近藤伸也

J-GLOBALへ         更新日: 15/06/18 16:03
 
アバター
研究者氏名
近藤伸也
eメール
kondoscc.utsunomiya-u.ac.jp
URL
http://kaken.nii.ac.jp/ja/r/50426532
所属
宇都宮大学
部署
地域連携教育研究センター
職名
准教授
学位
博士(工学)(東京大学)
Twitter ID
yanshike_udonko

プロフィール

地震を中心とした防災分野で研究しています。
キーワードは、防災マニュアル、災害情報データベース、災害情報マネージメント、目標管理型災害対応、図上訓練、孤立集落支援、研究分野分析

研究分野

 
 

経歴

 
2013年4月
 - 
現在
(公財)ひょうご震災記念21世紀研究機構 人と防災未来センター 研究主幹
 
2010年10月
 - 
2011年3月
富士常葉大学 非常勤講師
 
2010年4月
 - 
2013年3月
東京大学生産技術研究所 都市基盤安全工学国際研究センター 特任研究員
 
2005年10月
 - 
2010年3月
(財)ひょうご震災記念21世紀研究機構 人と防災未来センター 主任研究員
 

Misc

 
小高暁, 川崎昭如, 大原美保, 近藤伸也
生産研究   66(4) 351-357 (J-STAGE)   2014年
太田和良, 近藤伸也
土木学会論文集 F6(安全問題)(Web)   70(2) I.155-I.160 (J-STAGE)   2014年
近藤伸也, 小山真紀, 古橋勝也, 三宅英知
日本自然災害学会学術講演会講演概要集   33rd 37-38   2014年
近藤伸也, 小山真紀, 古橋勝也, 三宅英知
土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM)   69th ROMBUNNO.IV-012   2014年8月
近藤伸也, 宇治田和
日本地震工学シンポジウム論文集(CD-ROM)   14th ROMBUNNO.PS1-THU-28   2014年11月

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2012年 - 2013年    代表者: 近藤 伸也
本年度では、平成23年台風12号豪雨災害において孤立した事象と自治体をはじめとした組織の対応に関する記録や調査結果を時間や空間、サービス内容など様々な入力項目を設定した孤立地域対応データベース構築の第一段階として、ウェブで公開された情報を元データとしたデータベース構築を行った。具体的には、この豪雨災害で孤立した地域の一つである奈良県十津川村を対象地域として、ソーシャルメディアの一つであるtwitterの運用体制とアカウントに記載された地域の状況を収集し、様々な視点から分析を行った。はじめに...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2006年 - 2009年    代表者: 目黒公郎
本研究は,津波災害経験の乏しい発展途上国を主な対象として,効果的な津波防災対策を実施する際に必要な総合的な津波防災戦略のモデルを提案するとともに,いくつかの発展途上国への具体的な導入考えた場合の課題を整理した上で,津波警報システムを構築するものである.その結果、津波を探知し,警報を出し,住民を避難させるまで,総合的に支援するシステムを長期的に維持する基盤が整った.