坪谷 透

J-GLOBALへ         更新日: 17/06/01 09:27
 
アバター
研究者氏名
坪谷 透
 
ツボヤ トオル
所属
東北大学
職名
助教
学位
博士(医学)(東北大学), 医学士(東北大学)
その他の所属
歯学イノベーションリエゾンセンター / 国際歯科保健学分野
Twitter ID
tsubo828

プロフィール

日本では、以下のような研究プロジェクトに参加しております。

●ToMED Project
http://tomedpj.blogspot.jp/2017/05/11tomed.html
https://www.facebook.com/TOMED-1689522054691792/

治療2017年1月号にToMED-PJについて記載しました。
https://www.amazon.co.jp/%E6%B2%BB%E7%99%82-2017%E5%B9%B4-01-%E6%9C%88%E5%8F%B7-%E9%9B%91%E8%AA%8C/dp/B01N2TXDN0/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1496276633&sr=1-1&keywords=%E6%B2%BB%E7%99%82%E3%80%80%E5%81%A5%E5%BA%B7%E6%A0%BC%E5%B7%AE

●Society & Health in Miyagi Lab.を立ち上げました。
宮城にいる意欲的な若手研究者で、社会と健康の関係について研究するSociety & Health in Miyagi Lab.を立ち上げました。
研究のための研究ではなく、実社会にとって意味のあることを行う組織です。
http://societyandhealthinmiyagi.blogspot.jp/2017/05/society-health-in-miyagi-lab.html#comments

●JAGES project
http://square.umin.ac.jp/ages/index.html
Iwanuma project 
http://square.umin.ac.jp/ages/iwanuma.html
http://square.umin.ac.jp/ages/member.html#%E5%9D%AA%E8%B0%B7%E9%80%8F

現在の研究活動のモチベーションは以下のようなエピソードからです。

●自身の臨床経験からSocial Determinants of Healthに取り組みたいと考えるようになった経緯。
http://www.gonryo.med.tohoku.ac.jp/kyoushitsuinkai/dayori/17-1/main.html#10

●震災後の活動から考えたこと。
http://jeaweb.jp/newsletters/pdf/no38.pdf (←Page.4~)

●「社会と健康の関連を扱う学問、社会疫学とは」
http://coffeedoctors.jp/news/339/
http://coffeedoctors.jp/news/392/
http://coffeedoctors.jp/news/394/
http://coffeedoctors.jp/news/397/

●Health Nudgeで時々コメントしています
http://healthnudge.jp/user/496

●MEDプレゼン2016@仙台 「なぜジャクソンは病院にいるの?」
東北大学大学院 歯学研究科 助教 やまと在宅診療所登米 医師/坪谷透
https://www.youtube.com/watch?v=IUbPc9jH4AI&feature=youtu.be

●論文業績
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/?term=Tsuboya%20T%5BAuthor%5D&cauthor=true&cauthor_uid=25603945
(これでうまく検索されない場合は、pubmedやgoogle scholarでToru Tsuboyaで検索していただければOKです。)

研究分野

 
 

経歴

 
2012年10月
 - 
現在
東北大学 歯学研究科 助教
 
2013年8月
 - 
2015年9月
Harvard School of Public Health Department of Social and Behavioral Sciences Research fellow
 
2012年9月
 - 
現在
JAGES project http://square.umin.ac.jp/ages/
 
2006年4月
 - 
2009年7月
手稲渓仁会病院 臨床研修部、総合内科 医師、チーフレジデント
 

学歴

 
2009年4月
 - 
2012年9月
東北大学 医学系研究科 
 
2000年4月
 - 
2006年3月
東北大学 医学部 
 
1999年4月
 - 
2000年3月
慶應義塾大学 理工学部 
 

委員歴

 
2016年4月
 - 
現在
日本プライマリ・ケア連合学会  健康の社会的決定要因検討委員会
 
2015年4月
 - 
2017年3月
RIETI 経済産業研究所  医療・教育の質の計測とその決定要因に関する分析
 

受賞

 
2016年6月
公益財団法人 長寿科学振興財団 長寿科学関連国際学会派遣事業
 

論文

 
Toru TsuboyaMariko InoueMichihiro SatohKei Asayama
Environmental Health and Preventive Medicine   22(3)    2017年12月   [査読有り]
The Great East Japan Earthquake (GEJE) and subsequent tsunamis that occurred in 2011 caused extensive and severe structural damage and interrupted numerous research activities; however, the majority of such activities have been revived, and furthe...
Matsuyama Y, Aida J, Tsuboya T, Hikichi H, Kondo K, Kawachi I, Osaka K
American journal of epidemiology   1-9   2017年5月   [査読有り]
Aida J, Matsuyama Y, Tabuchi T, Komazaki Y, Tsuboya T, Kato T, Osaka K, Fujiwara T
Community dentistry and oral epidemiology      2017年4月   [査読有り]
Hikichi H, Aida J, Kondo K, Tsuboya T, Matsuyama Y, Subramanian SV, Kawachi I
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America      2016年10月   [査読有り]
Toru Tsuboya, Jun Aid, Hiroyuki Hikichi, S.V. Subramanian, Katsunori Kondo, Ken Osaka, Ichiro Kawachi.
Social Science and Medicine   -Epub   2017年   [査読有り]
Highlights
•Few studies have examined physical and cognitive function after natural disasters.
•House damage seemed to result in a more lasting adverse impact on physical health.
•Accessing to internal medicine was associated physical and cognitiv...
Yamazaki H, Tsuboya T, Katanuma A, Kodama Y, Tauchi S, Dohke M, Maguchi H
Diabetes care   39(10) 1677-1683   2016年10月   [査読有り]
Toru Tsuboya, Jun Aida, Hiroyuki Hikichi, SV Subramanian, Katsunori Kondo, Ken Osaka, Ichiro Kawachi
Social Science and Medicine   161 47-54   2016年5月   [査読有り]
Abstract
We sought to investigate prospectively the association between exposure to disaster (the 2011 East Japan Earthquake) and change in depressive symptoms among community-dwelling older adult survivors. We used two waves of data from the Japa...
Yukihiro Sato, DDS,* Jun Aida, DDS, PhD, MPH,* Katsunori Kondo, MD, PhD,†‡ Toru Tsuboya, MD, PhD,* Richard G. Watt, MSc, PhD, BDS,§ Tatsuo Yamamoto, DDS, PhD,¶ Shihoko Koyama, 1 DDS,* Yusuke Matsuyama, DDS,* and Ken Osaka, MD, PhD, MPH*
Journal of the American Geriatrics Society   accepted(11) 2336-2342   2016年9月   [査読有り]
Matsuyama Y, Aida J, Taura K, Kimoto K, Ando Y, Aoyama H, Morita M, Ito K, Koyama S, Hase A, Tsuboya T, Osaka K
Journal of epidemiology / Japan Epidemiological Association   26(11) 563-571   2016年4月   [査読有り]
Hikichi H, Aida J, Tsuboya T, Kondo K, Kawachi I
American journal of epidemiology   183(10) 902-910   2016年3月   [査読有り]
Shihoko Koyama, Jun Aida, Masashige Saito, Naoki Kondo, Yukihiro Sato, Yusuke Matsuyama, Yukako Tani, Yuri Sasaki, Katsunori Kondo, Toshiyuki Ojima, Tatsuo, Yamamoto, Toru Tsuboya, Ken Osaka
BMJ Open   Accepted(4) e010768   2016年4月   [査読有り]
Matsuyama Y, Aida J, Hase A, Sato Y, Koyama S, Tsuboya T, Osaka K
Social science & medicine (1982)   151 187-195   2016年2月   [査読有り]
Tsuboya T, Tsutsumi A, Kawachi I
Social Science & Medicine   150 1-7   2015年12月   [査読有り]
Yamazaki H, Tsuboya T (*Equally contributed author), Tsuji K, Dohke M, Maguchi H
Diabetes care   38(9) 1673-1679   2015年7月   [査読有り]
Tsuboya T, Aida J, Osaka K, Kawachi I
American Journal of Industrial Medicine   58(2) 229-237   2015年2月   [査読有り]
Tomata Y, Sone T, Chou WT, Tsuboya T, Watanabe T, Kakizaki M, Tsuji I
Geriatrics & gerontology international      2015年1月   [査読有り]
Tsuboya T, Tsutsumi A, Kawachi I
Occupational and Environmental Medicine   72(3) 188-194   2014年12月   [査読有り]
Tsuboya T, Aida J, Kawachi I, Katase K, Osaka K
BMJ open   4 e005701   2014年10月   [査読有り]
[Serum total cholesterol levels and eligibility for long-term care insurance: a prospective cohort study of the Tsurugaya project].
Hoshi R, Tomata Y, Kakizaki M, Tsuboya T, Nagai M, Watanabe I, Hozawa A, Tsuji I
[Nihon koshu eisei zasshi] Japanese journal of public health   60 435-443   2013年8月   [査読有り]
Hozawa A, Sugawara Y, Tomata Y, Kakizaki M, Tsuboya T, Ohmori-Matsuda K, Nakaya N, Kuriyama S, Fukao A, Tsuji I
The journals of gerontology. Series A, Biological sciences and medical sciences   68 465-472   2013年4月   [査読有り]

Misc

 
坪谷 透, 近藤 尚己
治療   99(1) 10-16   2017年1月
道家充, 山崎大, 坪谷透, 辻邦彦, 真口宏介
総合健診   44(1) 228-228   2017年1月
五十嵐彩夏, 五十嵐彩夏, 西連地利己, 西連地利己, 西連地利己, 相田潤, 坪谷透, 小山史穂子, 松山祐輔, 佐藤遊洋, 小坂健, 大田仁史, 大田仁史
日本公衆衛生学会総会抄録集   75th 433-433   2016年10月
小山史穂子, 相田潤, 坪谷透, 松山祐輔, 佐藤遊洋, 山本貴文, 五十嵐彩夏, 小坂健
日本公衆衛生学会総会抄録集   75th 291-291   2016年10月
橋本朱里, 小野寺保, 相田潤, 松山祐輔, 佐藤遊洋, 小山史穂子, 坪谷透, 小坂健
日本公衆衛生学会総会抄録集   75th 580-580   2016年10月
畑岡進, 佐藤遊洋, 相田潤, 坪谷透, 小山史穂子, 松山祐輔, 山本貴文, 小坂健
口腔衛生学会雑誌   66(2) 292-292   2016年4月
熊谷幸也, 佐藤遊洋, 相田潤, 坪谷透, 小川史穂子, 松山祐輔, 山本貴文, 小坂健
口腔衛生学会雑誌   66(2) 293-293   2016年4月
星真奈実, 坪谷透, 小山史穂子, 相田潤, 松山祐輔, 佐藤遊洋, 山本貴文, 小坂健
口腔衛生学会雑誌   66(2) 296-296   2016年4月
スパズムを発生させない治療 ウロキナーゼ髄腔投与・非持続的髄液ドレナージの有効性
井上 智夫, 坪谷 透, 鈴木 保宏, 荻田 庄吾, 増山 祥二
脳血管攣縮   31 68-68   2016年2月
相田潤, 小坂健, 坪谷透
介護予防を推進する地域づくりを戦略的に進めるための研究 平成27年度 総括・分担研究報告書   308‐317   2016年
長谷 晃広, 相田 潤, 坪谷 透, 小山 史穂子, 松山 祐輔, 三浦 宏子, 小坂 健
口腔衛生学会雑誌   65(3) 276-282   2015年4月
近年,歯学部において「将来設計に関する教育(以下,キャリア教育)」が実施されているが,これまでその効果を全国的に検証した研究はほとんど報告されていない.そこで本研究は,全国の研修歯科医を対象として 1)将来設計およびキャリア教育受講の実態把握とその関連性の検討ならびに,2)具体的な志望進路の実態把握を目的とした.2,323名に対し自記式調査票を郵送し1,590名から回答を得た(回収率68.4%).主要な変数に欠損のない1,428名のデータで解析を行った.「将来設計を描けている」と回答した者...
松山祐輔, 相田潤, 竹内研時, 伊藤奏, 中安美枝子, 小山史穂子, 長谷晃広, 坪谷透, 小坂健
口腔衛生学会雑誌   64(1) 2-9   2014年1月
2000年代より歯周病と循環器疾患の関連に関する報告が急増しているが,歯周病の評価指標は多様であり,病態評価は用いる指標に左右されるとの報告がなされている.このため,過去の研究における指標が統一されていないことは,研究結果に影響を及ぼしていると考えられる.過去に複数のメタアナリシスが実施されているが,歯周病の評価指標の違いは考慮されていない.そこで,本研究では,代表的な歯周病の測定指標を,a)測定時の炎症を反映する指標(歯肉出血の有無,歯周ポケットの深さの程度)とb)測定時の炎症に左右され...
松山祐輔, 相田潤, 山本龍生, 坪谷透, 伊藤奏, 小山史穂子, 長谷晃広, 近藤克則, 小坂健
口腔衛生学会雑誌   64(2) 217   2014年4月
渡邉崇, 鈴木寿則, 坪谷透, 遠又靖丈, 菅原由美, 金村政輝, 柿崎真沙子, 辻一郎
厚生の指標   60(13) 1-6   2013年11月
渡邉 崇, 鈴木 寿則, 坪谷 透
厚生の指標   60(13) 1-6   2013年11月
松山祐輔, 相田潤, 坪谷透, 伊藤奏, 小山史穂子, 長谷晃弘, 小坂健
日本公衆衛生学会総会抄録集   72nd 500   2013年10月
星 玲奈, 遠又 靖丈, 柿崎 真沙子, 坪谷 透, 永井 雅人, 渡邊 生恵, 寶澤 篤, 辻 一郎
日本公衆衛生雑誌   60(8) 435-443   2013年8月
目的 地域高齢者における血清総コレステロール値と要介護認定リスクとの関連を前向きコホート研究により検討すること。<br/>方法 仙台市宮城野区鶴ヶ谷地区の70歳以上の住民全員(2,925人)に対し,高齢者総合機能評価「寝たきり予防健診」を平成15年に行った。受診者(958人)のうち,研究の同意が得られ要介護認定非該当であった827人を解析対象者とし,平成21年 6 月まで 6 年間追跡した。血清総コレステロール値は 5 分位に分け,第四 5 分位群(212–23...
星玲奈, 遠又靖丈, 柿崎真沙子, 坪谷透, 永井雅人, 渡邊生恵, 寳澤篤, 辻一郎
日本公衆衛生雑誌   60(8) 435-443   2013年8月
松山 祐輔, 相田 潤, 竹内 研時, 伊藤 奏, 中安 美枝子, 小山 史穂子, 長谷 晃広, 成田 展章, 坪谷 透, 小坂 健
口腔衛生学会雑誌   63(2)    2013年4月
長谷 晃広, 相田 潤, 竹内 研時, 伊藤 奏, 中安 美枝子, 小山 史穂子, 成田 展章, 坪谷 透, 小坂 健
口腔衛生学会雑誌   63(2)    2013年4月
松山祐輔, 相田潤, 竹内研時, 伊藤奏, 中安美枝子, 小山史穂子, 長谷晃広, 成田展章, 坪谷透, 小坂健
口腔衛生学会雑誌   63(2) 189   2013年4月
長谷晃広, 相田潤, 竹内研時, 伊藤奏, 中安美枝子, 小山史穂子, 成田展章, 坪谷透, 小坂健
口腔衛生学会雑誌   63(2) 204   2013年4月
小坂健, 松山祐輔, 長谷晃広, 相田潤, 坪谷透, 竹内研時, 伊藤奏, 小山史穂子, 中安美枝子, 成田展章
口腔保健とQOLの向上に関する総合的研究 平成24年度 総括・分担研究報告書   25-28   2013年
小坂健, 長谷晃広, 松山祐輔, 相田潤, 坪谷透, 竹内研時, 伊藤奏, 小山史穂子, 中安美枝子, 成田展章
口腔保健とQOLの向上に関する総合的研究 平成24年度 総括・分担研究報告書   29-35   2013年
小坂健, 相田潤, 坪谷透, 小山史穂子, 長谷晃広, 成田展章
歯科疾患の疾病構造及び歯科医療需要等の変化に応じた新たな歯科医療の構築に関する研究 平成24年度 総括・分担研究報告書   27-58   2013年

講演・口頭発表等

 
Toru TSUBOYA, M.D., Ph.D.
2016 Congress of the Americas   2016年6月24日   SER
The human toll of natural disasters is increasing worldwide. However, our understanding of resilience in the aftermath of disaster has been hampered by the retrospective recall of pre-disaster conditions. In this symposium, speakers will present t...
Toru TSUBOYA, M.D., Ph.D.
2016 Congress of the Americas   2016年6月23日   SER
Don’t Let Your Job Be a Pain. Insights From Occupational Epidemiology

Session Chair: Carol Burns

Presenters:
Rosane Harter Griep – Heterogeneous associations between job strain and blood pressure: insights from quantile regression analysis in t...
 "Disaster Resilience –Lessons from the Great East Japan Earthquake and Tsunami“: Disaster experience & Depression
Toru TSUBOYA, M.D., Ph.D.
8th ISSC (International Society for Social Capital Research)   2016年5月30日   
Toru TSUBOYA, M.D., Ph.D.
第86回 日本衛生学会学術総会   2016年5月11日   日本衛生学会
座 長:浅山 敬(帝京大学医学部衛生学公衆衛生学講座 / 東北大学大学院薬学研究科医薬開発構想講座)
テーマ:家庭血圧測定とコホート研究演 者:浅山 敬(帝京大学医学部衛生学公衆衛生学講座 / 東北大学大学院薬学研究科医薬開発構想講座)
テーマ:災害に対するレジリエンスの構築に関する研究演 者:井上まり子(帝京大学大学院 公衆衛生学研究科 )テーマ:災害後の血圧・血糖管理と薬剤師の重要性演 者:佐藤 倫広(東北医科薬科大学医学部 衛生学公衆衛生学教室)テーマ:東日本大震災後の高齢被災者にお...
Dental status and IADL disability; the JAGES panel cohort study
Yukihiro Sato, Jun Aida, Katsunori Kondo, Toru Tsuboya, Ken Osaka
International Association for Dental Research (IADR)   2015年4月   
The association between fatty liver status change and incidence of diabetes mellitus in Japan
Kazumasa Nagai, Toru Tsuboya, Hajime Yamazaki, Akiko Tomonari, Kunihiko Tsuji, Hiroyuki Maguchi
nternational Liver Congress TM (ILC) - 50th Annual Meeting of the European Association for the Study of the Liver (EASL)   2015年4月   
Prevalence and health outcomes of inappropriate drinking among older Japanese
Toshiyuki Ojima, Masayo Kojima, Toru Tsuboya, Naoki Kondo, Eisaku Okada, Mieko Nakamura, Masashige Saito, Jyun Aida, Katsunori Kondo, JAGES group
The World Psychiatric Association (WPA) , Section on Epidemiology and Public Health Meeting in Nara   2014年10月   
[Best Poster Award]
Different association between blood glucose/hemoglobin A1c and neurological prognosis among patients with intracerebral hemorrhage: a prospective study in Japan
Tomoo Inoue, Toru Tsuboya, Yasuhiro Suzuki, Shogo Ogita, and Shoji Mashiyama
The 12th Korean and Japanese Friendship Conference on Surgery for Cerebral Stroke   2014年9月   
Social relationships and mental health among the victims of The Great East Japan Earthquake; A multilevel longitudinal study
Yusuke Matsuyama, Jun Aida, Akihiro Hase, Yukihiro Sato, Toru Tsuboya, Kanade Ito, Shihoko Koyama, and Ken Osaka
International Epidemiology Association (IES) World Congress of Epidemiology   2014年8月   
[Student Award]
DECREASED DEVELOPMENT OF DIABETES MELLITUS WITH IMPROVEMENT OF NONALCOHOLIC FATTY LIVER DISEASE: A 10-YEAR JAPANESE COHORT STUDY
Hajime Yamazaki, Toru Tsuboya, Mitsuru DOUKE, Kunihiko Tsuji, Horoyuki Maguchi
International Liver Congress TM (ILC) - 49th Annual Meeting of the European Association for the Study of the Liver (EASL)   2014年4月   
(Highlights in EASL 2014)

競争的資金等の研究課題

 
東北大学 学際科学フロンティア研究所: 
研究期間: 2017年6月 - 2018年3月    代表者: 坪谷 透
近年、日本では約8割の人が病院で最期を迎えてきたが、そのあり方に疑問を持つ人が増え、直近の調査では国民の約半数が「可能であれば在宅で最期を迎えたい」と考えている。その一方で、その受け皿となるべく訪問診療の提供体制の整備は追いついていない。加えて、2025年に向けて、いわゆる団塊の世代が75歳以上となり、医療・介護のニーズのピークおよび多死社会を迎え、現状のままでは社会が対応できない。厚生労働省は、この喫緊の課題に対して、住み慣れた地域で最期を迎えることができるような体制(地域包括ケアシステ...
地方の少子高齢化・医療資源不足の解消に向けた新たなモデルの提案に向けたプロジェクト
三菱財団: 第47回(平成28年度) 社会福祉事業研究助成
研究期間: 2016年10月       代表者: 事業代表者:田上佑輔、研究代表者:坪谷 透
http://www.mitsubishi-zaidan.jp/support/list/h28-welfare.pdf
被災高齢者の中長期的な精神・身体・社会的健康についての研究
文科省科研費: 若手B
研究期間: 2016年4月 - 2018年3月    代表者: 坪谷 透
公益財団法人聖ルカ・ライフサイエンス研究所: 
研究期間: 2015年4月 - 2016年3月    代表者: 井上 智夫、坪谷 透(共同研究者)
介護予防を推進する地域づくりを戦略的に進めるための研究
厚生労働省: 厚生労働科学研究費、長寿科学総合研究事業
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 近藤克則教授(千葉大学教授)
分担研究者
平成25(2013)年度 JPY 23,000,000
平成26(2014)年度 JPY 10,580,000
平成27(2015)年度 JPY 11,500,000

社会貢献活動

 
ToMED PJ
【講師, 企画, 運営参加・支援】  2016年10月
ToMED@facebook
https://www.facebook.com/TOMED-1689522054691792/
医療・介護に携わるなら知っておきたい「健康の社会的決定要因」
【講師】  積水ハウス  2016年7月14日 - 2016年7月14日
【講師】  MEDプレゼン  MEDプレゼン2016@仙台  (宮城野区中央市民センター)  2016年5月14日
私は、自身の臨床医としての経験から、「健康の社会的決定要因(SDH, Social Determinants of Health)」を通じての予防に寄与したいと思うようになり、現在その研究をしています。様々な病気の発生には、遺伝子や生活習慣が起因していますが、ではその生活習慣は何が規定するのでしょうか?個々人のやる気・頑張りだけの問題でしょうか?

一人の医者として、目の前の患者さんにとってベストなものを提供することを目指そうとすると、医学をどんどん細分化しマニアックに深めていく(≒専門分...
富山高校への講演会
【講師】  2015年7月17日 - 2015年7月17日
【講師】  ボストン開発コミュニティー  第14回勉強会(2015/5/2)  (MIT E51-372)  2015年5月2日
開発途上国に関心のある皆さんにとって、現地の医療はどのように映るものでしょうか。平均寿命が世界トップクラスで高度先進医療を備えた日本の医療とは遠くかけ離れた未発達なものに思えるでしょうか。講演では、「開発途上国での医療と日本の地域医療には類似点がたくさんあるように思える」という気付きを与えるに至った、講師自身の東日本大震災後の現地での活動を紹介頂きました。東日本大震災の現場でも都市や田舎での違い等、現場で活動された講師自ら捉えた状況や、医師会の活動等もご説明いただきました。
【講師】  ボストン日本人研究者交流会  第130回 講演会  (MIT 25-111)  2014年11月15日
医療における決断は、一昔前まではお医者さんに決めてもらうものでした。非医療者にとって、医療についての情報は欠如し、人々の価値観があまり多様ではない(と思われていた)時代には、それでよかったのかもしれません。そもそも医療技術も限られており決断における選択の余地はあまりありませんでした。しかし時代は大きく変わりました。医療技術は大きく進歩し、高齢で多くの病気を抱えたとえ意思疎通ができなくても、生命体としての命をつなぐことができるようになりました。書籍・インターネットなどで医療についての情報が氾...
Kick off meeting for Clinical and public health Research Network of Academics In [CRENAI] Boston
【講師】  ボストン臨床・公衆衛生学研究者の会  2014年10月10日
【編集】  Royal College of Psychiatrists  iMH Translation project  (Royal College of Psychiatrists)  2012年
在イギリス邦人向けに、学会が発行するリーフレットの日本語翻訳事業。

その他

 
2014年3月   HSPH Japan Trip
HSPH Japan Trip organizer
http://hsph.jp/JT2014/index-j.htm
2015年   Reviewerを行った雑誌など(年度)
Journal of Occupational Health (2013), (2014), Social Science and Medicine (2013), (2014), (2014), (2015), International Journal of Behavioral Medicine (2014), (2014), Journal of Epidemiology (2014), (2014),(2014), (2015), (2015) Plos One (2014), Journal of Epidemiology and Community Health (2015), Industrial health (2015)
Society for Epidemiologic Research, Annual meeting (2012), (2013), (2015)
2015年   取得資格等一覧
1. 2006/04 医師
2. 2008/08 ICLS インストラクター(ID:5,555)(2015年度で失効予定)
3. 2009/09 日本内科学会 認定医 (#40616)
4. 2011/07 産業医(労働安全衛生規則第十四条第二項4号該当) (#1100465)
5. 2012/04 日本プライマリ・ケア学会 認定医 (#2012-527)
6. 2013/05 日本プライマリ・ケア学会 認定指導医 (#2013-108)
7.日本内科学会 総合内科専門医 (#025196) 認定日 2016年12月16日 認定期間2016年12月16日~2022年03月31日

UMIN e-Learning (https://moodle2.umin.ac.jp/moodle/)
修了したコース(2014/11/30):医師(上級)、事務局(上級)、IRB(上級)

ICRweb - ICR臨床研究入門(http://www.icrweb.jp/)
修了したコース(2014/12/01): 臨床試験入門講座(JCOG臨床試験セミナー), 生物統計基礎セミナー, 生物統計学・疫学研究方法論, プロトコール、論文

珠算三段、暗算五段、剣道二段、漢字検定準1級、英検準1級
2013年9月   臨床家との共同研究
臨床家(MD)とコラボレーションをし、臨床疫学研究を共同で行っている。
●消化器領域
・非アルコール性肝疾患と糖尿病発症の関連
Hajime Yamazaki, Toru Tsuboya, Mitsuru DOUKE, Kunihiko Tsuji, Horoyuki Maguchi, "DECREASED DEVELOPMENT OF DIABETES MELLITUS WITH IMPROVEMENT OF NONALCOHOLIC FATTY LIVER DISEASE: A 10-YEAR JAPANESE COHORT STUDY", oral presentation, International Liver Congress TM (ILC) - 49th Annual Meeting of the European Association for the Study of the Liver (EASL) , London, United Kingdom, April 9 - 13, 2014. (A-627-0021-01770) (Highlights in EASL 2014)
=> Accepted in Diabetes Care

他未発表テーマ2件

●脳神経外科領域
・脳出血後における血糖値・HbA1c・尿酸値と神経予後の関連
Tomoo Inoue, Toru Tsuboya, Yasuhiro Suzuki, Shogo Ogita, and Shoji Mashiyama, “Different association between blood glucose/hemoglobin A1c and neurological prognosis among patients with intracerebral hemorrhage: a prospective study in Japan”, The 12th Korean and Japanese Friendship Conference on Surgery for Cerebral Stroke, Osaka, Japan. Sep 26-27, 2014

・くも膜下出血後におけるウロキナーゼ投与と脳血管攣縮の関連
井上智夫 坪谷透 鈴木保宏 荻田庄吾 増山祥二、”遅発性脳血管攣縮を発生させない治療戦略としてのウロキナーゼ髄腔投与・非持続的髄液ドレナージの安全性と有効性”, 第30回NPO法人日本脳神経血管内治療学会学術総会, 横浜, 2014年12月
2013年   研究助成金公募 - 聖ルカ・ライフサイエンス研究所 平成25年度 臨床疫学などの若手研究者の海外派遣助成
研究助成金公募 - 聖ルカ・ライフサイエンス研究所
平成25年度 臨床疫学などの若手研究者の海外派遣助成
https://sllsi.or.jp/
https://sllsi.or.jp/subsidy/history/2013.html
2011年3月   ABC news
東日本大震災後に行っていた個人的な活動がABCニュースに掲載された
“Japan's Medical Situation Grave in Some Places, But Improving”
http://abcnews.go.com/Health/medical-crisis-japan-improving-years-fully-recover/story?id=13201174&singlePage=true
2010年   東北大学 国際高等教育院 博士研究教育院生
東北大学 国際高等教育院 
平成22年度 (2010-2012)「博士研究教育院生」
言語・人間・社会システム領域基盤
博士研究教育院生
http://www.iiare.tohoku.ac.jp/education/doctor.html