伏木田 稚子

J-GLOBALへ         更新日: 17/06/14 16:49
 
アバター
研究者氏名
伏木田 稚子
 
フシキダ ワカコ
URL
http://wakako-fushikida.net
所属
首都大学東京
部署
大学教育センター
職名
准教授
学位
学際情報学(東京大学大学院学際情報学府)

プロフィール

「かかわりの中で問いながら学ぶ」をテーマに、学習環境が人々に与える心理的な影響を研究。知の探究を目的とする反転授業、初年度教育でのレポートライティングに関する共同プロジェクトに関わる一方、ゼミナールにおける学びを調査している。

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
首都大学東京 大学教育センター 准教授
 
2015年4月
 - 
2017年3月
首都大学東京 大学教育センター 助教
 
2013年4月
 - 
2014年3月
東京大学大学院 情報学環・反転学習社会連携講座(FLIT) 特任助教
 

受賞

 
2014年5月
日本学生支援機構 大学院第一種奨学金 特に優れた業績による奨学金返還免除 (全額免除, 2011年度-2013年度)
 
2011年5月
日本学生支援機構 大学院第一種奨学金 特に優れた業績による奨学金返還免除 (全額免除, 2009年度-2010年度)
 

論文

 
伏木田 稚子, 安斎 勇樹, 伊藤 奈央, 山内 祐平
京都大学高等教育研究   (22) 107-110   2016年
伏木田 稚子, 北村 智, 山内 祐平
日本教育工学会論文誌   37(4) 419-433   2014年2月
本研究の目的は,教員によるゼミナールの授業構成が,学生の汎用的技能の成長実感に与える影響を検討することである.学部2,3,4年生向けのゼミナールを担当している教員に対しては,学生の特性把握,教育目標の設定,学習目標の設定,学習活動の設定,学生に対する指導を,そのゼミナールの受講学生に対しては,学習意欲と汎用的技能の成長実感を問う質問紙調査を実施した.マルチレベル共分散構造分析を用いてパスモデルを検討した結果,学習意欲の喚起を介して汎用的技能の成長実感を高めるゼミナールの授業構成について,以...
伏木田 稚子, 北村 智, 山内 祐平
日本教育工学会論文誌   37(4) 419-433   2014年
本研究の目的は,教員によるゼミナールの授業構成が,学生の汎用的技能の成長実感に与える影響を検討することである.学部2,3,4年生向けのゼミナールを担当している教員に対しては,学生の特性把握,教育目標の設定,学習目標の設定,学習活動の設定,学生に対する指導を,そのゼミナールの受講学生に対しては,学習意欲と汎用的技能の成長実感を問う質問紙調査を実施した.マルチレベル共分散構造分析を用いてパスモデルを検討した結果,学習意欲の喚起を介して汎用的技能の成長実感を高めるゼミナールの授業構成について,以...
伏木田 稚子, 北村 智, 山内 祐平, 山内 祐平, 北村 智, 伏木田 稚子
名古屋高等教育研究   (13) 143-162   2013年3月
伏木田 稚子, 北村 智, 山内 祐平
日本教育工学会論文誌   36(0) 165-168   2012年12月
本研究の目的は,多様な形態をとるゼミナールに対して学部3,4年生が感じている魅力および不満を検証することであり,そのために自由記述回答文にテキストマイニングを適用した.クラスター分析の結果,魅力については「構成員間(教員-学生,学生-学生)の仲や雰囲気の良さ」,「学生間のかかわり」,「先生の人柄や話の面白さ」など11個,不満については「不活発な発言や議論」,「学生のやる気と教員の指導」など7個の特徴が析出され,ゼミナールの授業評価に向けた示唆を得た.

書籍等出版物

 
Bergmann Jonathan, Sams Aaron, 上原 裕美子, 東京大学大学院情報学環反転学習社会連携講座
オデッセイコミュニケーションズ   2015年   ISBN:9784990512491
森 朋子, 溝上 慎一
ナカニシヤ出版   ISBN:9784779510892

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
研究課題:ゼミナール実践における技法の理論化-教員の経験に基づく暗黙知の解明-
日本学術振興会: 平成29年度-平成30年度科学研究費補助金 (若手研究(B))
研究期間: 2017年4月 - 2019年3月    代表者: 伏木田 稚子
ゼミナールの授業外での活動における学びの研究-構成・経験・成果に着目して-
日本学術振興会: 平成26年度-平成27年度科学研究費補助金 (研究活動スタート支援)
研究期間: 2014年10月 - 2017年3月    代表者: 伏木田 稚子

委員歴

 
2015年7月
 - 
2017年6月
日本教育工学会  研究会委員 編集幹事