常松 友美

J-GLOBALへ         更新日: 17/04/10 15:48
 
アバター
研究者氏名
常松 友美
 
ツネマツ トモミ
ハンドル
常松友美
eメール
tsunefris.tohoku.ac.jp
所属
東北大学
部署
学際科学フロンティア研究所
職名
助教
学位
博士(理学)(総合研究大学院大学)
その他の所属
生命科学研究科超回路脳機能分野
科研費研究者番号
80726539

プロフィール

寝るのが好きなので、睡眠の研究をしています。
電気生理、免疫染色、行動薬理、最近はオプトジェネティックスも使って、スライスから個体まで幅広く実験しています。

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
東北大学  学際科学フロンティア研究所 助教
 
2016年5月
 - 
2017年3月
University of Strathclyde Strathclyde Institute of Pharmacy and Biomedical Sciences (SIPBS) Research Associate
 
2014年4月
 - 
2016年3月
University of Strathclyde 日本学術振興会海外特別研究員
 
2013年4月
 - 
2014年3月
名古屋大学 環境医学研究所 日本学術振興会特別研究員(PD)
 
2011年4月
 - 
2013年3月
生理学研究所 日本学術振興会特別研究員 (PD)
 

学歴

 
2008年4月
 - 
2011年3月
総合研究大学院大学 生命科学研究科 生理科学専攻
 
2006年4月
 - 
2008年3月
筑波大学大学院 人間総合科学研究科 フロンティア医科学専攻
 
2002年4月
 - 
2006年3月
筑波大学 第二学群 生物学類
 

受賞

 
2015年7月
名古屋大学環境医学研究所 環境医学研究所若手優秀論文賞
 
2013年2月
FENS-JNS Young Researcher Exchange Program
 
2011年8月
包括脳ネットワーク 若手優秀発表賞
 
2011年3月
特定領域「細胞感覚」 第6回若手の会プレゼンテーション賞
 
2011年3月
総合研究大学院大学 総合研究大学院大学研究賞
 

論文

 
Scharf R, Tsunematsu T, McAlinden N, Dawson MD, Sakata S, Mathieson K
Sci Rep   6 28381   2016年6月   [査読有り]
Inutsuka A, Inui A, Tabuchi S, Tsunematsu T, Lazarus M, Yamanaka A
Neuropharmacology   85 451-460   2014年6月   [査読有り]
Ohmura Y, Tanaka KF, Tsunematsu T, Yamanaka A, Yoshioka M
Int J Neuropsychopharmacol.   17(11) 1777-1783   2014年5月   [査読有り]
Tsunematsu T, Ueno T, Tabuchi S, Inutsuka A, Tanaka KF, Hasuwa H, Kilduff TS, Terao A, Yamanaka A
J Neurosci   34(20) 6896-6909   2014年5月   [査読有り]
Tabuchi S, Tsunematsu T, Black SW, Tominaga M, Maruyama M, Takagi K, Minokoshi Y, Sakurai T, Kilduff TS, Yamanaka A
J Neurosci   34(19) 6495-6509   2014年5月   [査読有り]

書籍等出版物

 
Orexin and Sleep
山中 章弘、常松 友美 (担当:共著, 範囲:Elucidation of Neuronal Circuitry Involved in the Regulation of Sleep/Wakefulness Using Optogenetics)
Springer   2015年9月   
Optogenetics Light-Sensing Proteins and Their Applications
常松 友美、山中 章弘 (担当:共著, 範囲:Chapter 17: Elucidation of Neuronal Circuitry Involved in the Regulation of Sleep/Wakefulness Using Optogenetics)
Springer   2015年6月   
オレキシン受容体拮抗薬の登場と不眠症治療のパラダイムシフト
常松 友美、山中 章弘 (担当:共著, 範囲:オレキシン受容体拮抗薬の作用メカニズム)
睡眠医療   2014年11月   
オプトジェネティクス〜光工学と遺伝学による行動制御技術の最前線〜
常松 友美、山中 章弘 (担当:共著, 範囲:第3編第1章第4節)
エヌ・ティー・エス   2013年4月   

講演・口頭発表等

 
光操作による細胞種および深さ特異的神経活動制御 [招待有り]
常松 友美
名古屋大学平成28年度第3回環研カンファレンス   2016年7月25日   
Optogenetic perturbation of cell-type specific and depth specific neural activity in vivo [招待有り]
常松 友美
北海道大学   2016年4月8日   
Optogenetic perturbation of cell-type specific and depth specific neural activity in vivo [招待有り]
常松 友美
Tohoku Forum for Creativity Thematic Program 2015, Frontiers of Brain Science, Tools and Technologies   2015年7月   
Manipulation of activity and cell fate reveal a role for MCH neurons in sleep/wake regulation [招待有り]
常松 友美
11th Scottish Neuroscience Group Meeting   2014年8月29日   
Optogenetical manipulation of hypothalamic neurons involved in sleep/wakefulness regulation [招待有り]
常松 友美
University of Strathclyde   2014年4月