呉羽 真

J-GLOBALへ         更新日: 17/08/23 01:30
 
アバター
研究者氏名
呉羽 真
 
クレハ マコト
eメール
kureha.makoto.7rkyoto-u.ac.jp
所属
京都大学
部署
宇宙総合学研究ユニット
職名
特定研究員
学位
博士(文学)(京都大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
京都大学 学際融合教育研究推進センター 学融合フェロー
 
2015年4月
 - 
現在
京都大学 宇宙総合学研究ユニット 特定研究員
 
2012年4月
 - 
2015年3月
日本学術振興会 特別研究員PD(立教大学)
 
2011年4月
 - 
2012年3月
京都大学大学院 文学研究科 非常勤講師
 
2010年4月
 - 
2012年3月
日本学術振興会 特別研究員DC(京都大学)
 

学歴

 
2008年4月
 - 
2011年3月
京都大学大学院 文学研究科 博士後期課程
 
2006年4月
 - 
2008年3月
京都大学大学院 文学研究科 修士課程
 
2002年4月
 - 
2006年3月
京都大学 文学部 
 

論文

 
人類絶滅のリスクと宇宙進出――宇宙倫理学序説
呉羽 真
現代思想   45(14) 226-237   2017年6月   [招待有り]
相互作用としての経験――エナクティヴィズムからデューイへ
呉羽 真
現象学年報   (32) 13-22   2016年11月   [招待有り]
The unbounded and social mind: Dewey on the locus of mind
呉羽 真
Essays in Philosophy   17(2) 125-155   2016年7月   [査読有り]
ジェイムズの意識論とその現代的意義
呉羽 真
現象学年報   (31) 145-154   2015年11月   [査読有り]
エナクティヴィズムと意識のありか――〈拡張した意識〉への反論
呉羽 真
哲學研究   (598) 42-62   2014年10月   [査読有り]

Misc

 
宇宙倫理学の現状と展望
呉羽真・伊勢田哲治・磯部洋明・稲葉振一郎・岡本慎平・神崎宣次・清水雄也・水谷雅彦・吉沢文武
宇宙航空研究開発機構特別資料 JAXA-SP-15-017『人文・社会科学研究活動報告集 2015年までの歩みとこれから』   37-61   2016年3月   [依頼有り]
犬の飼い方について――〈動物の生の意味〉の観点から
呉羽 真
αシノドス   (164)    2015年1月   [依頼有り]
書評:M. Rowlands, Animal Rights: Moral Theory and Practice (Second Edition)
呉羽 真
Prospectus   (14) 101-107   2011年12月

書籍等出版物

 
生まれながらのサイボーグ
アンディ・クラーク (担当:共訳, 範囲:序論・第1章・第2章・第4章・訳者解説)
春秋社   2015年7月   
人工知能学大事典
呉羽 真 (担当:分担執筆, 範囲:項目「反表象主義」)
共立出版   2017年7月   

講演・口頭発表等

 
アストロバイオ構成主義――エイリアン科学と科学のエイリアネーション
久木田 水生・呉羽 真・西尾 香苗・戸田山 和久
宇宙倫理学研究会特別ワークショップ「地球外知性体とのコンタクト――科学哲学、言語哲学、人工知能から考える」   2017年8月19日   
宇宙探査を巡る政策的問題に対する政治哲学からの貢献
呉羽 真
JpGU-AGU Joint Meeting 2017   2017年5月21日   
デューイの経験の理論の可能性 [招待有り]
呉羽 真
ワークショップ「知覚の比較哲学」   2017年3月4日   
地球外科学文明を想像する――アストロバイオ構成主義
呉羽 真, 久木田 水生, 西尾 香苗
第10回宇宙ユニットシンポジウム「宇宙にひろがる人類文明の未来2017」   2017年2月11日   
宇宙倫理学と宇宙人類学
呉羽 真
京都大学地球惑星科学連合ミニ講義   2016年5月23日   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
人類の宇宙進出に伴う宇宙倫理学確立のための基礎研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 神崎 宣次
将来の宇宙開発に関する道徳的・社会的諸問題の総合的研究
京都大学: 融合チーム研究プログラムSPIRITS(学際型)
研究期間: 2016年4月 - 2018年3月    代表者: 呉羽 真
信頼研究の学際化 〜応用哲学的アプローチによる異分野間の方法論の統合〜
サントリー文化財団: 人文科学、社会科学に関する学際的グループ研究助成
研究期間: 2015年8月 - 2016年7月    代表者: 小山 虎
発生論的観点に基づく状況的認知理論の再構築
日本学術振興会: 科学研究費補助金(特別研究員奨励費)
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 呉羽 真
環境へ〈拡張された認知システム〉の研究パラダイムの提案
日本学術振興会: 科学研究費補助金(特別研究員奨励費)
研究期間: 2010年4月 - 2012年3月    代表者: 呉羽 真

社会貢献活動

 
【講師】  京都大学大学院文学研究科 応用哲学・倫理学教育研究センター/探Q複数の視点で考えるカフェ  京都大学大学院文学研究科プロジェクト「京都で学ぶ人文学」哲学カフェ  (紫明会館)  2017年1月22日
地球外知性とのファーストコンタクトが人類に何をもたらすかを学問的に考える
【講師】  京都大学大学院理学研究科附属天文台  京都大学花山天文台一般公開  (京都大学大学院理学研究科附属花山天文台)  2016年11月5日
進撃の巨大科学
【パネリスト】  京都大学  アカデミックデイ2016「お茶を片手に座談会」  (京都大学百周年時計台記念館)  2016年9月17日
【実演】  京都大学  アカデミックデイ2015 「ちゃぶ台囲んで膝詰め対話(サイエンスカフェ)」  (京都大学百周年時計台記念館)  2015年10月4日

その他

 
2012年2月   「若手研究者のための大学教育研修プログラム」修了
京都大学高等教育研究開発推進センター主催「若手研究者のための大学教育研修プログラム」修了(第57号)