山本 洋紀

J-GLOBALへ         更新日: 17/02/23 10:29
 
アバター
研究者氏名
山本 洋紀
 
ヤマモト ヒロキ
URL
https://kaken.nii.ac.jp/d/r/10332727.ja.html
所属
京都大学
部署
人間・環境学研究科(研究院)
職名
助教

研究分野

 
 

経歴

 
2012年
 - 
2015年
京都大学 人間・環境学研究科(研究院) 助教
 

論文

 
触覚に基づく質感の情報処理機構
山本 洋紀
Clinical Neuroscience   35(2) 169-171   2017年2月   [招待有り]
Information-Theoretic Characterization of Brain Registration and Structure-Function Relationships
山本 洋紀
Neuroscience and Biomedical Engineering   4(2) 140-147   2016年9月   [査読有り]
Database of Synesthetic Color Associations for Japanese Kanji
山本 洋紀
Behavior Research Methods      2016年1月   [査読有り]
手触りと"眼触り"の脳を探る
山本 洋紀
Brain & Nerve –神経研究の進歩−   67(6) 691-700   2015年6月   [招待有り]
Miyazaki J., Yamamoto H.*, Ichimura Y., Yamashiro H., Murase T., Yamamoto T., Umeda M., Higuchi T.
Experimental Brain Research      2015年5月   [査読有り]

Misc

 
Analysis of Visual Texture and Fabric Hand by Using fMRI.
Oral presentation at 43rd Textile Research Symposium      2014年12月   [査読有り]
Model-free fMRI analysis of Visually Induced Motion Sickness.
山本 洋紀
The 9th CME International Conference on Complex Medical Engineering (CME 2015)   CME-184    2015年6月   [査読有り][依頼有り]
Visually induced motion sickness breaks the synchronization of fMRI time-series from the left and right human MT+.
Miyazaki J., Yamamoto H., Ichimura Y., Yamashiro H., Murase T., Umeda M., Higuchi T.
The 10th Asia-Pacific Conference on Vision   P3-20    2014年11月   [査読有り]
Higher affinity state allele variants in DRD4 and CHRNA4 lead to increased executive attention and related brain activations.
Ueda Y., Kikuno Y., Yamamoto, H., Saiki, J.
Neuroscience 2014   838.19/RR31    2014年11月   [査読有り]
Multiple neural processes underlying binocular rivalry in retinotopic visual areas.
Yamashiro H., Yamamoto H., Mano H., Umeda M., Higuchi T., Saiki J.
Neuroscience 2014   550.19/RR45    2014年11月   [査読有り]

書籍等出版物

 
誠信心理学事典
山本 洋紀 (担当:共著, 範囲:色の知覚, 05-04節, pp.152-155)
誠信書房   2014年4月   
感覚と知覚の基本法則, 3章1節, 心理学概論, 京都大学心理学連合編
山本洋紀
ナカニシヤ出版   2011年   
明るさと色の知覚形成過程.脳科学大辞典, 外山・甘利編, 7.4節, pp. 403- 413.
江島義道, 山本洋紀
朝倉書店   2000年   

講演・口頭発表等

 
質感:アート・心理学・脳科学 [招待有り]
山本 洋紀
キヤノン:質感・CGワークショップ   2014年10月31日   (株)キヤノン
視覚意識と初期視覚野 [招待有り]
山本 洋紀
第42回日本磁気共鳴医学会大会:シンポジュウム2 「fMRIで分かる脳機能」   2014年9月18日   日本磁気共鳴医学会
視覚的質感の脳研究:食品応用への展望
日本食品・機械研究会:平成24年度年次大会   2012年6月29日   大阪国際会議場, 大阪
表面の色と質感の知覚
日本繊維機械学会講演会:「感性解析の新基軸」   2011年1月14日   日本繊維機械学会
脳の研究からみた色彩
日本色彩学会関西支部2009セミナー&シンポジウム:「色彩心理」   2009年3月11日   日本色彩学会

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2015年 - 2017年    代表者: 山本 洋紀
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2013年 - 2014年    代表者: 山本 洋紀
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2011年 - 2012年    代表者: 山本 洋紀
本研究の目的である、実物体刺激を用いた質感知覚の多角的な脳イメージング計測を実現すべく、第一段階として、非磁性の特殊な超音波モーターと光ファイバー照明を組み合わせた、日中戸外に匹敵(~10,000lux)する高質感で実物体を呈示可能な「fMRI対応実物体刺激呈示装置」の開発を進めた。モーターの制御系やソフトウェアの改良、配線のシールド強化・最適化を実施した結果、SN比の低下をモーター駆動時のみに制限することが可能となった。それ以外では、モーターを導入しない通常スキャン時と同等のSN比を確保...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: 山本 洋紀
ヒト視覚皮質の色縞刺激の視覚意識に関わる脳過程を明らかにする目的で、一連の機能的磁気共鳴画像法(fMRI)研究を行った。第一に、レチノトピー測定実験によって多数の被験者について視覚領野位置を同定し、新たな集団視覚野地図を作成した。第二に、連続フラッシュ抑制事態の脳活動測定に基づき、見えない縞刺激に対する低次視覚野の脳活動特性を明らかにした。最後に、様々な空間周波数の色縞刺激に対する脳活動を測定し、3 種の色信号(明暗、赤・緑反対色、青・黄反対色)に対する各視覚野の最適空間周波数を明らかにした。
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2007年 - 2008年    代表者: 山本 洋紀
下記3種の研究を行った。(1)視覚野地図研究16名の視覚領野をfMRI(機能的共鳴画像化法)で同定した後、確率地図として統合した。(2)色選択的メタコントラスト研究色選択的メタコントラス事態の脳活動をfMRIで測定した結果、初期視覚野のレチノトピック活動が視覚的文脈に強く左右されること、また色の可視性と密接な関連を持つことがわかった。(3)色対比研究色の同時対比事態の脳活動をfMRIで測定した結果、低次から高次の多数の視覚野が関与が示された。

特許

 
特開特開平5-332740 : 回路部品の接続状態検出方法
山本洋紀
特開特開平5​-​1​4​3​7​3​4 : 部品輪郭抽出方法
山本洋紀・秦野弘
特開特開平​5​-​1​4​1​9​3​8 : 部品の傾き検出方法
秦野弘・山本洋紀
特開特開平​5​-​1​4​1​9​20 : 部品状態検出方法
山本洋紀・秦野弘
特開特開平7-122896 : 電子部品の位置・姿勢計測方法及び装置
山本洋紀