甲田烈

J-GLOBALへ         更新日: 17/02/23 21:48
 
アバター
研究者氏名
甲田烈
 
コウダレツ
職名
客員研究員

プロフィール

 2014年より井上円了研究センターに所属

Misc

 
甲田 烈
Journal of International Society of Life Information Science   30(1) 118-122   2012年3月
本研究の目的は、匿名的な森林葬の推進運動である「森になる」に向けて、有用性のある哲学的原理を提示することである。この目的のためにメタ理論としての非人称的アプローチを導入した。本論文では第一に、この理論の構成要素であるインテグラル理論における四象限と構造構成主義における関心相関的選択について説明した。四象限とは、あらゆる事象は、主観的側面、客観的側面、間主観的側面、間客観的側面という四つの側面から見る事かできるということであり、関心相関的選択とは、あらゆる認識論・理論・方法論は研究者・実践家...
甲田 烈, 尾崎 真奈美
人体科学   20(1) 95-102   2011年6月
The purpose of this study were to advocate the impersonal perspective as a meta-method to describe spirituality, and according to such a perspective, to model the integral positivity derived from ozaki's theory of three factor spirituality within ...
甲田 烈
トランスパーソナル学研究   (11) 91-93   2010年9月
尾崎 真奈美, 甲田 烈
Journal of International Society of Life Information Science   28(1) 121-125   2010年3月
本研究の目的は、スピリチュアリティを記述するための一つのメタ方法論として非人称の視点を提唱し、その基礎の上にポジティブ心理学の方法論を活用することによって、スピリチュアリティ3因子論をインテグラル・ポジティビティとしてモデル化することである。第一に、研究者の無自覚的な視座に関する哲学的議論を概観し、行動主義とナラティブアプローチのような様々な方法論における葛藤を克服するメタ方法論として非人称の科学を定式化した。第二に、これまでの心理学方法論を、一人称的・二人称的・三人称的・さらに非人称的視...
甲田 烈
相模女子大学紀要. A, 人文系   73 15-28   2009年

書籍等出版物

 
青木 聡, 甲田 烈, 鈴木 規夫, 久保 隆司 (担当:共著)
春秋社   2010年11月   ISBN:4393360567
鈴木規夫, 青木聡, 甲田烈, 久保隆司 (担当:共著)
春秋社   2010年4月   ISBN:4393360559
甲田 烈
かんき出版   2008年6月   ISBN:4761265299
甲田 烈, 山本 伸裕 (担当:共著)
かんき出版   1999年12月   ISBN:4761258268