宮川 剛

J-GLOBALへ         更新日: 16/12/20 14:10
 
アバター
つながるコンテンツへ
研究者氏名
宮川 剛
 
ミヤカワ ツヨシ
URL
http://www.fujita-hu.ac.jp/ICMS/res06.html
所属
藤田保健衛生大学
部署
総合医科学研究所 システム医科学
職名
教授
学位
博士(心理学)(東京大学), 修士(東京大学), 学士(東京大学)
その他の所属
生理学研究所
科研費研究者番号
10301780
ORCID ID
0000-0003-0137-8200

プロフィール

遺伝子改変マウスの表現型解析を通じて、遺伝子・脳・行動の関係を研究しています。また、精神疾患様の表現型を示すマウスの脳を調べることにより、精神疾患の発症メカニズムの研究も行っています。
私たちの研究室では大学院生を募集しています。一研究室に助教以上のスタッフが私も含めて5人おり、現状では院生はゼロですので、学生/教員 ratioは他に比べて圧倒的に良いです。研究経験豊富なスタッフによって、きめ細やかで重点的な指導を行うことができます。

研究分野

 
 

学歴

 
1989年4月
 - 
1991年3月
東京大学 文科 Ⅲ類
 
1991年4月
 - 
1993年3月
東京大学 文学部 心理学科 (指導教官 二木宏明)
 
1993年4月
 - 
1995年3月
東京大学大学院 人文科学研究科修士課程 心理学専攻 (指導教官 二木宏明)
 
1995年4月
 - 
1997年3月
東京大学大学院 人文社会系研究科博士課程 心理学専攻 (指導教官 二木宏明)
 

経歴

 
1997年4月
 - 
1998年8月
理化学研究所 研究員(二木宏明チームリーダー)
 
1998年9月
 - 
1999年11月
米国 国立精神衛生研究所(NIMH) ポスドク研究員(アドバイザー:Dr. Jacki Crawley)
 
1999年12月
 - 
2001年3月
米国 バンダービルト大学 分子神経科学研究センター・薬理学科 助教授(研究)
 
2001年4月
 - 
2003年3月
米国 マサチューセッツ工科大学 ピコワー学習・記憶センター 主任研究員
 
2003年4月
 - 
2007年3月
京都大学医学研究科 先端領域融合医学研究機構 助教授
 
2007年4月
 - 
現在
藤田保健衛生大学 総合医科学研究所 システム医科学研究部門 教授
 
2007年9月
 - 
現在
自然科学研究機構 生理学研究所 行動様式解析室 客員教授 室長
 

論文

 
Okamoto K, Yamasaki M, Takao K, Soya S, Iwasaki M, Sasaki K, Magoori K, Sakakibara I, Miyakawa T, Mieda M, Watanabe M, Sakai J, Yanagisawa M, Sakurai T
PloS one   11(11) e0164716   2016年11月   [査読有り]
Ip JY, Sone M, Nashiki C, Pan Q, Kitaichi K, Yanaka K, Abe T, Takao K, Miyakawa T, Blencowe BJ, Nakagawa S
Scientific reports   6 27204   2016年6月   [査読有り]
Katayama Y, Nishiyama M, Shoji H, Ohkawa Y, Kawamura A, Sato T, Suyama M, Takumi T, Miyakawa T, Nakayama KI
Nature      2016年9月   [査読有り]
Sakai K, Shoji H, Kohno T, Miyakawa T, Hattori M
Scientific reports   6 28636   2016年6月   [査読有り]
Morishita Y, Yoshioka Y, Takimura Y, Shimizu Y, Namba Y, Nojiri N, Ishizaka T, Takao K, Yamashita F, Takuma K, Ago Y, Nagano K, Mukai Y, Kamada H, Tsunoda SI, Saito S, Matsuda T, Hashida M, Miyakawa T, Higashisaka K, Tsutsumi Y
ACS nano      2016年8月   [査読有り]
Naganuma T, Takagi S, Kanetake T, Kitamura T, Hattori S, Miyakawa T, Sassa T, Kihara A
The Journal of biological chemistry   291(22) 11676-11688   2016年5月   [査読有り]
Hagihara H, Horikawa T, Nakamura HK, Umemori J, Shoji H, Kamitani Y, Miyakawa T
Cell reports   14(12) 2784-2796   2016年3月   [査読有り]
Matsuda I, Shoji H, Yamasaki N, Miyakawa T, Aiba A
Molecular brain   9(1) 15   2016年2月   [査読有り]
Ohashi R, Takao K, Miyakawa T, Shiina N
Scientific reports   6 20775   2016年2月   [査読有り]
Shoji H, Takao K, Hattori S, Miyakawa T
Molecular brain   9(1) 11   2016年1月   [査読有り]
Imai H, Shoji H, Ogata M, Kagawa Y, Owada Y, Miyakawa T, Sakimura K, Terashima T, Katsuyama Y
Cerebral cortex (New York, N.Y. : 1991)      2016年1月   [査読有り]
Takao K, Shoji H, Hattori S, Miyakawa T
Frontiers in behavioral neuroscience   10 99   2016年   [査読有り]
Ageta-Ishihara N, Yamazaki M, Konno K, Nakayama H, Abe M, Hashimoto K, Nishioka T, Kaibuchi K, Hattori S, Miyakawa T, Tanaka K, Huda F, Hirai H, Hashimoto K, Watanabe M, Sakimura K, Kinoshita M
Nature communications   6 10090   2015年12月   [査読有り]
Choi JK, Zhu A, Jenkins BG, Hattori S, Kil KE, Takagi T, Ishii S, Miyakawa T, Brownell AL
Neuroscience letters   609 159-164   2015年11月   [査読有り]
Kawaai K, Mizutani A, Shoji H, Ogawa N, Ebisui E, Kuroda Y, Wakana S, Miyakawa T, Hisatsune C, Mikoshiba K
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   112(17) 5515-5520   2015年4月   [査読有り]
Takao K, Miyakawa T
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   112(4) 1167-1172   2015年1月   [査読有り]
Takao K, Hagihara H, Miyakawa T
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   112(4) E347-8   2015年1月   [査読有り]
Abbas MG, Shoji H, Soya S, Hondo M, Miyakawa T, Sakurai T
Frontiers in behavioral neuroscience   9 324   2015年   [査読有り]
Nakao A, Miki T, Shoji H, Nishi M, Takeshima H, Miyakawa T, Mori Y
Frontiers in behavioral neuroscience   9 141   2015年   [査読有り]
Shibasaki K, Sugio S, Takao K, Yamanaka A, Miyakawa T, Tominaga M, Ishizaki Y
Pflugers Archiv : European journal of physiology   467(12) 2495-2507   2015年8月   [査読有り]
Yasumura M, Yoshida T, Yamazaki M, Abe M, Natsume R, Kanno K, Uemura T, Takao K, Sakimura K, Kikusui T, Miyakawa T, Mishina M
Scientific reports   4 6613   2014年10月   [査読有り]
Miyakawa T, Terashima Y, Takebayashi T, Tanimoto K, Iwase T, Ogon I, Kobayashi T, Tohse N, Yamashita T
Molecular pain   10 58   2014年9月   [査読有り]
Zheng LS, Hitoshi S, Kaneko N, Takao K, Miyakawa T, Tanaka Y, Xia H, Kalinke U, Kudo K, Kanba S, Ikenaka K, Sawamoto K
Stem cell reports   3(1) 73-84   2014年7月   [査読有り]
Watanabe S, Ageta-Ishihara N, Nagatsu S, Takao K, Komine O, Endo F, Miyakawa T, Misawa H, Takahashi R, Kinoshita M, Yamanaka K
Molecular brain   7 62   2014年8月   [査読有り]
Hayashi Y, Nabeshima Y, Kobayashi K, Miyakawa T, Tanda K, Takao K, Suzuki H, Esumi E, Noguchi S, Matsuda Y, Sasaoka T, Noda T, Miyazaki JI, Mishina M, Funabiki K, Nabeshima YI
Molecular brain   7 44   2014年6月   [査読有り]
Hagihara H, Ohira K, Takao K, Miyakawa T
Molecular brain   7 41   2014年5月   [査読有り]
Akers KG, Martinez-Canabal A, Restivo L, Yiu AP, De Cristofaro A, Hsiang HL, Wheeler AL, Guskjolen A, Niibori Y, Shoji H, Ohira K, Richards BA, Miyakawa T, Josselyn SA, Frankland PW
Science (New York, N.Y.)   344 598-602   2014年5月   [査読有り]
Fujioka R, Nii T, Iwaki A, Shibata A, Ito I, Kitaichi K, Nomura M, Hattori S, Takao K, Miyakawa T, Fukumaki Y
Molecular brain   7 31   2014年4月   [査読有り]
Onouchi T, Kobayashi K, Sakai K, Shimomura A, Smits R, Sumi-Ichinose C, Kurosumi M, Takao K, Nomura R, Iizuka-Kogo A, Suzuki H, Kondo K, Akiyama T, Miyakawa T, Fodde R, Senda T
Molecular brain   7 21   2014年3月   [査読有り]
Shoji H, Takao K, Hattori S, Miyakawa T
Journal of visualized experiments : JoVE      2014年3月   [査読有り]
Kobayashi M, Nakatani T, Koda T, Matsumoto K, Ozaki R, Mochida N, Takao K, Miyakawa T, Matsuoka I
Molecular brain   7 12   2014年2月   [査読有り]
Hazama K, Hayata-Takano A, Uetsuki K, Kasai A, Encho N, Shintani N, Nagayasu K, Hashimoto R, Reglodi D, Miyakawa T, Nakazawa T, Baba A, Hashimoto H
PloS one   9 e89153   2014年   [査読有り]
Koshimizu H, Takao K, Matozaki T, Ohnishi H, Miyakawa T
PloS one   9 e89584   2014年   [査読有り]
Hattori S, Hagihara H, Ohira K, Aoki I, Saga T, Suhara T, Higuchi M, Miyakawa T
Frontiers in integrative neuroscience   7 76   2013年11月   [査読有り]
Watanabe Y, Katayama N, Takeuchi K, Togano T, Ito R, Sato M, Yamazaki M, Abe M, Sato T, Oda K, Yokoyama M, Takao K, Fukaya M, Miyakawa T, Watanabe M, Sakimura K, Manabe T, Igarashi M
The Journal of biological chemistry      2013年10月   [査読有り]
Soya S, Shoji H, Hasegawa E, Hondo M, Miyakawa T, Yanagisawa M, Mieda M, Sakurai T
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   33 14549-14557   2013年9月   [査読有り]
Ageta-Ishihara N, Yamakado H, Morita T, Hattori S, Takao K, Miyakawa T, Takahashi R, Kinoshita M
Molecular brain   6 35   2013年8月   [査読有り]
Hagihara H, Takao K, Walton NM, Matsumoto M, Miyakawa T
Neural plasticity   2013 318596   2013年6月   [査読有り][招待有り]
Umemori J, Takao K, Koshimizu H, Hattori S, Furuse T, Wakana S, Miyakawa T
BMC research notes   6 203   2013年5月   [査読有り]
Shin R, Kobayashi K, Hagihara H, Kogan JH, Miyake S, Tajinda K, Walton NM, Gross AK, Heusner CL, Chen Q, Tamura K, Miyakawa T, Matsumoto M
Bipolar disorders      2013年4月   [査読有り]
Ohira K, Kobayashi K, Toyama K, Nakamura HK, Shoji H, Takao K, Takeuchi R, Yamaguchi S, Kataoka M, Otsuka S, Takahashi M, Miyakawa T
Molecular brain   6 12   2013年3月   [査読有り]
Takao K, Kobayashi K, Hagihara H, Ohira K, Shoji H, Hattori S, Koshimizu H, Umemori J, Toyama K, Nakamura HK, Kuroiwa M, Maeda J, Atsuzawa K, Esaki K, Yamaguchi S, Furuya S, Takagi T, Walton NM, Hayashi N, Suzuki H, Higuchi M, Usuda N, Suhara T, Nishi A, Matsumoto M, Ishii S, Miyakawa T
Neuropsychopharmacology : official publication of the American College of Neuropsychopharmacology      2013年2月   [査読有り]
Ohira K, Takeuchi R, Shoji H, Miyakawa T
Neuropsychopharmacology : official publication of the American College of Neuropsychopharmacology      2013年1月   [査読有り]
Paemka L, Mahajan VB, Skeie JM, Sowers LP, Ehaideb SN, Gonzalez-Alegre P, Sasaoka T, Tao H, Miyagi A, Ueno N, Takao K, Miyakawa T, Wu S, Darbro BW, Ferguson PJ, Pieper AA, Britt JK, Wemmie JA, Rudd DS, Wassink T, El-Shanti H, Mefford HC, Carvill GL, Manak JR, Bassuk AG
PloS one   8 e80737   2013年   [査読有り]
Yamashita N, Takahashi A, Takao K, Yamamoto T, Kolattukudy P, Miyakawa T, Goshima Y
Frontiers in behavioral neuroscience   7 216   2013年   [査読有り]
Toba S, Tamura Y, Kumamoto K, Yamada M, Takao K, Hattori S, Miyakawa T, Kataoka Y, Azuma M, Hayasaka K, Amamoto M, Tominaga K, Wynshaw-Boris A, Wanibuchi H, Oka Y, Sato M, Kato M, Hirotsune S
Scientific reports   3 1224   2013年   [査読有り]
Nagura H, Ishikawa Y, Kobayashi K, Takao K, Tanaka T, Nishikawa K, Tamura H, Shiosaka S, Suzuki H, Miyakawa T, Fujiyoshi Y, Doi T
Molecular brain   5 43   2012年12月   [査読有り]
Lee HU, Yamazaki Y, Tanaka KF, Furuya K, Sokabe M, Hida H, Takao K, Miyakawa T, Fujii S, Ikenaka K
Glia      2012年9月   [査読有り]
Walton NM, Zhou Y, Kogan JH, Shin R, Webster M, Gross AK, Heusner CL, Chen Q, Miyake S, Tajinda K, Tamura K, Miyakawa T, Matsumoto M
Translational psychiatry   2 e135   2012年7月   [査読有り]

Misc

 
萩原 英雄, 昌子 浩孝, 宮川 剛
日本薬理学雑誌 = Folia pharmacologica Japonica : くすりとからだ : ファーマコロジカ   148(4) 168-175   2016年10月
萩原 英雄, 高雄 啓三, 宮川 剛
日本血栓止血学会誌   26(6) 633-640   2015年
要約:マウスはヒト疾患のモデル動物として広く使われているが,ヒトで重篤な炎症が起きた時に発現が変化する遺伝子群はマウスでは全く異なるふるまいをしており,この観点からヒトとマウスはほとんど似ていないという報告が2013 年に出された.この報告はマウスをヒト疾患のモデル動物として使うことの有効性や妥当性などについて大きな議論を巻き起こした.しかし筆者らは,この報告で解析されたのと同じ遺伝子発現データを用いて,解析手法の改善を加えて再解析をした結果,マウスはヒトの炎症性疾患のモデルになり得ること...
昌子 浩孝, 萩原 英雄, 高雄 啓三, WALTON Noah M., 松本 光之, 宮川 剛
基礎心理学研究   32(1) 101-119   2013年9月
Maturation and integration of neurons and grial cells in the hippocampus is considered to be essential for regulating endocrine, affective, and congnitive functions, and the disruption of such process may cause mental illness. Previously, we have ...
田中輝幸, 水口雅, 宮川剛, 天野睦紀
母子健康協会小児医学助成研究報告書      2013年5月
宮川 剛
情報管理   55(3) 157-166   2012年
研究者の実績評価がどのように行われるかは,研究者個人はもちろん,大学や研究所など研究機関の日々の活動の方向性を左右する重要な要因である。研究ポジションの数に比して研究者人口が過剰であることや,競争的資金の研究予算における比重が増す中,客観的な評価指標の重要性が認識されつつある。近年,諸外国では,研究者個人の論文の総引用数,各年の総引用数,h-indexなどのさまざまな研究実績に関する数値的指標(メトリクス)が考案され,研究者の採用・昇任などの人事や,研究提案審査時に参考資料として活用されて...
大平耕司, 宮川剛
Clin Neurosci   29(12) 1434-1435   2011年12月
高雄啓三, 宮川剛
日本神経精神薬理学雑誌   30(3) 115-122   2010年6月
高雄 啓三, 宮川 剛
日本神経精神薬理学雑誌 = Japanese journal of psychopharmacology   30(3) 115-122   2010年6月
高雄啓三, 松尾直毅, 宮川剛
メディカルバイオ   6(2) 42-48   2009年3月
駒田致和, 高雄啓三, 中西和男, 宮川剛
情報管理   52(2) 69-76   2009年
近年の分子生物学などの飛躍的な発展の一因として,複雑な実験手技についての明確なプロトコルが確立されていることが挙げられる。しかし,テキスト形式のプロトコルでは伝達できる情報量が限られており,実験系の確立に手間や時間がかかることが多い。そこで注目を集めているのがオンラインビデオジャーナルのJoVE(Journal of Visualized Experiments)である。実験プロトコルや実験の結果についてのより多くの情報を,動画を用いて科学コミュニティー全体で共有するというJoVEの取り組...
高雄 啓三, 宮川 剛
日本神経精神薬理学雑誌 = Japanese journal of psychopharmacology   28(3) 135-142   2008年6月
常川直子, 高雄啓三, 宮川剛
分子精神医学   7(4) 362-370   2007年10月
宮川剛, 金澤一郎
最新医学   63(2) 291-298   2008年2月
高雄啓三, 山崎信幸, 宮川剛
神経研究の進歩   50(5) 673-682   2006年10月
山崎信幸, 高雄啓三, 宮川剛
精神科   8(3) 209-213   2006年3月
宮川 剛
日本疾患モデル学会記録   21 70-71   2005年
マウスの遺伝子の99%は人間でホモログが存在するだけでなく、遺伝子を自在に操作することのできる遺伝子ターゲティング技術の適用が可能であり、被験体を多数使用できるため、マウスはモデル動物としては極めて有用である。このため、ポストゲノムの流れを受け、米国・欧州を中心としてマウスのすべての遺伝子をノックアウトするという大規模プロジェクトの構想が進んでいる (Austin et a1., 2004; Aurex et al., 2004) 。演者らはマサチューセッツ工科大学の利根川進博士らとの共同...
海老原充, 宮川剛
医学のあゆみ   208(3) 138-142   2004年
福井康幸, 太田達郎, 宮川剛
分子精神医学   5(4) 433-438   2005年10月
山崎 信幸, 中野 真人, 宮川 剛
脳と精神の医学 = Brain science and mental disorders   15(3) 285-292   2004年9月
中野真人, 山崎信幸, 宮川剛
モレキュラ-メディシン   41(9) 1128-1135   2004年9月
中野真人, 大貫宏一郎, 宮川剛
モレキュラ-メディシン   41(5) 573-580   2004年5月
廣中 直行, 宮川 剛, 甲斐 信行, 二木 宏明
日本神経精神薬理学雑誌 = Japanese journal of psychopharmacology   18(6)    1998年
宮川 剛, 二木 宏明, 八木 健
動物心理学研究   44(1)    1995年3月

書籍等出版物

 
森 寿, 真鍋 俊也, 渡辺 雅彦, 岡野 栄之, 宮川 剛
羊土社   2006年3月   ISBN:4897064996
羊土社   2000年6月   ISBN:4897066468

受賞

 
2016年10月
日本学術振興会 審査委員表彰
 
2016年7月
Association for the Study of Neurons and Diseases (AND) AND Investigator Award
 
2011年8月
Association for the Study of Neurons and Diseases Molecular Brain Award 2011
 
2011年1月
Elsevier Neuroscience Research Top Reviewer 2009-2010
 
2010年2月
Research Foundation for Opt-Science and Technology: Hiruma-Wagner Award
 

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
先端モデル動物支援プラットフォーム
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2016年4月 - 2022年3月    代表者: 宮川 剛(分担)
国立研究開発法人日本医療研究開発機構: 脳科学研究戦略推進プログラム
研究期間: 2016年4月 - 2021年3月    代表者: 宮川 剛(分担)
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2016年4月 - 2021年3月    代表者: 宮川 剛
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2013年 - 2017年    代表者: 宮川 剛
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2010年4月 - 2016年3月    代表者: 宮川 剛(分担)
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2015年 - 2016年    代表者: 宮川 剛
脆弱な個体をも対象とした、経皮・吸入曝露後のナノ・サブナノ素材の挙動解析とハザード情報集積(ナノリスク解析基盤の構築)
厚生労働省: 厚生労働科学研究費補助金(厚生科研費)
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 宮川 剛 (分担)
精神疾患の中間表現型「非成熟脳」の 発生機序の解明と制御法の探索
国立研究開発法人 科学技術振興機構: 戦略的創造研究推進事業 CREST
研究期間: 2013年4月 - 2014年3月    代表者: 宮川 剛
時期特異的なカルシニューリン機能制御がもたらす統合失調症様表現型の同定
ノバルティス科学振興財団: 研究奨励金
研究期間: 2013年4月 - 2014年3月    代表者: 宮川 剛
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2013年 - 2014年    代表者: 宮川 剛
マウスを活用した精神疾患の中間表現型の解明
国立研究開発法人 科学技術振興機構: 戦略的創造研究推進事業 CREST
研究期間: 2007年10月 - 2013年3月    代表者: 宮川 剛
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2012年 - 2013年    代表者: 宮川 剛
ナノマテリアルの経皮・吸入曝露実態の解析基盤および経皮・吸入毒性評価基盤の確立とヒト健康影響情報の集積
厚生労働省: 厚生労働科学研究費補助金(厚生科研費)
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: 宮川 剛 (分担)
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2008年 - 2010年    代表者: 宮川 剛(連携研究者)
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2008年 - 2010年    代表者: 宮川 剛(連携研究者)
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2008年 - 2010年    代表者: 宮川 剛(連携研究者)
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2008年 - 2010年    代表者: 宮川 剛(連携研究者)
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2008年4月 - 2009年3月    代表者: 宮川 剛
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2009年 - 2009年    代表者: 宮川 剛
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2008年 - 2009年    代表者: 宮川 剛
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2007年 - 2009年    代表者: 宮川 剛 (研究協力者)
精神疾患モデルマウスの脳のシステムズバイオロジー的解析による精神疾患治療薬の創薬ターゲットの探索に関する研究
独立行政法人医薬基盤研究所(NIBIO): 若手研究者支援分野
研究期間: 2006年4月 - 2008年3月    代表者: 宮川 剛
文部科学省: 科学研究費補助金(萌芽研究)
研究期間: 2007年 - 2008年    代表者: 宮川 剛
マウスを用いた脳機能表現型データベースの開発
国立研究開発法人 科学技術振興機構: バイオインフォーマティクス推進事業(BIRD) 創造的な生物・情報知識融合型の研究開発
研究期間: 2005年 - 2008年    代表者: 宮川 剛
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2006年4月 - 2007年4月    代表者: 宮川 剛
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2006年4月 - 2007年3月    代表者: 宮川 剛
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2006年 - 2007年    代表者: 宮川 剛
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2005年4月 - 2006年3月    代表者: 宮川 剛
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(A))
研究期間: 2004年 - 2006年    代表者: 宮川 剛
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2005年 - 2005年    代表者: 宮川 剛
文部科学省: 科学研究費補助金(萌芽研究)
研究期間: 2004年 - 2005年    代表者: 宮川 剛
文部科学省: 科学研究費補助金(奨励研究(A))
研究期間: 1998年 - 1999年    代表者: 宮川 剛
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 1997年 - 1998年    代表者: 宮川 剛 (分担)

講演・口頭発表等

 
小林三和子, 三宅牧子, 本宮真, 高雄啓三, 幸田敏明, 宮川剛, 松岡一郎
日本薬学会年会要旨集   2012年3月5日   
竹内啓喜, 井上治久, 樋口真人, 高雄啓三, 月田香代子, 唐津歓子, 岩本由美子, 宮川剛, 須原哲也, 高橋良輔
日本神経学会学術大会プログラム・抄録集   2012年   
渡邉彰大, 小河匡, 高雄啓三, 友永省三, 平林義雄, 宮川剛, 古屋茂樹
日本アミノ酸学会学術大会講演要旨集   2011年11月4日   
千田隆夫, 尾之内高慶, 唐沢延幸, 一瀬千穂, 高雄啓三, 近藤一直, 宮川剛
解剖学雑誌   2011年6月1日   
森下裕貴, 吉岡靖雄, 吉岡靖雄, 吉岡靖雄, 高雄啓三, 高雄啓三, 山下浩平, 東阪和馬, 藤村真穂, PAN Huiyan, 小椋健正, 長野一也, 阿部康弘, 鎌田春彦, 鎌田春彦, 角田慎一, 角田慎一, 鍋師裕美, 伊藤徳夫, 吉川友章, 宮川剛, 宮川剛, 堤康央, 堤康央, 堤康央
J Toxicol Sci   2011年6月   

委員歴

 
2014年3月
 - 
現在
(株)ジーンクエスト  社外アドバイザー/倫理委員会・委員
 
2013年10月
 - 
現在
サイエンストークス((株)カクタス主催)  委員
 
2012年
 - 
現在
Neuroinformatics Japan Center  運営会議・委員
 
2011年11月
 - 
現在
日本神経科学学会  理事
 
2012年1月
 - 
現在
日本神経化学会  評議員
 

特許

 
デイビッド ジェイ. ガーバー, マリア カライオーゴー, 宮川 剛, トネガワ ススム

その他

 
教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)

2009年〜
研究所のソーシャル・ネットワーキング・サービスを用いて、ラボメンバーの論文添削をきめ細やかにしています。

2010年〜
論文執筆に慣れるため、すべてのラボメンバーは常になんらかの論文を執筆しているようにしています。週一回、水曜日に論文を研究所SNSにアップロードしてもらいます。ラボメンバーどうしで論文を添削しあいます。定期的(各メンバーについて約2〜3週間に一回)に、プロジェクターでスクリーンに投影した論文原稿を見ながら、宮川やラボメンバーとともに議論します。
教育方法・教育実践に関する発表、講演等

2006年〜
マウスの行動実験の方法のムービーをJournal of Visualized Experimentsにムービー論文(査読付き)として出版し、行動実験の学習を容易にするための活動を行なっている。
その他教育活動上特記すべき事項

2006年〜
実験方法をムービー論文として紹介するJournal of Visualized Experimentsのeditorial boardの メンバーとして、ムービーによる実験手技の普及を促進する活動を行なっている。

2008年〜
日本科学未来館・研究棟にて、月1〜2回程度、一般向けの研究室ツアーを開催している。これにより、日頃の研究活動について、一般向けの科学コミュニケーション活動を行なっている。
Editorial board member of the journals listed below.

Molecular Brain
European Journal of Neuroscience
Frontiers of Behavioral Neuroscience
BMC Neuroscience
Journal of Visualized Experiments
産学連携活動、利益相反など。
田辺三菱製薬、アステラス製薬、住友化学、富山化学などの製薬企業との精神疾患研究関連の共同研究あり。