山形伸二

J-GLOBALへ         更新日: 15/04/28 16:05
 
アバター
研究者氏名
山形伸二
 
ヤマガタ シンジ

プロフィール

see also ResearchGate
http://www.researchgate.net/profile/Shinji_Yamagata/

研究分野

 
 

学歴

 
2004年4月
 - 
2007年3月
東京大学 大学院総合文化研究科 認知行動科学大講座 博士課程
 
2002年4月
 - 
2004年3月
東京大学 大学院総合文化研究科 認知行動科学大講座 修士課程
 
2001年4月
 - 
2002年3月
東京大学 教育学部 教育心理学コース
 

委員歴

 
2007年4月
 - 
現在
日本パーソナリティ心理学会  国際交流委員
 

受賞

 
2007年3月
東京大学大学院総合文化研究科 平成18年度一高記念賞
 

論文

 
Fujisawa KK, Yamagata S, Ozaki K, Ando J
Journal of abnormal child psychology   40 189-200   2012年2月   [査読有り]
Fujisawa KK, Ozaki K, Suzuki K, Yamagata S, Kawahashi I, Ando J
Developmental science   15 99-112   2012年1月   [査読有り]
山形 伸二, ?橋 雄介, 木島 伸彦
パーソナリティ研究   20(2) 110-117   2011年11月
[New trends in research on personality traits: contributions to economics and epidemiology].
Takahashi Y, Yamagata S, Hoshino T
Shinrigaku kenkyu : The Japanese journal of psychology   82 63-76   2011年4月   [査読有り]
McCrae RR, Kurtz JE, Yamagata S, Terracciano A
Personality and social psychology review : an official journal of the Society for Personality and Social Psychology, Inc   15 28-50   2011年2月   [査読有り]
佐々木掌子, 山形伸二, 山形伸二, 敷島千鶴, 尾崎幸謙, 尾崎幸謙, 安藤寿康
心理学研究   80(4) 330-338   2009年10月
McCrae RR, Yamagata S, Jang KL, Riemann R, Ando J, Ono Y, Angleitner A, Spinath FM
Journal of personality and social psychology   95 442-455   2008年8月   [査読有り]
Jang KL, Taylor S, Stein MB, Yamagata S
Twin research and human genetics : the official journal of the International Society for Twin Studies   10 564-572   2007年8月   [査読有り]
高橋 雄介, 山形 伸二, 木島 伸彦, 繁桝 算男, 大野 裕, 安藤 寿康
パーソナリティ研究   15(3) 276-289   2007年3月
本研究は,Grayの強化感受性理論(Reinforcement Sensitivity Theory)に基づいた2つの気質次元,行動抑制系(Behavioral Inhibition System)と行動賦活系(Behavioral Activation System)について,日本語版尺度の信頼性・妥当性の検討(研究1),生物学的基盤との対応関係の検討(研究2)を行った。研究1では,大学生446名を対象に質問紙調査を行い,Carver & White(1994)が作成した尺度の日本語版の...
Ando J, Nonaka K, Ozaki K, Sato N, Fujisawa KK, Suzuki K, Yamagata S, Takahashi Y, Nakajima R, Kato N, Ooki S
Twin research and human genetics : the official journal of the International Society for Twin Studies   9 817-826   2006年12月   [査読有り]
Yamagata S, Suzuki A, Ando J, Ono Y, Kijima N, Yoshimura K, Ostendorf F, Angleitner A, Riemann R, Spinath FM, Livesley WJ, Jang KL
Journal of personality and social psychology   90 987-998   2006年6月   [査読有り]
山形 伸二, 高橋 雄介, 繁桝 算男, 大野 裕, 木島 伸彦
パーソナリティ研究   14(1) 30-41   2005年9月
本研究は, 成人用エフォートフル・コントロール(EC)尺度日本語版を作成し, その信頼性・妥当性の検討を行った.研究1では, 大学生, 専門学校生209名を対象に質問紙調査を行い, 日本語版EC尺度とその下位尺度が必要な内的一貫性, 再検査信頼性を持つことを確認した.また, 新奇性追求, 損害回避, ビッグ・ファイブのパーソナリティ次元, および抑うつ・不安との関連性から, 尺度の構成概念妥当性が支持された.研究2では, 日本語版EC尺度が単なる自己認知のみでなく実際の実行注意を測定してい...
Yamagata S, Takahashi Y, Kijima N, Maekawa H, Ono Y, Ando J
Twin research and human genetics : the official journal of the International Society for Twin Studies   8 300-306   2005年8月   [査読有り]
高橋 雄介, 山形 伸二, 袴田 優子, 木島 伸彦
パーソナリティ研究   13(2) 267-268   2005年3月
Genetic and environmental etiology of Effortful Control.
Yamagata, S., Takahashi, Y., Kijima, N, Maekawa, H., Ono, Y. & Ando, J.
Twin Research and Human Genetics   8(4) 300-306   2005年   [査読有り]
Ando J, Suzuki A, Yamagata S, Kijima N, Maekawa H, Ono Y, Jang KL
Journal of personality disorders   18 379-393   2004年8月   [査読有り]
山形 伸二, 繁桝 算男
パーソナリティ研究   12(1) 30-31   2003年11月

競争的資金等の研究課題

 
ジェネリック・スキルの測定と発達に関する基礎的研究
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究B)
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 山形伸二