福田 雄

J-GLOBALへ         更新日: 17/07/13 17:21
 
アバター
研究者氏名
福田 雄
 
フクダ ユウ
通称等の別名
FUKUDA,Yu
所属
独立行政法人日本学術振興会
職名
特別研究員(PD)
学位
博士(社会学)(関西学院大学大学院)
その他の所属
東北大学
ORCID ID
0000-0003-4364-8774

プロフィール

現代日本の慰霊祭や追悼式の調査に従事しています。
専門は宗教社会学、災害研究です。
現在は災害後に行われる死者儀礼の国際比較を行っています。

研究分野

 
 

経歴

 
2015年4月
 - 
現在
日本学術振興会 特別研究員(PD)
 
2014年4月
 - 
2015年3月
関西学院大学 災害復興制度研究所 リサーチ・アシスタント
 
2013年4月
 - 
2014年3月
関西学院大学大学院 奨励研究員
 

学歴

 
2010年4月
 - 
2014年3月
関西学院大学大学院 社会学研究科 博士課程後期課程 
 
2008年4月
 - 
2010年3月
関西学院大学大学院 社会学研究科 博士課程前期課程 
 
2000年4月
 - 
2004年3月
関西学院大学 社会学部 社会学科
 

受賞

 
2012年11月
日本社会学会 第11回日本社会学会奨励賞[論文の部] 「われわれが災禍を悼むときー長崎市原爆慰霊行事にみられる儀礼の通時的変遷」『ソシオロジ』第56巻第2号(2011年10月発行)
 

論文

 
福田 雄
International Journal of Japanese Sociology   24(1) 78-91   2015年3月
This article focuses on rituals in the wake of a disaster, particularly those rituals that concern the dead. Previous studies have paid little attention to such rituals, which have developed and evolved over a long period of time. A diachronic cas...
災禍の儀礼の社会学的考察ー現代日本の慰霊祭・追悼式を事例としてー
福田 雄
関西学院大学大学院      2014年3月
福田 雄
ソシオロジ   56(2) 77-94   2011年10月   [査読有り]
福田 雄
KG/GP社会学批評   (3) 37-45   2010年6月   [査読有り]
Ritual Practice in Modern Japan: Ordering Place, People, and Action by Satsuki Kawanoの書評論文
福田 雄
KG/GP社会学批評   (4) 43-52   2011年1月   [査読有り]
Disaster Ritual: Explorations of an Emerging Ritual Repertoire by P. Post, R. L. Grimes, A. Nugteren, P. Petterson & H. Zondagの書評論文

Misc

 
福田 雄
Semong News 2016   10-10   2016年11月   [依頼有り]
書評:P.Post, R.L.Grimes, A.Nugteren, P.Pettersson and H.Zontag, 2003, Disaster Ritual: Exploration of an Emerging Ritual Repertoire, Peeters.
福田 雄
東北宗教学   (11) 109-117   2015年12月
シンポジウム〈復活と創造「東北の地域力」〉震災と宗教ー悼みと向き合える社会へー[パネル討論]「悲しみの技術」をめぐって
菅原 裕典, 若林 一美, 福田 雄, 山折 哲雄, 山形 孝夫, 佐々木俊三
震災学   (5) 32-47   2014年12月   [依頼有り]
福田 雄
FUKKOU (関西学院大学災害復興制度研究所ニュースレター)   (24) 7-7   2014年7月
ブックレビュー<稲場圭信/黒崎浩行編著『叢書 宗教とソーシャル・キャピタル 4 震災復興と宗教』明石書店、2013>
福田 雄
宗教と社会   (20) 172   2014年6月   [依頼有り]
福田 雄
関西学院大学先端社会研究所紀要   (10) 73-88   2013年11月
福田 雄
宗教と社会貢献   3(2) 79-84   2013年10月   [依頼有り]
稲場圭信/黒崎浩行編著 『叢書 宗教とソーシャル・キャピタル4 震災復興と宗教』 明石書店、 2013年4月、 A5判、 301頁、 2500円+税
戦争と暴力をめぐる記憶ーそのリアリティはいかに構成されるかー
福田 雄
関西学院大学先端社会研究所紀要   8 108-110   2012年10月
福田 雄
関西学院大学先端社会研究所紀要   (8) 73-89   2012年10月

書籍等出版物

 
よくわかる宗教学
福田 雄 (担当:分担執筆, 範囲:震災と宗教)
ミネルヴァ書房   2015年3月   ISBN:9784623072750

講演・口頭発表等

 
Theodicy of Tsunami: A Study of the Commemorations in Aceh, Indonesia
福田 雄
34th International Society for the Sociology of Religion Conference   2017年7月6日   International Society for the Sociology of Religion
津波の神義論―インドネシア・アチェの記念行事を事例として―
福田 雄
「宗教と社会」学会第25回学術大会   2017年6月3日   「宗教と社会」学会
The Cultural Meaning of Tsunami: A Case Study of the Commemorations in Aceh, IndonesiaThe Cultural Meaning of Tsunami: A Case Study of the Commemorations in Aceh, Indonesia
福田 雄
'Mobile Cultures of Disaster' Conference   2017年3月24日   Hawke Research Institute, University of South Australia
津波の偶然性と必然性 ーインドネシア・アチェにおける記念行事を事例としてー
福田 雄
第63回東北社会学会   2016年7月31日   
「津波の意味」をめぐる「災禍の儀礼」の比較考察
福田 雄
第58回印度学宗教学会学術大会   2016年5月29日   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金: 特別研究員奨励費
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 福田 雄

その他

 
2016年2月   (翻訳)ジグムント・バウマン, 2016,「リキッド・モダニティにおける社会学の使命」西原和久・芝真里編訳『国際社会学ブックレット1国際社会学の射程––社会学をめぐるグローバル・ダイアログ––』東信堂:43-46.
2016年1月   「関東大震災90年、原爆投下70年 慰霊式典地域に根付く」『神戸新聞』2016年1月8日 朝刊27面
発生から21年を迎え中止が相次ぐ阪神淡路大震災の慰霊祭について、その社会的意義をコメント
2015年10月   専門社会調査士 002158号
2012年3月   (翻訳)Imai Nobuo (trans. Fukuda Yu) "Death, Modernity and Monuments: The Realities Expressed in the Monuments of the Hanshin-Awaji Earthquake" International Journal of Japanese Sociology (21) 119-132
http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/j.1475-6781.2012.01167.x/abstract