高橋 佳孝

J-GLOBALへ         更新日: 17/09/11 20:14
 
アバター
研究者氏名
高橋 佳孝
 
タカハシ ヨシタカ
所属
国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
部署
西日本農業研究センター 畜産・鳥獣害研究領域
職名
再雇用職員
学位
農学博士(東京大学)
その他の所属
阿蘇草原再生協議会全国草原再生ネットワーク

プロフィール

1979年に農林水産省に入省以来,一貫して「里山草地の永続的維持管理と利用に関する研究」に従事。中国地方や熊本県阿蘇地方を中心に,地域の農家,市民,行政の一体的な放牧への取り組みと地域資源の保全・管理の実践を支援。草地の保全管理の問題を,草原生態系だけでなく農畜産業や文化景観の視点から研究調査し、また,全国草原サミットの開催にも尽力しています。阿蘇の草原に造詣が深く,調査研究のほかに阿蘇草原再生協議会会長を務め,官民が一体となった「阿蘇千年の草原」の保全活動にも関わっています。退職後再任用(専門員)となった今も,全国の半自然草原保全のためにあちこちを飛び回っています。

研究分野

 
 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
(国研)農業・食品産業技術総合研究機構西日本農業研究センター 畜産・鳥獣害研究領域 専門員(再契約職員)
 
2014年4月
 - 
2016年3月
(独)農業・食品産業技術総合研究機構近畿中国四国農業研究センター 畜産草地・鳥獣害研究領域 専門員(再契約職員)
 
2011年4月
 - 
2014年3月
(独)農業・食品産業技術総合研究機構近畿中国四国農業研究センター 畜産草地・鳥獣害研究領域 上席研究員
 
2009年4月
 - 
2011年3月
(独)農業・食品産業技術総合研究機構近畿中国四国農業研究センター 粗飼料多給型高品質牛肉研究チーム 上席研究員
 
2006年4月
 - 
2009年3月
(独)農業・食品産業技術総合研究機構近畿中国四国農業研究センター 粗飼料多給型高品質牛肉研究チーム 主任研究員
 
2007年4月
 - 
2008年3月
広島大学大学院 国際協力研究科 非常勤講師
 
2006年4月
 - 
2008年3月
宮崎大学 農学部 客員教授
 
2003年10月
 - 
2006年3月
(独)農業・生物系特定産業技術研究機構畿中国四国農業研究センター 畜産草地部 主任研究官
 
2001年4月
 - 
2003年9月
(独)農業技術研究機構近畿中国四国農業研究センター 畜産草地部 主任研究官
 
2003年2月
 - 
2003年2月
茨城大学 農学部 非常勤講師
 

委員歴

 
2017年5月
 - 
現在
全国草原サミット・シンポジウムin串間・川南大会実行委員会  委員
 
2015年11月
 - 
現在
米塚及び草千里ヶ浜保存活用計画策定委員会  委員
 
2013年5月
 - 
現在
中央環境審議会自然環境・野生生物部会  専門委員
 
2009年4月
 - 
現在
NPO法人緑と水の連絡会議  顧問
 
2007年11月
 - 
現在
全国草原再生ネットワーク  会長
 
2006年5月
 - 
現在
西日本草原研究グループ  代表
 
2005年12月
 - 
現在
阿蘇草原再生協議会  会長
 
1999年4月
 - 
2017年3月
日本草地学会  評議員
 
2015年7月
 - 
2016年9月
新温泉町全国草原サミット・シンポジウム実行委員会  委員
 
2016年6月
 - 
2016年7月
国立公園「阿蘇」みらい創造懇談会  委員
 

受賞

 
2013年4月
文部科学大臣表彰 科学技術賞
 
2012年4月
「みどりの日」自然環境功労者環境大臣表彰
 
1999年4月
日本草地学会賞
 

論文

 
ススキ(Miscanthus sinensis Anderss.)の導入方法の違いがススキの定着ならびに植生に及ぼす影響
大谷一郎・高橋佳孝・堤 道生
日本草地学会誌   62 75-78   2016年7月   [査読有り]
Component-based quantification and prediction of diet selection by cattle grazing on multi-species communities.
Michio Tsutsumi, Yoshitaka Takahashi, Shigeki Emoto, Naoya Ito, Ichiro Otani and Kazunori Matsumoto
Grassland Science   62 12-20   2016年1月   [査読有り]
広島県北広島町溝口地区の背戸山における刈取り草地の植物
白川勝信・堤 道生・高橋佳孝・太田陽子・下杉 孝・河野弥生
高原の自然史   16 71-78   2015年3月   [査読有り]
暖地型芝草の生育に及ぼす施肥、庇蔭の影響および耐寒性
大谷一郎・高橋佳孝・堤 道生
近畿中国四国農業研究   (25) 21-26   2014年9月   [査読有り]
Life cycle assessment of beef cow-calf systems with and without grazing on abandoned cultivated lands in Japan
Michio Tsutsumi, Kumiko Hikita, Yoshitaka Takahashi, Naoyuki Yamamoto
Grassland Science   60(3) 150-159   2014年9月   [査読有り]
三瓶山の火入れ管理下にあるススキ(Miscanthus sinensis Anderss.)草地の植生に及ぼす放牧の影響
高橋佳孝・井上雅仁・堤 道生
日本草地学会誌   60(2) 102-108   2014年7月   [査読有り]
広域連携周年放牧のライフサイクルアセスメント
堤 道生・引田久美子・高橋佳孝・山本直幸
近畿中国四国農業研究   (24) 51-56   2014年3月   [査読有り]
ススキ草地に冬期放牧した肉用種繁殖雌牛の栄養状態
高橋佳孝・山本直幸・渡邉貴之・堤 道生
近畿中国四国農業研究   (24) 65-70   2014年3月   [査読有り]
New method for extracting plant indicators based on their adaptive responses to management practices: application to semi-natural and artificial grassland data
Tomoyo Koyanagi, Yoshinobu Kusumoto, Syuntaro Hiradate, Sayaka Morita, Masashi Yokogawa, Yoshitaka Takahashi, Chiyoshi Sato
Applied Vegetation Science   16(1) 95-109   2013年5月   [査読有り]
Genetic consequences of rapid population decline and restoration of the critically endangered herb Polemonium kiushianum
Masashi Yokogawa, Shingo Kaneko, Yoshitaka Takahashi, Yuji Isagi
Biological Conservation   157 401-408   2013年1月   [査読有り]

Misc

 
阿蘇草原の自然再生と草資源の堆肥利用
高橋佳孝
GREEN AGE   (523) 30-33   2017年7月   [依頼有り]
風景を語る 第1回 高橋佳孝氏(阿蘇草原再生協議会会長)
高橋佳孝
文化的景観だより(阿蘇郡市世界文化遺産登録事業推進協議会事務局(阿蘇世界文化遺産推進室))   1 3   2017年3月   [依頼有り]
野草堆肥利用と草原保全の関係性「野草の刈り取りが豊かな草原を育む」
高橋佳孝
故きを温ねて新しきを知る 阿蘇の農法~野草堆肥利用事例集~(阿蘇地域世界農業遺産推進協会)   28-29   2017年3月   [依頼有り]
三瓶山ススキ草地の種多様性を指標する植物種の抽出
高橋佳孝・井上雅仁
島根県立三瓶自然館研究報告   15 13-19   2017年3月
刈り取りと公園利用を受ける島根県三瓶山の半自然草原における絶滅危惧植物オキナグサの動態
井上雅仁・高橋佳孝
島根県立三瓶自然館研究報告   14 9-17   2016年3月
阿蘇草原の生物多様性調査マニュアルの作成と活用-阿蘇北外輪山地域の採草地の例-
高橋佳孝・渡辺雄一郎・竹原真理
農業および園芸   90(11) 1071-1078   2015年11月
阿蘇草原の生物多様性評価指標の選定と評価-阿蘇北外輪山地域の採草地の例-
高橋佳孝・渡辺雄一郎・竹原真理
農業および園芸   90(10) 977-984   2015年10月
「草のSatoyama」の生態系サービスとその再構築
高橋佳孝
農業および園芸   89(3) 328-339   2014年3月
秋吉台およびその周辺地域における明治期および現代の草地分布
太田陽子・堤 道生・井上雅仁・高橋佳孝
島根県立三瓶自然館研究報告   (12) 1-7   2014年3月
多様な主体が協働・連携する阿蘇草原再生の取り組み
高橋佳孝
大原社会問題研究所雑誌   (655) 3-18   2013年5月

書籍等出版物

 
阿蘇地域における農耕景観と生態系サービス-文化的景観論で地域価値を再発見し世界文化遺産登録を支援する
横川 洋・高橋佳孝(編著) (担当:共編者, 範囲:高橋佳孝「第8章 阿蘇草原における生態系サービスの現状と今後の課題」pp183-262,高橋佳孝・渡辺雄一郎・竹原真理「第9章 阿蘇北外輪山の採草地における生物多様性指標の抽出と評価」pp263-279,高橋佳孝・渡辺雄一郎・竹原真理「誰でも使える生物多様性診断マニュアルの作成と活用-阿蘇北外輪地域の採草地を例に」pp281-297,高橋佳孝・西脇亜也「補論2 阿蘇草原の野焼き(burning)の特殊性について」pp327-337)
農林統計出版   2017年4月   ISBN:4897323657
「阿蘇の文化的景観」保存調査報告書 Ⅱ:詳細調査
阿蘇世界文化遺産推進室(編) (担当:分担執筆, 範囲:高橋佳孝「阿蘇の草原」pp159-210)
阿蘇市・南小国町・小国町・産山村・高森町・南阿蘇村・西原村   2016年3月   
里山のこれまでとこれから(エコロジー講座7)
日本生態学会(編),鎌田磨人・白川勝信・中越信和(責任編集) (担当:分担執筆, 範囲:高橋佳孝「草の里山と生きる-阿蘇草原再生協議会の活動から-」pp58-65)
日本生態学会   2014年3月   
阿蘇と草原 環境・社会・文化
九州民族学会(編) (担当:分担執筆, 範囲:高橋佳孝「多様な主体がかかわる阿蘇草原再生の取り組み」pp5-27)
鉱脈社   2012年11月   ISBN:9784860614645
景観の生態史観-攪乱が再生する豊かな大地
森本幸裕(編) (担当:分担執筆, 範囲:高橋佳孝「火入れと利用が守る草原の生態系」p108-111)
京都通信社   2012年7月   ISBN:9784903473512
変容するコモンズ-フィールドと理論のはざまから-
新保輝幸・松本充郎(編) (担当:分担執筆, 範囲:高橋佳孝「第5章 都市住民との協働による阿蘇草原再生の取り組み」pp103-122,飯國芳明・高橋佳孝「第12章 山野河海の持続的利用をめざして 2.持続的な草原利用の再生条件」p252-261)
ナカニシヤ出版   2012年4月   ISBN:9784779506475
里山のガバナンス-里山学のひらく地平-
牛尾洋也・鈴木龍也(編著) (担当:分担執筆, 範囲:高橋佳孝「第3章 半自然草地生態系と人間の福利-西日本における現状と傾向-」pp51-97)
晃洋書房   2012年3月   ISBN:9784771023628
DVD「千年の草原-For the Next Generation-」
高橋佳孝・山内康二(監修)
環境省九州地方環境事務所   2012年3月   
里山・里海-自然の恵みと人々の暮らし-
国際連合大学高等研究所・日本の里山・里海評価委員会(編) (担当:分担執筆, 範囲:「Ⅱ各論編 12.西日本クラスター」pp174-184の一部)
朝倉書店   2012年3月   ISBN:9784254180350
Satoyama-Satoumi Ecosystems and human Well-being: Socio-ecological Production Landscapes of Japan
Anantha Kumar Duraiappah, Koji Nakamura, Kazuhiro Takeuchi, Masataka Watanabe Maiko Nishi (eds.)
United Nations University Press   2012年   ISBN:97892808451

講演・口頭発表等

 
表層土壌の化学特性および管理手法が草原における出現植物種に及ぼす影響~阿蘇の草原における事例~
平舘俊太郎・楠本良延・森田沙綾香・小柳知代・横川昌史・高橋佳孝
日本土壌肥料学会 九州支部例会   2017年9月   
熊本県阿蘇地域における斜面崩壊後の草原植生の回復
増井太樹・横川昌史・高橋佳孝・津田 智
第64回日本生態学会大会   2017年3月   
島根県三瓶山麓の刈り取り草原における絶滅危惧植物スズサイコの動態
井上雅仁・高橋佳孝
第64回日本生態学会大会   2017年3月   
地域資源を生かす和牛放牧の多様な価値
高橋佳孝
平成28年度畜産研修会(主催:山口県東部家畜保健衛生推進協議会)   2017年2月15日   
草原の保全・再生に向けた募金活動~阿蘇の草原再生募金の事例~
高橋佳孝
「草原の保全・再生に向けた募金活動」に係るセミナー(主催:美祢市観光協会)   2017年2月4日   
全国の草原の現状と草原の持つ公益的機能
高橋佳孝
全国草原の里市町村連絡協議会設立総会(主催:全国草原の里市町村連絡協議会)   2016年11月15日   
Genetic status and demographic history of Polemonium caeruleum subsp. kiushianum recovered from soil seed banks
Yokogawa M, Takahashi Y, Isagi
The 7th EAFES International Congress   2016年4月   
放牧条件下でのセントオーガスチングラスとシバの生育に及ぼす土壌の化学性および日射環境の影響.
大谷一郎・堤 道生・高橋佳孝
2016年度日本草地学会大会   2016年3月   
三瓶山火入れ草原における絶滅危惧植物ヤマトキソウの生育環境
井上雅仁・高橋佳孝・堤 道生
第63回日本生態学会大会講演要旨   2016年3月   
島根県三瓶山東の原における草原の管理放棄に伴う種組成の変化
横川昌史・井上雅仁・増井太樹・ 太田陽子・白川勝信・堤 道生・高橋佳孝
第63回日本生態学会大会講演要旨(Web)   2016年3月