常松 友美

J-GLOBALへ         更新日: 16/07/29 19:53
 
アバター
研究者氏名
常松 友美
 
ツネマツ トモミ
ハンドル
常松友美
eメール
tomomi.tsunematsustrath.ac.uk
所属
ストラスクライド大学(University of Strathclyde)
部署
Strathclyde Institute of Pharmacy and Biomedical Sciences (SIPBS)
職名
Research Associate
学位
博士(理学)(総合研究大学院大学)
科研費研究者番号
80726539

プロフィール

寝るのが好きなので、睡眠の研究をしています。
電気生理、免疫染色、行動薬理、最近はオプトジェネティックスも使って、スライスから個体まで幅広く実験しています。

研究分野

 
 

経歴

 
2016年5月
 - 
現在
University of Strathclyde Strathclyde Institute of Pharmacy and Biomedical Sciences (SIPBS) Research Associate
 
2014年4月
 - 
2016年3月
University of Strathclyde 日本学術振興会海外特別研究員
 
2013年4月
 - 
2014年3月
名古屋大学 環境医学研究所 日本学術振興会特別研究員(PD)
 
2011年4月
 - 
2013年3月
生理学研究所 日本学術振興会特別研究員 (PD)
 
2009年4月
 - 
2011年3月
総合研究大学院大学生命科学研究科 日本学術振興会特別研究員 (DC2)
 

学歴

 
2008年4月
 - 
2011年3月
総合研究大学院大学 生命科学研究科 生理科学専攻
 
2006年4月
 - 
2008年3月
筑波大学大学院 人間総合科学研究科 フロンティア医科学専攻
 
2002年4月
 - 
2006年3月
筑波大学 第二学群 生物学類
 

受賞

 
2015年7月
名古屋大学環境医学研究所 環境医学研究所若手優秀論文賞
 
2013年2月
FENS-JNS Young Researcher Exchange Program
 
2011年8月
包括脳ネットワーク 若手優秀発表賞
 
2011年3月
特定領域「細胞感覚」 第6回若手の会プレゼンテーション賞
 
2011年3月
総合研究大学院大学 総合研究大学院大学研究賞
 

論文

 
Scharf R, Tsunematsu T, McAlinden N, Dawson MD, Sakata S, Mathieson K
Sci Rep   6 28381   2016年6月   [査読有り]
Inutsuka A, Inui A, Tabuchi S, Tsunematsu T, Lazarus M, Yamanaka A
Neuropharmacology   85 451-460   2014年6月   [査読有り]
Ohmura Y, Tanaka KF, Tsunematsu T, Yamanaka A, Yoshioka M
Int J Neuropsychopharmacol.   17(11) 1777-1783   2014年5月   [査読有り]
Tsunematsu T, Ueno T, Tabuchi S, Inutsuka A, Tanaka KF, Hasuwa H, Kilduff TS, Terao A, Yamanaka A
J Neurosci   34(20) 6896-6909   2014年5月   [査読有り]
Tabuchi S, Tsunematsu T, Black SW, Tominaga M, Maruyama M, Takagi K, Minokoshi Y, Sakurai T, Kilduff TS, Yamanaka A
J Neurosci   34(19) 6495-6509   2014年5月   [査読有り]

書籍等出版物

 
Orexin and Sleep
山中 章弘、常松 友美 (担当:共著, 範囲:Elucidation of Neuronal Circuitry Involved in the Regulation of Sleep/Wakefulness Using Optogenetics)
Springer   2015年9月   
Optogenetics Light-Sensing Proteins and Their Applications
常松 友美、山中 章弘 (担当:共著, 範囲:Chapter 17: Elucidation of Neuronal Circuitry Involved in the Regulation of Sleep/Wakefulness Using Optogenetics)
Springer   2015年6月   
オレキシン受容体拮抗薬の登場と不眠症治療のパラダイムシフト
常松 友美、山中 章弘 (担当:共著, 範囲:オレキシン受容体拮抗薬の作用メカニズム)
睡眠医療   2014年11月   
オプトジェネティクス〜光工学と遺伝学による行動制御技術の最前線〜
常松 友美、山中 章弘 (担当:共著, 範囲:第3編第1章第4節)
エヌ・ティー・エス   2013年4月   

講演・口頭発表等

 
光操作による細胞種および深さ特異的神経活動制御 [招待有り]
常松 友美
名古屋大学平成28年度第3回環研カンファレンス   2016年7月25日   
Optogenetic perturbation of cell-type specific and depth specific neural activity in vivo [招待有り]
常松 友美
北海道大学   2016年4月8日   
Optogenetic perturbation of cell-type specific and depth specific neural activity in vivo [招待有り]
常松 友美
Tohoku Forum for Creativity Thematic Program 2015, Frontiers of Brain Science, Tools and Technologies   2015年7月   
Manipulation of activity and cell fate reveal a role for MCH neurons in sleep/wake regulation [招待有り]
常松 友美
11th Scottish Neuroscience Group Meeting   2014年8月29日   
Optogenetical manipulation of hypothalamic neurons involved in sleep/wakefulness regulation [招待有り]
常松 友美
University of Strathclyde   2014年4月