中村 行宏

J-GLOBALへ         更新日: 15/08/06 12:56
 
アバター
研究者氏名
中村 行宏
 
ナカムラ ユキヒロ
通称等の別名
Yukihiro Nakamura
eメール
yunakamurajikei.ac.jp
URL
http://www.jikei-pharm.com/
所属
東京慈恵会医科大学
部署
薬理学講座
職名
助教

プロフィール

パッチクランプ法、光学測定法およびシミュレーションの手法を用いて、中枢神経シナプスにおけるシナプス伝達機構について研究をしています。

研究分野

 
 

論文

 
Chen Z, Das B, Nakamura Y, DiGregorio DA, Young SM
The Journal of neuroscience   35(5) 2083-2100   2015年2月   [査読有り]
Nakamura Y, Harada H, Kamasawa N, Matsui K, Rothman JS, Shigemoto R, Silver RA, DiGregorio DA, Takahashi T
Neuron   85 145-158   2015年1月   [査読有り]
Miyake A*, Takahashi S*, Nakamura Y*, Inamura K, Matsumoto S, Mochizuki S, Katou M (*共同筆頭著者)
The Journal of neuroscience   29 14637-14645   2009年11月   [査読有り]
Nakamura Y, Takahashi T
The Journal of physiology   581 1101-1112   2007年6月   [査読有り]
Takago H*, Nakamura Y*, Takahashi T(*共同筆頭著者)
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   102 7368-7373   2005年5月   [査読有り]
Ishikawa T, Nakamura Y, Saitoh N, Li WB, Iwasaki S, Takahashi T
The Journal of neuroscience   23 10445-10453   2003年11月   [査読有り]
Sugiyama T, Hirono M, Suzuki K, Nakamura Y, Aiba A, Nakamura K, Nakao K, Katsuki M, Yoshioka T
Biochemical and biophysical research communications   265 473-478   1999年11月   [査読有り]
Conditioned eyeblink response is impaired in mutant mice lacking NMDA receptor subunit NR2A.
Kishimoto Y, Kawahara S, Kirino Y, Kadotani H, Nakamura Y, Ikeda M, Yoshioka T
Neuroreport   8 3717-3721   1997年12月   [査読有り]

Misc

 
Patch-clamp recording method in slices for studying presynaptic mechanisms
Tomoyuki Takahashi, Tetsuya Hori, Yukihiro Nakamura, Takayuki Yamashita
Patch Clamp Techniques   137-145   2012年1月

講演・口頭発表等

 
神経伝達物質放出のタイミングを規定するカルシウムチャネルクラスターとシナプス小胞の距離
中村 行宏, Rothman J, Chen Z, Das B, Silver RA, Young SM, 高橋 智幸, DiGregorio D
第37回神経科学大会   2014年9月12日   
中村 行宏, 原田 春美, 釜沢 直美, 松井 広, 重本 隆一, Rothman J, Silver RA, DiGregorio D, 高橋 智幸
第35回神経科学大会   2012年9月19日   
Developmental changes in spatial profiles of Ca channel and Ca influx underlying tightening of Ca-secretion coupling at the calyx of Held
中村 行宏, 原田 春美, 釜沢 直美, 松井 広, 重本 隆一, Rothman J, Silver RA, DiGregorio D, 高橋 智幸
CNRS Conférences Jacques Monod   2012年7月2日   
Calyx of Heldシナプス前末端におけるカルシウムシグナルの生後発達変化 [招待有り]
中村 行宏
Physical Concepts of Medical Science   2012年5月18日   
高橋 真司, 中村 行宏, 稲村 耕平, 三宅 哲
2010年米国神経科学会大会   2010年11月15日   
中村 行宏, DiGregorio D, Silver RA, 高橋 智幸
2009年米国神経科学会大会   2009年10月19日   
中村 行宏, DiGregorio D, 高橋 智幸
第85回日本生理学会大会   2008年3月27日   
中村 行宏, 高橋 智幸
第84回日本生理学会大会   2007年3月21日   
中村 行宏, 石川 太郎, 高橋 智幸
2004年米国神経科学会大会   2004年10月   

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2011年 - 2012年    代表者: 中村 行宏
(1)ノイズ分析によるシナプス前末端Caチャネルの単一チャネルコンダクタンスの推定:生後1週齢のラット脳幹calyx of Heldのシナプス前末端からホールセルパッチクランプ記録を行い、脱分極によって誘発される電位依存性Ca電流を記録した。Ca電流の波形にノイズ分析の手法を適用して推定した単一チャネルコンダクタンスの値は1.3 pSであった。生後2週齢ではのチャネルコンダクタンスは1.2 pSであり、聴覚の獲得前後でシナプス末端に発現する単一チャネルコンダクタンスには変化が生じないことが...
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2008年 - 2009年    代表者: 中村 行宏
シナプス前末端におけるカルシウム(Ca)ドメインは、シナプス伝達の速度や信頼性を決定する重要な因子である。脳幹聴覚伝導路上の巨大シナプスcalyx of Heldでは、生後発達に伴ってCaドメインがマイクロドメインからナノドメインに移行することが示唆されていたが、その変化のメカニズムは不明であった。本研究では、Ca感受性色素をcalyxへ注入し、共焦点スポット観察(点スキャン)にてシナプス前末端内の局所Caを観察することにより、シナプス前末端Caドメインの可視化を試みた。活動電位によって誘...

特許

 
PCT/JP2002/011843 : 遺伝子改変動物
三宅哲, 中村行宏, 倪健偉, 望月忍