深山 洋平

J-GLOBALへ         更新日: 16/05/27 04:53
 
アバター
研究者氏名
深山 洋平
 
フカヤマ ヨウヘイ
所属
北海道大学
部署
大学院文学研究科
職名
専門研究員
学位
博士(文学)(北海道大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2016年2月
 - 
現在
北海道大学 大学院文学研究科 専門研究員
 
2012年4月
 - 
現在
酪農学園大学 非常勤講師
 
2009年10月
 - 
2013年10月
浦河赤十字看護専門学校 非常勤講師
 

学歴

 
2005年4月
 - 
2014年3月
北海道大学 大学院文学研究科 思想文化学専攻博士後期課程
 
2003年4月
 - 
2005年3月
北海道大学 大学院文学研究科 思想文化学専攻修士課程
 
1999年4月
 - 
2003年3月
北海道大学 文学部 人文科学科
 
1996年4月
 - 
1999年3月
北海道札幌北高等学校  普通科
 

担当経験のある科目

 
 

論文

 
深山 洋平
北海道大学      2015年12月
Fukayama, Y., Nakatogawa, K. and Kitamura, H.
Proceedings of SOCREAL 2013 : 3rd International Workshop on Philosophy and Ethics of Social Reality 2013   12-25   2013年10月   [査読有り]
深山 洋平
北海道大学大学院文学研究科研究論集   (12) 31-46   2012年12月
ヘルマン(Geoffrey Hellman)は2003年の著作〝Does category theoryprovide a framework for mathematical structuralism?"(Hellman,2003)において,マックレーン(Saunders Mac Lane)による数学の圏論的基礎付け(MacLane& Moerdijk,1992)とアウディ(Steve Awodey)の圏論を用いる構造主義(Awodey,1996)を誤って結びつけた。彼がどのように誤っ...
Kitamura, H., Nakatogawa, K. & Fukayama, Y.
Proceedings of the International Workshop on Philosophy and Ethics of Social Reality, Sapporo, Japan, 2007   40-53   2007年   [査読有り]
深山 洋平
哲学   42 左1-左14   2006年7月   [査読有り]
F.W. Lawvere described a certain interesting feature on G. Cantor's theory of cardinal numbers, using adjoint functors from the category theory. This paper provides a brief overview of the method he took, and then consider its significance. As a c...

書籍等出版物

 
Discussing capabilities, emotions and values: A cross-cultural perspective.
Nakatogawa, K., de Tienda Palop, L., Mitsuke, Y. and Fukayama, Y. (Eds.).
Group in Logic (a representative, Koji Nakatogawa. Department of Philosophy, Hokkaido University): Sapporo, Japan.   2015年9月   

講演・口頭発表等

 
Toward sheaf semantics for a multi-agent substructural modal logic
Fukayama, Y., Nakatogawa, K. and Kitamura, H.
SOCREAL 2013: 3rd International Workshop on Philosophy and Ethics of Social Reality   2013年10月25日   
Kripke structure, event sheaf and functorial semantics
中戸川孝治, 深山洋平
科学基礎論春のセミナー   2012年3月5日   
Communication structures among agents: Quantales, residuated lattices and substructural logics
Fukayama, Y. & Nakatogawa, K.
The 5th Asia-Pacific Workshop on Quantum Information Science 2011 in conjunction with the Festschrift in Honour of Vladimir Korepin.   2011年5月26日   
歴史から見る圏論の哲学
深山 洋平
科学基礎論学会総会   2009年6月14日   
Substructuralized modal logics applied to the two wise girls puzzle
Kitamura, H., Nakatogawa, K. & Fukayama, Y.
SOCREAL 2007: International Workshop on Philosophy and Ethics of Social Reality 2007   2007年3月9日