太田 航

J-GLOBALへ         更新日: 16/11/09 21:53
 
アバター
研究者氏名
太田 航
 
オオタ ワタル
URL
https://www.researchgate.net/profile/Wataru_Ota
所属
名古屋大学
部署
大学院生命農学研究科 応用分子生命科学専攻 応用遺伝・生理学講座 動物機能制御学研究分野
職名
研究員(技術補佐員)
学位
農学修士(名古屋大学), 農学学士(名古屋大学)

プロフィール

〒464-8601
愛知県名古屋市千種区不老町
名古屋大学大学院生命農学研究科
動物機能制御学研究分野
Tel: 052-789-4065  Fax: 052-789-4056

研究室 Website
https://www.agr.nagoya-u.ac.jp/~aphysiol/index.htm

研究分野

 
 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
名古屋大学 大学院生命農学研究科 研究員(技術補佐員)
 
2014年4月
 - 
2016年3月
日本学術振興会 特別研究員 (DC2)
 

学歴

 
2013年4月
 - 
2016年3月
名古屋大学 大学院生命農学研究科(博士課程後期課程) 応用分子生命科学専攻 応用遺伝・生理学講座 動物機能制御学研究分野 (吉村 崇 教授)
 
2011年4月
 - 
2013年3月
名古屋大学 大学院生命農学研究科(博士課程前期課程) 応用分子生命科学専攻 応用遺伝・生理学講座 動物機能制御学研究分野 (吉村 崇 教授)
 
2007年4月
 - 
2011年3月
名古屋大学 農学部 資源生物科学科
 

受賞

 
2015年11月
日本時間生物学会 日本時間生物学会優秀ポスター賞 マウスにおける環境温度依存的ネガティブマスキング行動を制御する温度受容体の探索
 
第22回日本時間生物学会学術大会@東京大学
The 22nd Annual Meeting of the Japanese Society for Chronobiology @ The University of Tokyo
2015年8月
European Biological Rhythm Society (EBRS) EBRS Poster Prizes Search for the thermosensors involved in temperature dependent negative masking behavior in mice.
 
2014年1月
名古屋大学博士課程教育リーディングプログラム グリーン自然科学国際教育研究プログラム (IGER) IGER Annual meeting 2013 Poster Award Regulatory mechanisms of temporal niche in vetebrates
 
http://iger.bio.nagoya-u.ac.jp/report_symposium2013_Annualmeeting0108.php
2013年3月
社団法人 日本畜産学会 日本畜産学会 第116回大会 優秀発表賞 新規光受容器「オプシン5」欠損マウスの行動解析
 
http://www.jsas-org.jp/hyousyou/2013/yusyu116.html

論文

 
Ikegami K, Atsumi Y, Yorinaga E, Ono H, Murayama I, Nakane Y, Ota W, Arai N, Tega A, Iigo M, Darras VM, Tsutsui K, Hayashi Y, Yoshida S, Yoshimura T
Endocrinology   156(2) 647-659   2015年2月   [査読有り]
Ikegami K, Liao XH, Hoshino Y, Ono H, Ota W, Ito Y, Nishiwaki-Ohkawa T, Sato C, Kitajima K, Iigo M, Shigeyoshi Y, Yamada M, Murata Y, Refetoff S, Yoshimura T
Cell reports   9(3) 801-810   2014年11月   [査読有り]
太田 航, 吉村 崇
バイオメカニズム学会誌 = Journal of the Society of Biomechanisms   35(4) 251-257   2011年11月
Different photoperiodic responses in four lines of Japanese quail
Yusuke Atsumi,Eriko Yorinaga, Wataru Ota, Takashi Yoshimura
The Journal of Poultry Science   -wataruota   [査読有り]

Misc

 
IKEGAMI Keisuke, LIAO Xiao‐Hui, HOSHINO Yuta, ONO Hiroko, OTA Wataru, ITO Yuka, NISHIWAKI‐OHKAWA Taeko, SATO Chihiro, KITAJIMA Ken, IIGO Masayuki, SHIGEYOSHI Yasufumi, YAMADA Masanobu, MURATA Yoshiharu, REFETOFF Samuel, YOSHIMURA Takashi
時間生物学   20(2) 114   2014年10月
池上啓介, 渥美優介, 小野ひろ子, 村山至, 中根右介, 太田航, 新井菜津美, 手賀明倫, 飯郷雅之, 吉田松生, 吉村崇
日本畜産学会大会講演要旨   115th 120   2012年3月
池上啓介, 渥美優介, 小野ひろ子, 村山至, 中根右介, 太田航, 新井奈津美, 手賀明倫, 飯郷雅之, 吉村崇
時間生物学   17(2) 144   2011年11月
渥美優介, 池上啓介, 小野ひろ子, 村山至, 中根右介, 太田航, 新井菜津美, 手賀明倫, 飯郷雅之, 吉田松生, 吉村崇
J Reprod Dev   57(Suppl Japanese Issue) J103   2011年8月
池上啓介, 渥美優介, 小野ひろ子, 村山至, 中根右介, 太田航, 新井菜津美, 手賀明倫, 飯郷雅之, 吉田松生, 吉村崇
日本家禽学会誌大会号   48 2   2011年3月

講演・口頭発表等

 
Search for the Thermosensors Involved in Temperature Dependent Negative Masking Behavior in Mice
Wataru Ota, Makiko Kashio, Makoto Tominaga, Takashi Yoshimura
The 64th NIBB Conference, Evolution of Seasonal Timers   2016年4月23日   
マウスにおける環境温度依存的ネガティブマスキング行動を制御する温度受容体の探索
太田 航,加塩 麻紀子, 富永 真琴, 吉村 崇
第22回日本時間生物学会学術大会   2015年11月22日   
シンポジウム 5「時間生物学のニューフロンティアを探る」(ポスター登録演題より採択)
マウスにおける環境温度依存的ネガティブマスキング行動を制御する温度受容体の探索
太田 航,加塩 麻紀子, 富永 真琴, 吉村 崇
第22回日本時間生物学会学術大会   2015年11月21日   
ポスター
Search for the thermosensors involved in temperature dependent negative masking behavior in mice.
太田 航
XIV European Biological Rhythms Society (EBRS) and IV World Congress of Chronobiology (WCC) meeting   2015年8月4日   European Biological Rhythms Society
Poster
Search for the thermosensors involved in temperature dependent negative masking behavior in mice.
Wataru Ota, Makiko Kashio, Makoto Tominaga, Takashi Yoshimura
XIV European Biological Rhythms Society (EBRS) and IV World Congress of Chronobiology (WCC) meeting   2015年8月3日   European Biological Rhythms Society
Symposium 3: Temporal Niche (Short Communications)

競争的資金等の研究課題

 
日本学術振興会: 特別研究員奨励費
研究期間: 2014年4月 - 2016年3月    代表者: 太田 航
名古屋大学博士課程教育リーディングプログラム グリーン自然科学国際教育研究プログラム (IGER): 独創的研究
研究期間: 2013年9月 - 2014年3月    代表者: 太田 航

社会貢献活動

 
【コメンテーター, 司会, 運営参加・支援】  名古屋大学 産学官連携推進本部 あいちサイエンスフェスティバル事務局  さかえサイエンストーク 「ハエから学ぶ“愛の歌”を感じるしくみ」  2013年10月18日