高橋勝彦

J-GLOBALへ         更新日: 16/03/26 11:46
 
アバター
研究者氏名
高橋勝彦
 
タカハシ カツヒコ
eメール
ka-takahashihoshi.ac.jp
URL
https://kaken.nii.ac.jp/d/r/80307066.ja.html

研究分野

 
 

受賞

 
2006年9月
日本胎盤学会 胎盤学会奨励賞
 

論文

 
Shimizu T, Bamba Y, Kawabe Y, Fukuda T, Fujimori F, Takahashi K, Uchida C, Uchida T
Biochemical and biophysical research communications   471(2) 328-333   2016年3月   [査読有り]
Takahashi K, Uchida N, Kitanaka C, Sagara C, Imai M, Takahashi N
FEBS open bio   5 571-578   2015年   [査読有り]
Role of prolyl isomerase pin1 in pathogenesis of diseases and remedy for the diseases from natural products.
Takahashi K, Shimizu T, Kosaka K, Hidaka M, Uchida C, Uchida T
Current drug targets   15(10) 973-981   2014年   [査読有り]
Sagara C, Takahashi K, Kagechika H, Takahashi N
Biochemical and biophysical research communications   433(1) 102-107   2013年3月   [査読有り]
Shimazaki K, Uchida T, Komine A, Takahashi K
Biochemical and biophysical research communications   422(1) 133-138   2012年5月   [査読有り]
Takahashi N, Egawa R, Imai M, Takahashi K, Ohba T, Imaizumi M
Cancer letters   297(2) 252-258   2010年11月   [査読有り]
Takahashi K, Sasabe N, Ohshima K, Kitazato K, Kato R, Masuda Y, Tsurumaki M, Obama T, Okudaira S, Aoki J, Arai H, Yamaguchi T, Itabe H
Journal of lipid research   51(9) 2571-2580   2010年9月   [査読有り]
Tanaka S, Wakeyama H, Akiyama T, Takahashi K, Amano H, Nakayama KI, Nakamura K
Advances in experimental medicine and biology   658 111-116   2010年   [査読有り]
Docosahexaenoic acid induces adipose differentiation-related protein through activation of retinoid x receptor in human choriocarcinoma BeWo cells.
Suzuki K, Takahashi K, Nishimaki-Mogami T, Kagechika H, Yamamoto M, Itabe H
Biological & pharmaceutical bulletin   32(7) 1177-1182   2009年7月   [査読有り]
Kato R, Mori C, Kitazato K, Arata S, Obama T, Mori M, Takahashi K, Aiuchi T, Takano T, Itabe H
Arteriosclerosis, thrombosis, and vascular biology   29(1) 33-39   2009年1月   [査読有り]
Takahashi K, Uchida C, Shin RW, Shimazaki K, Uchida T
Cellular and molecular life sciences : CMLS   65(3) 359-375   2008年2月   [査読有り]
Wakeyama H, Akiyama T, Takahashi K, Amano H, Kadono Y, Nakamura M, Oshima Y, Itabe H, Nakayama KI, Nakayama K, Nakamura K, Tanaka S
Journal of bone and mineral research : the official journal of the American Society for Bone and Mineral Research   22(10) 1631-1639   2007年10月   [査読有り]
Komatsu D, Abe T, Sano Y, Shimazaki K, Tomita M, Kanayama N, Takahashi K
Molecular reproduction and development   74(9) 1089-1094   2007年9月   [査読有り]
Obama T, Kato R, Masuda Y, Takahashi K, Aiuchi T, Itabe H
Proteomics   7(13) 2132-2141   2007年6月   [査読有り]
Takahashi K, Akiyama H, Shimazaki K, Uchida C, Akiyama-Okunuki H, Tomita M, Fukumoto M, Uchida T
Oncogene   26(26) 3835-3845   2007年5月   [査読有り]
Saito K, Arata S, Hosono T, Sano Y, Takahashi K, Choi-Miura NH, Nakano Y, Tobe T, Tomita M
Biochimica et biophysica acta   1761(7) 709-716   2006年7月   [査読有り]
Abe T, Koga N, Tomita M, Tonoike T, Kushima M, Takahashi K, Sano Y, Taniyama M
Acta neuropathologica   106(5) 495-500   2003年11月   [査読有り]
Chang TS, Kim MJ, Ryoo K, Park J, Eom SJ, Shim J, Nakayama KI, Nakayama K, Tomita M, Takahashi K, Lee MJ, Choi EJ
The Journal of biological chemistry   278(48) 48092-48098   2003年11月   [査読有り]
Deficiency in p57Kip2 expression induces preeclampsia-like symptoms in mice.
Kanayama N, Takahashi K, Matsuura T, Sugimura M, Kobayashi T, Moniwa N, Tomita M, Nakayama K
Molecular human reproduction   8(12) 1129-1135   2002年12月   [査読有り]
Increased expression of vascular endothelial growth factor in placentas of p57(Kip2) null embryos.
Matsuura T, Takahashi K, Nakayama K, Kobayashi T, Choi-Miura NH, Tomita M, Kanayama N
FEBS letters   532(3) 283-288   2002年12月   [査読有り]

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2015年 - 2017年    代表者: 高橋 勝彦
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 高橋 勝彦
細胞周期制御分子として見出されたp57Kip2は、その欠損動物が胎生期の骨形成の未発達を呈したことから、個体形成時の骨器官に作用する生理活性物質の活性を支える分子である事が示唆されてきた。今回申請者は、p57Kip2が骨形成に必須のビタミンD3の作用点であるビタミンD受容体(VDR)に結合することでVDRの転写因子活性能を支持する事を見出した。またp57遺伝子欠損マウスは胎盤細胞の過増殖を示したことから、p57の胎盤機能維持への機能を考えた。今回の研究から、申請者はp57が胎盤形成時にみら...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: 高橋 典子
ビタミンAは健康を維持するために不可欠な微量栄養素である。ビタミンAの活性型であるビタミンA酸(レチノイン酸、RA)は生体に重要な且つ多岐にわたる作用を及ぼすことから、癌、神経疾患などの予防・治療の観点からも注目されている。本研究では、核内受容体とは別の新しいRA作用機構として見出されたレチノイル化(RAによる翻訳後タンパク質修飾反応)について、RAにより分化が誘導されるヒト前骨髄球性白血病細胞株HL60を用いて詳細な検討を行った。核内の新規レチノイル化蛋白質、また核内レチノイル化PKAに...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2007年 - 2009年    代表者: 天野 均
アポトーシスとは、細胞の縮小や断片化、核の凝集と断片化といった形態的な特長を呈するあらかじめプログラムされた細胞死のことで、様々な分子間のシグナル伝達によるコントロールを受けている。そのなかでも、カスパーゼ3はシステインプロテアーゼの一種で、刺激により活性化されると、PARP(ADP-リボースポリメラーゼ)をはじめとするさまざまな細胞内基質を分解し、アポトーシスを誘導すると考えられている。骨形成を担う骨芽細胞は、骨細胞となり骨内に埋め込まれる際にその半数はアポトーシスすると考えられている。...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2007年 - 2008年    代表者: 板部 洋之
生活習慣病の要因である肥満や高脂血症は、脂質代謝異常に起因する。脂質代謝の基盤として注目されている細胞内脂肪滴は、種々細胞に普遍的に存在し脂質の蓄積と利用を担う構造体である。絶食により一過的に脂肪蓄積が亢進するマウス肝で、脂肪滴局在タンパク質のADRPが顕著に誘導され、そのADRPは通常の脂肪滴や膜画分とは異なる中間比重画分に分布することを見出した。培養肝細胞HuH-7に脂肪酸を添加すると、ADRPが誘導され脂肪滴が生成するが中間比重脂肪滴は生じない。一方、グルカゴン刺激すると中間比重脂肪...