近藤 康久

J-GLOBALへ         更新日: 17/10/11 16:09
 
アバター
研究者氏名
近藤 康久
 
コンドウ ヤスヒサ
URL
http://chikyu.academia.edu/YasuhisaKondo
所属
総合地球環境学研究所
部署
研究基盤国際センター
職名
准教授
学位
博士(文学)(東京大学)
その他の所属
文部科学省科学技術・学術政策研究所
科研費研究者番号
90599226
Twitter ID
yaskondo
ORCID ID
0000-0001-7670-4475

プロフィール

考古学と,地理学・情報科学が接する領域の研究に取り組んでいます。具体的には、アラビア半島に位置するオマーンの世界遺産バート遺跡群対象に,GIS・リモートセンシング・GPSマッピング・写真測量・地形観察・遺跡分布調査を組み合わせて,デジタル空間情報技術を活用した効率的な文化遺産のドキュメンテーション手法と,アラビア半島内陸部における気候変動・地形発達と人類史のかかわりについて研究しています。また,生態ニッチモデリングを応用した遺跡の立地環境評価の研究も進めています。地球研では,コアプロジェクト「知の接合:社会-環境相互作用の共同研究における問題認識のずれを乗り越える方法論」の形成を担当しています。

研究分野

 
 

経歴

 
2016年10月
 - 
現在
文部科学省科学技術・学術政策研究所 客員研究官
 
2016年4月
 - 
現在
総合地球環境学研究所 研究基盤国際センター 准教授
 
2014年4月
 - 
2016年3月
総合地球環境学研究所 研究高度化支援センター 准教授
 
2011年4月
 - 
2014年3月
東京工業大学 大学院情報理工学研究科 日本学術振興会特別研究員(PD)
 
2010年8月
 - 
現在
東京大学 空間情報科学研究センター 客員研究員
 
2010年10月
 - 
2011年3月
東京大学 総合研究博物館 特任研究員
 
2010年4月
 - 
2010年9月
東京大学 大学院人文社会系研究科 研究生
 
2009年4月
 - 
2010年3月
東京大学 大学院人文社会系研究科 日本学術振興会特別研究員(PD)
 
2008年4月
 - 
2009年3月
東京大学 大学院人文社会系研究科 日本学術振興会特別研究員(DC2)
 
2005年4月
 - 
2006年3月
東京大学 大学院人文社会系研究科 研究生
 

論文

 
Yasuhisa Kondo, Takehiro Miki, Taichi Kuronuma, Yuichi S. Hayakawa, Kyoko Kataoka, Takashi Oguchi
Journal of Cultural Heritage Management and Sustainable Development   6(2) 195-212   2016年5月   [査読有り][招待有り]
Purpose
The purpose of this paper is to present a concurrent implementation of sustainable inventory for the UNESCO World Heritage sites of Bat, Al-Khutm and Al-Ayn in the interior of Oman.

Design/methodology/approach
A digital heritage inventory...
加藤 晋・大槻 久・近藤康久・那須浩郎・本郷一美
GIS – 理論と応用   24(1) 23-30   2016年4月   [査読有り]
近藤康久・石川智士・榎本真美
情報処理学会シンポジウムシリーズ   2015(2) 131-138   2015年12月
学術論文のオープンアクセスが一般化すると,市民(非職業研究者)が職業研究者とは異なる立場・視点・意識でデータを収集・分析することにより,職業研究者が思いもよらない研究手法や解釈を生み出すという市民参加型科学(シチズンサイエンス)がさかんになるものと予想される.そこで,シチズンサイエンスによる地球環境研究を支援するための情報サービスを構想するアイディアソンを,プロボノ(専門技能ボランティア)とともに行なった.その結果,生活実感に基づいて共感しやすい問題を設定したり,ゲーミフィケーションによっ...
Yasuhisa Kondo
第四紀研究   54(5) 207-218   2015年10月   [査読有り][招待有り]
Ecological niche modelling (ENM) is a computer-based method to extrapolate the niche probability of a species through machine learning using (1) known location of a species’ occurrence, and (2) environmental factors such as temperature, precipitat...
Yasuhisa Kondo, Takehiro Miki, Taichi Kuronuma, Takashi Oguchi
ISPRS Annals of the Photogrammetry, Remote Sensing and Spatial Information Sciences   II-5/W3 145-152   2015年8月   [査読有り]
This paper reports on the on-site development of a local-scale digital heritage inventory (DHI) of the Bronze Age site at Bat in the interior of Oman. The goal of this inventory project was to share geospatial and archaeological information of tom...
Yasuhisa Kondo, Tara Beuzen-Waller, Takehiro Miki, Atsushi Noguchi, Stéphane Desruelles, Éric Fouache
Proceedings of the Seminar for Arabian Studies   44 227-234   2014年7月   [査読有り]
Katsuyuki Okamura, Atsushi Fujisawa, Yasuhisa Kondo, Yu Fujimoto, Tomokatsu Uozu, Yumiko Ogawa, Koji Mizoguchi
Antiquity   87 258-269   2013年3月   [査読有り]
The earthquake that struck Japan on 11 March 2011, named the Great East Japan Earthquake by the Japanese government, was one of the largest seismic events the world has seen for generations. Akira Matsui reported his experience of visiting the are...
Yasuhisa Kondo, Go Matsumoto, Yoichi Seino, Takayuki Ako, Wataru Fukui, Makoto Sugiura, Tomokatsu Uozu, Hiroshi Yamaguchi
Revive the Past: Proceeding of the 39th Conference on Computer Applications and Quantitative Methods in Archaeology, Beijing, 12-16 April 2011, edited by Zhou, Mingquan; Romanowska, Iza; Wu, Zhongke; Xu, Pengfei; Verhagen, Philip   334-342   2012年3月   [査読有り]
Since the introduction of Geographic Information Systems (GIS) into archaeology in the 1980s, most of the problems that archaeologists encountered in the course of utilising the geospatial technologies had not been explained anywhere and thus had ...
Yasuhisa Kondo, Akihiro Kaneda, Yu Fujimoto, Yoichi Seino, Hiroshi Yamaguchi, Tomokatsu Uozu
Revive the Past: Proceeding of the 39th Conference on Computer Applications and Quantitative Methods in Archaeology, Beijing, 12-16 April 2011, edited by Zhou, Mingquan; Romanowska, Iza; Wu, Zhongke; Xu, Pengfei; Verhagen, Philip   326-333   2012年3月   [査読有り]
The Great East Japan Earthquake and tsunami on March 11, 2011 caused immense damage not only to the residents and social infrastructure,but also to cultural heritage. In order to document the endangered heritage and support cultural resource manag...
Yasuhisa Kondo, Seiji Kadowaki, Hirofumi Kato, Masaki Naganuma, Akira Ono, Katsuhiro Sano, Yoshihiro Nishiaki
Revive the Past: Proceeding of the 39th Conference on Computer Applications and Quantitative Methods in Archaeology, Beijing, 12-16 April 2011, edited by Zhou, Mingquan; Romanowska, Iza; Wu, Zhongke; Xu, Pengfei; Verhagen, Philip   217-226   2012年3月   [査読有り]
The archaeology team of the ‘Replacement of Neanderthals by Modern Humans’ project is collecting geospatial and archaeological information on the palaeoanthropological sites dated between 200 and 20 kya in order to visualise the spatio-temporal pr...

書籍等出版物

 
The Bronze Age Towers at Bat, Sultanate of Oman: Research by the Bat Archaeological Project, 2007-12
Yasuhisa Kondo (担当:分担執筆, 範囲:5. Digital Documentation of Kasr al-Sleme (Tower 1148), 7. Surface Structures at Ad-Dariz South)
University of Pennsylvania Press   2016年12月   ISBN:9781934536063
Newsletter, IAG Working Group on Geoarchaeology No. 17
Yasuhisa Kondo (担当:編者)
2016年12月   
Bat Digital Heritage Inventory Project Report of the Follow-up Season December 2015-January 2016
Yasuhisa Kondo (担当:編者)
2016年5月   
イノベーションの現場としての地球研:知はいかに跳躍するか?インダスプロジェクト アラブなりわいプロジェクト
近藤康久 (担当:編者, 範囲:序に代えて)
総合地球環境学研究所   2016年3月   
Newsletter, IAG Working Group on Geoarchaeology No.16
Yasuhisa Kondo (担当:編者)
2015年11月   
イスラームと文化財
野口 淳・安倍雅史 (担当:共著, 範囲:オマーン:ナショナル・アイデンティティの形成と文化遺産)
新泉社   2015年10月   ISBN:9784787715050
イノベーションの現場としての地球研:知はいかに跳躍するか?イリ河プロジェクト 列島プロジェクト エリアケイパビリティープロジェクト
総合地球環境学研究所「知の跳躍」プロジェクト編 (担当:分担執筆, 範囲:第1章 イリプロジェクトにおける知の跳躍)
総合地球環境学研究所   2015年3月   
Newsletter, IAG Working Group on Geoarchaeology No. 15
Yasuhisa Kondo (担当:編者)
2014年11月   
Bat Digital Heritage Inventory Project Report of the 2014 Season
Yasuhisa Kondo (担当:編者)
2014年5月   
Newsletter, IAG Working Group on Geoarchaeology No. 14
Yasuhisa Kondo (担当:編者)
2013年12月   

Misc

 
林 和弘・宇高寛子・近藤康久
地球研ニュース   67 7-11   2017年7月   [依頼有り]
近藤康久
パレオアジア文化史学 研究計画A03 平成28年度研究報告書文化史学 研究計画A03班 平成28年度研究報告書   31-34   2017年4月
近藤康久
パレオアジア文化史学 研究計画A03 平成28年度研究報告書   23-30   2017年4月
近藤康久
パレオアジア文化史学 A01班 2016年度研究報告   10-30   2017年3月
遺跡データベースから見た八戸の集落変遷一万年−新井田川流域における集落の成立と解体−
長井謙治・近藤康久
環境動態を視点とした地域社会と集落形成に関する総合的研究 研究成果報告書   27-43   2017年3月   [依頼有り]
アラビア半島乾燥地オアシスの水環境に関する環境考古学的研究、その後
近藤康久
KWEFニュース   14 14-14   2016年11月   [依頼有り]
近藤康久
Newsletter 高分解能古気候学と歴史・考古学の連携による気候変動に強い社会システムの探索   9 5   2016年6月   [依頼有り]
Yasuhisa Kondo
Newsletter, IAG Working Group on Geoarchaeology   16 3-8   2015年11月

講演・口頭発表等

 
Reconstructing the emergence of oasis territories in the piedmont of the Hajar Moutains (Sultanate of Oman): A synthesis of archaeological, geomorphological and geographical data
Tara Beuzen-Waller, Jessica Giraud, Guillaume Gernez, Romain Courault, Yasuhisa Kondo, Charlotte Cable, Christopher Thornton, Éric Fouache
XXVIIIe Rencontres internationales d’archéologie et d’histoire d’Antibes   2017年10月10日   
Yasuhisa Kondo
ICSU-WDS Asia-Oceania Conference 2017   2017年9月29日   ICSU-WDS
近藤康久
第20回月惑星探査研究会:太陽系データワークショップ   2017年9月26日   神戸大学惑星科学研究センター
近藤康久
アーカイブサミット 2017 in 京都   2017年9月9日   アーカイブサミット組織委員会
An analysis of spatial relationship between the Umm an-Nar type tombs and reusing remains at Bāt cemetery, Az-Zahirah, Oman
Takehiro Miki, Taichi Kuronuma, Yasuhisa Kondo
アラビア学セミナー2017年大会   2017年8月4日   アラビア学セミナー
The surface-exposed archaeological features in Oman have been collapsed and partly reused for later construction. For examining the long-term process of the entanglement of the archaeological features from various periods, Bāt is an information-ri...
近藤康久・日本旧石器学会データベース委員会
日本旧石器学会第15回大会   2017年7月2日   日本旧石器学会
日本旧石器学会データベース委員会では、『日本列島の旧石器時代遺跡』データベースの改訂にあたり、2016年11月に学会員および将来的な利用者となりうる考古学・生態学・地理学・数理生物学・情報学等の研究者を招待してハテナソン(質問作りワークショップ)を催し、データベースの改訂とオープンデータ化に向けた論点を整理・共有した。
また、2016年12月には秋田、2017年4月には松江にてマッピングパーティー(地図作成演習)を催し、ハンズオン(実習)形式でデータベースの共同編集の進め方を講習した。これ...
近藤康久
ラテンアメリカ学会第38回定期大会   2017年6月3日   ラテンアメリカ学会
 人文情報学の視点から見ると、レドゥクシオンの研究には、痕跡的な情報によって記述される実体(エンティティ)を取り扱うという特徴がある。すなわち、レドゥクシオンは地理空間上に存在した実体であり、その名称と位置は現在の地名からある程度復元できる。しかし、人口や民族構成などの属性情報は、集住化当時の納税額査定記録を後世に筆写した史料に依拠し、レパルティミエントや後世に設定されたコレヒミエント(行政区域)を基準として記述されるにすぎない。本研究では、このように痕跡的な情報しかないレドゥクシオンの実...
Yasuhisa Kondo, Kazuhiro Hayashi, Miki Kuribayashi, Sachiko Yano, Asanobu Kitamoto
日本地球惑星科学連合2017年大会   2017年5月23日   日本地球惑星科学連合
 地球環境問題や少子高齢化などの社会課題の解決をめざす研究には、異分野の研究者や政府・自治体、企業、NPO、地域住民など社会の多様なステークホルダーが知識経験を持ち寄り、立場を超えた対話と熟議を通して研究計画の共同立案(co-design)、知識の共同生産(co-production)、成果の共同展開(co-dissemination)を行い、課題解決に向けた意思決定をリードする(co-leadership)という超学際アプローチ(transdisciplinary approach)が重...
近藤康久・熊澤輝一・陀安一郎・中野孝教
日本地球惑星科学連合2017年大会   2017年5月23日   日本地球惑星科学連合
地域において持続的な環境モニタリングを行なうためには、研究者が行政・NPO・住民等のアクターと協働する体制を構築する必要がある。その際には、アクターごとに問題意識や価値観、インセンティブが異なるため、共通の上位目標としてのバウンダリオブジェクトを設定する必要がある。
水質モニタリングにおいては、湧水マップ・名水マップなどの地図を研究者が市民と協働で制作することが、バウンダリオブジェクトになりうると期待される。その際、研究者は多元素同位体景観(multi-isoscape)のような新しい科学...
近藤康久
日本地球惑星科学連合2017年大会   2017年5月22日   日本地球惑星科学連合
環境問題は、自然と社会の諸要因が地球規模から地域規模に至る多様なスケールで関係しながら生起し、さらに政府・自治体・事業者・住民など社会の多様なアクターがステークホルダー(利害関係者)として関与するため、科学のみでは解決困難な問題(wicked problem)である。問題の解決を図るためには、特にアクター間の知識情報ギャップが阻害要因となる。本発表では、アクター間の知識情報ギャップを可視化し克服するための方法論として、ITビジネスにおいて新しい価値を先導するエヴァンジェリストや、レジデント...
近藤康久・門脇誠二・北川浩之・鈴木美保・仲田大人・野口 淳・野林厚志・西秋良宏
科研費新学術領域研究「パレオアジア文化史学:アジア新人文化形成プロセスの総合的研究」第3回研究大会   2017年5月14日   科研費新学術領域研究「パレオアジア文化史学:アジア新人文化形成プロセスの総合的研究」
Yasuhisa Kondo, Atsushi Noguchi
第45回考古学におけるコンピュータの利活用と計量的方法に関する国際会議   2017年5月14日   考古学におけるコンピュータの利活用と計量的方法に関する国際会議
Open science refers to efforts to make outputs from publicly funded research more widely accessible in digital format (OECD, 2015) and is expected to accelerate social innovation by recycling open research data and resources. In practise, open sci...
Yasuhisa Kondo, Akira Saito, Nozomi Mizota, Tomoko Koyama
第45回考古学におけるコンピュータの利活用と計量的方法に関する国際会議   2017年3月15日   考古学におけるコンピュータの利活用と計量的方法に関する国際会議
This paper reports on an ongoing synergistic collaboration between data visualisation experts and historians in developing a geodatabase of resettlement (reducción) in the colonial Andes (Peru and Bolivia) in order to understand the historical pro...
近藤康久
OPEN SCIENCE WORKSHOP VOL.2   2017年2月19日   KYOTO OPEN SCIENCE勉強会
環境問題の現場における超学際研究の新展開
近藤康久・近藤昭彦・木本浩一・石井励一郎・奥田 昇・窪田順平・手代木功基
第19回環境リモートセンシングシンポジウム   2017年2月16日   千葉大学環境リモートセンシング研究センター
近藤康久
第8回地球研東京セミナー   2017年1月26日   総合地球環境学研究所
今年度から5年間の第5期科学技術基本計画では、地域や地球規模で顕在化している課題に先手を打って対応するために、社会の多様なステークホルダーとの対話と協働により科学技術イノベーションを共創する方針が打ち出されました。これを実現する方策の一つが、公的資金による研究の成果を社会に広く公開するオープンサイエンスです。科学の知識や情報を課題解決やイノベーションにつなげる現場には、社会と学術を双方向的に橋渡しして「知の跳躍」を起こす人材が必要ですが、このような橋渡し人材はどのように育ち、どのような役割...
GISを用いた多元素同位体情報の可視化とその意義
近藤康久・陀安一郎・中野孝教・申 基澈・薮崎志穂・山田佳裕・大河内博・真庭 譲・西村寿々美・横尾頼子・帰山寿章・山田明弘・下島浩平・小沢弘幸
第6回同位体環境学シンポジウム   2016年12月22日   総合地球環境学研究所研究基盤国際センター
本研究では、多元素同位体景観(multi-isoscapes)を可視化する方法として、空間主成分分析(spatial principal component analysis)を提案する。空間主成分分析は、多変量解析の1つである主成分分析を地理空間に応用したものであり、例えば標高と傾斜角、傾斜方向のように相関の強い多変量データを圧縮するのに用いられる[1]。多元素同位体の指標も相関が強いため、この方法の適用を試みた。具体的には、福井県大野市の市民が2015年12月に市内主要部で採取した井戸...
パレオアジア文化史学総合遺跡データベースPaleoAsia DBのグランドデザイン
近藤康久
科研費新学術領域研究「パレオアジア文化史学:アジア新人文化形成プロセスの総合的研究」第1回研究大会   2016年11月6日   科研費新学術領域研究「パレオアジア文化史学:アジア新人文化形成プロセスの総合的研究」
アラビア半島におけるホモ・サピエンスの定着:オマーンでの調査計画
近藤康久
科研費新学術領域研究「パレオアジア文化史学:アジア新人文化形成プロセスの総合的研究」第1回研究大会   2016年11月5日   科研費新学術領域研究「パレオアジア文化史学:アジア新人文化形成プロセスの総合的研究」
多元素同位体指標の可視化とオープンサイエンス
近藤康久
金沢大学環日本海域研究センター拠点研究集会   2016年11月3日   金沢大学環日本海域研究センター、総合地球環境学研究所、京都大学生態学研究センター
近藤康久
FOSS4G 2016 NARA.KANSAI   2016年10月30日   OSGeo財団日本支部
学術論文のオープンアクセス化や科学データのオープンデータ化など、科学知を広く社会に開放するオープンサイエンスの動きが始まっています。
この動きは、研究者が社会の様々な人たちと一緒に社会課題の解決を目指す超学際研究(transdisciplinary research=TD)の動きと合流して、学問の際(きわ)を超えていくムーブメント、いうなれば「Open-TD」になりつつあります。
Open-TDはどのような研究になるのか、そのアイディアをお話しします。
Google Earth Engineを用いた超学際リモートセンシングの可能性〜地球環境GIS講習会2016の経験から〜
近藤康久
千葉大CEReS-地球研合同ワークショップ「環境問題の現場における超学際研究の新展開」   2016年10月10日   総合地球環境学研究所、千葉大学環境リモートセンシング研究センター
Joint ecological niche- & cost surface model to backcast the adaptation of early modern humans to the palaeoenvironment
Yasuhisa Kondo
Future Earth Cluster Workshop “Modeling Challenges for Sustainability”   2016年9月28日   
近藤康久
第4回KYOTOオープンサイエンス勉強会   2016年9月21日   KYOTOオープンサイエンス勉強会
近藤康久
文部科学省科学技術・学術政策研究所講演会(ホライズン・セミナー)   2016年9月20日   文部科学省科学技術・学術政策研究所
地球環境問題や少子高齢化などの社会課題の解決をめざす研究には、異分野の研究者や政府・自治体、企業、NPO、地域住民など社会の多様なステークホルダーが知識経験を持ち寄り、立場を超えた対話と熟議を通して研究計画の共同立案(co-design)、知識の共同生産(co-production)、成果の共同発表(co-dissemination)を行い、課題解決に向けた意思決定をリードする(co-leadership)という超学際アプローチ(transdisciplinary approach)が必要...
地球環境学の離散的なデータの活用に向けた諸問題〜何が障壁で、どう乗り越えるか〜
近藤康久
第1回NII-地球研合同セミナー   2016年9月3日   平成28年度国立情報学研究所公募型共同研究「オープンサイエンスでフィールドサイエンスの新時代を拓く」
近藤康久
平成28年度クリタ水・環境科学振興財団研究成果報告会   2016年8月26日   公益財団法人クリタ水・環境科学振興財団
近藤康久・熊澤輝一・関野 樹・陀安一郎・中野孝教
日本地球惑星科学連合2016年大会   2016年5月24日   日本地球惑星科学連合
総合地球環境学研究所は、2016年度から6年間の第3期中期目標・中期計画期間において、同位体測定データの共有・公開と、同位体環境情報の地図化すなわち同位体景観(isoscape)の可視化に関する研究開発を重点的に推進する。そのための準備作業として同位体環境学の語彙体系の整理を試みた。具体的には、情報学と同位体環境学の研究者が同席して、地球研市民セミナーの講演から抽出した語彙を記した付箋を壁面にレイアウトする手法を用いてブレインストーミングを行い、同位体環境学のうち特に水文学と生態学、地球化...
Yasuhisa Kondo
日本地球惑星科学連合2016年大会   2016年5月23日   日本地球惑星科学連合
The mention of the open scientific research data (hereafter referred to as “OSRD”) in the 2013 G8 Science Ministers Statement promoted the acceptance of open science, that was defined as “efforts to make the output of publicly funded research more...
谷口真人・マレー ハイン・大西有子・西村武司・蛯名邦禎・伊藤真之・鶴田宏樹・近藤康久・安成哲三
日本地球惑星科学連合2016年大会   2016年5月22日   日本地球惑星科学連合
総合地球環境学研究所Future Earth推進室では、科学技術振興機構(JST)社会技術研究センター(RISTEX)によるフューチャー・アース構想の推進事業の委託研究として、日本が取り組むべき国際的優先テーマの抽出及び研究開発のデザインに関する調査研究を実施している。フューチャー・アース(Future Earth)構想は、2012 年のRIO+20 を機に、国際科学会議(ICSU)等を中心として提唱され、これまでの地球環境研究の国際プログラム(GEC: Global Environmen...
近藤康久・西村雄一郎
日本地球惑星科学連合2016年大会   2016年5月22日   日本地球惑星科学連合
「友引Night!!」は2010年から2012年にかけて放送された、考古学と地理情報システム(GIS)に関する話題を提供するストリーミング番組である。番組は東京で、六曜の「友引」2回に1回の頻度で収録され、ライブ配信された。番組の長さは各回約1時間で、内容はゲストトークとイベントレポート、アプリケーション・調査機器などのガジェット紹介等で構成された[1, 2]。ストリーミングのプラットフォームにはUstreamを用いた。Ustreamのソーシャルストリーム機能やTwitterを用いて出演者...
遺構のマッピングとデータ共有:オマーン、バート遺跡群のデジタル文化遺産目録構築プロジェクト(第2報)
近藤康久・三木健裕・黒沼太一・早川裕弌・片岡香子・小口 高
第23回西アジア発掘調査報告会   2016年3月27日   日本西アジア考古学会
近藤康久
研究データとオープンサイエンスフォーラム   2016年3月17日   国立国会図書館、国立情報学研究所、科学技術振興機構
2016年1月に閣議決定された第5期科学技術基本計画では、公的資金による研究成果の利活用を可能な限り拡大することを、国のオープンサイエンス推進の基本姿勢とすることが明記された。同時に、国内または地球規模で顕在化している課題に先手を打って対応するため、国が重要な政策課題を設定し、課題解決に向けた科学技術イノベーションを推進することもうたわれた。
 地球環境問題をはじめとする社会課題の解決に資する研究を展開するにあたっては、研究者だけでなく、政府、自治体、産業、NPO、地域住民など、社会の多様...
近藤康久・熊澤輝一・安富奈津子・関野 樹・中野孝教・陀安一郎
第5回同位体環境学シンポジウム   2015年12月25日   総合地球環境学研究所研究高度化支援センター
地球研の研究高度化支援センター情報基盤部門は、所内ネットワーク・システムや地理情報システム(GIS)、リモートセンシングソフトウェア等の保守・管理を行なうとともに、地球環境学の情報資源の蓄積と利活用を促進することを目的として、地球研のプロジェクト等の研究成果物を収集する「地球研アーカイブス」や、地球環境問題の事象間の複雑な因果関係を可視化する「地球環境学リポジトリ・システム」の研究開発を進めている。
2016年度から6年間の第3期中期目標・中期計画期間において、情報基盤部門は所内外の環境情...
Developing a geodatabase to understand historico-geographical processes of reducción
Yasuhisa Kondo
International Symposium Rethinking Forced Resettlement in the Colonial Andes   2015年11月7日   
Yasuhisa Kondo
CS-DC '15 e-conference   2015年10月1日   CS-DC
近藤康久
オープンサイエンスデータ推進ワークショップ   2015年9月17日   京都大学理学研究科附属地磁気世界資料解析センター
Mapping facilities for control of flood waters at Bronze Age and Islamic oasis settlements in the interior of Oman
Yasuhisa Kondo, Takehiro Miki, Tara-Beuzen-Waller, Stéphane Desruelles, Atsushi Noguchi, Taichi Kuronuma, Éric Fouache
国際第四紀学連合第19回大会   2015年8月1日   国際第四紀学連合
A combination of ecological niche models and cost surface analysis figures out routes and rapidity of the dispersal of early modern humans
Yasuhisa Kondo, Katsuhiro Sano, Takayuki Omori, Ayako Abe-Ouchi, Wing-Le Chan, Seiji Kadowaki, Masaki Naganuma, Ryouta O’ishi, Takashi Oguchi, Yoshihiro Nishiaki, Minoru Yoneda
国際第四紀学連合第19回大会   2015年7月31日   国際第四紀学連合
Spatial analysis of the Bronze Age Necropolis at Bat in the Ibri region, Sultanate of Oman
Takehiro Miki, Taichi Kuronuma, Yasuhisa Kondo
Seminar for Arabian Studies 2015   2015年7月24日   Seminar for Arabian Studies
This poster presents the results of the archaeological survey at Bat, Oman. This survey was conducted in 2014 and 2015 as part of the digital heritage inventory development project. Bat is known as a largest cluster of Bronze Age tombs of the regi...
近藤康久
平成27年度総合地球環境学研究所コアプロジェクトFSヒアリング   2015年7月24日   総合地球環境学研究所
オマーン国イブリ県バート遺跡群における青銅器時代墓地遺跡の空間分析
黒沼太一・三木健裕・近藤康久
日本西アジア考古学会第20回大会   2015年6月13日   日本西アジア考古学会
近藤康久
地球研リモートセンシング・ワークショップ   2015年6月   総合地球環境学研究所研究高度化支援センター
近藤康久・関野 樹・石川智士・多田洋平・安富奈津子・中野孝教
日本地球惑星科学連合2015年大会   2015年5月28日   日本地球惑星科学連合
大学共同利用機関法人人間文化研究機構総合地球環境学研究所(地球研)は、2001 年の創設以来、既存の学問分野の枠 組みを超えた「人間と自然の相互作用環」の解明を通して、人と地球の未来可能なあり方を追求する総合地球環境学の 構築を目指してきた。地球研の特色は、所内外への公募を通して立ち上げられた共同研究プロジェクトを研究活動の中 心に据えている点にある。プロジェクトは時限付きであり、国内外の大学・研究機関に所属する研究者や社会の多様な ステークホルダーとの共同研究を通じて推進される。プロジェ...
熊澤輝一・原圭史郎・近藤康久
日本地球惑星科学連合2015年大会   2015年5月27日   日本地球惑星科学連合
近藤康久・石井励一郎・中野孝教・安富奈津子
日本地球惑星科学連合2015年大会   2015年5月27日   日本地球惑星科学連合
地球環境の研究は、自然科学のアプローチと人文・社会科学のアプローチの両方からなり、学際研究(interdisciplinary research)だけでなく社会の多様なステークホルダーとの協働研究(transdisciplinary research)も含まれる。それらの研 究は、気候モデルのようなグローバル(マクロ)スケールのものからフィールド調査のようなローカル(ミクロ)スケー ルのものまで、マルチスケールに展開される。また、観測・調査から取得されるデータは地球観測データのような定型 ...
近藤康久・小口 高・村山泰啓・川端穂高
日本地球惑星科学連合2015年大会   2015年5月26日   日本地球惑星科学連合
日本地球惑星科学連合(JpGU)は地球惑星科学に関連する50の学協会の連合体であり、9,000名を超える会員を擁する、日本でも有数の大規模学会である。2014年大会には 7,046名の参加登録があり、5日間で194のセッションが行わ れ、口頭発表2,428件とポスター発表1,378件が行われた。このように大規模な学会になると、会員数が数百名規模の小規模学会に比べて研究者間のコミュニケーションが希薄になる傾向がある。JpGUでは2011年にTwitterとFacebookのアカウントを開設し...
小口 高・小林博樹・早川裕弌・瀬戸寿一・近藤康久・Rene Mendoza
日本地球惑星科学連合2015年大会   2015年5月26日   日本地球惑星科学連合
We have been conducting a collaborative research of Japanese and Philippine researchers to construct a system for disaster management in the Philippines. We focus on climatological data from numerous sensors with special attention to heavy rainfal...
Information platforms for transdisciplinary research
Yasuhisa Kondo
GISTDA tour seminar   2015年3月24日   総合地球環境学研究所
先端技術で世界遺産を記録する:オマーン、バート遺跡群のデジタル文化遺産目録構築プロジェクト
近藤康久・三木健裕・野口 淳・早川裕弌・小口 高
第22回西アジア発掘調査報告会   2015年3月22日   日本西アジア考古学会

Works

 
オマーンの地理と歴史
近藤康久   その他   2014年10月
中東オマーンの世界遺産を測る・調べる
近藤康久   その他   2010年11月
奈良文化財研究所平城宮跡資料館平成22年秋季特別展「文化財を測る、知る、伝えるの最前線:空間情報科学と測量・計測技術を用いた文化財研究」ポスター
離ればなれのノウハウと人をつなぐ:Archaeo-GIS Workshop 3年間の取り組み
Archaeo-GIS Workshop   その他   2010年11月
奈良文化財研究所平城宮跡資料館平成22年秋季特別展「文化財を測る、知る、伝えるの最前線:空間情報科学と測量・計測技術を用いた文化財研究」ポスター
「旧人・新人交替劇」関連遺跡データベース
近藤康久   データベース   2010年11月

受賞

 
2016年8月
公益財団法人クリタ水・環境科学振興財団 クリタ水・環境科学研究優秀賞
 
2011年11月
CSIS DAYS 2011 優秀発表賞 生態学的予測モデルの考古学への応用に関する研究
 
2008年3月
日本情報考古学会 堅田賞(優秀賞)
 

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金 新学術領域研究(研究領域提案型)
研究期間: 2016年7月 - 2021年3月    代表者: 西秋良宏
文部科学省: 科学研究費補助金 新学術領域研究(研究領域提案型)
研究期間: 2016年7月 - 2021年3月    代表者: 北川浩之
日本学術振興会: 科学研究費補助事業 基盤研究A(一般)
研究期間: 2015年4月 - 2020年3月    代表者: 斎藤 晃
環境問題の現場における超学際研究の新展開
千葉大学環境リモートセンシング研究センター: 平成28年度千葉大学環境リモートセンシング研究センター共同利用研究(研究会)
研究期間: 2016年7月 - 2018年3月    代表者: 近藤康久
モンスーンアラビアにおける環境人類史の再評価
三菱財団: 第45回(平成28年度)人文科学研究助成
研究期間: 2016年10月 - 2017年9月    代表者: 近藤康久
総合地球環境学研究所: コアプロジェクト予備研究(FS)
研究期間: 2016年5月 - 2017年3月    代表者: 近藤康久
地球環境に関わる社会課題の解決に関与するアクターとなる研究者・意思決定者・生活者・専門技能ボランティア(プロボノ)それぞれのコミュニティー内部およびコミュニティー間における、課題に対する認識および利用可能な知識情報資源の齟齬(ギャップ)を可視化し克服する方法論を構築する。
オープンサイエンスでフィールドサイエンスの新時代を拓く〜異分野データの融合で、どんなイノベーションを起こせるか〜
国立情報学研究所: 平成28年度公募型共同研究(研究企画会合公募型)
研究期間: 2016年4月 - 2017年3月    代表者: 近藤康久
オマーンにおけるステークホルダーとの協働による自然・文化遺産地理情報基盤の構築
国土地理協会: 平成27年度学術研究助成
研究期間: 2015年9月 - 2016年8月    代表者: 近藤康久
総合地球環境学研究所: コアプロジェクト予備研究(FS)
研究期間: 2015年8月 - 2016年3月    代表者: 近藤康久
オープンサイエンス時代の到来を見すえ、研究者以外の利用者にもつかいやすい地球環境研究情報の検索・提供サービスを実践プロジェクトおよび研究者、市民と協働して開発し、実用化する。サービスを開発する過程で、地球環境学のオープンサイエンスにかかわる超学際コミュニティを形成するとともに、研究データの公開を促進することによって、地球環境学にオープンサイエンスを研究風土として定着させる。
文化遺産ドキュメンテーション国際委員会第25回大会での研究発表等
電気通信普及財団: 海外渡航旅費援助
研究期間: 2015年8月 - 2015年9月    代表者: 近藤康久

委員歴

 
2015年4月
 - 
現在
日本イコモス国内委員会  ISC委員(CIPA担当)
 
2014年8月
 - 
現在
日本地球惑星科学連合  情報システム副委員長
 
2014年3月
 - 
現在
日本地理学会  広報専門委員
 
2013年9月
 - 
現在
国際地形学会  地考古学分科会事務局長
 
2016年5月
 - 
2016年5月
ROCEEH Project  外部評価委員
 

学歴

 
2006年4月
 - 
2009年3月
東京大学 大学院人文社会系研究科 基礎文化研究専攻考古学専門分野博士課程
 
2002年4月
 - 
2005年3月
東京大学 大学院人文社会系研究科 基礎文化研究専攻考古学専門分野修士課程
 
2000年4月
 - 
2002年3月
東京大学 文学部 歴史文化学科考古学専修課程
 
1998年4月
 - 
2000年3月
東京大学 教養学部 文科三類
 
1995年4月
 - 
1998年3月
愛知県立旭丘高等学校