ラジャゴパラン ウママヘスワリ

J-GLOBALへ         更新日: 17/04/03 10:03
 
アバター
研究者氏名
ラジャゴパラン ウママヘスワリ
 
ラジャゴパラン ウママヘスワリ
eメール
umamaheswaritoyo.jp
URL
http://kaken.nii.ac.jp/d/r/40270706.ja.html
所属
東洋大学
職名
助教
学位
工学博士(北海道大学), M.Tech (Applied Optics)(Indian Institute of Technology, Delhi, India), M.Sc. (Physics)(American College, Madurai, india), M.Ed. (applied Linguistics)(Open University, UK)

プロフィール

私はインドの南の町Madurai出身で長く日本に住んでいます。日本に学生として来たことがきっかけで日本がもう一つのふる里になりました。私はインドで物理学と光工学の修士課程を修了し、その後、北海道大学で光学の基礎研究で博士号を取得しました。神奈川科学技術アカデミーと理化学研究所では、それぞれ、ナノフォトニクス技術の生体応用と脳科学の分野で視覚野と嗅覚野を対象として光応用計測の研究に従事したため、光の基礎・ナノ光学から脳科学まで非常に広範囲の知識を得ることができました。今までの研究者としての経験と応用言語で学んでいることを活かし、科学技術用英語教育を含む研究・教育に非常に強く関わりたいと思っています。

研究分野

 
 

経歴

 
2006年4月
 - 
2014年3月
理化学研究所 脳統合機能研究チーム 嘱託研究員
 
1998年4月
 - 
2006年3月
理化学研究所 脳統合機能研究チーム 研究員
 
1993年4月
 - 
1998年3月
神奈川科学技術アカデミー 大津フォトンコントールプロジェークト 研究員
 
1992年3月
 - 
1993年3月
Joensuu university Dept. of Physics 研究員
 

論文

 
Thilakarathne BL, Rajagopalan UM, Kadono H, Yonekura T
SpringerPlus   3 89   2014年2月   [査読有り]
Muthumali DeSilva KT, Rajagopalan UM, Kadono H
Ecotoxicology and environmental safety   137 86-93   2017年3月   [査読有り]
Watanabe H, Rajagopalan UM, Nakamichi Y, Igarashi KM, Kadono H, Tanifuji M
Biomedical optics express   2(11) 3129-3134   2011年11月   [査読有り]
Watanabe H, Rajagopalan UM, Nakamichi Y, Igarashi KM, Madjarova VD, Kadono H, Tanifuji M
Biomedical optics express   2(8) 2279-2287   2011年8月   [査読有り]
Rajagopalan UM, Tsunoda K, Tanifuji M
Methods in molecular biology (Clifton, N.J.)   489 111-132   2009年   [査読有り]

Misc

 
Hideyuki Watanabe, Hideyuki Watanabe, Uma Maheswari Rajagopalan, Yu Nakamichi, Kei M. Igarashi, Hirofumi Kadono, Manabu Tanifuji
Biomedical Optics Express   7 841-854   2016年2月
© 2016 Optical Society of America. In rodent olfactory bulb (OB), optical intrinsic signal imaging (OISI) is commonly used to investigate functional maps to odorant stimulations. However, in such studies, the spatial resolution in depth direction ...
Kokge Thilini Kanchana Muthumali De Silva, Kokge Thilini Kanchana Muthumali De Silva, Uma Maheswari Rajagopalan, Hirofumi Kadono
Optical Engineering   55    2016年12月
© 2016 Society of Photo-Optical Instrumentation Engineers (SPIE).Using statistical interferometry technique (SIT), a highly sensitive interferometry technique developed in our laboratory, we reported about the existence of nanometric intrinsic flu...
THILAKARATHNE Bodhipaksha L.S., RAJAGOPALAN Uma Maheswari, KADONO Hirofumi, YONEKURA Tetsushi
Plant Biotechnol   31(3) 195-205 (J-STAGE)-205   2014年1月
© 2014 The Japanese Society for Plant Cell and Molecular Biology. Instantaneous growth related changes of leaves of Radish, Soybean and rice plants were investigated with a highspeed and ultra-high accuracy optical interferometer. The interferomet...
RAJAGOPALAN Uma Maheswari, TANIFUJI Manabu
東洋大学工業技術研究所工業技術   (37) 61-72   2015年2月
Rajagopalan Uma Maheswari, Jie Shi
IEEE Conference Proceedings   2016(ICAMechS) 510‐515-515   2016年
© 2016 IEEE.Research abstract is a text of foremost importance to students of science and engineering. However, explicit teaching of it tends to be missing in EGP and EGAP curricula of general Japanese English education. This paper reports the eva...

書籍等出版物

 
Springer   2012年10月   ISBN:4431680136
Springer   2011年9月   ISBN:3642075274