瀬戸 寿一

J-GLOBALへ         更新日: 17/03/19 23:47
 
アバター
研究者氏名
瀬戸 寿一
 
セト トシカズ
通称等の別名
tosseto
eメール
tossetocsis.u-tokyo.ac.jp
URL
http://www.csis.u-tokyo.ac.jp/japanese/research_activities/member/seto_j.html
所属
東京大学
部署
空間情報科学研究センター
職名
特任講師
学位
博士(文学)(立命館大学), 修士(都市科学)(東京都立大学)
その他の所属
立命館大学アートリサーチセンター駒澤大学応用地理研究所OSGeo Foundation青山学院大学大阪市立大学都市防災教育研究センター放送大学
科研費研究者番号
80454502
ORCID ID
0000-0003-0281-1790

プロフィール

2002年3月 駒澤大学文学部地理学科卒業
2004年3月 東京都立大学大学院都市科学研究科都市科学専攻修士課程修了
2011年3月 立命館大学「日本文化デジタル・ヒューマニティーズ教育プログラム」ベーシックコース修了
2012年3月 立命館大学「日本文化デジタル・ヒューマニティーズ教育プログラム」アドバンストコース修了
2012年3月 立命館大学文学研究科人文学専攻地理学専修博士課程後期課程修了
博士(文学)

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
東京大学空間情報科学研究センター グローバルG空間情報寄附研究部門 特任講師
 
2013年6月
 - 
2016年3月
東京大学空間情報科学研究センター 次世代社会基盤情報・寄付研究部門 特任助教
 
2015年9月
 - 
2016年3月
青山学院大学 地球社会共生学部 非常勤講師
 
2012年4月
 - 
2013年5月
立命館大学衣笠総合研究機構 ポストドクトラルフェロー
 
2012年7月
 - 
2012年12月
ハーバード大学地理解析センター 客員研究員
 

研究分野

 
 

書籍等出版物

 
若林芳樹・今井修・瀬戸寿一・西村雄一郎 (担当:共編者)
古今書院   2017年3月   ISBN:4772242007
Toshikazu Seto and Yuichiro Nishimura (担当:分担執筆, 範囲:Crisis Mapping Project and Counter-Mapping by Neo-Geographers)
The University Press of Kentucky   2016年9月   
The Sanriku tsunami on March 11, 2011, brought catastrophic damage to a wide area of Japan. Traffic and communication interruption occurred over a huge region, including the tokyo metropolitan area. Most public transportation stopped and people co...
川原 靖弘, 関本 義秀 (担当:分担執筆, 範囲:地図の歴史とGIS、参加型データ社会の到来と地理空間情報)
放送大学教育振興会   2016年3月   ISBN:459531616X
文化情報学ハンドブック
瀬戸 寿一 (担当:分担執筆, 範囲:G空間情報の共有に私たちが『参加』できる社会をめざして)
勉誠出版   2014年11月   
Essential Digital Humanities: Defining Patterns and Paths
Naomi Akaishi, Toshikazu Seto, Yukihiro Fukushima, Keiji Yano (担当:分担執筆, 範囲:Digitalization and Utilization of the “Large-scale Maps of Kyoto City(Kyoto-shi meisai-zu)”)
國立臺灣大學出版中心   2012年11月   ISBN:978-986-03-4236-9
http://www.press.ntu.edu.tw/ntu_nube/english/b_view.asp?book_id=684

論文

 
瀬戸 寿一, 関本 義秀
映像情報メディア学会誌 = The journal of the Institute of Image Information and Television Engineers   70(6) 840-846   2016年11月
Sekimoto, Y, Sudo, A., Kashiyama, T., Seto, T., Hayashi, H., Asahara, A., Ishizuka, H. and Nishiyama, S.
The Proceedings of the 5th International Workshop on Pervasive Urban Applications   (5) 1-9   2016年9月   [査読有り]
Distribution of Open/Big Geospatial Data in Japan: The Construction of Open Source based Geospatial Platform
瀬戸 寿一
Proceedings of 2016 International Conference on Geospatial Information Science (ICGIS)   89-105   2016年9月   [招待有り]
嘉山陽一, 林博文, 寺元郁博, 瀬戸寿一
日本地図学会定期大会発表論文・資料集   2016 54‐55   2016年7月
Hiroya Maeda,Yoshihide Sekimoto,Toshikazu Seto
Proceedings of the Second International Conference on IoT in Urban Space, Urb-IoT 2016, Tokyo, Japan, May 24-25, 2016   111-113   2016年   [査読有り]
オープンな地理空間情報の流通と市民の技術貢献を支える仕組みの構築—アーバンデータチャレンジ東京2013の取り組みを通して—
瀬戸寿一・関本義秀
GISー理論と応用   23(2) 23-30   2015年12月
Morioka, N., Tomio, J., Seto, T. and Kobayashi, Y.
Human Resources for Health   13(1) 1-14   2015年8月   [査読有り]
How will compact city affect me? : urban planning simulation for citizens
Hasegawa, Y., Sekimoto, Y., Seto, T. and Fukushima, Y.
CUPUM (Computers in Urban Planning and Urban Management) 2015 conference papers   (14) 1-15   2015年7月   [査読有り]
Comparing the distribution of open geospatial information between the cities of Japan and other countries
Seto, T. and Sekimoto, Y.
CUPUM (Computers in Urban Planning and Urban Management) 2015 conference papers   (14) 1-14   2015年7月   [査読有り]
参加型社会におけるGISと地理情報科学の役割
瀬戸 寿一
研究報告人文科学とコンピュータ(CH)   105(10) 1-2   2015年1月   [招待有り]

講演・口頭発表等

 
瀬戸 寿一
MEDIA AMBITION TOKYO 2017   2017年3月11日   
瀬戸 寿一
International Open Data Day in Wakayama 2017   2017年3月4日   
MyCityForecast〜あなたのまちの未来予報〜 [招待有り]
瀬戸 寿一
自治体データ共有の最前線〜共通語彙基盤の理解と応用に向けて〜   2016年11月27日   
市民参加型の安心な街づくりに向けたオープンデータの活用 [招待有り]
瀬戸 寿一
GIS Day in 関西2016   2016年10月22日   
瀬戸 寿一
日本地図学会平成28年度定期大会   2016年8月9日   

Misc

 
瀬戸寿一
人文情報学月報   (26)    2013年9月   [依頼有り]
瀬戸 寿一
人文情報学月報   (4)    2011年11月   [依頼有り]
中谷友樹, 村中亮夫, 埴淵知哉, 埴淵知哉, 瀬戸寿一, 谷端郷
健康づくり支援環境の効果的な整備施策および政策目標の設定に関する研究 平成20−22年度 総合研究報告書   145-160   2011年
中谷友樹, 村中亮夫, 瀬戸寿一, 谷端郷
健康づくり支援環境の効果的な整備施策および政策目標の設定に関する研究 平成22年度 総括・分担研究報告書   131-143   2011年
高橋 健太郎, 瀬戸 寿一, 鈴木 重幾
駒澤地理   0(46) 11-50   2010年3月

受賞

 
2017年3月
総務省 ICT地域活性化大賞2016 都市の将来像可視化ツール「MyCityForecast」の開発と全国展開
受賞者: 東京大学生産技術研究所関本研究室
 
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu06_02000137.html
2016年5月
The 2nd EAI International Conference on IoT in Urban Space Best Poster Award An Easy Infrastructure Management Method Using On-Board Smartphone Images and Citizen Reports by Deep Neural Network
受賞者: Hiroya Maeda, Yoshihide Sekimoto and Toshikazu Seto
 
2014年11月
地理情報システム学会 2014年度学会賞(ソフトウェア・データ部門)
受賞者: 東京大学CSIS復興支援調査アーカイブチーム
 
2013年10月
地理情報システム学会 2013年度学会賞(教育部門)
受賞者: 東京大学CSIS寄附研究部門
 
2013年5月
ESRIジャパンユーザ会 マップギャラリー第1位入賞 福島県相馬市の復興まちづくりに対するGeodesign手法の適用
受賞者: 立命館大学
 

その他

 
2016年4月   2016年4月【新聞記事】毎日新聞デジタル版「熊本地震 地図情報を集めたサイト開設」
2016年4月【新聞記事】毎日新聞デジタル版「熊本地震 地図情報を集めたサイト開設」http://mainichi.jp/articles/20160426/mog/00m/040/007000c
2014年5月   【新聞記事】毎日新聞朝刊「いのちを守る防災 地図上で災害情報共有」
【新聞記事】毎日新聞朝刊「いのちを守る防災 地図上で災害情報共有」2014年5月28日

Works

 
瀬戸 寿一・樫山 武浩・関本 義秀   その他   2016年5月
本推計は、ゼンリンデータコム社「混雑統計(R)」の提供を受け、平成28年4月熊本地震の前後(2016年4月7日〜4月17日)の期間における熊本県内の滞在者について、瀬戸 特任講師・樫山 学術研究支援職員・関本 准教授が中心となって分析を行ったものです。
Geographic Distributions of Cultural Heritages Which Suffered Damage from the Great East Japan Earthquake, 2012 ESRI International User Conference, San Diego, USA
その他   2012年7月
GeoDesign for Restoration Planning in Disaster‐Affected Regions, 2012 ESRI International User Conference, San Diego, USA
その他   2012年7月
東日本大震災における文化財被災地図、第8回GISコミュニティフォーラム・マップギャラリー
その他   2012年6月
「聖地巡礼 バーチャル京都」、国立民族学博物館・特別展「聖地・巡礼 ─ 自分探しの旅へ ─」、国立民族学博物館
芸術活動   2007年3月

競争的資金等の研究課題

 
オープン・スマートシティを実現するソーシャル・ビッグデータ利活用・還流基盤
情報通信研究機構: ソーシャル・ビッグデータ利活用・基盤技術の研究開発
研究期間: 2014年 - 2016年3月    代表者: 徳田 英幸
G空間プラットフォームにおけるリアルタイム情報の利活用技術に関する研究開発
総務省: G空間プラットフォームにおけるリアルタイム情報の利活用技術に関する研究開発
研究期間: 2014年4月 - 2016年3月    代表者: 菅原 敏
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2014年 - 2015年    代表者: 関本 義秀
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2013年 - 2016年    代表者: 若林 芳樹
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 瀬戸 寿一

学歴

 
2009年4月
 - 
2012年3月
立命館大学大学院 文学研究科 人文学専攻 地理学専修
 
2002年4月
 - 
2004年3月
東京都立大学大学院 都市科学研究科 都市科学専攻
 
1998年4月
 - 
2002年3月
駒澤大学 文学部 地理学科
 

委員歴

 
2015年9月
 - 
現在
めぐろシティカレッジ振興会  理事・カリキュラム委員
 
2015年6月
 - 
現在
地理情報システム学会  企画委員会委員
 
2014年8月
 - 
現在
OSGeo Foundation  Charter Member
 
2014年4月
 - 
現在
日本地理学会  広報専門委員会委員
 
2014年4月
 - 
現在
国土地理院  防災アプリケーション審査委員
 
2013年4月
 - 
現在
アーバンデータチャレンジ  実行委員・幹事
 
2016年5月
 - 
2016年5月
European Alliance for Innovation  Urb-IoT 2016 Local Co-Chair
 
2013年8月
 - 
2015年6月
財団法人日本建設情報総合センター  社会基盤情報標準化委員会・小委員会委員