山野隆志

J-GLOBALへ         更新日: 17/08/31 16:38
 
アバター
研究者氏名
山野隆志
eメール
tyamanolif.kyoto-u.ac.jp
URL
http://www.lif.kyoto-u.ac.jp/labs/molecule/
所属
京都大学
部署
大学院生命科学研究科
職名
助教
学位
博士(生命科学)(京都大学)
科研費研究者番号
70570167

プロフィール

緑藻クラミドモナスを用いて、植物のCO2センシング・シグナル伝達、CO2輸送機構、鞭毛の動きや調節の仕組みを研究しています。

研究分野

 
 

経歴

 
2011年4月
 - 
現在
京都大学 大学院 生命科学研究科 助教
 
2009年9月
 - 
2011年3月
東京大学 大学院 医学系研究科 特任研究員
 
2009年1月
 - 
2009年8月
京都大学 大学院 理学研究科 研究員(学術研究奨励)
 
2008年9月
   
 
京都大学 大学院 生命科学研究科 学位(生命科学)取得
 
2008年4月
 - 
2008年12月
京都大学 大学院 生命科学研究科 研究員(科学研究)
 
2005年4月
 - 
2007年3月
日本学術振興会 特別研究員 (DC2)
 
2002年4月
 - 
2007年3月
京都大学 大学院 生命科学研究科
 

論文

 
Kinoshita A, Niwa Y, Onai K, Yamano T, Fukuzawa H, Ishiura M, Matsuo T
PLoS genetics   13(3) e1006645   2017年3月   [査読有り]
Wang L, Yamano T, Takane S, Niikawa Y, Toyokawa C, Ozawa SI, Tokutsu R, Takahashi Y, Minagawa J, Kanesaki Y, Yoshikawa H, Fukuzawa H
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   113(44) 12586-12591   2016年11月   [査読有り]
Yamano T, Sato E, Iguchi H, Fukuda Y, Fukuzawa H
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   112(23) 7315-7320   2015年6月   [査読有り]
Kajikawa M, Sawaragi Y, Shinkawa H, Yamano T, Ando A, Kato M, Hirono M, Sato N, Fukuzawa H
Plant physiology      2015年4月   [査読有り]
Yamano T, Asada A, Sato E, Fukuzawa H
Photosynthesis research   121(2-3) 193-200   2014年9月   [査読有り]

書籍等出版物

 
微細藻類のCO2濃縮機構 -モデル緑藻におけるゲノム発現情報の利用-
山野隆志、福澤秀哉 (担当:共著)
シーエムシー出版   2012年7月   
藻類の核酸(DNAとRNA)- 遺伝子の特徴と解析法
山野隆志、福澤秀哉 (担当:共著)
エヌ・ティー・エス出版   2012年7月   
福澤秀哉・山野隆志
福澤秀哉・山野隆志
蛋白質核酸酵素 共立出版   2005年7月   
植物の比較ゲノム:緑藻のゲノムからみた光合成生物の進化と多様性
福澤秀哉・山野隆志
細胞工学 秀潤社   2007年9月   
緑藻クラミドモナスのゲノムから植物と動物の機能を探る
福澤秀哉・久保雄昭・山野隆志
共立出版   2008年7月   

講演・口頭発表等

 
細胞膜に局在する HLA3 と葉緑体包膜に局在する LCIA は重炭酸イオンを輸送し緑藻の炭酸固定を支える
山野 隆志、佐藤 江美、井口 ひろ、福田 有里、福澤 秀哉
第6回日本光合成学会年会および公開シンポジウム   2015年5月22日   
窒素栄養欠乏下における緑藻クラミドモナスの脂質蓄積異常変異体tar1-1の解析
梶川 昌孝、椹木 裕里、新川 はるか、山野 隆志、安藤 晶、加藤 美砂子、廣野 雅文、佐藤 直樹、福澤 秀哉
第56回日本植物生理学会年会   2015年3月16日   
細胞膜HLA3と葉緑体包膜LCIAは重炭酸輸送に協調的に働き、低CO2環境において光合成を維持する
山野 隆志、佐藤 江美、井口 ひろ、福田 有里、福澤 秀哉
第56回日本植物生理学会年会   2015年3月16日   
葉緑体カルシウムセンサーホモログCrCASは緑藻無機炭素輸送体の発現に必要である
王 連勇、山野 隆志、高根 俊輔、津田 高佑、得津 隆太郎、廣野 雅文、皆川 純、福澤 秀哉
第56回日本植物生理学会年会   2015年3月16日   
緑藻クラミドモナスの時計タンパク質ROC15の光誘導性分解に関わる遺伝子の同定
木下 亜有美、松尾 拓哉、丹羽 由実、山野 隆志、福澤 秀哉、石浦 正寛
第56回日本植物生理学会年会   2015年3月16日   
Molecular components of carbon-dioxide-sensing and regulation of carbon-concentrating mechanism in a green alga, Chlamydomonas reinhardtii [招待有り]
Hideya Fukuzawa, Lianyong Wang, Takashi Yamano, Shunsuke Takane
2nd International Symposium on Plant Environmental Sensing   2015年3月13日   
トリアシルグリセロールおよびデンプン蓄積の新奇制御因子 TAR1 の単離と機能解析
梶川 昌孝、椹木 裕里、新川 はるか、山野 隆志、安藤 晶、加藤 美砂子、廣野 雅文、佐藤 直樹、福澤 秀哉
第27回 植物脂質シンポジウム   2014年11月28日   
クラミドモナスの時計タンパク質ROC15の光誘導性分解に関わる遺伝子の解析
木下 亜有美、松尾 拓哉、丹羽 由実、山野 隆志、福澤 秀哉、石浦 正寛
第21回 日本時間生物学会学術大会   2014年11月7日   
葉緑体包膜と細胞膜におけるHCO3-輸送体
山野 隆志、佐藤 江美、井口 ひろ、福澤 秀哉
第11回 クラミドモナス研究会   2014年10月3日   
トリアシルグリセロールおよびデンプン蓄積の新奇制御因子 TAR1 の単離
梶川 昌孝、椹木 裕里、新川 はるか、山野 隆志、安藤 晶、加藤 美砂子、廣野 雅文、佐藤 直樹、福澤 秀哉
第11回 クラミドモナス研究会   2014年10月3日   
CO2-requiring mutants defective in CCM-induction generated by high frequency transformation with square electric pulses: Is CAS protein essential for CO2-signaling?
Lianyong Wang, Takashi Yamano, Masafumi Hirono, Hideya Fukuzawa
第11回 クラミドモナス研究会   2014年10月3日   
HLA3 and LCIA are associated with inorganic carbon transport in Chlamydomonas reinhardtii
Takashi Yamano, Emi Sato, Hiro Iguchi, Hideya Fukuzawa
16th International Conference on the Cell and Molecular Biology of Chlamydomonas   2014年6月8日   
CO2-requiring mutants defective in CCM-induction generated by high frequency transformation with square electric pulses
Lianyong Wang, Takashi Yamano, Masataka Kajikawa, Masafumi Hirono, Hiro Iguchi, Hideya Fukuzawa
16th International Conference on the Cell and Molecular Biology of Chlamydomonas   2014年6月8日   
Characterization of low-TAG accumulating mutant in Chlamydomonas reinhardtii
Masataka Kajikawa, Yuri Sawaragi, Haruka Shinkawa, Takashi Yamano, Masafumi Hirono, Naoki Sato, Hideya Fukuzawa
16th International Conference on the Cell and Molecular Biology of Chlamydomonas   2014年6月8日   
緑藻クラミドモナスにおける新規高CO2要求性変異株の単離の解析
高根 俊輔、山野 隆志、福澤 秀哉
第5回日本光合成学会年会および公開シンポジウム   2014年5月30日   
Isolation and characterization of novel high-CO2 requiring mutants of Chlamydomonas reinhardtii 
王 連勇、山野 隆志、梶川 昌孝、廣野 雅文、福澤 秀哉
第5回日本光合成学会年会および公開シンポジウム   2014年5月30日   
細胞膜に局在する HLA3 と葉緑体包膜に局在する LCIA は緑藻クラミドモナスの HCO3-輸送に働く
山野 隆志、佐藤 江美、井口 ひろ、福田 有里、福澤 秀哉
第5回日本光合成学会年会および公開シンポジウム   2014年5月30日   
細胞膜に局在するHLA3と葉緑体包膜に局在するLCIAは緑藻クラミドモナスのHCO3-輸送に働く
山野 隆志、佐藤 江美、井口 ひろ、福澤 秀哉
第55回日本植物生理学会年会   2014年3月18日   
Isolation and Characterization of Novel High-CO2 Requiring Mutants of Chlamydomonas Reinhardtii
王 連勇、山野 隆志、高根 俊輔、舟津 尚子、梶川 昌孝、廣野 雅文、福澤 秀哉
第55回日本植物生理学会年会   2014年3月18日   
セルソーターを用いたクラミドモナス脂質低蓄積変異株の単離と解析
梶川 昌孝、椹木 裕里、新川 はるか、古谷 憲一、山野 隆志、廣野 雅文、福澤 秀哉
第55回日本植物生理学会年会   2014年3月18日   

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2013年 - 2014年    代表者: 山野 隆志
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2011年 - 2012年    代表者: 山野 隆志
クラミドモナスを三次元空間で追尾しながら、同時に鞭毛の動きを安定に観察することが可能となった。一次データとして得られる1/1,000 秒ごとのクラミドモナスの位置(x,y,z)情報と画像に対して、統計処理ソフトウェア R 及びMatlabを利用した数値・画像解析により、1 回の鞭毛打で進む距離、x,y,z 方向への瞬間的な速度、曲率、クラミドモナスの回転とその周期、三次元空間における泳動軌跡を容易に計算できるシステムを作成した。これを用いて、野生株、既存のダイニン変異株の鞭毛運動の数量デー...
光合成順化過程において二酸化炭素濃度を感知するセンサー分子の同定
日本学術振興会: 特別研究員奨励費
研究期間: 2005年 - 2006年    代表者: 山野隆志

特許

 
14/176,703 : Method of transferring gene into algal cell involving utilizing multiple square-wave pulses in three steps
山野隆志
特許5721191 : 3段階方式矩形波多重パルスを利用した藻類細胞への遺伝子導入法
福澤秀哉、山野隆志、伊福健太郎、早川靖彦