碓氷典久

J-GLOBALへ         更新日: 17/05/07 09:55
 
アバター
研究者氏名
碓氷典久
 
ウスイ ノリヒサ
URL
http://www.mri-jma.go.jp/Member/oc/sausuinorihisau.html
所属
気象庁 気象研究所
部署
海洋・地球化学研究部
職名
主任研究官
学位
博士(理学)(京都大学)
ORCID ID
0000-0003-0222-2355

研究分野

 
 

受賞

 
2016年4月
日本海洋学会日高論文賞
 
2016年2月
気象研究所所長表彰 「異常潮位監視予測技術の開発により沿岸防災業務に貢献した功績」
 
受賞者:異常潮位監視予測技術開発グループ
2008年6月
気象庁長官表彰 「新たな海洋解析及び予報システムを開発し、エルニーニョ監視・予測業務及び日本近海の海況監視・予報業務に貢献した業績」
 
受賞者:海洋解析及び予報システム開発グループ

論文

 
Usui, N., T. Wakamatsu,Y. Tanaka, N. Hirose, T. Toyoda, S. Nishikawa, Y. Fujii, Y. Takatsuki, H. Igarashi, H. Nishikawa, Y. Ishikawa, T. Kuragano, M. Kamachi
J. Oceanogr.   73(2) 205-233   2017年4月   [査読有り]
Sato, T., Hasegawa, S., Kono, A., Shiobara, H., Yagi, T., Yamada, T., Shinohara, M., Usui, N.
Geophys. Res. Lett.   44(6) 2710-2715   2017年3月   [査読有り]
藤井陽介、蒲地政文、広瀬直毅、望月崇、瀬藤聡、美山透、広瀬成章、長船哲史、韓修妍、五十嵐弘道、宮澤泰正、豊田隆寛、干場康博、増田周平、石川洋一、碓氷典久、黒田寛、高山勝巳
海の研究   26(2) 15-43   2017年3月
西川悠、碓氷典久、蒲地政文、田中裕介、石川洋一
海の研究   25(5) 133-144   2016年9月   [査読有り]
Alabia, I.D, S. Saitoh, H. Igarashi, Y. Ishikawa, N. Usui, M. Kamachi, T. Awaji, M. Seito
ICES J. Mar. Sci.      2016年5月   [査読有り]
Toyoda, T., Fujii, Y., Yasuda, T., Usui, N., Ogawa, K., Kuragano, T., Tsujino, H., Kamachi, M.
J. Oceanogr.   72(2) 235-262   2016年4月   [査読有り]
Alabia, I.D., S. Saitoh, T. Hirawake, H. Igarashi, Y. Ishikawa, N. Usui, M. Kamachi, T. Awaji, M. Seito
Hydrobiologia   772(1) 215-227   2016年2月   [査読有り]
Sakamoto, K., G. Yamanaka, H. Tsujino, H. Nakano, S. Urakawa, N. Usui, M. Hirabara, K. Ogawa
Ocean Dynamics   66(1) 77-97   2016年1月   [査読有り]
Han, S., N. Hirose, N. Usui, Y. Miyazawa
Ocean Dynamics   66(1) 59-76   2016年1月   [査読有り]
Usui, N., Y. Fujii, K. Sakamoto, M. Kamachi
Mon. Wea. Rev.   143(10) 3874-3892   2015年10月   [査読有り]
坂本圭、山中吾郎、辻野博之、中野英之、浦川昇吾、碓氷典久、平原幹俊、小川浩司
測候時報   82(特別号) s55-s66   2015年9月
碓氷典久、藤井陽介
測候時報   82(特別号) s43-s53   2015年9月
Toyoda, T., Y. Fujii, T. Kuragano, J. P. Matthews, H. Abe, and N. Ebuchi, N. Usui, K. Ogawa, and M. Kamachi
Q. J. R. Meteorol. Soc.   (in press)   2015年6月   [査読有り]
Kourafalou V.H., P. De Mey, M. Le Hénaff, G. Charria, C.A. Edwards, R. He, M. Herzfeld, A. Pasqual, E. Stanev, J. Tintoré, N. Usui, A. van der Westhuysen, J. Wilkin and X. Zhu
Journal of Operational Oceanography   8(S1) s127-s146   2015年6月   [査読有り]
Kida, S., H. Mitsudera, S. Aoki, X. Guo, S. Ito, F. Kobashi, N. Komori, A. Kubokawa, T. Miyama, R. Morie, H. Nakamura, T. Nakamura, H. Nakano, H. Nishigaki, M. Nonaka, H. Sasaki, YN. Sasaki, T. Suga, S. Sugimoto, B. Taguchi, K. Takaya, T. Tozuka, H. Tsujino, N. Usui
J. Oceanogr.      2015年4月   [査読有り]
Alabia, I.D., S. Saitoh, R. Mugo, H. Igarashi, Y. Ishikawa, N. Usui, M. Kamachi, T. Awaji and M. Seito
Fisheries Oceanography   24(2) 190-203   2015年3月   [査読有り]
気象庁気象研究所における沿岸モデル開発
辻野博之、坂本圭、碓氷典久
沿岸海洋研究   52(2) 119-129   2015年2月   [査読有り]
MOVE/MRI.COM-WNP再解析データに見られた黒潮流路変動と瀬戸内海水位変動との関係
小川浩司,碓氷典久,倉賀野連,藤井陽介,豊田隆寛,蒲地政文
測候時報   81(特別号) s77-s91   2014年10月
碓氷典久,坂本圭,小川浩司,藤井陽介,辻野博之,山中吾郎,倉賀野連,蒲地政文
測候時報   81(特別号) s53-s62   2014年10月
Kawamura, H., T. Kobayashi, A. Furuno, N. Usui, M. Kamachi
J. Environ. Radioact.   136 64-75   2014年10月   [査読有り]
Nishikawa, H., H. Igarashi, Y. Ishikawa, M. Sakai, Y. Kato, M. Ebina, N. Usui, M. Kamachi, and T. Awaji
Fisheries Oceanography   23(4) 289-303   2014年7月   [査読有り]
Yasunaka, S., Y. Nojiri, S. Nakaoka, T. Ono, H. Mukai and N. Usui
Geophys. Res. Lett.   41 1005-1011   2014年2月   [査読有り]
Kuragano, T., Y. Fujii, T. Toyoda, N. Usui, K. Ogawa, and M. Kamachi
J. Oceanogr.   70(1) 45-62   2014年2月   [査読有り]
Kawamura, H., T. Kobayashi, S. Nishikawa, Y. Ishikawa, N. Usui, M. Kamachi, N. Aso, Y. Tanaka, and T. Awaji
Global Environmental Research   18(1) 91-96   2014年   [査読有り]
Usui, N., H. Tsujino, H. Nakano, and S. Matsumoto
J. Oceanogr.   69(6) 647-670   2013年12月   [査読有り]
Tsujino, H., S. Nishikawa, K. Sakamoto, N. Usui, H. Nakano, G. Yamanaka
Climate Dynamics   41(9-10) 2287-2318   2013年11月   [査読有り]
Yasunaka, S., Y. Nojiri, S. Nakaoka, T. Ono, H. Mukai, N. Usui
J. Geophys. Res.   118(8) 3843-3850   2013年8月   [査読有り]
Fujii, Y, T. Nakano, N. Usui, S. Matsumoto, H. Tsujino, and Masafumi Kamachi
J. Geophys. Res.   118(4) 2035-2051   2013年4月   [査読有り]
Toyoda, T., Y. Fujii, N. Usui, T. Iwao, T. Kuragano, M. Kamachi
Theoretical and Applied Mechanics Japan   61 31-48   2013年   [査読有り]
Nakaoka, S., M. Telszewski, Y. Nojiri, S. Yasunaka, C. Miyazaki, H. Mukai, and N. Usui
Biogeosciences   10 6093-6106   2013年   [査読有り]
Wada, A., N. Usui, and M. Kunii
Advances in Meteorology      2013年   [査読有り]
Usui, N., H. Tsujino, H. Nakano, Y. Fujii, and M. Kamachi
J. Geophys. Res.   116(C10)    2011年10月   [査読有り]
Usui, N., S. Ishizaki, Y. Fujii, and M. Kamachi
J. Oceanogr.   67(3) 253-262   2011年6月   [査読有り]
気候変動に伴う水産資源・海況変動予測技術の革新と実利用化
五十嵐弘道、淡路敏之、蒲地政文、石川洋一、杉浦望実、増田周平、土居知将、碓氷典久、藤井陽介、豊田隆寛、日吉善久、佐々木祐二、齊藤誠一、酒井光夫、加藤慶樹、佐藤晋一
土木学会論文集G(環境)   67 9-15   2011年   [査読有り]
Wada, A., and N. Usui
Advances in Meteorology   756071    2010年   [査読有り]
Wada, A., K. Sato, N. Usui and Y. Kawai
Geophys. Res. Lett.   36(9)    2009年5月   [査読有り]
Hurlburt, H. E., G. B. Brassington, Y. Drillet, M. Kamachi, M. Benkiran, R. Bourdalle-Badie, E. P. Chassignet, G. A. Jacobs, O. Le Galloudec, J. M. Lellouche, E. J. Metzger, O. M. Smedstad, B. Tranchant, H. Tsujino, N. Usui, and A. J. Wallcraft
Oceanography   22(3) 110-127   2009年   [査読有り]
Usui, N., H. Tsujino, H. Nakano, and Y. Fujii
J. Geophys. Res.   113(C8)    2008年8月   [査読有り]
Fujii, Y., H. Tsujino, N. Usui, H. Nakano, and M. Kamachi
J. Geophys. Res.   113(C7)    2008年7月   [査読有り]
Usui, N., H. Tsujino, Y. Fujii, and M. Kamachi
J. Geophys. Res.   113(C1)    2008年1月   [査読有り]
蒲地 政文, 碓氷 典久
オペレーションズ・リサーチ : 経営の科学   52(4) 211-215   2007年4月
Wada, A, and N. Usui
J. Oceanogr.   63(3) 427-447   2007年   [査読有り]
Usui, N., H. Tsujino, Y. Fujii, and M. Kamachi
Ocean Dynamics   56(5-6) 607-623   2006年12月   [査読有り]
Tsujino, H., N. Nusui, and H. Nakano
J. Geophys. Res.   111(C11)    2006年11月   [査読有り]
蒲地 政文, 碓氷 典久, 藤井 陽介
海洋   38(7) 528-535   2006年7月
Usui, N., S. Ishizaki, Y. Fujii, H. Tsujino, T. Yasuda, and M. Kamachi
Adv. Space Res.   37(4) 806-822   2006年   [査読有り]
Kamachi, M., T. Kuragano, S. Sugimoto, K. Yoshita, T. Sakurai, T. Nakano, N. Usui, and F. Uboldi
J. Oceanogr.   60(2) 269-282   2004年   [査読有り]

書籍等出版物

 
淡路 敏之, 池田 元美, 石川 洋一, 蒲地 政文
京都大学学術出版会   2009年8月   ISBN:4876987971

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 基盤研究(A)
研究期間: 2016年4月 - 2021年3月    代表者: 広瀬直毅
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 碓氷 典久
文部科学省: 新学術領域研究(研究領域提案型)
研究期間: 2010年4月 - 2015年3月    代表者: 野中 正見
本研究では、本新学術領域研究で注目した中緯度域の大気海洋相互作用の鍵となる海洋前線帯の形成・変動機構の理解を深め、その大気場や生態系への影響を解明することを目的とした。高解像度モデル等を駆使した研究により、日本南岸の黒潮の大蛇行や、その下流となる黒潮続流の形成・変動のメカニズム、また海洋中規模渦の形成やそれが生態系に及ぼす影響に関する理解に顕著な進展が得られた。一方、亜寒帯前線帯の十年規模変動が北太平洋海盆規模の大気場に影響を与えることを明確に示した他、夏季の海洋上層の熱容量が従来考えられ...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2009年4月 - 2012年3月    代表者: 蒲地 政文
海洋データ同化システムにより作成した海洋モデル・観測統合データの解析から、北太平洋亜熱帯循環の広い範囲で数10年規模の淡水化トレンドが見られ、特に東北沖の黒潮、親潮混合域でその傾向が大きいことが明らかとなった。また、アジョイントモデルを用いた水塊逆追跡の結果などから、上記混合域で淡水化した海水が、黒潮に移流された後、東経160度付近の亜熱帯循環の副循環に取り込まれることにより、亜熱帯循環全体の淡水化を生じていることが示唆された。
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2009年4月 - 2012年3月    代表者: 碓氷典久
海洋データ同化システムを用いた感度実験、および海洋再解析データの解析から、黒潮大蛇行の長期変動のメカニズムを明らかにした。感度実験から、大蛇行は、低流量ほど長期間持続し、大蛇行の安定性が黒潮流量に強く依存することが分かった。また、流量に加えて、黒潮続流および台湾沖の渦活動の状態の3つの要素を考慮することにより、過去の大蛇行の履歴が概ね説明されることが分かった。
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2007年 - 2009年    代表者: 川合義美
日本周辺の北西太平洋を対象に、短時間スケールの海洋表層の変動とそれが大気に与える影響を調べた。人工衛星データの解析から、海面水温急低下を伴う表層クロロフィル濃度の急増加現象は、低気圧が通過することの多い縁辺海や沖縄や本州の南方、及び黒潮・親潮続流域周辺で発生しやすいことが明らかになった。また大気海洋結合領域モデルを用いた数値実験を行い、海面水温の日変化が梅雨期の降水量や台風の強度に影響を与え得ることが示された。
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2006年 - 2008年    代表者: 辻野博之
日本南岸にみられる黒潮の大蛇行流路の形成と解消における遷移機構について、現実に2004年に発生、2005年に解消した事例を数値モデル・観測データ同化システムを用いて再現し、その遷移を引き起こす条件を定量的に評価した。形成には、その引き金となる九州東方沖の小蛇行が黒潮に沿って東進する速度が遅く、伊豆海嶺に到達するまでに不安定によって発達する時間が十分に確保されることが条件となっていた。解消には、大蛇行に比べて空間スケールの小さい擾乱が黒潮に沿って大蛇行域に到達することが重要であり、これが定常...