有声促音の音声学的諸問題:地域変異と発話スタイルを中心に

2014年9月29日に日本音声学会第28回大会にてワークショップ「有声促音の音声学的諸問題:地域変異と発話スタイルを中心に」を開催しました。

当日お越しいただいた方々に御礼申し上げます。また,発表資料(予稿集原稿,スライド)を公開します。

当日のプログラムは以下のとおりです。

趣旨説明

「天草諸方言における有声促音の形態論的分布と音響音声学的実現」
松浦 年男 (北星学園大学)

「有声促音の音声的有声性に見られる地域差」
高田 三枝子 (愛知学院大学)

「破裂音における声門制御の基準点と有声促音」
松井 理直 (大阪保健医療大学)

「強調形に現れる促音と有声性」
川原 繁人 (慶應義塾大学)

コメント
加藤 宏明 (情報通信研究機構)
 

発表資料

SearchSearch