science, National Defense Academy   2011年   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
平和構築と治安部門改革(SSR)の課題
文部科学省: 科学研究費補助金・基盤研究(B)
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月    代表者: 藤重博美
黒海地域の国際関係-4次元分析による学際的総合研究
文部科学省: 科学研究費補助金・基盤研究(A)
研究期間: 2008年4月 - 2011年3月    代表者: 六鹿茂夫
国際平和協力活動における先進国の取り組み及び体制整備の動向
(財)平和・安全保障研究所: 防衛省委託研究
研究期間: 2010年 - 2011年    代表者: 青井千由紀
(財)日本国際問題研究所: 日・NATO研究会
研究期間: 2009年 - 2010年    代表者: 内藤昌平・国際問題研究所客員研究員)
(財)日本国際問題研究所: 外務省委託研究
研究期間: 2002年       代表者: 佐瀬昌盛・防衛大学校教授