上田 潤

J-GLOBALへ         更新日: 17/10/18 20:55
 
アバター
研究者氏名
上田 潤
eメール
junuedaasahikawa-med.ac.jp
URL
http://kaken.nii.ac.jp/ja/r/80450394
所属
旭川医科大学
部署
教育研究推進センター
職名
准教授
学位
博士(生命科学)(京都大学)

プロフィール

哺乳類の発生・分化過程及び発癌過程でのエピジェネティクス及びクロマチンのダイナミックな変化過程に興味を持って研究しています。また、精巣特異的なヒストンバリアントの精子形成過程での機能解析も行なっています。

研究キーワード:エピジェネティクス動態(Epigenetic Dynamics)、クロマチン動態(Chromatin Dynamics)、低酸素(Hypoxia)、幹細胞(特にES細胞とGS細胞)、生殖細胞、癌、ライブセルイメージング、メチローマウス(MethylRO Mouse)、ヒストンバリアント、ゲノム編集

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
旭川医科大学 教育研究推進センター 准教授
 
2017年4月
 - 
現在
中部大学 生命健康科学部 客員准教授
 
2014年10月
 - 
2017年3月
中部大学 実験動物教育研究センター 専任助教
 
2011年1月
 - 
2014年10月
大阪大学 微生物病研究所 生体応答遺伝子解析センター 特任助教
 
2009年5月
 - 
2010年12月
Cancer Science Institute of Singapore, National University of Singapore Lorenz Poellinger Group Research Fellow A
 
2006年7月
 - 
2009年5月
独立行政法人理化学研究所 発生・再生科学総合研究センター 哺乳類生殖細胞研究チーム(斎藤通紀チームリーダー) 研究員
 

論文

 
The normality of sperm in an infertile man with ring chromosome 15: a case report
Kazuyo Nishikawa, Fumiaki Itoi, Miki Nagahara, Mami Jose, Ayumi Matsunaga, Jun Ueda, Takashi Iwamoto
Journal of Assisted Reproduction and Genetics      2017年10月   [査読有り]
ヒストンバリアントとがん
上田潤,大栗敬幸
細胞   49(8) 30-34   2017年7月
Semba Y, Harada A, Maehara K, Oki S, Meno C, Ueda J, Yamagata K, Suzuki A, Onimaru M, Nogami J, Okada S, Akashi K, Ohkawa Y
Nucleic Acids Research      2017年5月   [査読有り]
Yamaguchi L, Nishiyama A, Misaki T, Johmura Y, Ueda J, Arita K, Nagao K, Obuse C, Nakanishi M
Scientific Reports   7(1) 55   2017年3月   [査読有り]
Ueda J, Harada A, Urahama T, Machida S, Maehara K, Hada M, Makino Y, Nogami J, Horikoshi N, Osakabe A, Taguchi H, Tanaka H, Tachiwana H, Yao T, Yamada M, Iwamoto T, Isotani A, Ikawa M, Tachibana T, Okada Y, Kimura H, Ohkawa Y, Kurumizaka H, Yamagata K
Cell Reports   18(3) 593-600   2017年1月   [査読有り]
Extraction of Cell Nuclei using CNN Features
Tsukada Y, Iwahori Y, Funahashi K, Jose M, Ueda J, Iwamoto T
Procedia Computer Science   112 1633-1640   2017年9月   [査読有り]
Sato Y, Kujirai T, Arai R, Asakawa H, Ohtsuki C, Horikoshi N, Yamagata K, Ueda J, Nagase T, Haraguchi T, Hiraoka Y, Kimura A, Kurumizaka H, Kimura H.
Journal of Molecular Biology   428(20) 3885-3902   2016年10月   [査読有り]
エピジェネティクス動態-環境の変化や刺激に応答して変化する細胞記憶-
上田潤
中部大学生命健康科学研究所紀要   12 73-76   2016年3月
Pasteurella pneumotropica感染後の対応について−ソフト酸化水を使用したクリーニング操作の検討−
長原美樹、松永歩、藤田芳顕、上瀬茉美、石坂みゆき、上田潤、岩本隆司
中部大学生命健康科学研究所紀要   12 92-95   2016年3月
ライブセルイメージングを用いた胚の質の定量的評価法と応用
八尾竜馬、上田潤、小林徹也、堀真由子、山縣一夫
Journal of Mammalian Ova Research   32(4) 149-157   2015年10月   [査読有り][招待有り]
生体応答や病変の動的解析をめざしたメチル化DNAレポーターマウス”メチロー”の開発
上田潤、山縣一夫
医学のあゆみ   253(6) 523-524   2015年5月   [招待有り]
DNAメチル化レポーターマウス「メチロー」を用いたメチル化DNAの動態解析法
上田潤、前原一満、大川恭行、山縣一夫
実験医学   33(3) 481-489   2015年2月   [招待有り]
Jolene Caifeng Ho, Jun Ueda, and Takeshi Shimizu
Histology & Histopathology   31 41-50   2016年1月   [査読有り][招待有り]
Ueda J, Ho JC, Lee KL, Kitajima S, Yang H, Sun W, Fukuhara N, Zaiden N, Chan SL, Tachibana M, Shinkai Y, Kato H, Poellinger L
Molecular and Cellular Biology   34(19) 3702-3720   2014年9月   [査読有り]
Ueda J, Maehara K, Mashiko D, Ichinose T, Yao T, Hori M, Sato Y, Kimura H, Ohkawa Y, Yamagata K
Stem Cell Reports   2 910-924   2014年6月   [査読有り]
Sato Y, Mukai M, Ueda J, Muraki M, Stasevich TJ, Horikoshi N, Kujirai T, Kita H, Kimura T, Hira S, Okada Y, Hayashi-Takanaka Y, Obuse C, Kurumizaka H, Kawahara A, Yamagata K, Nozaki N, Kimura H
Scientific Reports   3 2436   2013年8月   [査読有り]
低酸素とエピジェネティクス
上田潤、三村維真理
細胞   45(9) 13-16   2013年7月   [招待有り]
Hasuwa H, Ueda J, Ikawa M, Okabe M
Science   341(6141) 71-73   2013年7月   [査読有り]
Do DV, Ueda J, Messerschmidt DM, Lorthongpanich C, Zhou Y, Feng B, Guo G, Lin PJ, Hossain MZ, Zhang W, Moh A, Wu Q, Robson P, Ng HH, Poellinger L, Knowles BB, Solter D, Fu XY
Genes & Development   27 1378-1390   2013年6月   [査読有り]
Yamagata K, Ueda J
Development, Growth & Differentiation   55(4) 378-389   2013年5月   [査読有り][招待有り]
Yamaji M, Ueda J, Hayashi K, Ohta H, Yabuta Y, Kurimoto K, Nakato R, Yamada Y, Shirahige K, Saitou M
Cell Stem Cell   12 368-382   2013年3月   [査読有り]
Shimizu T, Ueda J, Ho JC, Iwasaki K, Poellinger L, Harada I, Sawada Y
Stem Cells   30(7) 1394-1404   2012年7月   [査読有り]
Yamagata K, Ueda J, Mizutani E, Saitou M, Wakayama T
Developmental Biology   346(1) 90-101   2010年10月   [査読有り]
Epsztejn-Litman S, Feldman N, Abu-Remaileh M, Shufaro Y, Gerson A, Ueda J, Deplus R, Fuks F, Shinkai Y, Cedar H, Bergman Y
Nature Structural & Molecular Biology   15(11) 1176-1183   2008年11月   [査読有り]
Nishida M, Kato M, Kato Y, Sasai N, Ueda J, Tachibana M, Shinkai Y, Yamaguchi M
Genes to Cells   12(7) 877-888   2007年7月   [査読有り]
細胞分化とクロマチン~ヒストンのメチル化修飾がエピジェネティクスに果たす役割~
上田潤、眞貝洋一
蛋白質 核酸 酵素   51 2096-2101   2006年11月   [査読有り]
新規亜鉛フィンガー蛋白質WizのG9a/GLP複合体での役割
上田潤
京都大学      2006年9月   [査読有り]
Ueda J, Tachibana M, Ikura T, Shinkai Y
Journal of Biological Chemistry   281(29) 20120-20128   2006年7月   [査読有り]
Tachibana M, Ueda J, Fukuda M, Takeda N, Ohta T, Iwanari H, Sakihama T, Kodama T, Hamakubo T, Shinkai Y
Genes & Development   19(7) 815-826   2005年4月   [査読有り]
Tachibana M, Sugimoto K, Nozaki M, Ueda J, Ohta T, Ohki M, Fukuda M, Takeda N, Niida H, Kato H, Shinkai Y
Genes & Development   16(14) 1779-1791   2002年7月   [査読有り]

Misc

 
染色体に魅せられて
上田潤
ANTENNA   136 9-9   2017年4月   [依頼有り]
無精子症 関連の遺伝子特定
朝日新聞 (2017年1月18日朝刊・月舘彩子記者)
   2017年1月
男性不妊症(無精子症)の原因の一端を解明:生物界で広く保存されたヒストンの異型種が精子幹細胞の機能に必須であった!
中部大学 プレスリリース
   2017年1月
ここが世界の最先端!第2回 ヒストンバリアント研究会
有村泰宏
33(11) 1829-1832   2015年7月
阪大、 DNAメチル化の変動を可視化できるマウス「メチロー」 を作製
日経バイオテク      2014年6月
「オフ」で光るマウス作製
朝日新聞(2014年6月12日朝刊・科学面)      2014年6月
学会報告(Keystone Symposia “Chromatin Mechanisms and Cell Physiology”)
上田潤
日本エピジェネティクス研究会ニュース   (32)    2014年4月   [依頼有り]
細胞の化学変化 生物体内で観察
日経新聞・朝刊      2014年6月
抗H3K9me2抗体を用いた培養細胞の免疫染色
上田潤
CSTジャパン株式会社      2009年   [依頼有り]

書籍等出版物

 
医歯薬出版株式会社   2015年5月   
ニュー・サイエンス社   2013年7月   
培風館   2010年5月   ISBN:4563078077
米田 悦啓
共立出版   2007年5月   ISBN:4320056558

講演・口頭発表等

 
精巣特異的ヒストンH3バリアントH3tの精子形成過程での役割解明に向けて
上田 潤
基礎生物学研究所 部門公開セミナー   2017年10月5日   
Extraction of Cell Nuclei using CNN Features
Tsukada Y, Iwahori Y, Funahashi K, Jose M, Ueda J, Iwamoto T
21st International Conference on Knowledge-Based and Intelligent Information & Engineering Systems   2017年9月   
Testis-Specific Histone Variant H3t Gene is Essential for Entry into Spermatogenesis. [招待有り]
Jun Ueda
Society for the Study of Reproduction 2017 Annual Meeting   2017年7月16日   
精巣特異的ヒストンH3バリアントH3tの精子形成過程での役割解明~ゲノム編集による動物作出と解析~
上田潤
旭医若者・研究者の会第9回交流会   2017年5月11日   
遺伝子組換えマウスを用いた,発生・分化過程でのエピジェネティクス・クロマチン動態解析 [招待有り]
上田潤
名古屋市立大学大学院 医学研究科セミナー   2016年7月19日   
腫瘍形成過程、発生過程でのエピジェネティクス・クロマチン動態解析
上田潤
浜松医科大学 分子生物学講座主催 講演会   2016年2月22日   
Mouse Testis Specific Histone H3 Variant, H3mmT Is Essential for Spermatogenesis and Ensures the Entry into Meiosis
上田潤
International Symposium on Chromatin Structure, Dynamics, and Function   2015年8月25日   
常夏の国シンガポールでの短すぎた人生の夏休み [招待有り]
上田潤
新学術領域研究「クロマチン動構造」若手の会 第三回ワークショップ、クロマチン研究最前線~海外での研究生活で学んだことを活かして~   2015年7月29日   
腫瘍形成過程、発生過程でのエピジェネティクス・クロマチン動態解析
上田潤
金沢大学 ゲノム機能解析分野サイエンスセミナー(第28回生命工学トレーニングコース)   2015年7月17日   
腫瘍形成過程、発生過程でのエピジェネティクス動態解析 [招待有り]
上田潤
第3回がんと代謝研究会   2015年7月17日   
DNAメチル化レポーターマウス「メチロー」を用いたメチル化DNAの動態解析
上田潤
中部大学 応用生物学部 研究・教育交流会 第24回 O-say Open Seminar   2015年5月18日   
腫瘍形成過程、発生・分化過程でのエピジェネティクス動態解析 [招待有り]
上田潤
第14回日本再生医療学会総会   2015年3月21日   
マウス精巣特異的ヒストンH3バリアントH3mmTの精子形成過程での役割解明 [招待有り]
上田潤
第2回ヒストンバリアント研究会   2015年2月28日   
The hypoxia-inducible epigenetic regulators Jmjd1a and G9a provide a mechanistic link between angiogenesis and tumor growth. [招待有り]
上田 潤, Jolene Ho, Kian Leong Lee, 北島 正二朗, Henry Yang, Wendi Sun, 福原 寛子, Norazean Zaiden, Shing Leng Chan, 立花 誠, 眞貝 洋一, 加藤 宏幸, Lorenz Poellinger
第37回 日本分子生物学会年会 「生体酸素ダイナミクスの感知・応答研究の最先端」   2014年10月26日   
Heterochromatin dynamics during differentiation process revealed by the DNA methylation reporter mouse, MethylRO [招待有り]
上田潤
第1回名市大エピジェネティクス研究会   2014年9月5日   
メチロー登場! 生きたままメチル化DNAの変化を捉える [招待有り]
上田潤
微研 夏の学校   2014年8月22日   
Heterochromatin dynamics during differentiation process revealed by the DNA methylation reporter mouse, MethylRO.
Ueda, J., Maehara, K., Mashiko, D., Ichinose, T., Yao, T., Hori, M., Sato, Y., Kimura, H., Ohkawa, Y., and Yamagata, K.
IIAS Research Conference 2014 ‘Chromatin Decoding’   2014年5月12日   
Heterochromatin dynamics during differentiation process revealed by DNA methylation reporter mouse, MethylRO
Jun Ueda, Kazumitsu Maehara, Daisuke Mashiko, Takako Ichinose, Tatsuma Yao, Mayuko Hori, Yasuyuki Ohkawa and Kazuo Yamagata
Keystone Symposia, Chromatin Mechanisms and Cell Physiology   2014年3月23日   Thomas Jenuwein and Shelley L. Berger
Hypoxia mediates tumourigenesis epigenetically via the H3K9 methylation regulators G9a and Jmjd1a
Jolene Caifeng Ho, Jun Ueda, Kian Leong Lee, Shojiro Kitajima, Henry Yang, Wendi Sun, Noriko Fukuhara, Norazean Zaiden, Shing Leng Chan, Makoto Tachibana, Yoichi Shinkai , Hiroyuki Kato and Lorenz Poellinger
Keystone Symposia "Sensing and Signaling of Hypoxia: Interfaces with Biology and Medicine"   2014年1月8日   
Imaging global epigenetic dynamics during mouse pre-implantation development [招待有り]
上田潤、山縣一夫
日本遺伝学会 第85回大会   2013年9月21日   
腫瘍形成過程、発生過程でのエピジェネティクス動態解析
上田潤
名古屋市立大学大学院 第94回 システム自然科学研究科セミナー   2013年9月17日   
腫瘍形成過程、発生過程でのエピジェネティクス動態解析 [招待有り]
上田潤
第一回低酸素研究会、東京   2013年7月6日   
Role of the Hypoxia-Inducible Histone H3K9 Demethylase Jmjd1a and the H3K9 Methyltransferase G9a in Stem Cell Self-Renewal and Tumorigenesis.
Jun Ueda, Kian Leong Lee, Jolene Caifeng Ho, Henry Yang, Noriko Fukuhara, Shing Leng Chan, Makoto Tachibana, Yoichi Shinkai, Hiroyuki Kato, and Lorenz Poellinger
Keystone Symposia “Advances in Hypoxic Signaling”   2012年2月   
Survival and death of epiblast cells in ES derivation process revealed by long-term live-cell imaging of Oct4 reporter system.
Ueda J, Yamagata K, Mizutani E, Saitou M, and Wakayama T
Stem Cell Society Singapore Symposium   2009年   
Wiz, a novel transcriptional co-repressor, links G9a/GLP histone methyltransferases to CtBP co-repressors.
Ueda J, Tachibana M, and Shinkai Y
Keystone Symposia “Epigentics and Chromatin Remodeling in Development”   2006年1月   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
精巣特異的ヒストンバリアントH3tの減数分裂進行過程での役割解明
加藤記念バイオサイエンス振興財団: 加藤記念研究助成 メディカルサイエンス分野
研究期間: 2017年4月 - 2019年3月    代表者: 上田潤
精子形成過程に必須の役割を果たすヒストンバリアントH3tの機能解析
文部科学省: 科学研究費補助金 基盤研究(C)
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 上田潤
雄性不妊及び発がん過程のクロマチン動態解析
文部科学省: 科学研究費補助金 新学術領域研究(研究領域提案型)
研究期間: 2016年4月 - 2018年3月    代表者: 上田潤
精巣特異的ヒストンバリアントH3tの精子形成過程での役割解明
武田科学振興財団: 2016年度ライフサイエンス研究奨励
研究期間: 2016年4月 - 2017年3月    代表者: 上田潤
DNAのメチル化レポーターマウス「メチロー」を用いたがんの早期診断法の開発
中部科学技術センター: 学術奨励研究助成事業
研究期間: 2015年7月 - 2016年3月    代表者: 上田潤
中部大学 特別研究費B
中部大学: 
研究期間: 2015年4月 - 2017年3月    代表者: 上田潤
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2014年4月 - 2016年3月    代表者: 上田 潤
文部科学省: 科学研究費補助金(研究活動スタート支援)
研究期間: 2011年4月 - 2013年3月    代表者: 上田潤
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2008年 - 2009年    代表者: 上田潤
我々を含む多細胞生物は、ほとんどの細胞が一代で死滅する限りある存在である。その中で生殖細胞は、次世代に遺伝情報を継承することのできる唯一の細胞であり、これらめ細胞によって生物の連続性は保証されている。そして生物の連続性を保障する生殖細胞の形成過程を分子レベルで理解することは、生殖・再生医療の発展は元より、生命科学における重要課題の一つである。
本研究では哺乳類の生殖細胞形成に必須の役割を果たすPrdm14分子の複合体解析を行うことで、始原生殖細胞系列がどのような分子機序によって成立している...
Keystone Symposium: Epigentics and Chromatin Remodeling in Development: Keystone Scholarship
研究期間: 2006年 - 2006年    代表者: Jun Ueda

学歴

 
2001年4月
 - 
2006年6月
京都大学 大学院生命科学研究科 統合生命科学専攻 眞貝洋一研究室 
 
1997年4月
 - 
2001年3月
名古屋大学 農学部 応用生命科学科 牧正敏研究室 
 

委員歴

 
2015年4月
 - 
2018年3月
文部科学省 科学技術・学術政策研究所 科学技術動向研究センター  専門調査員