赤澤康史

J-GLOBALへ         更新日: 17/05/17 10:28
 
アバター
研究者氏名
赤澤康史
所属
兵庫県立福祉のまちづくり研究所
部署
研究課

プロフィール

現在
社会福祉法人兵庫県社会福祉事業団 総合リハビリテーションセンター 福祉のまちづくり研究所(兵庫県立福祉のまちづくり研究所) 主任研究員兼研究課長
車椅子に関する研究および脳卒中片麻痺者の下肢装具に関する研究等に従事。

1992年4月 上記事業団入職 義肢装具開発課配属
1993年10月 改組により福祉のまちづくり工学研究所 所属となる
2009年4月 福祉のまちづくり工学研究所が福祉のまちづくり研究所に改称
2012年4月 兵庫県立リハビリテーション中央病院ロボットリハビリテーションセンター 主任研究員兼務
2016年4月 改組によりロボットリハビリテーションセンターが福祉のまちづくり研究所に移管。ロボットリハビリテーションセンター課課長(研究担当)兼務

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
兵庫県立福祉のまちづくり研究所 研究員
 

論文

 
Toshiki Kobayashi, Aaron K L Leung, Yasushi Akazawa, Stephen W. Hutchins
Gait and Posture   37 457-459   2013年3月
Ankle-foot orthoses (AFOs) can improve gait in patients with hemiplegia. However, it is anecdotally known that excessive plantarflexion resistance of an AFO could induce undesired knee flexion at early stance. The aim of this study was to systemat...
Hisashi Naito, Yasushi Akazawa, Ayu Miura, Takeshi Matsumoto, Masao Tanaka
Journal of Biomechanical Science and Engineering   7 168-176   2012年9月
In this study, we proposed a method for estimating muscle length parameters on an individual basis from measured data based on a musculo-skeletal structure with a Hill-type muscle model. Passive joint moments of the ankle were measured for 4 healt...
Toshiki Kobayashi, Aaron Leung, Yasushi Akazawa, Stephen Hutchins
Topics in Stroke Rehabilitation   19 338-344   2012年1月
Background: Ankle-foot orthoses (AFOs) have been reported to have positive effects on the temporal-spatial parameters and kinematics and kinetics of gait in patients with stroke. The center of mass (COM) may be used to represent whole body movemen...
Toshiki Kobayashi, Aaron K L Leung, Yasushi Akazawa, Stephen W. Hutchins
Gait and Posture   33 721-723   2011年4月
Ankle-foot orthoses (AFOs) are commonly prescribed to improve gait. The stiffness of an AFO is central for successful prescription; however, the recommended level of stiffness is currently based on the experience of clinicians. Therefore, the aim ...
Toshiki Kobayashi, Aaron K L Leung, Yasushi Akazawa, Stephen W. Hutchins
Brain Injury   25 307-314   2011年3月
Primary objective: To investigate the methodology using a manual ankle joint resistive torque measurement device to evaluate the contribution of the neural component of ankle joint resistive torque in patients with stroke. Research design: Within-...

Misc

 
幸野 秀志, 陳 隆明, 戸田 光紀, 高瀬 泉, 手塚 勇輔, 東 祐二, 占部 貴大, 赤澤 康史, 本田 雄一郎, 中村 豪, 原 良昭, 大島 隆司
日本義肢装具学会誌   30(4) 236-239   2014年
本田技術研究所が開発した「歩行アシスト」は,対象者の腰部から大腿部に装着し,歩行周期を改善することにより歩行運動を支援する装着型装置である.その特性から,下肢切断者に使用することにより,異常歩行を改善し,より効率的な歩行の獲得が可能となると予測される.今回,異常歩行を有する大腿義足のユーザーに対し,歩行アシストを適用し,歩容の改善効果を調べた.PCI測定および動作解析を行い,PCIの減少および股関節可動域の改善を認め,歩容の改善が認められた.
赤澤 康史, 内藤 尚, 松本 健志, 田中 正夫
年次大会 : Mechanical Engineering Congress, Japan   2013 "F231007-1"-"F231007-4"   2013年9月
In an evidence-based rehabilitation context, establishment of a new ankle-foot orthosis (AFO) design method is required to make each user obtain a mechanically appropriate AFO which fits to the individual physical condition. In this article, we co...
本田 雄一郎, 赤澤 康史, 根本 和彦
兵庫県立福祉のまちづくり研究所報告集   65-72   2013年
中村 俊哉, 根本 和彦, 赤澤 康史
兵庫県立福祉のまちづくり研究所報告集   73-78   2013年
李 虎奎, 赤澤 康史, 原 良昭
兵庫県立福祉のまちづくり研究所報告集   113-118   2013年
李 虎奎, 赤澤 康史, 原 良昭
日本実験力学会講演論文集   (13) 354-357   2013年
赤澤 康史, 内藤 尚, 松本 健志, 田中 正夫
バイオエンジニアリング講演会講演論文集   2012(24) "8B15-1"-"8B15-2"   2012年1月
李 虎奎, 赤澤 康史, 原 良昭
兵庫県立福祉のまちづくり研究所報告集   121-126   2012年
赤澤 康史, 中村 俊哉, 原 良昭
兵庫県立福祉のまちづくり研究所報告集   85-90   2012年
原 良昭, 赤澤 康史, 占部 貴大
兵庫県立福祉のまちづくり研究所報告集   79-84   2012年

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 赤澤 康史