田辺 良則

J-GLOBALへ         更新日: 15/10/20 11:56
 
アバター
研究者氏名
田辺 良則
 
タナベ ヨシノリ
URL
http://cent.xii.jp/tanabe.yoshinori/
所属
鶴見大学
部署
文学部ドキュメンテーション学科
職名
教授
学位
博士(情報理工学)(東京大学)
その他の所属
国立情報学研究所
科研費研究者番号
60443199

研究分野

 
 

経歴

 
2015年4月
 - 
現在
鶴見大学 文学部ドキュメンテーション学科 教授
 
2011年4月
 - 
現在
国立情報学研究所 アーキテクチャ科学研究系 特任教授
 
2010年4月
 - 
2011年3月
国立情報学研究所 アーキテクチャ科学研究系 特任准教授
 
2008年5月
 - 
2010年3月
東京大学 情報理工学系研究科 特任助教
 
2005年10月
 - 
2008年3月
産業技術総合研究所 システム検証研究センター 招聘研究員
 
2003年2月
 - 
2005年9月
科学技術振興機構 研究員
 
2001年4月
 - 
2003年1月
日本情報通信コンサルティング株式会社
 
1989年4月
 - 
2001年2月
富士通株式会社
 

受賞

 
2012年8月
日本ソフトウェア科学会 高橋奨励賞
 
2012年4月
文部科学省 平成24年度文部科学大臣表彰, 科学技術賞(理解増進部門) 先端ソフトウェア技術の普及啓発
受賞者: 本位田真一,吉岡信和,田辺 良則
 
2007年6月
日本ソフトウェア科学会 第2回解説論文賞
受賞者: 田辺 良則,高井 利憲,高橋 孝一
 

論文

 
Lei Ma,Cyrille Artho,Cheng Zhang,Hiroyuki Sato,Masami Hagiya,Yoshinori Tanabe,Mitsuharu Yamamoto
8th IEEE/ACM International Workshop on Search-Based Software Testing, SBST 2015, Florence, Italy, May 18-19, 2015   48-51   2015年   [査読有り]
Fuyuki Ishikawa,Nobukazu Yoshioka,Yoshinori Tanabe
Proceedings of the First Workshop on Formal Methods in Software Engineering Education and Training, FMSEE&T 2015, co-located with 20th International Symposium on Formal Methods (FM 2015), Oslo, Norway, June 23, 2015.   35-42   2015年   [査読有り]
Graham Collins,Hugh Varilly,Yoshinori Tanabe
Proceedings of the 2015 European Conference on Software Architecture Workshops, Dubrovnik/Cavtat, Croatia, September 7-11, 2015   32:1-32:6   2015年   [査読有り]
Nazim Sebih,Masami Hagiya,Franz Weitl,Mitsuharu Yamamoto,Cyrille Artho,Yoshinori Tanabe
IJNC   5(2) 373-402   2015年   [査読有り]
Cyrille Artho,Kuniyasu Suzaki,Masami Hagiya,Watcharin Leungwattanakit,Richard Potter,Eric Platon,Yoshinori Tanabe,Franz Weitl,Mitsuharu Yamamoto
IJNC   5(2) 347-372   2015年   [査読有り]
モデル検査による設計検証
吉岡信和,田辺良則,田原康之,長谷川哲夫,磯部祥尚
コンピュータソフトウェア   31(4) 40-65   2014年11月   [査読有り]
Scalaの並行プログラム検査における状態空間探索手法
島田工,前澤悠太,鄭顕志,田辺良則,本位田真一:
第9回ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム (SES2014)      2014年9月   [査読有り]
姜 帆, 田辺 良則, 本位田 真一
電子情報通信学会論文誌. D, 情報・システム   97(3) 625-634   2014年3月   [査読有り]
Hadoop MapReduceはデータとしてキーと値による組を利用する大規模並列処理を行うためのフレームワークであり,今日では広く利用されている.目的の処理を行うため,Map及びReduce処理の定義を正しく与える必要がある.本論文では新たにDSLとしてFMR(Feather-light MapReduce)を提案する.FMRで記述されたMap処理及びReduce処理は定理証明支援系Coqで検証可能であり,自動的にHadoop MapReduce上で実行可能なScalaのプログラムへと変...
Cyrille Artho,Masami Hagiya,Watcharin Leungwattanakit,Eric Platon,Richard Potter,Kuniyasu Suzaki,Yoshinori Tanabe,Franz Weitl,Mitsuharu Yamamoto
Second International Symposium on Computing and Networking, CANDAR 2014, Shizuoka, Japan, December 10-12, 2014   144-150   2014年   [査読有り]
Nazim Sebih,Franz Weitl,Cyrille Artho,Masami Hagiya,Yoshinori Tanabe,Mitsuharu Yamamoto
Second International Symposium on Computing and Networking, CANDAR 2014, Shizuoka, Japan, December 10-12, 2014   96-105   2014年   [査読有り]

Misc

 
田辺 良則
SEC journal   10(1) 46-48   2014年3月   [依頼有り]

講演・口頭発表等

 
述語抽象化によるアルゴリズムの検証 〜 シェープ解析を例として [招待有り]
田辺 良則
第4回プログラミングおよびプログラミング言語サマースクール   2006年9月12日   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 田辺 良則
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2009年4月 - 2012年3月    代表者: 田辺良則