割田 仁

J-GLOBALへ         更新日: 17/07/30 09:41
 
アバター
研究者氏名
割田 仁
 
ワリタ ヒトシ

プロフィール

東北大学神経内科で糸山泰人・前教授、青木正志・現教授のもと、「筋萎縮性側索硬化症(ALS)および骨格筋変性疾患の治療法開発をめざした基礎から臨牀への橋渡し研究実践」をテーマとして研究を続けています。今後も (1) ALS・骨格筋変性疾患モデル動物・モデル細胞の確立と病態・治療研究,(2) 変性脊髄を標的とした神経再生誘導,(3) 家族性ALS・骨格筋変性疾患の遺伝学的解析と病態解明、という 3つを柱として研究を進めてまいります。

研究分野

 
 

論文

 
Shijo T, Warita H, Suzuki N, Kitajima Y, Ikeda K, Akiyama T, Ono H, Mitsuzawa S, Nishiyama A, Izumi R, Aoki M.
Journal of Neuroscience Research      2017年7月   [査読有り]
Amyotrophic lateral sclerosis (ALS) is a fatal neurodegenerative disease. Progressive and systemic loss of motor neurons with gliosis in the central nervous system (CNS) is a neuropathological hallmark of ALS. Chondroitin sulfate proteoglycans (CS...
Ishigaki S, Fujioka Y, Okada Y, Riku Y, Udagawa T, Honda D, Yokoi S, Endo K, Ikenaka K, Takagi S, Iguchi Y, Sahara N, Takashima A, Okano H, Yoshida M, Warita H, Aoki M, Watanabe H, Okado H, Katsuno M, Sobue G
Cell Reports   18(5) 1118-1131   2017年1月   [査読有り]
Nishiyama A, Niihori T, Warita H, Izumi R, Akiyama T, Kato M, Suzuki N, Aoki Y, Aoki M
Neurobiol Aging   53 194.e1-194.e8   2017年1月   [査読有り]
Suzuki N, Mori-Yoshimura M, Yamashita S, Nakano S, Murata KY, Inamori Y, Matsui N, Kimura E, Kusaka H, Kondo T, Higuchi I, Kaji R, Tateyama M, Izumi R, Ono H, Kato M, Warita H, Takahashi T, Nishino I, Aoki M
Orphanet J Rare Dis   11(1) 146   2016年12月   [査読有り]
Akiyama T, Warita H, Kato M, Nishiyama A, Izumi R, Ikeda C, Kamada M, Suzuki N, Aoki M
Muscle & Nerve   54(3) 398-404   2016年9月   [査読有り]
Nisiyama A, Warita H, Takahashi T, Suzuki N, Nishiyama S, Tano O, Akiyama T, Watanabe Y, Takahashi K, Kuroda H, Kato M, Tateyama M, Niihori T, Aoki Y, Aoki M
Clinical Neurology and Neurosurgery      2016年8月   [査読有り]
Ichiyanagi N, Fujimori K, Yano M, Ishihara-Fujisaki C, Sone T, Akiyama T, Okada Y, Akamatsu W, Matsumoto T, Ishikawa M, Nishimoto Y, Ishihara Y, Sakuma T, Yamamoto T, Tsuiji H, Suzuki N, Warita H, Aoki M, Okano H
Stem cell reports   6(4) 496-510   2016年4月   [査読有り]
Komuro H, Sato N, Sasaki A, Suzuki N, Kano M, Tanaka Y, Yamaguchi-Kabata Y, Kanazawa M, Warita H, Aoki M, Fukudo S
PloS one   11(1) e0147817   2016年   [査読有り]
Izumi R, Niihori T, Takahashi T, Suzuki N, Tateyama M, Watanabe C, Sugie K, Nakanishi H, Sobue G, Kato M, Warita H, Aoki Y, Aoki M
Neurology. Genetics   1(4) e36   2015年12月   [査読有り]
Izumi R, Warita H, Niihori T, Takahashi T, Tateyama M, Suzuki N, Nishiyama A, Shirota M, Funayama R, Nakayama K, Mitsuhashi S, Nishino I, Aoki Y, Aoki M
Neurology. Genetics   1(3) e23   2015年10月   [査読有り]
Kitajima Y, Tashiro Y, Suzuki N, Warita H, Kato M, Tateyama M, Ando R, Izumi R, Yamazaki M, Abe M, Sakimura K, Ito H, Urushitani M, Nagatomi R, Takahashi R, Aoki M
Journal of cell science      2014年11月   [査読有り]
Sato N, Takagi K, Suzuki T, Miki Y, Tanaka S, Nagase S, Warita H, Fukudo S, Sato F, Sasano H, Ito K
International journal of gynecological cancer : official journal of the International Gynecological Cancer Society      2014年9月   [査読有り]
Izumi R, Niihori T, Suzuki N, Sasahara Y, Rikiishi T, Nishiyama A, Nishiyama S, Endo K, Kato M, Warita H, Konno H, Takahashi T, Tateyama M, Nagashima T, Funayama R, Nakayama K, Kure S, Matsubara Y, Aoki Y, Aoki M
Neuromuscular disorders : NMD      2014年8月   [査読有り]
Tanaka H, Shimazawa M, Takata M, Kaneko H, Tsuruma K, Ikeda T, Warita H, Aoki M, Yamada M, Takahashi H, Hozumi I, Minatsu H, Inuzuka T, Hara H
Journal of neurology   260 1782-1797   2013年7月   [査読有り]
Izumi R, Niihori T, Aoki Y, Suzuki N, Kato M, Warita H, Takahashi T, Tateyama M, Nagashima T, Funayama R, Abe K, Nakayama K, Aoki M, Matsubara Y
Journal of human genetics   58 259-266   2013年5月   [査読有り]
Suzuki N, Kato S, Kato M, Warita H, Mizuno H, Kato M, Shimakura N, Akiyama H, Kobayashi Z, Konno H, Aoki M
J Neuropathol Exp Neurol   71 779-788   2012年9月   [査読有り]
Sanagi T, Nakamura Y, Suzuki E, Uchino S, Aoki M, Warita H, Itoyama Y, Kohsaka S, Ohsawa K
Glia   60 782-793   2012年5月   [査読有り]
Suzuki N, Akiyama T, Takahashi T, Komuro H, Warita H, Tateyama M, Itoyama Y, Aoki M
Neurosci Res   72(2) 181-186   2012年2月   [査読有り]
Aoki M, Warita H, Mizuno H, Suzuki N, Yuki S, Itoyama Y
Brain Res   1382 321-325   2011年3月   [査読有り]
Shimazawa M, Tanaka H, Ito Y, Morimoto N, Tsuruma K, Kadokura M, Tamura S, Inoue T, Yamada M, Takahashi H, Warita H, Aoki M, Hara H
PloS one   5 e15307   2010年12月   [査読有り]
Sanagi T, Yuasa S, Nakamura Y, Suzuki E, Aoki M, Warita H, Itoyama Y, Uchino S, Kohsaka S, Ohsawa K
J Neurosci Res   88 2736-2746   2010年9月   [査読有り]
Katsuno M, Banno H, Suzuki K, Takeuchi Y, Kawashima M, Yabe I, Sasaki H, Aoki M, Morita M, Nakano I, Kanai K, Ito S, Ishikawa K, Mizusawa H, Yamamoto T, Tsuji S, Hasegawa K, Shimohata T, Nishizawa M, Miyajima H, Kanda F, Watanabe Y, Nakashima K, Tsujino A, Yamashita T, Uchino M, Fujimoto Y, Tanaka F, Sobue G, Japan SBMA Interventional Trial for TAP-144-SR (JASMITT) study group
Lancet Neurol   9 875-884   2010年9月   [査読有り]
Suzuki N, Mizuno H, Warita H, Takeda S, Itoyama Y, Aoki M
J Neurol Sci   294(1-2) 95-101   2010年7月   [査読有り]
Suzuki N, Aoki M, Warita H, Kato M, Mizuno H, Shimakura N, Akiyama T, Furuya H, Hokonohara T, Iwaki A, Togashi S, Konno H, Itoyama Y
J Hum Genet   55 252-254   2010年4月   [査読有り]
Izumi R, Suzuki N, Kato K, Warita H, Tateyama M, Nakashima I, Itoyama Y
Intern Med   49(15) 1623-1625   2010年   [査読有り]
Mizuno H, Warita H, Aoki M, Itoyama Y
J Nuerosci Res   86 2512-2523   2008年8月   [査読有り]
Dagvajantsan B, Aoki M, Warita H, Suzuki N, Itoyama Y
Tohoku J Exp Med   214(4) 303-310   2008年4月   [査読有り]
加藤量広, 鈴木直輝, 青木正志, 割田 仁, 神 一敬, 糸山泰人
臨床神経学   48(1) 60-62   2008年   [査読有り]
Ishigaki A, Aoki M, Nagai M, Warita H, Kato S, Kato M, Nakamura T, Funakoshi H, Itoyama Y
J Neuropathol Exp Neurol   66 1037-1044   2007年11月   [査読有り]
Onodera Y, Aoki M, Mizuno H, Warita H, Shiga Y, Itoyama Y
Neurology   67 1300-1302   2006年10月   [査読有り]
Sasaki S, Warita H, Komori T, Murakami T, Abe K, Iwata M
Brain Res   1083 196-203   2006年4月   [査読有り]
Sasaki S, Warita H, Abe K, Iwata M
Acta Neuropathol   110 48-56   2005年7月   [査読有り]
Suzuki N, Aoki M, Hinuma Y, Takahashi T, Onodera Y, Ishigaki A, Kato M, Warita H, Tateyama M, Itoyama Y
Neurosci Res   52(1) 47-60   2005年5月   [査読有り]
Sasaki S, Warita H, Murakami T, Shibata N, Komori T, Abe K, Kobayashi M, Iwata M
Acta Neuropathol   109 247-255   2005年3月   [査読有り]
Sasaki S, Warita H, Murakami T, Abe K, Iwata M
Acta Neuropathol   107 461-474   2004年5月   [査読有り]
Sasaki S, Warita H, Abe K, Iwata M
Acta Neuropathol   107 452-460   2004年5月   [査読有り]
Tardive decrease of astrocytic glutamate transporter protein in transgenic mice with ALS-linked mutant SOD1.
Warita H, Manabe Y, Murakami T, Shiote M, Shiro Y, Hayashi T, Nagano I, Shoji M, Abe K
Neurol Res   24 577-581   2002年9月   [査読有り]
Manabe Y, Narai H, Warita H, Hayashi T, Shiro Y, Sakai K, Kashihara K, Shoji M, Abe K
Seizure   11 266-268   2002年6月   [査読有り]
Sasaki S, Warita H, Abe K, Iwata M
Acta Neuropathol   103 421-427   2002年5月   [査読有り]
Early decrease of the immunophilin FKBP 52 in the spinal cord of a transgenic model for amyotrophic lateral sclerosis.
Manabe Y, Warita H, Murakami T, Shiote M, Hayashi T, Omori N, Nagano I, Shoji M, Abe K
Brain Res   935 124-128   2002年5月   [査読有り]
Nocturnal blood pressure dip in CADASIL.
Manabe Y, Murakami T, Iwatsuki K, Narai H, Warita H, Hayashi T, Shoji M, Imai Y, Abe K
J Neurol Sci   193 13-16   2001年12月   [査読有り]
Warita H, Manabe Y, Murakami T, Shiro Y, Nagano I, Abe K
Apoptosis   6(5) 345-352   2001年10月   [査読有り]
Manabe Y, Warita H, Murakami T, Shiote M, Hayashi T, Nagano I, Shoji M, Abe K
Brain Res   915(1) 104-107   2001年10月   [査読有り]
Induction of PML immunoreactivity in rat brain neurons after transient middle cerebral artery occlusion.
Hayashi T, Sasaki C, Iwai M, Sato K, Zhang WR, Warita H, Abe K
Neurol Res   23 772-776   2001年10月   [査読有り]
Iwatsuki K, Murakami T, Manabe Y, Narai H, Warita H, Hayashi T, Abe K
Tohoku J Exp Med   195(2) 135-140   2001年10月   [査読有り]
Expressions of nitrotyrosine and TUNEL immunoreactivities in cultured rat spinal cord neurons after exposure to glutamate, nitric oxide, or peroxynitrite.
Manabe Y, Wang JM, Murakami T, Warita H, Hayashi T, Shoji M, Abe K
J Neurosci Res   65 371-377   2001年9月   [査読有り]
Different expression of glycogen synthase kinase-3beta between young and old rat brains after transient middle cerebral artery occlusion.
Sasaki C, Hayashi T, Zhang WR, Warita H, Manabe Y, Sakai K, Abe K
Neurol Res   23 588-592   2001年9月   [査読有り]
Inducible nitric oxide synthase (iNOS) and nitrotyrosine immunoreactivity in the spinal cords of transgenic mice with a G93A mutant SOD1 gene.
Sasaki S, Warita H, Abe K, Iwata M
J Neuropathol Exp Neurol   60 839-846   2001年9月   [査読有り]
Manabe Y, Narai H, Warita H, Hayashi T, Sakai K, Abe K
Intern Med   40(9) 964-967   2001年9月   [査読有り]
A novel SOD1 gene mutation in familial ALS with low penetrance in females.
Murakami T, Warita H, Hayashi T, Sato K, Manabe Y, Mizuno S, Yamane K, Abe K
J Neurol Sci   189 45-47   2001年8月   [査読有り]
EAAT1 and EAAT2 immunoreactivity in transgenic mice with a G93A mutant SOD1 gene.
Sasaki S, Warita H, Abe K, Komori T, Iwata M
Neuroreport   12 1359-1362   2001年5月   [査読有り]
Oxidative damage to mitochondrial DNA in spinal motoneurons of transgenic ALS mice.
Warita H, Hayashi T, Murakami T, Manabe Y, Abe K
Brain Res Mol Brain Res   89 147-152   2001年4月   [査読有り]
Induction of polysialic acid-neural cell adhesion molecule in surviving motoneurons of transgenic amyotrophic lateral sclerosis mice.
Warita H, Murakami T, Manabe Y, Sato K, Hayashi T, Seki T, Abe K
Neurosci Lett   300 75-78   2001年3月   [査読有り]
Glutamate enhances DNA fragmentation in cultured spinal motor neurons of rat.
Manabe Y, Wang JM, Warita H, Shiro Y, Kashihara K, Abe K
Neurol Res   23 79-82   2001年1月   [査読有り]
Effects of repeated methyl levodopa administration on apomorphine sensitivity of rotational behavior and striatal Fos expression of rats with unilateral 6-OHDA lesions.
Kashihara K, Manabe Y, Shiro Y, Warita H, Abe K
Neurosci Res   38(3) 273-279   2000年11月   [査読有り]
Protective effect of ginkgo extract on rat brain with transient middle cerebral artery occlusion.
Zhang WR, Hayashi T, Kitagawa H, Sasaki C, Sakai K, Warita H, Wang JM, Shiro Y, Uchida M, Abe K
Neurol Res   22 517-521   2000年7月   [査読有り]
Infarct presenting with a combination of Wallenberg and posterior spinal artery syndromes.
Manabe Y, Murase T, Iwatsuki K, Warita H, Hayashi T, Sakai K, Abe K
J Neurol Sci   176 155-157   2000年6月   [査読有り]
Sjögren's syndrome with acute transverse myelopathy as the initial manifestation.
Manabe Y, Sasaki C, Warita H, Hayashi T, Shiro Y, Sakai K, Kashihara K, Abe K
J Neurol Sci   176 158-161   2000年6月   [査読有り]
c-Jun N-terminal kinase (JNK) and JNK interacting protein response in rat brain after transient middle cerebral artery occlusion.
Hayashi T, Sakai K, Sasaki C, Zhang WR, Warita H, Abe K
Neurosci Lett   284(3) 195-199   2000年4月   [査読有り]
Temporal profile of cytochrome c and caspase-3 immunoreactivities and TUNEL staining after permanent middle cerebral artery occlusion in rats.
Sasaki C, Kitagawa H, Zhang WR, Warita H, Sakai K, Abe K
Neurol Res   22 223-228   2000年3月   [査読有り]
大脳白質病変を主体としHLA B54陽性を呈し神経ベーチェット病と考えられた1症例 Sweet病との異同について
岩槻 香, 出口健太郎, 奈良井恒, 林 健, 割田 仁, 真邊泰宏, 柏原健一, 阿部康二
臨床神経学   40(9) 921-925   2000年   [査読有り]
家族性純粋無動症の1家系
奈良井恒, 真邊泰宏, 村上哲郎, 割田 仁, 阿部康二
臨床神経学   40(11) 1101-1104   2000年   [査読有り]
Zhang WR, Hayashi T, Wang JM, Sasaki C, Sakai K, Warita H, Shiro Y, Suenaga H, Ohmae H, Tsuji S, Itoh T, Nishimura O, Nagasaki H, Abe K
Neurosci Lett   276(3) 161-164   1999年12月   [査読有り]
Kitagawa H, Warita H, Sasaki C, Zhang WR, Sakai K, Shiro Y, Mitsumoto Y, Mori T, Abe K
Neurosci Lett   274(1) 45-48   1999年10月   [査読有り]
In vivo adenovirus-mediated gene transfer and expression in ischemic rabbit spinal cord.
Sakurai M, Abe K, Hayashi T, Warita H, Setoguchi Y, Itoyama Y, Tabayashi K
J Vasc Surg   30 542-550   1999年9月   [査読有り]
Zhang WR, Kitagawa H, Hayashi T, Sasaki C, Sakai K, Warita H, Shiro Y, Suenaga H, Ohmae H, Tsuji S, Itoh T, Nishimura O, Nagasaki H, Abe K
Brain Res   842(1) 211-214   1999年9月   [査読有り]
Kitagawa H, Sasaki C, Zhang WR, Sakai K, Shiro Y, Warita H, Mitsumoto Y, Mori T, Abe K
Brain Res   834(1/2) 190-195   1999年7月   [査読有り]
Hayashi T, Warita H, Abe K, Itoyama Y
Neurosci Lett   265(1) 37-40   1999年4月   [査読有り]
Warita H, Abe K, Setoguchi Y, Itoyama Y
Neurosci Lett   246(3) 153-156   1998年5月   [査読有り]
地誌的障害を主徴とした両側後大脳動脈領域梗塞の1例
遠藤 実, 割田 仁, 亀谷 剛, 佐藤 景, 杉山謙樹, 石坂郁代, 細川恵子, 渋谷直樹
臨床神経心理   9 5-8   1998年   [査読有り]
抗GM1b, 抗GQ1b抗体が陽性で著明な脳神経障害を示したGuillain-Barre症候群
阿部由美子, 割田 仁, 吉岡 勝, 糸山泰人, 阿部康二
神経内科   46(2) 185-188   1997年   [査読有り]

Misc

 
【特集 筋肉研究の最前線 Therapy】 縁取り空胞を伴う遠位型(GNE)ミオパチーの治療開発
鈴木直輝,井泉瑠美子,加藤昌昭,割田 仁,青木正志
27(3) 105-110   2017年3月   [依頼有り]
HGFによる筋萎縮性側索硬化症(ALS)に対する治療法の開発
青木正志,割田 仁,鈴木直輝,加藤昌昭
生体の科学   67(4) 344-348   2016年8月   [依頼有り]
【アカデミア発の創薬・研究治療】 ALSに対するHGF療法
青木 正志, 割田 仁, 鈴木 直輝
神経内科   83(4) 277-282   2015年10月
【神経疾患治療の進歩2014年】 運動ニューロン疾患の治療の進歩
鈴木 直輝, 加藤 昌昭, 割田 仁, 青木 正志
神経治療学   32(4) 475-478   2015年7月
筋炎の病態研究の最近の進歩 封入体筋炎の診断基準と病態に関する最近の知見
青木 正志, 鈴木 直輝, 加藤 昌昭, 割田 仁
臨床神経学   54(12) 1115-1118   2014年12月
封入体筋炎(sIBM)は骨格筋に縁取り空胞と呼ばれる特徴的な組織変化を生じ炎症細胞浸潤をともなう疾患である。厚生労働省、希少難治性筋疾患班ではsIBMの患者数把握・診断・治療改善に関する取組を継続しておこなっている。現在日本には1,000〜1,500人前後のIBM患者がいると考えられる。筋病理をもちいたTDP43、p62などの検討も各施設でおこなわれており、診断マーカーとしても検討がおこなわれている。さらに2013年にはIBM患者血清中に抗cytosolic 5'-nucleotidase...
北嶋康雄, 鈴木直輝, 田代善崇, 割田仁, 加藤昌昭, 竪山真規, 安藤里紗, 井泉瑠美子, 山崎真弥, 阿部学, 崎村建司, 伊東秀文, 漆谷真, 永富良一, 高橋良輔, 青木正志
体力科学   63(1) 142   2014年2月
青木正志, 鈴木直輝, 加藤昌昭, 割田 仁
神経内科   76(5) 477-482   2012年5月   [依頼有り]
割田 仁, 青木正志
脳21   15(1) 57-61   2012年1月   [依頼有り]
青木正志, 割田 仁, 鈴木直輝
Clinical Neuroscience   29(9) 1058-1059   2011年9月   [依頼有り]
青木正志, 割田 仁, 船越 洋, 北村和也, 中村雅也, 岡野栄之
脊椎脊髄ジャーナル   23(9) 867-875   2010年9月   [依頼有り]
青木正志 ,割田 仁, 鈴木直輝, 糸山泰人
臨床神経学   49(11) 814-817   2009年   [依頼有り]
ALSに対するHGFを用いた治療法の開発 (JALSA)
青木正志, 割田 仁, 糸山泰人
JALSA   78 22-25   2009年
遺伝子治療と再生医療 肝細胞増殖因子を用いた筋萎縮性側索硬化症に対する治療法の開発 (神経治療学)
青木正志, 割田 仁, 水野秀紀, 石垣あや, 鈴木直輝, 糸山泰人
神経治療学   26(6) 725-729   2009年   [依頼有り]
筋萎縮性側索硬化症(ALS)に対する神経再生誘導の試み (再生医療)
青木正志, 割田 仁, 水野秀紀, 糸山泰人
再生医療   7(4) 366-370   2008年   [依頼有り]
ALSの神経再生医療
割田 仁, 水野秀紀, 青木正志, 糸山泰人
Clinical Neuroscience   26(3) 333-336   2008年   [依頼有り]
純粋無動症と進行性核上性麻痺の臨床的相違点について
真邊泰宏, 奈良井 恒, 村上哲郎, 割田 仁, 柏原健一, 阿部康二
Progress in Medicine   21(8) 2005-2009   2001年
【遺伝性神経筋疾患の最新情報】 運動ニューロン疾患 家族性筋萎縮性側索硬化症 (内科)
村上哲郎, 割田 仁, 阿部康二
内科   87(4) 689-692   2001年   [依頼有り]
【神経難病の現状と対策】 筋萎縮性側索硬化症 (BIO Clinica)
村上哲郎, 割田 仁, 阿部康二
BIO Clinica   15(12) 917-921   2000年   [依頼有り]
CADASILの2家系
村上哲郎, 岩槻 香, 割田 仁, 林 健, 真邊泰宏, 阿部康二
Dementia Japan   14(2) 202-202   2000年
【ゲノム時代の脳神経医学】 分子遺伝学 筋萎縮性側索硬化症 変異SOD1のもたらす運動ニューロン死 (Molecular Medicine)
割田 仁, 阿部康二
Molecular Medicine   37(臨増 ゲノム時代の脳神経医学) 45-51   2000年   [依頼有り]
神経疾患-state of arts 神経疾患理解のための病態生理 神経細胞とアポトーシス (医学のあゆみ)
割田 仁, 阿部康二
医学のあゆみ   別冊(神経疾患 state of arts Ver.1) 93-96   1999年   [依頼有り]
【中枢神経感染症のトピックスと最新治療】 神経梅毒のトピックス (Modern Physician)
割田 仁, 阿部康二
Modern Physician   19(11) 1421-1424   1999年   [依頼有り]
運動ニューロン死とアポトーシス (神経化学)
割田 仁, 阿部康二
神経化学   38(3) 223-223   1999年   [依頼有り]
ALSの分子遺伝学 (BIO Clinica)
阿部康二, 割田仁
BIO Clinica   14(7) 651-655   1999年
神経症候群II 変性疾患 運動ニューロン疾患 若年性ALS (日本臨床)
割田 仁, 阿部康二
日本臨床   別冊(神経症候群II) 323-325   1999年   [依頼有り]
【Triplet Repeat病 動的突然変異の分子病態と臨床】 (CAG)n型-ハンチントン病(Huntington's disease;HD) Huntington病の臨床分子遺伝学 (日本臨床)
割田 仁, 城 洋志彦, 柏原健一, 阿部康二
日本臨床   57(4) 896-899   1999年   [依頼有り]
ALSの成因と治療 遺伝性ALSの病因と治療の試み (臨床神経学)
阿部康二, 割田 仁
臨床神経学   39(1) 68-69   1999年
精神神経疾患の遺伝と分子生物学 脳血管障害 (最新精神医学)
割田 仁, 阿部康二
最新精神医学   2(5) 447-456   1997年

書籍等出版物

 
ポケット版神経内科検査・処置マニュアル
割田 仁 (担当:共著, 範囲:遺伝子バンク登録法と遺伝子診断)
新興医学出版社   2016年4月   
【神経症候群(第2版)-その他の神経疾患を含めて-】
鈴木直輝,加藤昌昭,割田 仁,青木正志 (担当:分担執筆, 範囲:変性疾患 運動ニューロン疾患 筋萎縮性側索硬化症 遺伝性ALS ALS6(FUS/TLS:fused in sarcoma/translocated in liposarcoma))
日本臨牀社   2014年3月   
アクチュアル脳・神経疾患の臨床 小脳と運動失調 そのとき小脳はなにをしているのか
割田 仁, 青木正志 (担当:分担執筆, 範囲:皮質性小脳萎縮症)
中山書店   2013年3月   
筋萎縮性側索硬化症診療ガイドライン2013
「筋萎縮性側索硬化症診療ガイドライン」作成委員会
南江堂   2013年   
完全版マウス・ラット疾患モデル活用ハンドブック
羊土社   2011年   

講演・口頭発表等

 
筋萎縮性側索硬化症ラットモデル脊髄における内在性再生機転
割田 仁,四條友望,池田謙輔,小野洋也,秋山徹也,光澤志緒,西山亜由美,井泉瑠美子,鈴木直輝,青木正志
第16回日本再生医療学会   2017年3月7日   
筋萎縮性側索硬化症モデルラットにおけるコンドロイチン硫酸プロテオグリカン受容体の異所性発現
四條友望,割田 仁,鈴木直輝,池田謙輔,秋山徹也,小野洋也,光澤志緒,西山亜由美,井泉瑠美子,青木正志
第16回日本再生医療学会   2017年3月7日   
Establishment of in vitro FUS-associated familial amyotrophic lateral sclerosis model using human induced pluripotent stem cells
Ichiyanagi N, Fujimori K, Yano M, Fujisaki C, Sone T, Akiyama T, Okada Y, Akamatsu W, Matsumoto T, Ishikawa M, Nishimoto Y, Ishihara Y, Sakuma T, Yamamoto T, Tsuji H, Suzuki N, Warita H, Aoki M, Okano H
ISSCR 2016 Annual Meeting   2016年6月22日   
コルチコトロピン放出ホルモン受容体 1,2 遺伝子における一塩基多型と過敏性腸症候群との関連
小室葉月,佐藤菜保子,佐々木彩加,鈴木直輝,鹿野理子,田中由佳里,山口由美,金澤 素,割田 仁,青木正志,福土 審
第57回日本心身医学会総会・学術講演会   2016年6月5日   
Isolated inclusion body myopathy caused by a multisystem proteinopathy-linked hnRNPA1 mutation
井泉瑠美子,割田 仁,新堀哲也,高橋俊明,竪山真規,鈴木直輝,西山亜由美,城田松之,舟山 亮,中山啓子,三橋里美,西野一三,青木洋子,青木正志
第57回日本神経学会学術大会   2016年5月18日   
Involvement of endogenous neural precursors in spinal cord of a rat model of ALS
割田 仁,四條友望,池田謙輔,小野洋也,秋山徹也,光澤志緒,西山亜由美,井泉瑠美子,鈴木直輝,青木正志
第57回日本神経学会学術大会   2016年5月18日   
Isolated inclusion body myopathy caused by a multisystem proteinopathy–linked hnRNPA1 mutation
Izumi R, Warita H, Niihori T, Takahashi T, Tateyama M, Suzuki N, Nishiyama A, Shirota M, Funayama R, Nakayama K, Mitsuhashi S, Nishino I, Aoki Y, Aoki M
The 13th International Congress of Human Genetics   2016年4月3日   
慢性NK細胞増多症による多発根神経炎の一例
川田健太,西山修平,黒田 宙,割田 仁,竪山真規,青木正志
第97回日本神経学会東北地方会   2016年3月5日   
葉酸欠乏症の関与が疑われた脊髄長大病変の一例
原田龍平,渡辺源也,高井良樹,黒田 宙,割田 仁,青木正志
第97回日本神経学会東北地方会   2016年3月5日   
リルゾールによる薬剤性間質性肺炎をきたした筋萎縮性側索硬化症
渋井 彩,高井良樹,小林潤平,黒田 宙,鈴木直輝,割田 仁,青木正志
第33回日本神経治療学会総会   2015年11月26日   
ALSの新しい治療 ― ラジカット®の 適正使用 ― [招待有り]
割田 仁
宮城県神経難病医療連携の会   2015年9月2日   
東北大学神経内科におけるALS診療
割田 仁
山陽神経難病ネットワーク 第1回患者・家族のつどい   2015年6月5日   
Comprehensive targeted resequencing analysis in Japanese ALS patients
西山亜由美,加藤昌昭,新堀哲也,鈴木直輝,割田 仁,井泉瑠美子,青木洋子,青木正志
第56回日本神経学会学術大会   2015年5月20日   
Genotype-phenotype correlation with FUS/TLS-linked familial ALS cases in Japan
秋山徹也,鈴木直輝,割田 仁,加藤昌昭,西山亜由美,井泉瑠美子,池田謙輔,小野洋也,四條友望,青木正志
第56回日本神経学会学術大会   2015年5月20日   
疾患由来iPS細胞を用いた家族性筋萎縮性側索硬化症の病態解析
一柳直希,藤崎央子,矢野真人,岡田洋平,赤松和土,割田 仁,青木正志,岡野栄之
第14回日本再生医療学会総会   2015年3月19日   
運動ニューロン変性モデルラット脊髄微小血管のペリサイト新生
割田 仁,四條友望,池田謙輔,小野洋也,秋山徹也,鈴木直輝,加藤昌昭,青木正志
第14回日本再生医療学会総会   2015年3月19日   
成体ラット運動ニューロン変性モデル脊髄における潜在的再生能
割田 仁,四條友望,池田謙輔,小野洋也,加藤昌昭,鈴木直輝,船越 洋,青木正志
第37回日本神経科学学会大会 Neuroscience 2014   2014年9月11日   
【ALS治療法開発への神経科学の挑戦】肝細胞増殖因子(HGF)による筋萎縮性側索硬化症の新規治療法開発
青木正志,割田 仁,加藤昌昭,鈴木直輝,中村雅也,岡野栄之,船越 洋
第37回日本神経科学学会大会 Neuroscience 2014   2014年9月11日   
ALSに対するHGF創薬研究
割田 仁
第5回ALSフォーラム   2014年8月12日   
Symposium 28: 開発中の神経疾患治療薬と日本の貢献 大学発の創薬開発
青木正志,割田 仁,加藤昌昭
第55回日本神経学会学術大会   2014年5月23日   
FUS/TLS遺伝子変異型とALS表現形の関連について
加藤昌昭,割田 仁,井泉瑠美子,西山亜由美,青木 正志
第55回日本神経学会学術大会   2014年5月22日   
筋萎縮性側索硬化症モデル成体脊髄における潜在的neurogenic niche
割田 仁,水野秀紀,加藤昌昭,井泉瑠美子,西山亜由美,鈴木直輝,船越 洋,糸山泰人,青木正志
第55回日本神経学会学術大会   2014年5月22日   
当院におけるALS診療の試み
割田 仁
第3回宮城神経変性疾患研究会   2014年1月15日   
骨格筋特異的プロテアソーム機能不全は筋成長不全ならびに異常タンパク質の蓄積を引き起こす
北嶋康雄,鈴木直輝, 田代善崇, 割田 仁, 加藤昌昭, 竪山真規, 安藤里紗, 井泉瑠美子, 山崎真弥, 阿部 学, 崎村建司, 伊東秀文, 漆谷 真, 永富良一, 高橋良輔, 青木正志
第36回日本分子生物学会年会   2013年12月3日   
SOD1関連ALSにおける新生グリア細胞 [招待有り]
割田 仁
第18回グリア研究会 ミニシンポジウム   2013年10月26日   
ヒト子宮内膜癌におけるCRH発現と予後の関連
佐藤菜保子,高木清司,鈴木 貴,三木康宏,割田 仁,福土 審,佐藤冨美子,八重樫伸生,伊藤 潔
第51回日本癌治療学会学術集会   2013年10月24日   
免疫グロブリン大量療法が奏効した両側腕神経叢炎の1例
西山亜由美,菅野直人,割田 仁,竪山真規,青木正志
第24回日本末梢神経学会学術集会   2013年8月23日   
変異SOD1によるラット神経変性モデル脊髄における微小血管壁細胞
割田 仁,水野秀紀,加藤昌昭,鈴木直輝,青木正志
第36回日本神経科学大会,Neuro2013   2013年6月20日   
東北大学における家族性ALS遺伝子検査の検討
加藤昌昭,割田 仁,井泉瑠美子,島倉奈緒子,安藤里紗,鈴木直輝,青木正志
第54回日本神経学会学術大会   2013年5月29日   
Myofibrillar myopathyの大家系での次世代シークエンサーを用いた原因遺伝子の同定
井泉瑠美子,新堀哲也,青木洋子,鈴木直輝,加藤昌昭,割田 仁,高橋俊明,竪山真規,長嶋剛史,舟山 亮,中山啓子,松原洋一,青木正志
第54回日本神経学会学術大会   2013年5月29日   
筋萎縮性側索硬化症モデルラット微小血管の壁細胞を標的とした運動ニューロン保護
割田 仁,水野秀紀,加藤昌昭,鈴木直輝,青木正志
第54回日本神経学会学術大会   2013年5月29日   
ラット運動ニューロン変性モデル脊髄微小血管を標的とした神経保護
割田 仁,水野秀紀,加藤昌昭,鈴木直輝,糸山泰人,青木正志
第12回日本再生医療学会総会   2013年3月21日   
自律神経障害を伴ったFacial onset sensory and motor neuronopathy症候群の1例
黒澤和大,菅野直人,割田 仁,竪山真規,青木正志
第91回日本神経学会東北地方会   2013年3月16日   
骨格筋特異的プロテアソーム機能不全は筋萎縮ならびに異常タンパク質の蓄積を引き起こす
北嶋康雄,鈴木直輝,田代善崇,割田 仁,加藤昌昭,竪山真規,安藤里紗,井泉瑠美子,山崎真弥,阿部 学,崎村建司,伊東秀文,漆谷 真,永富良一,高橋良輔,青木正志
第35回日本分子生物学会   2012年12月11日   
運動ニューロン疾患モデル脊髄における増殖性グリア細胞の形質変化
割田 仁,水野秀紀,加藤昌昭,鈴木直輝,青木正志
第35回日本神経科学大会   2012年9月18日   
Phenotypically transformed glial cells accumulate in adult spinal cords of transgenic rats with motor neuron degeneration.
Warita H, Mizuno H, Suzuki N, Itoyama Y, Aoki M
10th Annual Meeting of the International Society for Stem Cell Research   2012年6月13日   
日本人家族性ALSにおける遺伝子変異と臨床型の検討
加藤昌昭,割田 仁,鈴木直輝,島倉奈緒子,青木正志
第53回日本神経学会学術大会   2012年5月22日   
筋萎縮性側索硬化症モデルラット新生グリア細胞が形成する脊髄微小環境
割田 仁,加藤昌昭,鈴木直輝,水野秀紀,青木正志
第53回日本神経学会学術大会   2012年5月22日   
アカデミア発の創薬: ALSに対するHGF [招待有り]
割田 仁
第53回日本神経学会学術大会   2012年5月22日   
神経伝導検査にて異常所見を認め診断に苦慮した運動ニューロン病の臨床的特徴
田野大人,黒田 宙,菊池昭夫,菅野直人,竪山真規,加藤昌昭,割田 仁,青木正志
第89回日本神経学会東北地方会   2012年3月3日   
Progressive accumulation of nerve/glial antigen 2 proteoglycan in the spinal cord with mutant SOD1-induced neurodegeneration in rats.
Warita H, Mizuno H, Suzuki N, Itoyama Y, Aoki M
22nd International Symposium on ALS/MND   2011年11月30日   
日本人家族性ALSにおける遺伝子変異と臨床系,病理に関する検討
島倉奈緒子,鈴木直輝,加藤昌昭,割田 仁,水野秀紀,今野秀彦,加藤信介,糸山泰人,青木正志
日本人類遺伝学会第56回大会   2011年11月9日   
Adult Skeletal Myogenesis in a Rat Model of Amyotrophic Lateral Sclerosis
Warita H, Mizuno H, Suzuki N, Itoyama Y, Aoki M
9th Annual Meeting of the International Society for Stem Cell Research   2011年6月15日   
poloxamer188の長期持続投与によるSJLマウスの筋萎縮の抑制
第52回日本神経学会学術大会   2011年   
FUS/TLS遺伝子異常に伴う日本人家族性ALSにおける遺伝子変異と臨床型,病理に関する検討
第52回日本神経学会学術大会   2011年   
筋萎縮性側索硬化症モデルラットにおける骨格筋再生
第52回日本神経学会学術大会   2011年   
筋萎縮性側索硬化症モデルラットの慢性進行性脱神経筋における再生反応
第10回日本再生医療学会総会   2011年   
封入体筋炎の病態と頻度 [招待有り]
鈴木直輝,竪山真規,割田 仁,井泉瑠美子,西野一三,青木正志
第52回日本神経学会学術大会   2011年5月18日   
ALSモデルラットにおける顔面神経引き抜き損傷後の運動ニューロン脆弱性に関与するミクログリアの機能の解析
第15回グリア研究会   2010年   
Myogenesis in skeletal muscles with slowly progressive denervation in a rat model of amyotrophic lateral sclerosis
Warita H, Aoki M, Mizuno H, Suzuki N, Itoyama Y
15th International Congress of the World Muscle Society   2010年10月12日   
Prevalence of inclusion body myositis (IBM) in Japanese population
uzuki N, Aoki M, Tateyama M, Izumi R, Warita H, Itoyama Y, Mori M, Kusaka H, Higuchi I, Kondo T, Uchino M, Kaji R, Nishino I.
15th International Congress of the World Muscle Society   2010年10月12日   
Involvement of phagocytic microglia in increased vulnerability of motoneurons after facial nerve avulsion in presymptomatic ALS model rats
Sanagi T, Ohsawa K, Nakamura Y, Suzuki E, Aoki M, Warita H, Itoyama Y, Uchino S, Kohsaka S
第29回内藤コンファレンス:グリアワールドから見た脳   2010年10月6日   
神経変性疾患におけるミクログリアの動態変化(Dynamic behavior of micoglia in neurodegenerative diseases) [招待有り]
大澤圭子,佐柳友規,中村泰子,鈴木恵里,青木正志,割田 仁,糸山泰人,内野茂夫,高坂新一
Neuro2010(第33回日本神経科学大会, 第53回日本神経化学会大会, 第20回日本神経回路学会大会)   2010年   
FALS with FUS mutation in Japan with early onset, rapid progress and basophilic inclusion
Aoki M, Suzuki N, Warita H, Kato M, Mizuno H, Shimakura N, Akiyama T, Furuya H, Hokonohara T, Iwaki A, Togashi S, Konno H, Itoyama Y
12th International Congress on Neuromuscular Diseases   2010年7月17日   
Prevalence of inclusion body myositis (IBM) in Japanese population
Suzuki N, Aoki M, Tateyama M, Izumi R, Akiyama T, Warita H, Itoyama Y, Mori M, Kusaka H, Higuchi I, Kondo T, Uchino M, Kaji R, Nishino I
12th International Congress on Neuromuscular Diseases   2010年7月17日   
Angiogenesis in the spinal cord of transgenic rats with motor neuron degeneration
Warita H, Aoki M, Mizuno H, Suzuki N, Itoyama Y
12th International Congress on Neuromuscular Diseases   2010年7月17日   
筋萎縮性側索硬化症モデルラット脊髄における微小血管新生
第9回日本再生医療学会総会   2010年   
Appearance of phagocytic microglia adjacent to motoneurons in the spinal cord of presymptomatic ALS model rats
第32回日本分子生物学会年会   2009年   
Endothelial proliferation in the spinal cord microvasculature of ALS transgenic rats
Warita H, Aoki M, Mizuno H, Itoyama Y
20th International Symposium on ALS/MND   2009年12月8日   
若年発症・急速進行・好塩基性封入体を特徴としFUS/TLSに変異を持つ日本人家族性筋萎縮性側索硬化症の3家系
日本人類遺伝学会第54回大会   2009年   
ALSモデルラットにおける顔面神経損傷後のミクログリアの挙動の解析
第32回日本神経科学大会   2009年   
運動ニューロン変性を示すラットモデル脊髄における微小血管新生
第32回日本神経科学大会   2009年   
Dislocation of neuronal nitric oxide synthase contributes to muscle atrophy in amyotrophic lateral sclerosis
Suzuki N, Aoki M, Warita H, Takeda S, Itoyama Y
14th International Congress of the World Muscle Society   2009年9月9日   
ALS治療法開発の将来: 神経栄養因子によるALSの治療戦略
第50回日本神経学会総会   2009年   
筋萎縮性側索硬化症マウスに対する一酸化窒素合成酵素阻害剤による治療の検討
第50回日本神経学会総会   2009年   
ALSモデルラット脊髄活性化アストロサイトにおける再生阻害因子発現
第50回日本神経学会総会   2009年   
逐次的な再生誘導因子投与によるALSモデルラット脊髄の内在性再生機転促進
第50回日本神経学会総会   2009年   
Effects of Edaravone, a free radical scavenger approved in Japan for indications of acute ischemic stroke, in a transgenic rat model of amyotrophic lateral sclerosis
Aoki M, Warita H, Mizuno H, Yuki S, Takahashi I, Itoyama Y
19th International Symposium on ALS/MND   2008年11月3日   
Digestion of the extracellular chondroitin sulfate promotes an intrinsic regenerative process in the spinal cord of ALS transgenic rats
Warita H, Mizuno H, Aoki M, Itoyama Y
19th International Symposium on ALS/MND   2008年11月3日   
筋萎縮性側索硬化症モデルマウスを用いた一酸化窒素合成酵素阻害剤による治療研究
第3回筋ジストロフィー治療研究合同発表会   2008年   
筋萎縮性側索硬化症に対する肝細胞増殖因子を用いた新規治療法の開発
第26回日本神経治療学会総会   2008年   
SOD1遺伝子変異とALS [招待有り]
第49回日本神経学会総会   2008年   
ALSモデルラットにおけるプロテオグリカン・コア蛋白分子種による発現の差異
第49回日本神経学会総会   2008年   
内因性肝細胞増殖因子(HGF)によるALSラット脊髄再生阻害因子発現の抑制
第49回日本神経学会総会   2008年   
ALSモデルラット脊髄における血管内皮細胞新生
第49回日本神経学会総会   2008年   
筋萎縮性側索硬化症(ALS)に対する神経再生誘導の試み [招待有り]
第7回日本再生医療学会総会   2008年   
筋萎縮性側索硬化症モデルラット脊髄におけるコンドロイチン硫酸プロテオグリカンの進行性沈着
第7回日本再生医療学会総会   2008年   
筋萎縮性側索硬化症モデルラット脊髄における再生阻害因子の発現変動とその抑制効果
第7回日本再生医療学会総会   2008年   
筋萎縮性側索硬化症(ALS)モデルラットにおけるコンドロイチン硫酸分解の効果
第12回グリア研究会   2007年   
髄腔内成長因子投与による変異SOD1遺伝子導入ラットNG2陽性神経前駆細胞の活性化
Neuro2007 〔第30回日本神経科学大会・第50回日本神経化学会大会・第17回日本神経回路学会大会合同学会〕   2007年   
筋萎縮性側索硬化症(ALS)脊髄運動ニューロン障害に対する温存的神経再生療法の開発 [招待有り]
第83回千里神経懇話会   2007年   
ステロイドパルス療法により急激な症状増悪を呈した脊髄動静脈瘻の一例
第25回日本神経治療学会総会   2007年   
ALSモデルラット脊髄におけるコンドロイチン硫酸プロテオグリカンの変化
第48回日本神経学会総会   2007年   
ALSモデルラット脊髄変性における内因性HGF/c-Met機構の意義
第48回日本神経学会総会   2007年   
ALSモデルラット髄腔内へのコンドロイチン分解酵素持続投与
第48回日本神経学会総会   2007年   
群発頭痛様症状で発症した両側外眼筋炎の1例
第181回日本内科学会東北地方会   2007年   
Intrathecal delivery of hepatocyte growth factor at the onset of paralysis slows disease progression in a rat model of ALS [招待有り]
Aoki M, Ishigaki A, Nagai M, Warita H, Kato S, Kato M, Nakamura T, Funakoshi H, Itoyama Y
17th International Symposium on ALS/MND   2006年11月27日   
Intrathecal infusion of anti-hepatocyte growth factor antibody exacerbates disease progression in a rat model of ALS
Warita H, Aoki M, Nagai M, Ishigaki A, Mizuno H, Funakoshi, Itoyama Y
17th International Symposium on ALS/MND   2006年11月27日   
変異SOD1トランスジェニックラットの脊髄運動ニューロンのGolgi装置の形態変化
第47回日本神経学会総会   2006年   
東北地方の16q-ADCAの頻度および臨床型
第47回日本神経学会総会   2006年   
ALSモデルラット脊髄における再生阻害因子の発現
第47回日本神経学会総会   2006年   
抗HGF抗体の髄腔内投与によるALSラット病態進行の促進
第47回日本神経学会総会   2006年   
発症後のALSモデルラットにおける再生誘導因子の髄腔内複合投与
第47回日本神経学会総会   2006年   
肝細胞増殖因子(HGF)髄腔内投与によるALSラット脊髄グリア細胞増殖抑制
第10回グリア研究会   2005年   
Neutrophilic meningitisを呈した成人発症Still病が疑われた一例
第77回日本神経学会東北地方会   2005年   
e-Zisを用いたSPECT解析が診断に有用であったCBDの一例
第77回日本神経学会東北地方会   2005年   
ALSトランスジェニックラットへのZ-VAD-fmk髄腔内投与時のグリア系細胞の病態解析
第46回日本神経学会総会   2005年   
ALSラットに対する肝細胞増殖因子髄腔内投与による病態進行抑制の機序
第46回日本神経学会総会   2005年   
外来性再生誘導因子投与によるALSモデルラット脊髄神経前駆細胞賦活の試み
第46回日本神経学会総会   2005年   
ALSラットモデル脊髄におけるグリア系前駆細胞の増殖
第9回グリア研究会   2004年   

委員歴

 
2011年8月
 - 
2013年8月
日本神経学会  ALS診療ガイドライン作成委員会
 

担当経験のある科目

 
 

Works

 
中枢神経系の温存的神経再生療法の確立に関する開発的研究
2006年 - 2009年
変異Cu/Zn SOD導入マウスにおける運動ニューロン死のメカニズム
1999年 - 2000年

競争的資金等の研究課題

 
生体内分化誘導によるALS神経再生戦略の開発
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 割田 仁
RNA顆粒生成・分解に注目した多系統蛋白質症における神経-筋共通病態の解明
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 青木正志
筋収縮培養系と次世代シークエンサーを駆使した封入体筋炎の分子病態の解明
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2016年4月 - 2018年3月    代表者: 青木正志
封入体筋炎における疾患感受性遺伝子の探索および in vitro疾患モデルの確立
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2014年4月 - 2016年3月    代表者: 青木正志
FUS遺伝子変異によるALS運動ニューロンRNA病態の解明
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 青木正志
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月    代表者: 割田 仁
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2008年 - 2009年    代表者: 割田 仁
運動ニューロンの進行性変性を特徴とする筋萎縮性側索硬化症(ALS)モデル動物の病変部位における微小血管新生に注目した。ALSモデル動物の脊髄前角では運動ニューロン変性とともに微小血管新生の有意な亢進が生じていた。発症後の早期より血管新生促進因子を投与すると微小血管新生が促進され、運動ニューロン保護、グリオーシス抑制が明らかとなった。本研究により、運動ニューロン周囲の微小血管系がALS病態において重要な治療標的となる可能性が示唆された。
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2006年 - 2007年    代表者: 割田 仁
筋萎縮性側索硬化症(ALS)は、系統的な運動ニューロン変性によって進行性の筋力低下と筋萎縮を生じる致死的な神経変性疾患である。予後不良にもかかわらず有効な治療法が確立されていないことから新規治療法開発が希求されている。そのような中で本研究は、将来的な神経再生による治療法開発をにらみ、運動ニューロン変性によって誘導されてくるニューロン新生についてラットの変異SOD1遺伝子導入ALSモデル(ALSラット)を用いて検索した。昨年度の成果をもとに、ALSラット脊髄における新生細胞をBrdUの持続投...

受賞

 
2017年3月
東北大学大学院医学系研究科 平成28年度「医学系研究科教育貢献賞」 大学院生向け教育プログラムの開発および実践
 
1999年
公益信託「生命の彩」ALS研究助成基金
 

その他

 
2015年12月   総合内科専門医
日本内科学会
2005年4月   認定内科医
日本内科学会
1999年7月   神経内科専門医
日本神経学会