吉川大和

J-GLOBALへ         更新日: 17/09/22 20:15
 
アバター
研究者氏名
吉川大和
URL
http://kaken.nii.ac.jp/ja/r/20274227
所属
東京薬科大学
部署
薬学部
職名
准教授
学位
博士(理学)

プロフィール

大学院在学中に精製した癌細胞由来の細胞分散因子が、当時未同定であったラミニン-5 (現在のラミニン-332) であったことに大きな影響を受け、以来一貫してラミニンについて研究を行ってきている。これまでの研究成果は、ラミニンの遺伝子からタンパク質そして in vivo における役割までを網羅し、俯瞰的な視野から研究を行なっている。ラミニンは生体において、基底膜という非常に薄い膜状の構造体に含まれている。基底膜という細胞外環境とそれを認識し細胞の生理機能を制御する細胞接着機構を解明するとともに、その機能部位を生体機能材料へ発展させ発生や再生を制御していきたい。最近、ラミニン関連分子に対する新しいヒト型遺伝子組換え抗体を作製し、抗体医薬分野への新しい展開を模索している。

研究分野

 
 

経歴

 
2009年4月
 - 
現在
東京薬科大学薬学部 准教授
 
2005年4月
 - 
2009年3月
東京薬科大学 薬学部 講師
 
2003年4月
 - 
2005年3月
札幌医科大学 助手
 
2000年12月
 - 
2003年3月
Washington Univ. Sch of Med Research Associate
 
1999年4月
 - 
2000年11月
大阪府立母子保健総合医療センター研究所 日本学術振興会特別研究員PD
 
1998年10月
 - 
2000年9月
スウェーデン ウプサラ大学、ルンド大学 博士研究員
 
1996年10月
 - 
1998年9月
大阪府立母子保健総合医療センター研究所 流動研究員
 
1995年4月
 - 
1996年9月
徳島大学 歯学部 助手
 
1995年3月
 - 
1992年4月
横浜市立大学大学院総合理学研究科 博士課程
 
1993年3月
 - 
1990年4月
金沢大学大学院理学研究科 修士課程
 
1990年3月
 - 
1986年4月
横浜市立大学文理学部生物学科
 

受賞

 
2010年
大高賞(結合組織学会奨励賞)
 
2009年
水島昭二記念研究賞
 

論文

 
Kikkawa Y, Sugawara Y, Harashima N, Fujii S, Ikari K, Kumai J, Katagiri F, Hozumi K, Nomizu M
Journal of peptide science : an official publication of the European Peptide Society   23(7-8) 666-673   2017年7月   [査読有り]
Fujimori C, Kumai J, Nakamura K, Gu Y, Katagiri F, Hozumi K, Kikkawa Y, Nomizu M
Biopolymers   108(1)    2017年1月   [査読有り]
Enomoto-Okawa Y, Maeda Y, Harashima N, Sugawara Y, Katagiri F, Hozumi K, Hui KM, Nomizu M, Ito Y, Kikkawa Y
PloS one   12(1) e0167860   2017年1月   [査読有り]
Hozumi K, Nakamura K, Hori H, Miyagi M, Nagao R, Takasaki K, Katagiri F, Kikkawa Y, Nomizu M
BioResearch open access   5(1) 356-366   2016年11月   [査読有り]
Muguruma K, Yakushiji F, Kawamata R, Akiyama D, Arima R, Shirasaka T, Kikkawa Y, Taguchi A, Takayama K, Fukuhara T, Watabe T, Ito Y, Hayashi Y
Bioconjugate chemistry   27(7) 1606-1613   2016年7月   [査読有り]
Kikkawa Y, Harashima N, Ikari K, Fujii S, Katagiri F, Hozumi K, Nomizu M
Experimental cell research      2016年4月   [査読有り]
Sato T, Iwasaki Y, Kikkawa Y, Fukagawa M
The journal of vascular access   17(1) 72-77   2016年1月   [査読有り]
Yamada H, Mori S, Miyakawa T, Morikawa R, Katagiri F, Hozumi K, Kikkawa Y, Nomizu M, Takasu M
PloS one   11(2) e0149474   2016年   [査読有り]
[Roles of Lu/B-CAM in tumor cell adhesion and migration on laminin-511].
Kikkawa Y
Seikagaku. The Journal of Japanese Biochemical Society   87(5) 609-611   2015年10月   [査読有り]
Kumai J, Hozumi K, Yamada Y, Katagiri F, Kikkawa Y, Nomizu M
Biopolymers      2015年11月   [査読有り]
Hozumi K, Fujimori C, Katagiri F, Kikkawa Y, Nomizu M
Biomaterials   37 73-81   2015年1月   [査読有り]
Kikkawa Y, Miwa T, Tanimizu N, Kadoya Y, Ogawa T, Katagiri F, Hozumi K, Nomizu M, Mizuguchi T, Hirata K, Mitaka T
Experimental cell research   328 197-206   2014年10月   [査読有り]
Katagiri F, Hara T, Yamada Y, Urushibata S, Hozumi K, Kikkawa Y, Nomizu M
Biochemistry   53 3699-3708   2014年6月   [査読有り]
Katagiri F, Takagi M, Nakamura M, Tanaka Y, Hozumi K, Kikkawa Y, Nomizu M
Archives of biochemistry and biophysics   550-551 33-41   2014年5月   [査読有り]
Kikkawa Y, Ogawa T, Sudo R, Yamada Y, Katagiri F, Hozumi K, Nomizu M, Miner JH
The Journal of biological chemistry   288(43) 30990-31001   2013年9月   [査読有り]
Yamada Y, Hozumi K, Katagiri F, Kikkawa Y, Nomizu M
Biomaterials   34 6539-6547   2013年9月   [査読有り]
Chen YM, Zhou Y, Go G, Marmerstein JT, Kikkawa Y, Miner JH
Journal of the American Society of Nephrology : JASN   24 1223-1233   2013年7月   [査読有り]
Otagiri D, Yamada Y, Hozumi K, Katagiri F, Kikkawa Y, Nomizu M
Biopolymers      2013年7月   [査読有り]
Kikkawa Y, Hozumi K, Katagiri F, Nomizu M, Kleinman HK, Koblinski JE
Cell adhesion & migration   7 150-256   2013年1月   [査読有り]
Katagiri F, Takeyama K, Hozumi K, Kikkawa Y, Nomizu M
Biochemistry   51(41) 8218-8225   2012年10月   [査読有り]
Tanimizu N, Kikkawa Y, Mitaka T, Miyajima A
The Journal of biological chemistry   287 28586-28597   2012年8月   [査読有り]
Hozumi K, Ishikawa M, Hayashi T, Yamada Y, Katagiri F, Kikkawa Y, Nomizu M
The Journal of biological chemistry   287 25111-25122   2012年7月   [査読有り]
Yamada Y, Hozumi K, Aso A, Hotta A, Toma K, Katagiri F, Kikkawa Y, Nomizu M
Biomaterials   33(16) 4118   2012年6月   [査読有り]
Katagiri F, Sudo M, Hamakubo T, Hozumi K, Nomizu M, Kikkawa Y
Biochemistry   51(24) 4950-4958   2012年5月   [査読有り]
Hozumi K, Sasaki A, Yamada Y, Otagiri D, Kobayashi K, Fujimori C, Katagiri F, Kikkawa Y, Nomizu M
Biomaterials      2012年3月   [査読有り]
Katagiri F, Ishikawa M, Yamada Y, Hozumi K, Kikkawa Y, Nomizu M
Archives of biochemistry and biophysics      2012年3月   [査読有り]
Kuga A, Kanagawa M, Sudo A, Chan YM, Tajiri M, Manya H, Kikkawa Y, Nomizu M, Kobayashi K, Endo T, Lu QL, Wada Y, Toda T
The Journal of biological chemistry      2012年1月   [査読有り]
Kikkawa Y, Kataoka A, Matsuda Y, Takahashi N, Miwa T, Katagiri F, Hozumi K, Nomizu M
Journal of biomedical materials research. Part A   99 203-210   2011年11月   [査読有り]
Yamada Y, Katagiri F, Hozumi K, Kikkawa Y, Nomizu M
Biomaterials   32(19) 4327-4335   2011年7月   [査読有り]
Sato T, Kikkawa Y, Hiramitsu T, Yamamoto T, Goto N, Matsuoka S, Nagasaka T, Watarai Y, Uchida K, Tominaga Y
Therapeutic apheresis and dialysis : official peer-reviewed journal of the International Society for Apheresis, the Japanese Society for Apheresis, the Japanese Society for Dialysis Therapy   15 Suppl 1 26-32   2011年6月   [査読有り]
Chen YM, Kikkawa Y, Miner JH
Journal of the American Society of Nephrology : JASN   22 849-858   2011年5月   [査読有り]
Kikkawa Y, Miwa T, Tohara Y, Hamakubo T, Nomizu M
PloS one   6 e23329   2011年   [査読有り]
Hozumi K, Akizuki T, Yamada Y, Hara T, Urushibata S, Katagiri F, Kikkawa Y, Nomizu M
Archives of biochemistry and biophysics   503(2) 213   2010年11月   [査読有り]
Hozumi K, Kobayashi K, Katagiri F, Kikkawa Y, Kadoya Y, Nomizu M
FEBS letters   584(15) 3381-3385   2010年8月   [査読有り]
Katagiri F, Ohga Y, Takeyama K, Hozumi K, Kikkawa Y, Kadoya Y, Nomizu M
Archives of biochemistry and biophysics   500(2) 189-195   2010年8月   [査読有り]
Katagiri F, Takeyama K, Ohga Y, Hozumi K, Kikkawa Y, Kadoya Y, Nomizu M
Biochemistry   49(28) 5909-5918   2010年7月   [査読有り]
Urushibata S, Hozumi K, Ishikawa M, Katagiri F, Kikkawa Y, Nomizu M
Archives of biochemistry and biophysics   497(1-2) 43-54   2010年5月   [査読有り]
Hozumi K, Otagiri D, Yamada Y, Sasaki A, Fujimori C, Wakai Y, Uchida T, Katagiri F, Kikkawa Y, Nomizu M
Biomaterials   31(12) 3237-3243   2010年4月   [査読有り]
Suzuki N, Hozumi K, Urushibata S, Yoshimura T, Kikkawa Y, Gumerson JD, Michele DE, Hoffman MP, Yamada Y, Nomizu M
Matrix biology : journal of the International Society for Matrix Biology   29(2) 143-151   2010年3月   [査読有り]
Kikkawa Y, Takaki S, Matsuda Y, Okabe K, Taniguchi M, Oomachi K, Samejima T, Katagiri F, Hozumi K, Nomizu M
Biological & pharmaceutical bulletin   33(2) 307-310   2010年2月   [査読有り]
Yamada Y, Hozumi K, Katagiri F, Kikkawa Y, Nomizu M
Biopolymers   94(6) 711-720   2010年   [査読有り]
Ohga Y, Katagiri F, Takeyama K, Hozumi K, Kikkawa Y, Nishi N, Nomizu M
Biomaterials   30(35) 6731-6738   2009年12月   [査読有り]
Kikkawa Y, Takahashi N, Matsuda Y, Miwa T, Akizuki T, Kataoka A, Nomizu M
Biomaterials   30(36) 6888-6895   2009年12月   [査読有り]
Urushibata S, Katagiri F, Takaki S, Yamada Y, Fujimori C, Hozumi K, Kikkawa Y, Kadoya Y, Nomizu M
Biochemistry   48(44) 10522-10532   2009年11月   [査読有り]
Niiya D, Egawa N, Sakamoto T, Kikkawa Y, Shinkawa T, Isobe T, Koshikawa N, Seiki M
The Journal of biological chemistry   284(40) 27360-27369   2009年10月   [査読有り]
Vuoristo S, Virtanen I, Takkunen M, Palgi J, Kikkawa Y, Rousselle P, Sekiguchi K, Tuuri T, Otonkoski T
Journal of cellular and molecular medicine   13 2622-2633   2009年8月   [査読有り]
Hozumi K, Suzuki N, Uchiyama Y, Katagiri F, Kikkawa Y, Nomizu M
Biochemistry   48(23) 5375-5381   2009年6月   [査読有り]
Hozumi K, Yamagata N, Otagiri D, Fujimori C, Kikkawa Y, Kadoya Y, Nomizu M
Biomaterials   30(8) 1596-1603   2009年3月   [査読有り]
Hattori A, Hozumi K, Ko JA, Chikama T, Oomikawa K, Kato J, Ishida K, Hoshi N, Katagiri F, Kikkawa Y, Nomizu M, Nishida T
Biochemical and biophysical research communications   379(2) 346-350   2009年2月   [査読有り]
Peptide-chitosan matrix: a new multifunctional biomaterial.
Nomizu M, Yamagata N, Mochizuki M, Kikkawa Y, Kadoya Y
Advances in experimental medicine and biology   611 253-255   2009年   [査読有り]

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 吉川 大和
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2014年 - 2015年    代表者: 吉川 大和
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2011年 - 2011年    代表者: 吉川大和
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 三高俊広
研究目的である「小型肝細胞の増産」を達成するために本年度は、下記の研究を行った。1. 成熟肝細胞の小型肝細胞化を誘導するためにレンチウイルスに遺伝子(Follistatin, CD44など)を組み込み、予備実験を始めた。また正常ヒト肝組織から小型肝細胞の分離培養を継続して行ない、ヒト小型肝細胞の特性を解析中である。2. ラット小型肝細胞におけるFollistatin (Fst)/Activin (Act)の役割を解析した。増殖する小型肝細胞はActを発現せずFstを発現するが、成熟化を誘導...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2008年 - 2010年    代表者: 吉川大和
生体から単離された肝細胞はその機能を速やかに失ってしまうため、肝細胞と人工装置を組み合わせたハイブリッド型人工肝臓の開発において、肝細胞の機能を維持できる培養基質が求められている。これまでの研究では、肝細胞の代謝機能を維持できるマトリゲルの主要成分であるラミニン-111に着目し、その細胞接着に関わるα1鎖のアミノ酸配列に基づいた合成ペプチドを用いて肝細胞の代謝機能の維持に関わる機能部位の探索を行なった。その結果、N末端付近に存在するアミノ酸配列に基づいたA13(RQVFQVAYIIIKA)...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2006年 - 2007年
ラミニンα5鎖は基底膜の主要な構成分子であり、初期発生だけでなく腎臓の機能に関与する事が明らかになってきている。ラミニンα5鎖の機能は、細胞表面の受容体を通して表現型として現れてくるが、受容体との相互作用のメカニズムについては十分に明らかになっていない。本研究課題は、ラミニンα5鎖の受容体であるintegrin α3β1(以降:インテグリン)とLutheran/B-CAM(以降:ルテラン)に着目し、ラミニンα5鎖の受容体結合に関わる構造的基盤とそれを認識するインテグリンとルテランによる細胞...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2005年 - 2007年
基底膜の主要な構成分子であるラミニンはα、β、γ鎖からなる三量体であり、α鎖がラミニンの生物活性を担っている。現在、α鎖が5、β鎖が3、γ鎖が3種類報告されており、組み合わせによって15種類のアイソフォームが存在している。これまでの肝細胞癌におけるラミニンの発現は、すべての鎖を認識するポリクローナル抗体を用いて解析されているため、どのα鎖アイソフォームが発現しているか不明であった。本研究課題では、各ラミニンα鎖に対する特異的抗体を用いて、肝細胞癌における発現について解析を行った。ヒト肝組織...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2005年 - 2007年
ラット小型肝細胞特異的遺伝子としてCD44を同定し、障害肝においてCD44陽性細胞が一時的に出現すること、抗体で分離し培養したCD44陽性細胞は小型肝細胞と同様の表現型を持ち、肝細胞へ分化することを見出した(J Hepatol,2006)。ガラクトサミン誘導肝障害時に出現ずるThy1陽性細胞の一部はCD44陽性小型肝細胞に分化することを見出した(論文投稿中)。CD44陽性細胞をRetrorsine/PH処置ラット肝に移植すると生着し、増殖して肝細胞へ分化した。培養し増やした小型肝細胞を放射...
文部科学省: 科学研究費補助金(萌芽研究)
研究期間: 2005年 - 2006年
本研究は、ラミニン由来の機能ペプチドを多糖類に固定化することによって、3次元での細胞培養が可能なゲル「ペプチドマトリックス」を作成し、再生医学や組織工学分野に応用可能な医用生体材料を創製することを目的としている。我々は、組織の発生や修復・再生を調節している基底膜タンパク・ラミニンの機能部位を、ラミニン分子すべてをカバーしたペプチドを用いる網羅的なアプローチで約50種類の機能部位を同定してきた。まずインテグリンに作用するペプチド(10種類)に注目し、これらをキトサン膜に結合させることによりペ...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2004年 - 2004年    代表者: 吉川大和
Lutheran/B-CAMは、卵巣癌で発現が上昇する抗原として発見された経緯を持つイムノグロブリンスーパーファミリーのひとつである。最近、研究代表者はLutheran/B-CAMがラミニンα5鎖と特異的に結合することを報告した(J.Biol.Chem.(2002)277,44864-44869)。ラミニンα5鎖はγ1鎖とβ1またはβ2鎖の三量体を形成し、ラミニン-10/11(α5,γ1,β1/2)として生体の殆どの基底膜に分布する。このことから癌細胞が基底膜に浸潤する際に、Luthera...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2002年 - 2004年
我々は、ラット小型肝細胞に特異的に発現している膜貫通型蛋白質をコードする3つの遺伝子CD44,BRI3,D6.1Aを特定した。3種の蛋白質に対する抗体を用いて、肝組織における小型肝細胞の局在を検討した。正常ラット肝臓小葉内には3種の抗体に反応する肝細胞は存在しなかったが、ガラクトサミンで劇症肝炎を起こしたラットでは陽性の小型肝細胞が門脈周囲に出現した。また抗体を用いてソーティングした細胞を培養すると小型肝細胞と同様なコロニーを形成し、PCRにより肝細胞マーカー遺伝子を発現していること、他細...
文部科学省: 科学研究費補助金(奨励研究(A))
研究期間: 1996年 - 1996年    代表者: 吉川 大和
細胞外マトリックスは組織を支える構造的要素であるだけでなく、多様な生理活性を示すことが明らかになっている。申請者らは、ヒト胃癌細胞STKM-1の無血清培養上清中に、ラット上皮性肝細胞株BRLの細胞間結合を阻害し、単一な細胞にまで分散させる新しい細胞外マトリックス(ラドシン/ラミニン-5)を見い出してきた。ラドシン/ラミニン-5は細胞分散活性、細胞接着活性、細胞運動促進活性をもつ機能性蛋白質であり、歯肉組織、表皮組織など特定の組織に分布している。本研究では、第一に口腔領域において重要な組織で...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 1996年 - 1997年
1.ICRマウスの唾液腺よりアミノ酸配列において互いにきわめてホモロジ-の高い組織カリクレイン,mK1,mK9,mK13,およびmK22を得,組織カリクレインmK13はプロレニン変換酵素であることを確認した.今回EGF結合蛋白質mK9がRen-2プロレニンを特異的に切断し,mK13の1/10の活性で成熟レニンを与えることを見いだした.同基質蛋白に対してmK22(β-endopetidase)は2種の産物,レニンおよびアルギニルレニンを与えた.その活性はmK9によるプロレニン変換活性とほぼ同...