内田 雅也

J-GLOBALへ         更新日: 17/08/04 17:15
 
アバター
研究者氏名
内田 雅也
所属
有明工業高等専門学校
部署
創造工学科(環境生命)
職名
講師
学位
博士(環境共生学)(熊本県立大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
有明工業高等専門学校
 
2014年7月
 - 
2017年3月
瑞輝科学生物株式会社
 
2005年6月
 - 
2014年3月
株式会社エコジェノミクス
 

学歴

 
2009年4月
 - 
2012年3月
熊本県立大学大学院環境共生学研究科博士後期課程  
 

委員歴

 
2012年4月
 - 
現在
日本水環境学会九州沖縄支部  理事
 

受賞

 
2012年3月
平成23年度日本水環境学会九州支部学術奨励賞
 

論文

 
Ishibashi H, Uchida M, Koyanagi A, Kagami Y, Kusano T, Nakao A, Yamamoto R, Ichikawa N, Tominaga N, Ishibashi Y, Arizono K
Journal of applied toxicology : JAT   36(11) 1392-1400   2016年11月   [査読有り]
Uchida M, Hirano M, Ishibashi H, Kobayashi J, Kagami Y, Koyanagi A, Kusano T, Koga M, Arizono K
Ecotoxicology and environmental safety   133 360-365   2016年11月   [査読有り]
Iida M, Fujii S, Uchida M, Nakamura H, Kagami Y, Agusa T, Hirano M, Bak SM, Kim EY, Iwata H
Aquatic toxicology (Amsterdam, Netherlands)   177 156-170   2016年8月   [査読有り]
冨永伸明, 山口明美, 内田雅也, 有薗幸司
日本食品化学学会誌   23(1) 37‐42   2016年4月   [査読有り]
Uchida M, Ishibashi H, Yamamoto R, Koyanagi A, Kusano T, Tominaga N, Ishibashi Y, Arizono K
Journal of applied toxicology : JAT   35(9) 1040-1048   2015年9月   [査読有り]
RNA-seq analysis of the mysid crustacean transcriptome following exposure to naturally occurring 1,3,7-Tribromodibenzo-p-dioxin
Hirano M., Uchida M., Kusano T., Arizono K., Iwata H.
Organohalogen Compounds   (76) 981-984   2014年8月   [査読有り]
三浦苑子, 内田雅也, 平野将司, 山内良子, 吉津伶美, 草野輝彦, 古賀実, 有薗幸司
環境と安全(Web)   4(3) 195-201 (J-STAGE)   2013年   [査読有り]
内田雅也, 三浦苑子, 平野将司, 井口綾子, 山内良子, 吉津伶美, 中村浩, 鏡良弘, 草野輝彦, 古賀実, 有薗幸司
環境と安全(Web)   4(3) 177-183 (J-STAGE)   2013年   [査読有り]
Toxicity of Triclosan and Triclocarban in Mysid Crustacea (Americamysis bahia )
Arizono K., Uchida M., Hirano M., Miura S., Yoshidu R.,
Organohalogen Compounds   (74) 976-979   2012年8月   [査読有り]
Toxicity evaluation of glyphosate agrochemical components using Japanese medaka (Oryzias latipes) and DNA microarray gene expression analysis.
Uchida M, Takumi S, Tachikawa K, Yamauchi R, Goto Y, Matsusaki H, Nakamura H, Kagami Y, Kusano T, Arizono K
The Journal of toxicological sciences   37(2) 245-254   2012年   [査読有り]
Gene expression analysis of Japanese medaka (Oryzias latipes) exposed to o,p’-DDT using DNA microarray
Uchida M., Nakamura H., Kagami Y., Kusano T., Arizono K
Organohalogen Compounds   (73) 484-487   2011年8月   [査読有り]
Estrogenic effects of o,p'-DDT exposure in Japanese medaka (Oryzias latipes).
Uchida M, Nakamura H, Kagami Y, Kusano T, Arizono K
The Journal of toxicological sciences   35(4) 605-608   2010年8月   [査読有り]
Effects of water salinity on the cold-induced suspended animation and irreversible damages in Oryzias lapipes:
Yokawa K., Kagenishi T., Nakamura H., Uchida M., Ohbuchi K., Ohta A. and Kawano T.
ournal of Environmental Engineering and Management   19(4) 195-200   2009年5月   [査読有り]
Preliminary ecological risk assessment of butylparaben and benzylparaben -1. Removal efficiency in wastewater treatment, acute/chronic toxicity for aquatic organisms, and effects on medaka gene expression.
Yamamoto H, Watanabe M, Hirata Y, Nakamura Y, Nakamura Y, Kitani C, Sekizawa J, Uchida M, Nakamura H, Kagami Y, Koshio M, Hirai N, Tatarazako N
Environmental sciences : an international journal of environmental physiology and toxicology   14 Suppl 73-87   2007年   [査読有り]
環境化学物質のリスク評価手法へのDNAマイクロアレイの適用に関する研究
内田雅也
熊本県立大学      2012年3月   [査読有り]
運動性と生存率を指標としたウシ凍結融解精子の品質評価法の開発に関する研究
内田雅也
佐賀大学      2003年3月   [査読有り]

Misc

 
石橋弘志, 内田雅也, 冨永伸明, 吉本圭佑, 山元涼子, 石橋康弘, 有薗幸司
日本内分泌かく乱化学物質学会研究発表会要旨集   19th 84   2016年12月
山口明美, 冨永伸明, 河野晋, 石橋弘志, 飯田緑, 内田雅也, 有薗幸司
日本内分泌かく乱化学物質学会研究発表会要旨集   19th 86   2016年12月
有薗幸司, 石橋弘志, 内田雅也, 吉本圭佑, 山元涼子, 池中良徳, 河合正人, 高尾雄二, 一川暢宏, 冨永伸明, 石橋康弘
環境化学討論会要旨集(CD-ROM)   25th ROMBUNNO.P‐075   2016年6月
大曲遼, 八尾麻美, 吉本圭佑, 勝又政和, 内田雅也, 石橋弘志, 有薗幸司, 石橋康弘
日本水環境学会年会講演集   50th 352   2016年3月
有薗幸司, 石橋弘志, 内田雅也, 宮川信一, 冨永伸明, 石橋康弘, 井口泰泉
Journal of Toxicological Sciences   40(Supplement) S251   2015年6月
元家章太, 円山萌, 鑪迫典久, 田村生弥, 内田雅也, 有薗幸司, 山本裕史
日本水環境学会年会講演集   49th 723   2015年3月
武下俊宏, 村田真理, 内田雅也
廃棄物資源循環学会研究発表会講演論文集(Web)   26th B3-4(J-STAGE)   2015年
飯田緑, 藤井聡, 内田雅也, 中村浩, 鏡良弘, BAK Su‐Min, KIM Eun‐Young, 岩田久人
日本内分泌かく乱化学物質学会研究発表会要旨集   17th 88   2014年12月
中尾彩美, 石橋弘志, 内田雅也, 山元涼子, 小柳暁子, 草野輝彦, 冨永伸明, 石橋康弘, 有薗幸司
日本内分泌かく乱化学物質学会研究発表会要旨集   17th 114   2014年12月
冨永伸明, 椛島李歩, 山口明美, 内田雅也, 有薗幸司
衛生薬学・環境トキシコロジー講演要旨集   2014 230   2014年8月
高岡千種, 小本ひかる, 坂井隼, 小林淳, 内田雅也, 古賀実
環境化学討論会要旨集(CD-ROM)   23rd ROMBUNNO.P-116   2014年5月
内田雅也, 草野輝彦, 樋口壯太郎, 宋雨霖, 内田正信
廃棄物資源循環学会研究発表会講演論文集(Web)   25th D4-5(J-STAGE)   2014年
鏡良弘, 中村浩, 内田雅也, 鑪迫典久, 有薗幸司
日本内分泌かく乱化学物質学会研究発表会要旨集   16th 183   2013年12月
飯田緑, 藤井聡, 内田雅也, 中村浩, 鏡良弘, BAK Su‐Min, KIM Eun‐Young, 島康洋, 岩田久人
日本内分泌かく乱化学物質学会研究発表会要旨集   16th 70   2013年12月
椛島李歩, 冨永伸明, 山口明美, 中村浩, 内田雅也, 有薗幸司
日本内分泌かく乱化学物質学会研究発表会要旨集   16th 112   2013年12月
椛島李歩, 冨永伸明, 山口明美, 中村浩, 内田雅也
日本農芸化学会関西支部講演会講演要旨集   481st 87   2013年9月
古閑亜理沙, 米村香純, 小林淳, 内田雅也, 有薗幸司, 古賀実
環境化学討論会要旨集(CD-ROM)   22nd ROMBUNNO.2PE-16   2013年7月
米村香純, 古閑亜理沙, 小林淳, 内田雅也, 有薗幸司, 古賀実
日本水環境学会年会講演集   47th 646   2013年3月
古閑亜理沙, 米村香純, 内田雅也, 小林淳, 有薗幸司, 古賀実
環境化学討論会要旨集(CD-ROM)   21st ROMBUNNO.P-212   2012年7月
山口明美, 河野晋, 内田雅也, 中村浩, 有薗幸司, 冨永伸明
日本内分泌かく乱化学物質学会研究発表会要旨集   14th 80   2011年12月
内田雅也, 中村浩, 鏡良弘, 草野輝彦, 有薗幸司
日本水環境学会シンポジウム講演集   14th 59   2011年9月
中村 浩, 佐藤 道生, 内田 雅也, 大渕 貴実子, 草野 輝彦
廃棄物資源循環学会研究発表会講演集   22(0) 254-254   2011年
産業廃棄物は多種多様な重金属を含んでおり,自然環境における生物影響が懸念されている.そこでメダカを7種の重金属(ホウ酸,二酸化セレン,三酸化二砒素,ニクロム酸カリウム,硝酸カドミウム,フッ化ナトリウム,塩化第二水銀)を含んだ水溶液に曝露させ,肝臓における遺伝子発現変動を,DNAマイクロアレイを用いて検出し,遺伝子レベルで生物影響を調べた.その結果7種の重金属全てに共通して発現変動を示す遺伝子や,各重金属特異的に発現変動を示す遺伝子を検出した.また複数の重金属で発現変動を示した共通遺伝子は,...
有薗幸司, 竹本直道, 川上茂樹, 山内良子, 内田雅也, JI Hezhe
環境化学討論会講演要旨集   19th 524-525   2010年6月
内田雅也, 後藤祥之, 江里口貴士, 山内良子, 中村浩, 鏡良弘, 草野輝彦, 有薗幸司
J Toxicol Sci   35(Supplement) S232   2010年5月
内田雅也, 江里口貴士, 中村浩, 鏡良弘, 平川育美, 草野輝彦, 山内良子, 有薗幸司
日本水環境学会年会講演集   44th 113   2010年3月
中道隆広, 酒井篤, 有薗幸司, 甲斐穂高, 竹本直道, 村山なつき, 内田雅也, 草野輝彦, 石橋康弘
環境科学会年会プログラム   2010 86   2010年
山内良子, 石橋弘志, 内田雅也, SON Chenfu, 竹元望, 竹本直道, KIM Joon‐Woo, 平野将司, 有薗幸司
日本内分泌かく乱化学物質学会研究発表会要旨集   12th 167   2009年12月
内田雅也, 山内良子, 鏡良弘, 中村浩, 平川育美, 草野輝彦, 有薗幸司
日本内分泌かく乱化学物質学会研究発表会要旨集   12th 169   2009年12月
SUN Chenfu, 山内良子, 竹元望, 内田雅也, JI Hezhe, 片瀬隆雄, 有薗幸司
日本内分泌かく乱化学物質学会研究発表会要旨集   12th 168   2009年12月
竹元望, 石橋弘志, 平野将司, KIM Joon‐Woo, 山内良子, SUN Chenfu, 内田雅也, 有薗幸司
日本内分泌かく乱化学物質学会研究発表会要旨集   12th 166   2009年12月
内田雅也, 山内良子, 鏡良弘, 中村浩, 草野輝彦, 有薗幸司
衛生薬学・環境トキシコロジー講演要旨集   2009 225   2009年10月
吉塚和治, 草野輝彦, 内田雅也, 中村浩
日本水環境学会年会講演集   43rd 106   2009年3月
蔭西知子, 陽川憲, 後藤快嗣, 中村浩, 内田雅也, 大渕貴美子, 太田暁子, 河野智謙
日本農芸化学会大会講演要旨集   2009 328   2009年3月
中村浩, 内田雅也, 武田匡, 鏡良弘, 草野輝彦
日本農薬学会大会講演要旨集   32nd 96   2007年3月
中村 浩, 内田 雅也, 武田 匡, 鏡 良弘, 草野 輝彦
講演要旨集   (32)    2007年3月
小林真, 内田雅也, 瀬戸梨恵, 奥村浩
日本畜産学会大会講演要旨   101st 179   2003年3月

講演・口頭発表等

 
環境リスク評価手法へのDNAマイクロアレイ技術の応用例 [招待有り]
内田雅也
バイオ技術セミナーin 久留米   2016年2月   
The estrogen potency and reproductive impairment of equine estrogens on Japanese medaka (Oryzias latipes)
Arizono K.,, Ishibashi H., Uchida M., Tominaga N.,
SETAC North America 37th Annual Meeting / 7th SETAC World Congress   2016年   
Endocrine Disrupting Effects of Equine Estrogens on Japanese Medaka (Oryzias Latipes): In Silico, DNA Microarray and In Vivo Studies
Arizono K.,, Ishibashi H., Uchida M., Yoshimoto K., Tominaga N., Ishibashi Y.
SETAC Asia/Pacific Annual Meeting 2016   2016年   
LC-MS/MSによる河川中エクインエストロゲン類の分析
有薗幸司、石橋弘志、内田雅也、吉本圭佑、山元涼子、池中良徳、河合正人、高尾雄二、一川暢宏、冨永伸明、石橋康弘
第25回環境化学討論会   2016年   
魚類および藻類に対するエクインエストロゲンの影響
大曲遼、八尾麻美、吉本圭佑、勝又政和、内田雅也、石橋弘志、有薗幸司、石橋康弘
第50回日本水環境学会年会   2016年   
Gene expression of vitellogenin, choriogenin and estrogen receptors in the livers of male medaka (Oryzias latipes) exposed to equine estrogens.
Ishibashi H., Uchida M., Koyanagi A., Kagami Y., Kusano T., Nakao A., Yamamoto R., Ichikawa N., Tominaga N., Ishibashi Y., Arizono K.
The 63rd NIBB Conference “Environment to Bioresponse”   2015年   
Development of a method to monitor estrogenic chemicals in the effluent of wastewater treatment plant~ An application of multiplex PCR-based gene expression analysis with Japanese medaka ~
Kagami Y., Uchida M., Koyanagi A., Kusano T.
The 63rd NIBB Conference “Environment to Bioresponse”   2015年   
The endocrine - disrupting potentials of equine metabolites in the medaka using in silico and in vivo assays
Arizono K., Ishibashi H., Uchida M., Tominaga N., Ishibashi Y., Ichikawa N.
SETAC North America 36th Annual Meeting   2015年   
Gene expression analyses of vitellogenin, choriogenin, and estrogen receptor subtypes in the livers of male medaka (Oryzias latipes) exposed to equine estrogens
Ishibashi H., Uchida M., Koyanagi A., Kagami Y., Kusano T., Nakao A., Yamamoto R., Ichikawa N., Tominaga N., Ishibashi Y., Arizono K.
第18回環境ホルモン学会研究発表会   2015年   
都市域の河口部・汽水域河川水の毒性評価
新岡知熙、元家章太、石丸優貴、光山真子、谷和音、鑪迫典久、内田雅也、有薗幸司、山本裕史
第21回日本環境毒性学会研究発表会   2015年   
溶解ダストに含まれる亜鉛成分が硫酸還元菌の硫化水素発生に与える影響
武下俊宏、村田真理、内田雅也
第26回廃棄物資源循環学会研究発表会   2015年   
メダカを用いたエクインエストロゲン類のエストロゲン様作用の評価
有薗幸司、石橋弘志、内田雅也、宮川信一、冨永伸明、石橋康弘、井口泰泉
第42回日本毒性学会学術年会   2015年   
In silico, in vitroおよびin vivo試験系を用いた医薬品プレマリン成分の女性ホルモン様作用の評価
有薗幸司、石橋弘志、内田雅也、宮川信一、一川暢宏、冨永伸明、石橋康弘、井口泰泉
第24回環境化学討論会   2015年   
汽水域河川の生態毒性評価
元家章太、鑪迫典久、田村生弥、内田雅也、有薗幸司、山本裕史
第49回日本水環境学会年会   2015年   
次世代シーケンサーを用いた菌叢解析による水環境の管理手法 -焼却残渣埋立地浸出水を例として-
内田雅也、鏡良弘、小?暁子、草野輝彦、樋口壯太郎、宋雨霖、内田正信
平成26年度日本水環境学会九州支部研究発表会   2015年   
RNA-seq analysis of the mysid crustacean transcriptome following exposure to naturally occurring 1,3,7-Tribromodibenzo-p-dioxin
Hirano M., Uchida M., Kusano T., Arizono K., Iwata H.
Dioxin2014 (34th International Symposium on Halogenated Persistent Organic Pollutants)   2014年   
Transcriptome Analysis of Red Seabream (Pagrus major) Embryos Treated with 2,3,7,8-Tetrachlorodibenzo-p-Dioxin (TCDD)
Iida M., Fujii S., Uchida M., Nakamura H., Kagami Y., Bak, S-M., Kim E-Y., Shima Y., Iwata H.
Society of Toxicology. 53rd Annual Meeting and ToxEXPO   2014年   
パスウェイ解析によるTCDD 曝露したマダイ胚のトランスクリプトームへの影響評価
飯田緑、藤井聡、内田雅也、中村浩、鏡良弘、 Bak Su-Min 、 金恩英、岩田久人
第17回環境ホルモン学会研究発表会   2014年   
Effects of a naturally occurring dioxin, 1,3,7-tribromodibenzo-p-dioxin on the mysid transcriptome
Hirano M.、Uchida M., Kusano T.、Arizono K.、Iwata H.
第17回環境ホルモン学会研究発表会   2014年   
医薬品プレマリン成分のメダカに対するエストロゲン様作用
中尾彩美、石橋弘志、内田雅也、山元涼子、小柳暁子、草野輝彦、冨永伸明、石橋康弘、有薗幸司
第17回環境ホルモン学会研究発表会   2014年   
合成液体培地培養線虫による銅,亜鉛応答遺伝子の探索
冨永伸明、椛島李歩、山口明美、内田雅也、有薗幸司
フォーラム2014 衛生薬学・環境トキシコロジー   2014年   
焼却残渣埋立地の細菌叢の挙動に関する研究
内田雅也、草野輝彦、樋口壯太郎、宋雨霖、内田正信
第25回廃棄物資源循環学会研究発表会   2014年   
メダカ(Oryzias latipes)に対するエクインエストロゲンの潜在的内分泌かく乱作用
内田雅也、小柳暁子、草野輝彦、石橋弘志、冨永伸明、石橋康弘、有薗幸司
第20回日本環境毒性学会研究発表会   2014年   
抗菌剤トリクロサン・トリクロカルバンのヒメダカの初期生活段階に対する毒性評価
高岡千種、小本ひかる、坂井隼、小林淳、内田雅也、古賀実
第23回環境化学討論会   2014年   
WET 試験を用いた水生生物に対する塩類の影響評価
太田暁子、名久井博之、内田雅也、草野輝彦
平成25年度日本水環境学会九州支部研究発表会   2014年   
Transcriptomic Analysis Of The Liver Of Japanese Medaka (Oryzias latipes) Exposed To Kanechlor-500, BDE47 Or PFOS
Ishibashi H., Uchida M., Hirano M., Kobayashi J., Komorita T., Nakamura H., Kagami Y., Kusano T., Ishibashi Y., Arizono K.
The 7th International Conference on Marine Pollution and Ecotoxicology   2013年   
elegansによる複合影響評価
椛島李歩、冨永伸明、山口明美、中村浩、内田雅也、有薗幸司
第16回環境ホルモン学会研究発表会   2013年   
遺伝子発現解析技術の環境毒性評価への応用とこれまでの応用事例
鏡良弘、中村浩、内田雅也、鑪迫典久、有薗幸司
第16回環境ホルモン学会研究発表会   2013年   
TCDD曝露したマダイ胚のトランスクリプトーム解析
飯田緑、藤井聡、内田雅也、中村浩、鏡良弘、Bak, Su-Min、金恩英、島康洋、岩田久人
第16回環境ホルモン学会研究発表会   2013年   
線虫合成培地を用いた銅・亜鉛の生体影響
椛島李歩、隈本宗一郎、山口明美、冨永伸明、有薗幸司、中村浩、内田雅也
第19回日本環境毒性学会研究発表会   2013年   
海産甲殻類アミに対する内分泌攪乱物質の次世代影響
古閑亜理沙、米村香純、小林淳、内田雅也、有薗幸司、古賀実
第22回環境化学討論会   2013年   
アミ(Americamysis bahia)を用いた環境汚染化学物質の生態毒性評価
米村香純、古閑亜理沙、小林淳、内田雅也、有薗幸司、古賀実
第47回日本水環境学会年会   2013年   
Evaluation of ecological toxicity of glyphosate agrochemical components in Japanese medaka (Oryzias latipes)
Uchida M., Takumi S., Nakamura H., Kagami Y., Kusano T., Arizono K.
SETAC Asia/Pacific Annual Meeting 2012   2012年   
Toxicity of Triclosan and Triclocarban in Mysid Crustacea ( Americamysis bahia )
Arizono K., Uchida M., Hirano M., Miura S., Yoshidu R., Nakamura H., Kagami Y., Kusano T., Tatarazako N., Ishibashi Y., Koga M.
Dioxin2012 (32nd International Symposium on Halogenated Persistent Organic Pollutants)   2012年   
海産甲殻類アミを用いた4-ノニルフェノール異性体の生態毒性影響評価
古閑亜理沙、米村香純、内田雅也、小林淳、有薗幸司、古賀実
第21回環境化学討論会   2012年   
アミDNAマイクロアレイを用いたDDTの生態影響評価
内田雅也、中村浩、鏡良弘、草野輝彦、古賀実、有薗幸司
平成23年度日本水環境学会九州支部研究発表会   2012年   
Gene expression analysis of Japanese medaka (Oryzias latipes) exposed to DDT using DNA microarray
Uchida M., Nakamura H., Kagami Y., Kusano T., Arizono K.
DIOXIN2011 (31st International Symposium on Halogenated Persistent Organic Pollutants)   2011年   
重金属曝露したメダカの肝臓における遺伝子発現解析
中村浩、佐藤道生、内田雅也、大渕貴実子、草野輝彦
第22回 廃棄物資源循環学会研究発表会   2011年   
海産甲殻類・アミを用いた抗菌剤類の生態影響評価
内田雅也、平野将司、中村浩、鏡良弘、草野輝彦、山内良子、三浦苑子、吉津伶美、古賀実、有薗幸司
第17回日本環境毒性学会・バイオアッセイ研究会合同研究発表会   2011年   
Gene expression analysis of Japanese medaka (Oryzias latipes) exposed to DDT using DNA microarray
Uchida M., Yamauchi R., Chenfu S., Nakamura H., Kagami Y., Hirakawa I., Kusano T., Tatarazako N., Arizono K.
SETAC Asia/Pacific Annual Meeting 2010   2010年   
メダカDNAマイクロアレイを用いたグリホサート製剤の生体影響評価
内田雅也、後藤祥之、中村浩、鏡良弘、草野輝彦、山内良子、立川慧子、有薗幸司
第16回バイオアッセイ研究会・日本環境毒性学会合同研究発表会   2010年   
廃石膏ボードを用いたホウ素含有廃水処理技術の確立
中道隆広、酒井篤、有薗幸司、甲斐穂高、竹本直道、村山なつき、内田雅也、草野輝彦、石橋康弘
環境科学会2010年会   2010年   
グリホサート製剤がヒメダカにおよぼす影響
内田雅也、後藤祥之、江里口貴士、山内良子、中村浩、鏡良弘、草野輝彦、有薗幸司
第37回日本トキシコロジー学会学術年会   2010年   
最終処分場由来の浸出水中有機フッ素化合物質のリスク評価
有薗幸司、竹本直道、川上茂樹、山内良子、内田雅也、吉赫哲
第19回環境化学討論会   2010年   
メダカDNAマイクロアレイを用いたDDTの生体影響評価
内田雅也、江里口貴士、中村浩、鏡良弘、平川育美、草野輝彦、山内良子、有薗幸司
第44回日本水環境学会年会   2010年   
メダカDNAマイクロアレイを用いたDDTの生体影響評価
内田雅也、中村浩、鏡良弘、草野輝彦、山内良子、有薗幸司
フォーラム2009 衛生薬学・環境トキシコロジー   2009年   
環境化学物質に曝露したメダカにおけるDNAマイクロアレイを用いた遺伝子発現解析
竹元望、石橋弘志、平野将司、金俊佑、山内良子、孫?富、内田雅也、有薗幸司
第12回環境ホルモン学会研究発表会   2009年   
メダカ繁殖試験によるフッ素テロマーアルコールの影響評価
山内良子、石橋弘志、内田雅也、孫?富、竹元望、竹本直道、金俊佑、平野将司、有薗幸司
第12回環境ホルモン学会研究発表会   2009年   
メダカを用いたノニルフェノール異性体の急性毒性評価
孫?富、山内良子、竹元望、内田雅也、吉赫哲、片瀬隆雄、有薗幸司
第12回環境ホルモン学会研究発表会   2009年   
メダカDNAマイクロアレイを用いたエストロゲン様物質により変動する遺伝子群の網羅的解析
内田雅也、石橋弘志、平野将司、金 俊佑、冨永伸明、山内良子、有薗幸司
第15回日本環境毒性学会・バイオアッセイ研究会 合同研究発表会   2009年   
Gene Expression Analysis of Medaka (Oryzias latipes) Exposed to Heavy Metal Ions
吉塚和治、草野輝彦、内田雅也、中村浩
第43回日本水環境学会年会   2009年   

競争的資金等の研究課題

 
定量的高電界パルス物質導入法による排水毒性試験の開発
科学技術振興機構: マッチングプランナープログラム平成27年度第2回探索試験
研究期間: 2016年 - 2017年    代表者: 冨永伸明
妊馬由来エクイン類の汚染実態解明と生態影響評価
環境省: EXTEND2010基盤的研究 
研究期間: 2014年 - 2017年    代表者: 有薗幸司
イチゴ炭疽病を予防する土壌改良材の開発および土壌診断手法の開発
福岡県: 平成28年度福岡県新製品・新技術創出研究開発支援事業可能性試験
研究期間: 2016年       代表者: 内田雅也
牛膣内ミクロフローラの解析および有用乳酸菌の分離と応用分担研究者 (代表研究者:九州産業大学 満生慎二教授)
福岡県: 平成27年度福岡県新製品・新技術創出研究開発支援事業可能性試験
研究期間: 2015年       代表者: 満生慎二
アミにおける生殖・発生異常とその発生メカニズムを活用した環境水評価手法の開発連携研究者 (代表研究者:熊本県立大学 古賀実教授)
日本学術振興会: 科学研究補助金基盤研究B
研究期間: 2010年 - 2013年    代表者: 古賀実