氏田壮一郎

J-GLOBALへ         更新日: 17/02/28 15:23
 
アバター
研究者氏名
氏田壮一郎
URL
https://kaken.nii.ac.jp/d/r/30599402.ja.html
所属
文部科学省科学技術・学術政策研究所
学位
博士(先端マネジメント)(関西学院大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2013年
   
 
関西学院大学 イノベーション研究センター 客員研究員
 

学歴

 
1992年3月
   
 
近畿大学 法学部 卒業 
 
2010年9月
   
 
関西学院大学専門職大学院 経営戦略研究科 専門職修士課程 修了 
 
2014年3月
   
 
関西学院大学大学院 経営戦略研究科 博士後期課程 単位取得満期退学 
 

論文

 
炊飯器開発におけるおいしさの形成
氏田壮一郎
産業学会年報   (31) 103-140   2016年   [査読有り]
The needs of the customer are often not clear at the time of product development. Indeed, customers themselves also do not recognize their exact needs, and discover them after purchasing the product. However, despite such imprecise circumstances, ...
感覚的ベネフィット実現のための評価者の役割: 音響機器開発のケース研究
氏田壮一郎
ビジネス & アカウンティングレビュー   (14) 109-123   2014年12月   [査読有り]
仮想便益を収束させる製品開発
氏田壮一郎
関西学院大学      2014年11月   [査読有り]
氏田 壮一郎
ビジネス&アカウンティングレビュー   (12) 97-116   2013年12月   [査読有り]
マッサージチェア開発における価値形成プロセス
氏田壮一郎, 玉田俊平太
研究技術計画   28(3)    2013年12月   [査読有り]

書籍等出版物

 
バイオデザイン(翻訳)
氏田壮一郎 (担当:共訳)
薬事日報社   2015年10月   

講演・口頭発表等

 
意味的価値の機能変換
氏田壮一郎
組織学会大会論文集   2016年6月   
Value creation is composed of experience value and functional value.
Experience value is subjective and will likely differ with each customer. However,
creating experience value is necessary and important because the market requires
manufacturing ...
炊飯器開発におけるわが社の味の持続について
氏田壮一郎
産業学会・第53回産業学会全国研究会   2015年6月   
氏田 壮一郎
組織学会大会論文集   2015年   
This paper examines the value creation in product development with a focus on Japanese consumer electronics. In previous research, it is purported that customer value consists of benefits and costs. However in prior research, how benefits are actu...
氏田壮一郎
研究・技術計画学会年次学術大会講演要旨集(CD-ROM)   2014年10月18日   
氏田壮一郎
研究・技術計画学会年次学術大会講演要旨集(CD-ROM)   2012年10月27日