瀬戸 寿一

J-GLOBALへ         更新日: 16/08/17 17:18
 
アバター
研究者氏名
瀬戸 寿一
 
セト トシカズ
通称等の別名
tosseto
eメール
tossetocsis.u-tokyo.ac.jp
URL
http://www.csis.u-tokyo.ac.jp/japanese/research_activities/member/seto_j.html
所属
東京大学
部署
空間情報科学研究センター
職名
特任講師
学位
博士(文学)(立命館大学), 修士(都市科学)(東京都立大学)
その他の所属
立命館大学アートリサーチセンター駒澤大学応用地理研究所OSGeo Foundation青山学院大学大阪市立大学都市防災教育研究センター
科研費研究者番号
80454502

プロフィール

2002年3月 駒澤大学文学部地理学科卒業
2004年3月 東京都立大学大学院都市科学研究科都市科学専攻修士課程修了
2011年3月 立命館大学「日本文化デジタル・ヒューマニティーズ教育プログラム」ベーシックコース修了
2012年3月 立命館大学「日本文化デジタル・ヒューマニティーズ教育プログラム」アドバンストコース修了
2012年3月 立命館大学文学研究科人文学専攻地理学専修博士課程後期課程修了
博士(文学)

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
東京大学空間情報科学研究センター グローバルG空間情報寄附研究部門 特任講師
 
2013年6月
 - 
2016年3月
東京大学空間情報科学研究センター 次世代社会基盤情報・寄付研究部門 特任助教
 
2015年9月
 - 
2016年3月
青山学院大学 地球社会共生学部 非常勤講師
 
2012年4月
 - 
2013年5月
立命館大学衣笠総合研究機構 ポストドクトラルフェロー
 
2012年7月
 - 
2012年12月
ハーバード大学地理解析センター 客員研究員
 

研究分野

 
 

論文

 
An Easy Infrastructure Management Method Using On-Board Smartphone Images and Citizen Reports by Deep Neural Network
前田 紘弥・関本 義秀・瀬戸 寿一
Proceedings of the 2nd International Conference on IoT in Urban Space   1-3   2016年5月   [査読有り]
オープンな地理空間情報の流通と市民の技術貢献を支える仕組みの構築—アーバンデータチャレンジ東京2013の取り組みを通して—
瀬戸寿一・関本義秀
GISー理論と応用   23(2) 23-30   2015年12月
Morioka, N., Tomio, J., Seto, T. and Kobayashi, Y.
Human Resources for Health   13(1) 1-14   2015年8月   [査読有り]
How will compact city affect me? : urban planning simulation for citizens
Hasegawa, Y., Sekimoto, Y., Seto, T. and Fukushima, Y.
CUPUM (Computers in Urban Planning and Urban Management) 2015 conference papers   (14) 1-15   2015年7月   [査読有り]
Comparing the distribution of open geospatial information between the cities of Japan and other countries
Seto, T. and Sekimoto, Y.
CUPUM (Computers in Urban Planning and Urban Management) 2015 conference papers   (14) 1-14   2015年7月   [査読有り]
参加型社会におけるGISと地理情報科学の役割
瀬戸 寿一
研究報告人文科学とコンピュータ(CH)   105(10) 1-2   2015年1月   [招待有り]
『京都市明細図』の記載内容に関する一考察
赤石直美・瀬戸寿一・福島幸宏・矢野桂司
立命館地理学   (26) 73-90   2014年11月
The Development of a Community and Platform in Support of Japanese OpenGeoData: A Case Study of the Urban Data Challenge of Tokyo 2013
Seto, T. and Sekimoto, Y.
Proceedings of the GIScience   406-409   2014年9月   [査読有り]
地理空間情報のオープン化がもたらす、デジタル人文学の展開
瀬戸寿一
DHjp   4 38-42   2014年7月   [招待有り]
クラウドソーシングとフィールドワークに基づく農山漁村の地理空間情報の共有
瀬戸寿一
農村計画学会誌   33(1) 42-45   2014年6月
関本 義秀, 瀬戸 寿一
情報処理   54(12) 1221-1225   2013年11月
本稿では地理空間情報分野におけるオープンデータの動向,とくに,国や地方自治体が持つ公共データのオープン化について主に焦点を当て,そのニーズや課題,そしてそれらを解決していくために,データの流通を加速するための取組について,筆者らが主体的に行っている社会基盤情報流通推進協議会(AIGID)が行っているアーバンデータチャレンジ東京2013や,復興支援調査アーカイブの活動を中心に述べていきたい.
日帝強占期における近藤豊撮影韓国写真資料に関する基礎研究
金玟淑・村上晴澄・瀬戸寿一・矢野桂司・福島幸宏・土橋誠
韓国建築歴史学会2013年秋季学術発表大会資料集      2013年11月
Web-based Map and Digital Archiving for Korean Historic Building Photo Images taken by Dr. Yutaka Kondo during the 1930s and 1940s
Kim, M., Murakami, H., Seto, T., Yano, K., Fukushima, Y. and Dobashi, M.
Proceedings of KAGIS Fall Conference 2013 The 15th KOREA & JAPAN International Symposium on GIS   (15) 270-273   2013年10月
瀬戸寿一, 樫山武浩, 関本義秀, 西沢明
地理情報システム学会講演論文集(CD-ROM)   22 ROMBUNNO.F-2-3   2013年10月
瀬戸寿一・古橋大地・関治之
歴史都市防災研究   (2) 33-38   2013年3月
赤石 直美, 瀬戸 寿一
アリーナ = Arena   (15) 20-25,3   2013年5月
Keiji Yano,Toshikazu Seto,Takanori Hashimoto,Kenich Sumiyoshi,Dai Kawahara
2013 International Conference on Culture and Computing, Culture Computing 2013, Kyoto, Japan, September 16-18, 2013   208-209   2013年   [査読有り]
YANO Keiji, SETO Toshikazu, KAWAHARA Dai
Proc Int Disp Workshops   19th(Day 3) 1155-1158   2012年12月
Geospatial Database for Damage and Risk Assessment of Cultural Heritage: The Cases of Tohoku Area following the Great East Japan Disaster and Historic City of Patan in Kathmandu Valley
Itaya, N., Jigyasu, R., Nakaya, T., Seto, T. and Nagao, S.
Yildiz Technical University - ICOMOS ICORP International Conference Proceedings   235-243   2012年11月   [査読有り]
瀬戸寿一
地理情報システム学会講演論文集(CD−ROM)   21 ROMBUNNO.TOKUBETSUSESSHON3   2012年10月
Matsumoto, A., Seto, T., and Yano, K.
2012 1-2   2012年9月   [査読有り]
村中 亮夫, 瀬戸 寿一, 谷端 郷
地理学評論. [Series A]   85(5) 492-507   2012年9月   [査読有り]
瀬戸 寿一, 矢野 桂司
地理学評論. [Series A]   85(3) 259-274   2012年5月   [査読有り]
瀬戸 寿一, 村中 亮夫, 谷端 郷, 中谷 友樹
地学雑誌   121(6) 946-961   2012年12月   [査読有り]
 This study explores how to use geospatial information for residential safety and security activities, such as patrolling a community, from the perspective of PPGIS. The study takes Shino-town, Kameoka City as a case study, where a neighborhood co...
Akaishi, N., Seto, T., Yano, K. and Fukushima, Y.
3rd International Conference of Digital Archives and Digital Humanities 2011   3-16   2011年12月   [査読有り]
Yano, K., Seto, T., Matsumoto, A., Kawasumi, N. and Kawahara, D.
IGU Regional Geographic Confernce UGI 2011   1-9   2011年11月
Matsumoto, A., Seto, T., Iizuka, T. and Yano, K.
Supporting Digital Humanities 2011   1-4   2011年11月   [査読有り]
松本 文子, 瀬戸 寿一
環境情報科学論文集   25(0) 425-430   2011年11月   [査読有り]
矢野桂司, 赤石直美, 瀬戸寿一, 福島幸宏
地理情報システム学会講演論文集(CD−ROM)   20 ROMBUNNO.E-4-5   2011年10月
村中亮夫, 瀬戸寿一, 谷端郷, 中谷友樹
地理情報システム学会講演論文集(CD−ROM)   20 ROMBUNNO.B-3-3   2011年10月
中谷友樹・瀬戸寿一・長尾諭・矢野桂司・板谷直子
歴史都市防災論文集   (5) 201-208   2011年7月   [査読有り]
矢野 桂司, 瀬戸 寿一, 河原 大, 速水 貞彰
電子情報通信学会技術研究報告. MVE, マルチメディア・仮想環境基礎   110(382) 383-385   2011年1月
本研究は「紙園祭のデジタル・ミュージアム」において重要な,現在と過去の京都の通り景観のコンピューターグラフィックスを作成することを目的とする.現在の通り景観は,MAPCUBE[○!R]をべースに作成し,過去(昭和期)のものは,空中写真や過去の写真をもとに景観復原を行う.また,通り景観には,建物内部にシームレスにウォークイン可能な京町家を含むシステムも構築する.
岩崎亘典, 今木洋大, 臼田裕一郎, 大澤剛士, 大島英幹, 岡田明浩, 嘉山陽一, 清野陽一, 瀬戸寿一, 田口仁, 寺元郁博, 奈良崎優, 林博文, 古川泰人, 松浦慎平, 森亮, 山北剛久, 山口高志, 山手規裕, 吉田大介
地理情報システム学会講演論文集(CD−ROM)   20 ROMBUNNO.F-7-4   2011年
CHOI Woong, 原悠一郎, 伊津野和行, 矢野桂司, 瀬戸寿一, 八村広三郎
情報処理学会シンポジウム論文集   2010(15) 233-238   2010年12月
瀬戸 寿一
GIS : 理論と応用 = Theory and applications of GIS   18(2) 139-148   2010年12月   [査読有り]
Transition of Urban Landscape with Kyo-machiya in Virtual Kyoto
Seto, T., Iizuka, T., Matsumoto, A., Kirimura, T., Yano, K., Nakaya, T. and Isoda, Y.
2nd International Conference of Digital Archives and Digital Humanities 2010   (2) 511-528   2010年11月   [査読有り]
瀬戸寿一, 松本文子, 飯塚隆藤, 矢野桂司
地理情報システム学会講演論文集(CD−ROM)   19 ROMBUNNO.P-8   2010年10月
飯塚隆藤, 松本文子, 瀬戸寿一, 西天平, 矢野桂司
地理情報システム学会講演論文集(CD−ROM)   19 ROMBUNNO.2A-4   2010年10月
松本文子, 瀬戸寿一, 飯塚隆藤, 矢野桂司
地理情報システム学会講演論文集(CD−ROM)   19 ROMBUNNO.4G-1   2010年10月
Seto, T., Matsumoto, A., Iizuka, T. and Yano, K.
FOSS4G2010   1-4   2010年9月   [査読有り]
松本 文子, 瀬戸 寿一, 飯塚 隆藤, 西 天平, 矢野 桂司
情報処理学会研究報告. 人文科学とコンピュータ研究会報告   2010(4) 1-5   2010年5月
本研究は、京町家まちづくり調査に参加した市民ボランティアのプレゼンテーションのテキストを分析し、地域に対するイメージ等のキーワードを抽出することによって、地域づくりや地域史に外部の視点を加えることを提案するものである。
瀬戸寿一, 矢野桂司
情報処理学会シンポジウム論文集   2009(16) 339-344   2009年12月   [査読有り]
Iizuka, T., Matsumoto, A., Seto, T. and Yano, K.
22nd CIPA International Symposium   1-5   2009年10月   [査読有り]
Seto, T., Matsumoto, A., Iizuka, T. and Yano, K.
22nd CIPA International Symposium   1-5   2009年10月   [査読有り]
瀬戸寿一, 戸所泰子, 矢野桂司, 中谷友樹, 桐村喬, 近藤暁夫, 十時惟友季
情報処理学会シンポジウム論文集   2008(15) 89-96   2008年12月   [査読有り]
瀬戸 寿一, 桐村 喬, 矢野 桂司
地理情報システム学会講演論文集 = Papers and proceedings of the Geographic Information Systems Association   17(0) 483-488   2008年10月

書籍等出版物

 
川原 靖弘, 関本 義秀 (担当:分担執筆, 範囲:地図の歴史とGIS、参加型データ社会の到来と地理空間情報)
放送大学教育振興会   2016年3月   ISBN:459531616X
文化情報学ハンドブック
瀬戸 寿一 (担当:分担執筆, 範囲:G空間情報の共有に私たちが『参加』できる社会をめざして)
勉誠出版   2014年11月   
Essential Digital Humanities: Defining Patterns and Paths
Naomi Akaishi, Toshikazu Seto, Yukihiro Fukushima, Keiji Yano (担当:分担執筆, 範囲:Digitalization and Utilization of the “Large-scale Maps of Kyoto City(Kyoto-shi meisai-zu)”)
國立臺灣大學出版中心   2012年11月   ISBN:978-986-03-4236-9
http://www.press.ntu.edu.tw/ntu_nube/english/b_view.asp?book_id=684
Digital Humanities: New Approaches to Historical Studies
Seto, T., Iizuka, T., Matsumoto, A., Kirimura, T., Yano, K., Nakaya, T. and Isoda, Y. (担当:分担執筆, 範囲:Transition of Urban Landscape with Kyo-machiya in Virtual Kyoto)
國立臺灣大學出版中心   2011年12月   ISBN:978-986-03-0163-2
文部科学省グローバルCOEプログラム「日本文化デジタルヒューマニティーズ拠点」(立命館大学) (担当:分担執筆)
ナカニシヤ出版   2011年4月   ISBN:4779505429

講演・口頭発表等

 
瀬戸 寿一
日本地図学会平成28年度定期大会   2016年8月9日   
瀬戸 寿一
大阪市立大学創造都市研究科知識情報基盤研究分野ワークショップ   2016年6月28日   
瀬戸 寿一
第2回測量・地理空間情報イノベーション大会   2016年6月15日   
瀬戸 寿一
2016年日本地理学会春季学術大会   2016年3月22日   
社会属性による課題認識の差異からみる市民参加型GISの可能性―「ちばレポ」を事例に―
中戸川 翔太・瀬戸 寿一
2016年日本地理学会春季学術大会   2016年3月21日   
ボランタリー地理情報を通じた防災・減災に向けた市民の取り組み [招待有り]
瀬戸 寿一
第1回災害文化研究会   2016年3月17日   
「データの力を、まちの力に」~UDC2015の取り組みとオープンデータ・プラットフォームDKANの活用〜 [招待有り]
瀬戸 寿一・太田垣恭子
Enterprise APIs Hack-Night #2   2015年12月3日   
瀬戸 寿一
人文地理学会第121回地理思想研究部会   2015年11月14日   
瀬戸寿一・関本義秀・東修作
Code for Japan Summit 2015   2015年11月7日   
Seto, T., Sekimoto, Y. and Higashi, S.
FOSS4G Seoul 2015   2015年9月16日   
Seto, T., Furuhashi, T. and Nishimura, Y.
2015 AAG Annual Meeting   2015年4月22日   
瀬戸 寿一
The International Symposium on Cartography in Internet and Ubiquitous Environments 2015   2015年3月18日   
G空間データの活用アイデアを市民から募る~アーバンデータチャレンジ2014 [招待有り]
瀬戸 寿一
オープンデータ推進フォーラムin水戸   2015年2月17日   
瀬戸 寿一
CSISi第10回公開シンポジウム   2015年1月27日   
瀬戸 寿一
第34回セマンティックウェブとオントロジー研究会   2014年11月20日   
地図・地理情報を使って『防災・減災』をオープンに支える仕組み・仕掛け [招待有り]
瀬戸 寿一
Visions OSAKA日韓防災マッピング・ミーティング   2014年11月9日   
ITコミュニティによる防災・減災に向けた地理空間情報を活用した取り組み
瀬戸 寿一
第23回地理情報システム学会研究発表大会特別セッション   2014年11月8日   
瀬戸寿一
日本リモートセンシング研究会   2014年8月1日   
ヒト・モノの流れデータをめぐる国際動向ーOpen Dataを中心にー
瀬戸寿一
人の流れ研究会拡大版   2014年7月24日   
地理空間情報のオープンな流通を支える技術と仕組み―アーバンデータチャレンジを事例に―
瀬戸寿一
ジオメディアサミット in FOSS4G Hokkaido   2014年6月28日   
瀬戸寿一
世界銀行パブリックセミナー オープンデータ × 地域課題解決   2014年6月9日   
地理空間情報分野における開発環境のソーシャル化に関する考察
瀬戸寿一・伊藤昌毅
日本地球惑星科学連合2014年大会   2014年5月2日   
伊豆大島におけるクライシス・マッピングを通した地理空間情報の参加型共有とその意義
瀬戸寿一
日本地球惑星科学連合2014年大会   2014年4月30日   
瀬戸寿一, 杉本直也
日本地理学会発表要旨集   2014年3月28日   
瀬戸寿一
災害を観る9   2014年2月19日   
地域の防災・安全活動における安全安心マップ作成のワークショップの可能性―環境介入に着目して―
村中亮夫・谷端郷・米島万有子・湯浅弘樹・瀬戸寿一・中谷友樹
第25回立命館地理学会大会   2013年11月30日   
CKANを使ったデータ提供ポータルの構築
瀬戸寿一
FOSS4G2013 Tokyo   2013年11月1日   
街の魅力 住んでみたくなる街とはー京都から見た目黒ー [招待有り]
瀬戸寿一
目黒学パート19 「残したい風景・地名 残る風景・地名」   2013年10月5日   
住⺠民参加を想定したWebマッピングシステム技術 [招待有り]
瀬戸寿一
国土交通大学校・先端地理理空間情報技術〔表現・整備〕研修   2013年9月12日   
自治体におけるオープンデータの意義と役割ーGoverment2.0・市民参画によるまちづくりのこれからー [招待有り]
瀬戸寿一
茨城県オープンデータセミナー   2013年9月12日   
Spatial Analysis and Web-based Application of "Large-scale Maps of Kyoto City"
Akaishi, N., Seto, T., Fukushima, Y. and Yano, K.
The Japanese Association for Digital Humanities   2013年9月   
Simulating the Revival of Ofune-hoko in the Kyoto Gion Festival
Yano, K., Seto, T., Hashimoto, T., Sumiyoshi, K. and Kawahara, D.
International Conference on Culture and Computing 2013   2013年9月   
Effects of the Safety and Security Map Making Workshop on the Environmental Interventions
Muranaka, A., Tanibata, G., Yonejima, M., Yuasa, H., Seto, T. and Nakaya, T.
IGU Regional Geographic Conference UGI 2013   2013年8月2日   
Landscape Reconstruction of Modern Kyoto using “Large-scale Maps of Kyoto City”
Akaishi, N., Seto, T., Fukushima, Y. and Yano, K.
IGU Regional Geographic Conference UGI 2013   2013年8月2日   
Development of Teaching Card Game Materials for Education of Geospatial Feature Model
Furuhashi, T., Nishimura, Y. and Seto, T.
IGU Regional Geographic Conference UGI 2013   2013年8月1日   
Tourism information dissemination by civic collaboration based on OpenData: Case Studies of OpenStreetMap and LocalWiki in Izu Oshima
Seki, H., Seto, T. and Furuhashi, T.
IGU Regional Geographic Conference UGI 2013   2013年8月1日   
The Condition of OpenStreetMap and NeoGeography in Japan
Nishimura, Y., Seto, T., Furuhashi, T. and Seki, H.
IGU Regional Geographic Conference UGI 2013   2013年8月1日   
The Possibility of Participatory Community Restoration Based on OpenStreetMap
Seto, T., Furuhashi, T., Yoshida, D. and Seki, H.
IGU Regional Geographic Conference UGI 2013   2013年8月1日   
地理空間情報の共有化をめぐる近年の動向ー参加とオープンデータで変わる「GISと社会」ー [招待有り]
瀬戸寿一
2013年度第2回GIS基礎技術研究会   2013年7月20日   
FOSS4G HKDを愉しもう! -HKD2013を通して考えるコミュニティ継続のアイデア [招待有り]
瀬戸寿一
FOSS4G Hokkaido 2013   2013年7月5日   
参加型GISと社会―地理的知識の共有化とその展開― [招待有り]
瀬戸寿一
駒澤大学地理学科2013年度第1回公開講演会   2013年6月19日   
瀬戸寿一
日本地理学会発表要旨集   2013年3月10日   
Digital Museum of Gion Festival within Virtual Kyoto [招待有り]
Yano, K., Seto, T. and Kawahara, D.
The 19th International Display Workshops in conjunction with Asia Display 2012   2012年12月6日   
Geospatial Database for Damage and Risk Assessment of Cultural Heritage: The Cases of Tohoku Area following the Great East Japan Disaster and Historic City of Patan in Kathmandu Valley
Itaya, N., Jigyasu, R., Nakaya, T., Seto, T. and Nagao, S.
ICOMOS ICORP International Symposium   2012年11月15日   
近代京都GISデータベースと占領期京都研究
赤石直美・瀬戸寿一・矢野桂司・福島幸宏・玉田浩之・長志珠絵・西川祐子
人文地理学会大会研究発表要旨   2012年11月   
Geospatial Crisis Mapping Project by Neo-geographers Using Free and Open Source Software
Seto, T. and Nishimura, Y.
2012 International Symposium: The 2011 Japanese Tsunami: Disaster, Response, and Recovery   2012年10月19日   
Matsumoto, A., Seto, T. and Yano, K.
GIScience 2012   2012年9月20日   

Misc

 
瀬戸寿一
人文情報学月報   (26)    2013年9月   [依頼有り]
瀬戸 寿一
人文情報学月報   (4)    2011年11月   [依頼有り]
中谷友樹, 村中亮夫, 埴淵知哉, 埴淵知哉, 瀬戸寿一, 谷端郷
健康づくり支援環境の効果的な整備施策および政策目標の設定に関する研究 平成20−22年度 総合研究報告書   145-160   2011年
中谷友樹, 村中亮夫, 瀬戸寿一, 谷端郷
健康づくり支援環境の効果的な整備施策および政策目標の設定に関する研究 平成22年度 総括・分担研究報告書   131-143   2011年
高橋 健太郎, 瀬戸 寿一, 鈴木 重幾
駒澤地理   0(46) 11-50   2010年3月
高橋 健太郎, 鈴木 重幾, 瀬戸 寿一
駒沢地理   0(44) 43-74   2008年3月
瀬戸 寿一
駒沢地理   0(42) 40-42   2006年3月
瀬戸 寿一
立命館地理学 : Ritsumeikan chirigaku   17(0) 144-146   2005年

受賞

 
2016年5月
The 2nd EAI International Conference on IoT in Urban Space Best Poster Award An Easy Infrastructure Management Method Using On-Board Smartphone Images and Citizen Reports by Deep Neural Network
受賞者: Hiroya Maeda, Yoshihide Sekimoto and Toshikazu Seto
 
2014年11月
地理情報システム学会 2014年度学会賞(ソフトウェア・データ部門)
受賞者: 東京大学CSIS復興支援調査アーカイブチーム
 
2013年10月
地理情報システム学会 2013年度学会賞(教育部門)
受賞者: 東京大学CSIS寄附研究部門
 
2013年5月
ESRIジャパンユーザ会 マップギャラリー第1位入賞 福島県相馬市の復興まちづくりに対するGeodesign手法の適用
受賞者: 立命館大学
 
2012年7月
2012 Esri International User Conference SAG (Special Achievement in GIS) Award
受賞者: 立命館大学
 

その他

 
2016年4月   2016年4月【新聞記事】毎日新聞デジタル版「熊本地震 地図情報を集めたサイト開設」
2016年4月【新聞記事】毎日新聞デジタル版「熊本地震 地図情報を集めたサイト開設」http://mainichi.jp/articles/20160426/mog/00m/040/007000c
2014年5月   【新聞記事】毎日新聞朝刊「いのちを守る防災 地図上で災害情報共有」
【新聞記事】毎日新聞朝刊「いのちを守る防災 地図上で災害情報共有」2014年5月28日

Works

 
瀬戸 寿一・樫山 武浩・関本 義秀   その他   2016年5月
本推計は、ゼンリンデータコム社「混雑統計(R)」の提供を受け、平成28年4月熊本地震の前後(2016年4月7日〜4月17日)の期間における熊本県内の滞在者について、瀬戸 特任講師・樫山 学術研究支援職員・関本 准教授が中心となって分析を行ったものです。
Geographic Distributions of Cultural Heritages Which Suffered Damage from the Great East Japan Earthquake, 2012 ESRI International User Conference, San Diego, USA
その他   2012年7月
GeoDesign for Restoration Planning in Disaster‐Affected Regions, 2012 ESRI International User Conference, San Diego, USA
その他   2012年7月
東日本大震災における文化財被災地図、第8回GISコミュニティフォーラム・マップギャラリー
その他   2012年6月
「聖地巡礼 バーチャル京都」、国立民族学博物館・特別展「聖地・巡礼 ─ 自分探しの旅へ ─」、国立民族学博物館
芸術活動   2007年3月

競争的資金等の研究課題

 
オープン・スマートシティを実現するソーシャル・ビッグデータ利活用・還流基盤
情報通信研究機構: ソーシャル・ビッグデータ利活用・基盤技術の研究開発
研究期間: 2014年 - 2016年3月    代表者: 徳田 英幸
G空間プラットフォームにおけるリアルタイム情報の利活用技術に関する研究開発
総務省: G空間プラットフォームにおけるリアルタイム情報の利活用技術に関する研究開発
研究期間: 2014年4月 - 2016年3月    代表者: 菅原 敏
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2014年 - 2015年    代表者: 関本 義秀
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2013年 - 2016年    代表者: 若林 芳樹
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 瀬戸 寿一

学歴

 
2009年4月
 - 
2012年3月
立命館大学大学院 文学研究科 人文学専攻 地理学専修
 
2002年4月
 - 
2004年3月
東京都立大学大学院 都市科学研究科 都市科学専攻
 
1998年4月
 - 
2002年3月
駒澤大学 文学部 地理学科
 

委員歴

 
2015年9月
 - 
現在
めぐろシティカレッジ振興会  理事・カリキュラム委員
 
2015年6月
 - 
現在
地理情報システム学会  企画委員会委員
 
2014年8月
 - 
現在
OSGeo Foundation  Charter Member
 
2014年4月
 - 
2016年3月
日本地理学会  広報専門委員会委員
 
2014年4月
 - 
2016年3月
国土地理院  防災アプリケーション審査委員
 
2013年8月
 - 
2015年6月
財団法人日本建設情報総合センター  社会基盤情報標準化委員会・小委員会委員
 
2013年4月
 - 
2015年3月
アーバンデータチャレンジ  実行委員・幹事