小田俊明

J-GLOBALへ         更新日: 16/05/18 20:29
 
アバター
研究者氏名
小田俊明
ハンドル
t_oda311
eメール
todahyogo-u.ac.jp
URL
http://kaken.nii.ac.jp/ja/r/10435638
所属
兵庫教育大学
部署
学校教育研究科
職名
准教授
学位
博士(学術)
その他の所属
独立行政法人理化学研究所
科研費研究者番号
10435638

プロフィール

長崎県五島市出身.興味の中心は運動器のバイオメカニクス.超音波Bモードを用いた骨格筋の収縮動態に関する研究で学位を取得.近年は,MRIによる生体情報の取得,ならびに有限要素シミュレーションを用いた研究の比重が高い.理化学研究所を経て,現在兵庫教育大学に勤務.修士・博士課程共に学生募集中です.興味をもった方,気軽にメールください.

学歴:
兵庫教育大学 学校教育学部卒業
筑波大学大学院 体育研究科 修士課程修了
東京大学大学院 生命環境科学系 修士課程修了
東京大学大学院 生命環境科学系 博士課程修了

職歴:
理化学研究所 生体力学シミュレーション特別研究ユニット 研究員
兵庫教育大学 学校教育研究科 准教授

研究分野

 
 

経歴

 
2009年4月
 - 
現在
兵庫教育大学 学校教育研究科 准教授
 
2007年
 - 
2009年
理化学研究所 研究員
 

受賞

 
2014年
Asia Pacific Conference on Coaching Science Young Coaching Scientist Award
 
2015年
日本バイオメカニクス学会 バイオメカニクス研究最優秀論文賞
受賞者: 小田俊明,川上泰雄,片岡弘之,横田秀夫,姫野龍太郎.
 
2009年
ヤマハ発動機スポーツ振興財団 ヤマハ発動機スポーツ振興財団スポーツチャレンジャー賞
受賞者: 小田俊明,衣笠竜太
 
2007年
東京体育学会賞
受賞者: 小田俊明, 姫野龍太郎,金久博昭,加藤えみか,福永哲夫,川上泰雄.
 
2007年
理化学研究所 理化学研究所インセンティブアワード
 

論文

 
Sano K, Nicol C, Akiyama M, Kunimasa Y, Oda T, Ito A, Locatelli E, Komi PV, Ishikawa M
European journal of applied physiology   115(4) 849-859   2015年4月   [査読有り]
Kinugasa R, Oda T, Komatsu T, Edgerton VR, Sinha S
Physiological reports   1(6) e00147   2013年11月   [査読有り]
Oda T, Himeno R, Hay DC, Kanehisa H, Fukunaga T, Kawakami Y
Journal of sports sciences   31(11) 1233-1241   2013年   [査読有り]
Konishi Y, Kinugasa R, Oda T, Tsukazaki S, Fukubayashi T
Knee surgery, sports traumatology, arthroscopy : official journal of the ESSKA   20(11) 2270-2274   2012年11月   [査読有り]
Oda T, Himeno R, C Hay D, Chino K, Kurihara T, Nagayoshi T, Kanehisa H, Fukunaga T, Kawakami Y
Journal of biomechanics   40(14) 3114-3120   2007年   [査読有り]
Konishi Y, Oda T, Tsukazaki S, Kinugasa R, Hirose N, Fukubayashi T
Knee surgery, sports traumatology, arthroscopy : official journal of the ESSKA   19(4) 641-645   2011年4月   [査読有り]
Oda T, Kanehisa H, Chino K, Kurihara T, Nagayoshi T, Fukunaga T, Kawakami Y
Journal of electromyography and kinesiology : official journal of the International Society of Electrophysiological Kinesiology   17(5) 587-595   2007年10月   [査読有り]
In vivo length-force relationships on muscle fiber and muscle tendon complex in the tibialis anterior muscle.
T Oda, H Kanehisa, K Chino, T Kurihara, T Nagayoshi, E Kato, T Fukunaga, Y Kawakami.
International Journal of Sport and Health science.   3 245-252   2005年   [査読有り]
Strain distribution within human triceps surae muscles during isometric contraction: in vivo study by Tagging MRI.
T Oda, R Kinugasa, R Himeno, H Kataoka, Hi Kanehisa, T Fukunaga, Y Kawakami
The FASEB Journal   22(753) 24   2008年   [査読有り]
筋組織局所変形の可視化.
小田俊明
トレーニング科学   20 97-102   2008年   [査読有り]
In vivoヒト骨格筋の筋腱相互作用が発揮張力の立ち上がりに及ぼす影響.
小田俊明,姫野龍太郎,金久博昭,福永哲夫,川上泰雄.
バイオメカニズム   19    2008年   [査読有り]
受動伸長時における下腿三頭筋の局所ひずみの大きさ・分布に腱膜が与える影響.
小田俊明,姫野龍太郎,金久博昭,加藤えみか,福永哲夫,川上泰雄. 
東京体育学研究   19-27   2007年   [査読有り]
In vivo人体筋からの生理・力学情報の非侵襲計測.
小田俊明,衣笠竜太,Mayoran Rajendra,片岡弘之,川上泰雄,山本晃生,横田秀夫,姫野龍太郎.
日本機械学会 年次大会 講演論文集.   191-192   2007年   [査読有り]
ジャンプ時におけるアキレス腱組織のひずみと応力の推定.
小田俊明,川上泰雄,片岡弘之,横田秀夫,姫野龍太郎.
ジョイントシンポジウム2007 スポーツ工学シンポジウム/シンポジウム:ヒューマン・ダイナミクス講演論文集,   213-217   2007年   [査読有り]
刺激から関節トルク発揮に至るまでの人体筋の収縮様相.
小田俊明,千野謙太郎,栗原俊之,金久博昭,永吉俊彦,加藤えみか,福永哲夫,川上泰雄
東京体育学研究   57-60   2004年   [査読有り]
足関節における柔軟性と下腿三頭筋の機能的・形態的特性との関係.
小田俊明,千野謙太郎,栗原俊之,川上泰雄,金久博昭,福永哲夫.
トレーニング科学   13(3) 157-166   2002年   [査読有り]
The influence of fascicle behavior on the lack of velocity dependence in eccentric joint torque in humans: in vivo observation.
Chino K, Mitsukawa N, Kobayashi K, Miyoshi Y, Oda T, Kanehisa H, Fukunaga T, Fukashiro S, Kawakami Y
Journal of applied biomechanics   25(2) 111-118   2009年5月   [査読有り]
Chino K, Oda T, Kurihara T, Nagayoshi T, Yoshikawa K, Kanehisa H, Fukunaga T, Fukashiro S, Kawakami Y
Journal of electromyography and kinesiology : official journal of the International Society of Electrophysiological Kinesiology   18(1) 79-88   2008年2月   [査読有り]

Misc

 
石川 昌紀, 佐野 加奈絵, 国正 陽子, 牧野 晃宗, 秋山 真信, 信江 彩加, 小田 俊明, Paavo KOMI V
体力科学   65(1) 65-65   2016年
宇田川 順子, 小田 俊明, 小林 小夜子
学校教育学研究   27 59-62   2015年2月
Naoto Yamamura, Jose Luis Alves, Toshiaki Oda, Ryuta Kinugasa, Shu Takagi
Journal of Biomechanical Science and Engineering   9 1-11   2014年1月
© 2014 The Japan Society of Mechanical Engineers. Skeletal muscles develop forces as a result of muscle activation for human locomotion. To know the force generating ability of skeletal muscles is important to understand the muscle functions. Comp...
Y. Kunimasa, K. Sano, T. Oda, C. Nicol, P. V. Komi, E. Locatelli, A. Ito, M. Ishikawa
Scandinavian Journal of Medicine and Science in Sports   24    2014年1月
The Achilles tendon moment arm (MA_AT) and foot lever ratio (FLR) can play important roles for force production and movement economy during locomotion. This notion has become more relevant, and suggestion has been given that the Kenyan runners bel...

書籍等出版物

 
学び探究し続ける教師を支える教師教育モデルカリキュラムの開発
小田俊明 (担当:分担執筆)
2014年   
健康運動指導士養成講習会テキスト
小田俊明 (担当:分担執筆, 範囲:機能解剖学概論① ならびに②)
南江堂   2014年   
生体力学シミュレーション研究2010
小田俊明,衣笠竜太,川上泰雄,片岡弘之,山村直人,Luis Alves, Cristian Teodosiu,Mayoran Rajendra, 山本晃生,横田秀夫,高木周,姫野龍太郎. (担当:分担執筆, 範囲:骨格筋の有限要素シミュレーション)
2010年   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
有限要素シミュレーションによる骨格筋のスポーツバイオメカニクス研究
日本学術振興会: 科学研究費助成 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 小田俊明
長距離走時の効果的接地スタイルは筋と腱の力学的特性と関連する? -ケニア選手を含むトップアスリートから一般ランナーまでを含む検討- 
石本記念デサントスポーツ科学振興財団研究助成金
研究期間: 2015年 - 2015年    代表者: 小田俊明
日本,ならびにケニア長距離選手の筋腱複合体の形態・機能に関する比較研究
日本学術振興会: 科学研究費助成 基盤C
研究期間: 2011年 - 2014年    代表者: 小田俊明
筋力発揮に伴う腱組織局所変形挙動の加齢変化と障害発生との関連
ヤマハ発動機スポーツ振興財団スポーツチャレンジ研究助成.
研究期間: 2009年 - 2009年    代表者: 小田俊明
シミュレーションと実験とを併用したヒト骨格筋内の局所応力ならびに局所変形の解明
日本学術振興会: 科学研究費助成 若手B.
研究期間: 2007年 - 2009年    代表者: 小田俊明

学歴

 
 
 - 
2007年
東京大学大学院博士後期課程 生命環境科学系 
 
 
 - 
2004年
東京大学大学院修士課程 生命環境科学系 
 
 
 - 
2001年
筑波大学大学院修士課程 体育研究科 健康教育学専攻
 
 
 - 
1998年
兵庫教育大学 学校教育学部