浦久保 秀俊

J-GLOBALへ         更新日: 17/05/13 13:25
 
アバター
研究者氏名
浦久保 秀俊
 
ウラクボ ヒデトシ
ハンドル
Hidetoshi
eメール
urakubo-hsys.i.kyoto-u.ac.jp
URL
http://ishiilab.jp/kyoto/
所属
京都大学
部署
大学院情報学研究科 システム科学専攻
職名
特任助教
学位
博士(工学)

プロフィール

シナプス可塑性の計算モデリング、最近はシナプス再構成系の実験を行っています。シナプスを「作る」アプローチにより我々の記憶のメカニズムに迫ろうと思います。

研究分野

 
 

経歴

 
2012年4月
 - 
現在
京都大学大学院 情報学研究科 システム科学専攻 特任助教
 
2007年4月
 - 
2012年3月
東京大学大学院 理学系研究科 生物化学専攻 特任助教
 
2003年4月
 - 
2007年3月
東京大学大学院 理学系研究科 生物化学専攻 博士研究員
 
1998年4月
 - 
2003年3月
東京大学大学院 工学系研究科 システム量子工学専攻 大学院生
 
1994年4月
 - 
1998年3月
慶應義塾大学 理工学部 物理学科 大学生
 

論文

 
A computational model of afterimage rotation in the peripheral drift illusion based on retinal ON/OFF response
Hayashi Y, Ishii S, Urakubo H
PLoS ONE   In press    2015年   [査読有り]
Nakae K, Ikegaya Y, Ishikawa T, Oba S, Urakubo H, Koyama M, Ishii S
PLoS computational biology   10 e1003949   2014年11月   [査読有り]
Yagishita S, Hayashi-Takagi A, Ellis-Davies GC, Urakubo H, Ishii S, Kasai H
Science (New York, N.Y.)   345 1616-1620   2014年9月   [査読有り]
Urakubo H, Sato M, Ishii S, Kuroda S
Biophysical journal   106 1414-1420   2014年3月   [査読有り]
See also "First Demonstration of Bistability in CaMKII, a Memory-Related Kinase."
Michalski PJ 2014, Biophys J 106(6): pp. 1233-1235.
http://dx.doi.org/10.1016/j.bpj.2014.01.037
Koumura T, Urakubo H, Ohashi K, Fujii M, Kuroda S
PLoS ONE   9 e99040   2014年   [査読有り]

Misc

 
神経系大規模シミュレーションのためのソフトウェア ~NEURON とNEST~
浦久保 秀俊
日本神経回路学会誌   22(3) 133-144   2015年9月   [依頼有り]
リンク先もご参照ください!
http://researchmap.jp/joyaho9a7-51216/#_51216
シグナル伝達のシミュレーション
浦久保 秀俊,黒田 真也
シミュレーション辞典      2012年1月   [査読有り][依頼有り]
スパイクタイミング依存シナプス可塑性のシステム生物学
黒田 真也,浦久保 秀俊
生体の科学 特集 現代医学・生物学の仮説・学説   59(5) 416-417   2008年   [依頼有り]
浦久保 秀俊, 黒田 真也, 相原 威
シミュレーション   25(1) 4-12   2006年3月   [依頼有り]
リンク先もご参照ください!
http://researchmap.jp/joyaho9a7-51216/#_51216
相原 威, 西山 誠, 浦久保 秀俊
日本神経回路学会誌   12(2) 94-99   2005年6月   [依頼有り]