辻 大介

J-GLOBALへ         更新日: 17/04/18 03:03
 
アバター
研究者氏名
辻 大介
 
ツジ ダイスケ
URL
http://kaken.nii.ac.jp/ja/r/50292785
所属
大阪大学
部署
人間科学研究科 人間科学専攻
職名
准教授
科研費研究者番号
50292785

研究分野

 
 
  • 社会学 / 社会学 / コミュニケーション論、メディア研究

書籍等出版物

 
友情化する社会――断片化のなかの新たな〈つながり〉
デボラ・チェンバース, 辻大介, 久保田裕之, 東園子, 藤田智博 (担当:共訳)
岩波書店   2015年12月   ISBN:9784000254229
ジェンダーで学ぶ社会学
伊藤公雄, 牟田和恵, 辻大介, 他 (担当:分担執筆)
世界思想社   2015年10月   ISBN:9784790716686
よくわかる社会情報学
西垣通, 伊藤守, 辻大介, 他 (担当:分担執筆)
ミネルヴァ書房   2015年5月   ISBN:978-4-623-07359-7
コミュニケーション論をつかむ
辻大介, 是永論, 関谷直也 (担当:共著)
有斐閣   2014年5月   ISBN:978-4-641-17720-8
ケータイの2000年代――成熟するモバイル社会
松田美佐, 土橋臣吾, 辻泉, 石井健一, 辻大介, 小寺敦之, 吉井博明, 浅野智彦, 羽渕一代, 岩田考 (担当:分担執筆)
東京大学出版会   2014年1月   ISBN:978-4-13-050180-4

論文

 
マーケティングと広告表現
辻大介
日本語学   34(6) 34-42   2015年5月   [招待有り]
大学生の就職活動における友人関係の効用――5大学の文系学生を対象とした質問紙調査の結果から
辻大介
   2013年10月   [査読有り]
全国調査にみるモバイル・コミュニケーションの現在(2)――デジタル・デバイドは縮小したか
辻大介
   2012年11月   [査読有り]
SNSで変わる子どもたちのつながり方
辻大介
月刊高校教育      2012年8月
大学生の生活と意識(3)――メディア利用とコミュニケーション
辻大介
   2011年9月   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
大学生の就職活動における友人関係の効用――5大学の文系学生を対象とした質問紙調査の結果から
辻 大介
第86回日本社会学会大会   2013年10月   
全国調査にみるモバイル・コミュニケーションの現在(2)――デジタル・デバイドは縮小したか
辻 大介
第85回日本社会学会大会   2012年11月   
大学生の生活と意識(3)――メディア利用とコミュニケーション
辻 大介
第84回日本社会学会大会   2011年9月   
CM言語の「断層」、一九五〇/六〇
辻 大介
日本マス・コミュニケーション学会メディア史部会研究会   2010年3月   

経歴

 
2007年4月
 - 
現在
大阪大学 人間科学研究科 准教授
 
2002年4月
 - 
2007年3月
関西大学 社会学部 助教授
 
1999年4月
 - 
2002年3月
関西大学 社会学部 専任講師
 
1997年6月
 - 
1999年3月
東京大学 社会情報研究所 助手
 

学歴

 
1995年4月
 - 
1997年5月
東京大学大学院 人文社会系研究科博士課程 
 
1992年4月
 - 
1995年3月
東京大学大学院 社会学研究科修士課程 
 
1984年4月
 - 
1988年3月
京都大学 文学部