阪口豊

J-GLOBALへ         更新日: 10/04/30 12:11
 
アバター
研究者氏名
阪口豊
URL
http://kaken.nii.ac.jp/ja/r/40205737
所属
電気通信大学
部署
大学院情報システム学研究科
職名
教授

研究分野

 
 

経歴

 
2009年
   
 
電気通信大学 大学院情報システム学研究科 教授
 
1994年
   
 
電気通信大学 大学院情報システム学研究科 助教授
 
1994年
   
 
東京大学 工学部 講師
 
1988年
   
 
東京大学 工学部 助手
 

Misc

 
阪口豊
計測と制御 = Journal of the Society of Instrument and Control Engineers   48(1) 88-93   2009年1月
石田文彦, 村田哲, 阪口豊
電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング   108(264) 43-48   2008年10月
石田文彦, 村田哲, 阪口豊
電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング   108(264) 43-48   2008年10月
手操作運動における視覚運動変換メカニズムの解明を目的として,サル腹側運動前野F5野ならびに頭頂連合野AIP野から得られた神経スパイクデータの情報量解析を行なった.3次元形状による操作対象の分類と神経活動との間の相互情報量を一定の時間幅ごとに計算することにより,神経活動に含まれる対象形状に関する情報が課題遂行に応じて変化する様子を可視化した.また,その可視化情報を基に手操作運動に関わるF5-AIP野の情報処理の流れについて考察した.
阪口豊, 和田克己
電子情報通信学会論文誌. D, 情報・システム   91(9) 2368-2381   2008年9月
運動指令を低い時間解像度で表現したときに到達運動の手先軌道に生じる影響を数値実験により調べた.実験では,階段関数で表現した運動指令を筋骨格系モデルに与えて手先軌道を生成し,生成された軌道と二つの基準軌道(限度最小軌道と指令トルク変化最小軌道)との誤差が最小になるような運動指令を求めた.その結果,階段関数の解像度が数十ms程度であれば最大誤差1mm程度でいずれの基準軌道も十分よく近似できること,ただし,解像度が粗い条件では指令トルク変化最小軌道の方が近似誤差が有意に小さくなることが明らかにな...
清水崇司, 石田文彦, 村田哲, 阪口豊
電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング   107(542) 203-208   2008年3月
手操作運動に関する情報が脳の中でどのように表現されているか調べるため,サル頭頂連合野AIP野で記録された神経活動についで情報量解析を行なった.著者らはこれまでAIP野の一部の単一細胞活動が手操作運動の異なる課題区間(注視,到達動作,把持)に応じて異なる情報を表現していることを示した.本稿では,AIP野の計98個の単一細胞についで情報量解析を行い,細胞が保持する情報量の時間変化から細胞を5種類に分類した結果を示す.また,複数細胞の情報量の累積和を計算することで細胞群が保持する情報の時間変化を...