菊池好行

J-GLOBALへ         更新日: 17/04/20 17:35
 
アバター
研究者氏名
菊池好行
 
キクチ ヨシユキ
eメール
ykikuchinagoya-ku.ac.jp
所属
名古屋経済大学
部署
経済学部 現代経済学科
職名
教授
学位
PhD (History of Sience, Technology and Medicine), 修士(理学), 教養学士
科研費研究者番号
70456341

プロフィール

19世紀以降の科学の社会史を専攻しています。特に、国際的な視点から見た幕末・明治期以降の日本化学史、科学の高等教育、実験室の設計思想、科学研究が営まれる「場」の展開、科学の国際交流の発展、日英交流史、蘭学史、19世紀~20世紀のイギリス化学の制度化について研究を進めています。2007年より現在まで分子科学研究所(愛知県岡崎市)のアーカイブ調査に従事していて、第二次世界大戦後の日本の分子科学、物理化学、化学物理の展開にも興味を持っています。

研究分野

 
 
  • 科学社会学・科学技術史 / 科学社会学・科学技術史 / 化学史、日本科学技術史、イギリス科学史、アメリカ科学史、大学史

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
名古屋経済大学 経済学部現代経済学科 教授
 
2016年4月
 - 
2017年3月
東京外国語大学 大学院総合国際学研究院 特別研究員(非常勤講師)
 
2016年4月
 - 
2017年3月
総合研究大学院大学 学融合推進センター 客員研究員
 
2013年12月
 - 
2016年3月
総合研究大学院大学 先導科学研究科 客員准教授
 
2013年9月
 - 
2016年3月
総合研究大学院大学 学融合推進センター 特任准教授
 

学歴

 
2002年10月
 - 
2006年8月
The Open University(英国)  科学技術医学史科
 
1993年4月
 - 
1998年3月
東京大学大学院 総合文化研究科 広域科学専攻
 
1991年4月
 - 
1993年3月
東京大学大学院 理学系研究科 科学史・科学基礎論専攻
 
1987年4月
 - 
1991年3月
東京大学 教養学部 教養学科第一(科学史・科学哲学分科)
 

委員歴

 
2016年2月
 - 
現在
East Asian Science, Technology, and Society: An International Journal  Advisory Board
 
2013年9月
 - 
2016年2月
国際化学史ワークショップ(2015年3月、東京工業大学)  組織委員会、国際プログラム委員会
 
2011年11月
 - 
現在
History of Science Society Forum for the History of Chemical Sciences  プログラム委員会
 
2013年10月
 - 
現在
化学史学会  理事会・編集委員会
 
2014年7月
 - 
2015年7月
化学史学会  年会準備委員
 

受賞

 
2016年7月
化学史学会 学会賞(学術賞)
 
2007年5月
日本科学史学会 学術奨励賞 "The English Model of Chemical Education in Meiji Japan: Transfer and Acculturation"
 
2004年6月
化学史学会 学会賞(論文賞) 「『舎密便覧』の原著者ヘンドリク・クラーメル・ホメス-オランダにおける化学実験操作の図表化の社会的背景-」
 

書籍等出版物

 
化学史学会 (担当:共編者, 範囲:「アイド」「アウヴェルス」他58項目)
化学同人   2017年4月   ISBN:4759818391
1914-1918-Online. International Encyclopedia of the First World War
Yoshiyuki Kikuchi (担当:分担執筆, 範囲:Science and Technology (Japan))
Freie Universitaet Berlin   2017年2月   
Carolien Stolte and Yoshiyuki Kikuchi (担当:共編者)
Amsterdam University Press   2017年1月   ISBN:9089648836
David G. Wittner and Philip C. Brown (担当:分担執筆, 範囲:Chapter 3: An Emperor's Chemist in War and Peace)
Routledge   2016年3月   ISBN:113890533X
The International Workshop on the History of Chemistry 2015 Tokyo (IWHC 2015 Tokyo) “Transformation of Chemistry from the 1920 to the 1960s”: Proceedings
Masanori Kaji, Yasu Furukawa, Hiroaki Tanaka and Yoshiyuki Kikuchi (担当:共編者, 範囲:San-ichiro Mizushima and the Realignment of the International Relation of the Japanese Chemical Community)
化学史学会   2016年2月   
Hugh Cortazzi (担当:分担執筆, 範囲:Sakurai Joji (1858–1939): Leading Chemist and No Drama Specialist; and Edward Divers (1837-1912) and Robert William Atkinson (1850-1929): Influential Teachers of Chemistry in Meiji Japan)
Renaissance Books   2015年1月   ISBN:1898823111
丸善出版   2012年1月   ISBN:4621083872
宮地 正人, 佐藤 能丸, 櫻井 良樹 (担当:共著, 範囲:アトキンソン, 池田菊苗, 大幸勇吉, 織田顕次郎, 甲斐荘楠香, 片山正夫, 小松茂)
吉川弘文館   2011年11月   ISBN:4642014616
Ernst Mach's Prague 1867-1895 as a Human Adventure
John T. Blackmore, Ryoichi Itagaki, and Setsuko Tanaka (担当:分担執筆, 範囲:Mach, Ostwald, and Wald, pp. 291-316 and 342-351)
Sentinel Open Press   2010年   
吉村 壽次 (担当:分担執筆, 範囲:アトキンソン, ダイヴァーズ, プラウト, ヘンリ, ミッチェルリヒ, 桜井錠二, 池田菊苗, 鈴木梅太郎, 長井長義, ウィリアムソン, サンガー, ティンダル, ブラッグ, フランクランド, ロスコー)
森北出版   2009年   ISBN:9784627240124
W.H. ブロック (担当:共訳)
朝倉書店   2006年12月   ISBN:4254105797
Britta Gors,Nikos Psarros,Paul Ziche(eds.) (担当:分担執筆, 範囲:Ostwald and Japanese Chemists)
Leipziger Universitätsverlag   2005年   ISBN:3935693478
W.H. ブロック (担当:共訳)
朝倉書店   2003年7月   ISBN:4254105789
菊池 好行, 化学史学会
化学史学会, 紀伊國屋書店 (発売)   2001年   ISBN:487738135X
Koertge Noretta, American Council of Learned Societies (担当:分担執筆, 範囲:Mizushima, San-ichiro)
Charles Scribner's Sons : Thomson Gale   2008年   ISBN:9780684313252
宮地 正人, 佐藤 能丸, 櫻井 良樹 (担当:分担執筆, 範囲:桜井錠二, ダイバース, 高松豊吉, 近重真澄, 難波元弘)
吉川弘文館   2012年7月   ISBN:4642014624
宮地 正人, 佐藤 能丸, 櫻井 良樹 (担当:分担執筆, 範囲:野田清一郎, 垪和為昌, 樋口眷一, 細木松之助, 松井直吉, 松井元興, ワグネル)
吉川弘文館   2013年1月   ISBN:4642014632
岡田 猛, 戸田山 和久, 田村 均, 三輪 和久 (担当:分担執筆, 範囲:私的科学史論)
北大路書房   1999年2月   ISBN:4762821292

論文

 
「分子科学への道-物理学と化学の界面-」序文
菊池好行
化学史研究   43(2) 59-61   2016年6月   [招待有り]
造幣寮硫酸技師フィンチの国際遍歴-系譜学的調査法による-
菊池好行
化学史研究   42(1) 2-8   2015年3月   [査読有り]
標葉 隆馬, 飯田 香穂里, 中尾 央, 菊池 好行, 見上 公一, 伊藤 憲二, 平田 光司, 長谷川 眞理子
研究技術計画   29(2) 90-105   2014年9月   [招待有り]
知識経済とグローバル化に対応するための方策として,科学技術政策を始めとする種々の政策において高度知識人材の育成が議論されるようになって久しい。その間,大学-大学院レベルの教育において,高度な専門性に加えて,異分野との協働,コミュニケーション,そして説明・応答責任に関する能力の育成が求められるようになってきた。これらの高度知識人材に必要とされる汎用的能力の育成に関して論じられている事柄は,国内外の「科学と社会」教育が試みてきた「幅広い視野」の育成とも重なる議論である。しかしながら,とりわけ日...
Cross-National Odyssey of a Chemist: Edward Divers at London, Galway and Tokyo
Yoshiyuki Kikuchi
History of Science   50(3) 289-314   2012年9月   [査読有り][招待有り]
World War I, International Participation and Reorganisation of the Japanese Chemical Community
Yoshiyuki Kikuchi
Ambix   58(2) 136-149   2011年7月   [査読有り][招待有り]
The Development of Teaching of Applied Chemistry at Tokyo University, 1874-1900
菊池好行
The 6th International Conference on the History of Chemistry “Neighbours and Territories: The Evolving Identity of Chemistry” Proceedings   465-471   2010年
Samurai Chemists, Charles Graham and Alexander William Williamson at University College London, 1863-1872
Yoshiyuki Kikuchi
Ambix   56(2) 115-137   2009年7月   [査読有り]
KIKUCHI Yoshiyuki
Historia scientiarum. Second series : international journal of the History of Science Society of Japan   18(2) 100-120   2008年11月   [査読有り][招待有り]
This paper discusses how education in applied chemistry at Tokyo University during the Meiji period involved three elements of teaching practice-analysis, fieldwork and engineering. The English chemist Robert William Atkinson was appointed in 1874...
菊池 好行
化学史研究   31(4) 239-267   2004年12月   [査読有り]
KIKUCHI Yoshiyuki
Historia scientiarum. Second series : international journal of the History of Science Society of Japan   9(3) 215-256   2000年3月   [査読有り]
菊池 好行
化学史研究   26(2) 102-112   1999年9月   [査読有り]
菊池 好行
化学史研究   24(3) 232-248   1997年11月   [査読有り]
KIKUCHI Yoshiyuki, ITO Kenji, FURUKAWA Yasu
Historia scientiarum. Second series : international journal of the History of Science Society of Japan   6(1) 31-36   1996年7月   [査読有り]
Rudolf Clausiusの熱学思想の展開
菊池好行
科学史・科学哲学   (12) 66-74   1995年
Clausius旧蔵の物理学書についての考察 -東京電機大学クラーク・コレクションにおける発見資料-
古川 安, 菊池 好行, 伊藤 憲二
東京電機大学工学部研究報告   (13) 65-75   1994年12月
菊池 好行, 伊藤 憲二, 古川 安
科学史研究. 第II期   33(192) 221-225   1994年12月

講演・口頭発表等

 
イギリス化学の制度化の国内的・国際的次元 [招待有り]
菊池好行
「近代イギリスにおける科学の制度化と公共圏」国際ワークショップ   2017年3月26日   
池田菊苗と日本におけるエネルゲティークへの反応 [招待有り]
菊池好行
エネルゲティーク史国際ワークショップ   2017年3月17日   
イギリス化学の制度化の重層性と国際的文脈
菊池好行
2016年度化学史研究発表会(年会)シンポジウム「近代イギリスにおける科学の制度化ー専門分科と公共圏」(三重大学)   2016年7月9日   
International Relations of the Japanese Chemical Community [招待有り]
菊池好行
International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Pacifichem) 2015, Hawaii Convention Center, Honolulu, HI.   2015年12月19日   
Styles of Laboratory Science in Meiji and Taisho Japan [招待有り]
菊池好行
International Conference “Training of Research Scholars: Institutions, Disciplines, and National Cultures, 1860-1945”: Academia Sinica, Taiwan   2015年12月9日   
International Science in Japanese Eyes:Joji Sakurai, the International Research Council and the Pacific Science Association after the First World War
菊池好行
History of Science Society Meeting: San Francisco, CA 2015   2015年11月19日   
分子科学への道―物理学と化学の界面―
菊池好行
2015年度化学史研究発表会(年会)   2015年7月5日   
San-ichiro Mizushima and the Reconfiguration of International Relations of Japanese Chemistry
菊池好行
International Workshop on the History of Chemistry (IWHC)   2015年3月3日   
標葉 隆馬, 飯田 香穂里, 中尾 央, 菊池 好行, 伊藤 憲二, 平田 光司, 長谷川 眞理子
年次学術大会講演要旨集   2014年10月18日   
水島三一郎の国際関係
菊池好行
化学史研究発表会(化学史学会年会)   2014年7月5日   
総研大における「科学と社会」教育の試み
飯田香穂里(登壇者)、伊藤憲二、菊池好行、標葉隆馬、中尾央、平田光司、長谷川眞理子
日本科学史学会年会   2014年5月25日   
「科学と社会」教育の現在~国内外俯瞰調査から~
標葉隆馬(登壇者)、飯田香穂里、伊藤憲二、菊池好行、中尾央、平田光司、長谷川眞理子
日本科学史学会年会   2014年5月25日   
The Chemical Laboratory as a Contact Zone at Tokyo University, 1885-1916 [招待有り]
菊池好行
SOKENDAI “Science and Society” Workshop (No. 1) in Hayama. May 3 and 4, 2014. Observational and Experimental Objects: Science Studies of Materials and Instruments in the Laboratory and the Field.   2014年5月4日   
Only connect: Laboratory design and the genesis of physical chemistry in Meiji Japan
菊池好行
アメリカ科学史学会年会(ボストン)   2013年11月24日   
Joji Sakurai and the Development of Anglo-Japanese Relations in Chemistry, 1863-1939 [招待有り]
菊池好行
イギリス王立化学会トーマス・グレアム・レクチャー(英国ロンドン)   2013年11月22日   
Evolving network of the sites of chemistry in Meiji and Taisho Japan, 1868-1926 [招待有り]
菊池好行
20世紀における化学の「場」ワークショップ(スウェーデン、ウプサラ)   2013年8月21日   
Making chemical technology travel: book illustrations and the teaching of chemical technology worldwide in the mid-nineteenth century
菊池好行
第二十四回国際科学技術医学史会議(英国マンチェスター)   2013年7月22日   
Anglo-American and German connections in Japanese Chemistry: The Lab as Contact Zone [招待有り]
菊池好行
オランダ王立化学会、化学史グループ(アムステルダム)   2013年2月27日   
Contact zones and the making of chemistry teaching in Meiji Japan
菊池好行
国際アジア研究所(IIAS)ランチタイムレクチャー(オランダ、ライデン)   2013年1月16日   
Global/local interactions, Universities, and Contact/trading zones in Japanese Science and Technology
菊池好行
トヴェンテ大学科学技術政策研究グループ、ランチタイムレクチャー(オランダ、エンスヘデ)   2012年11月6日   
Anglo-American connections in Japanese chemistry
菊池好行
7th Three Societies Meeting (Philadelphia, PA, USA)   2012年7月   
An Emperor’s Chemist at War and in Peacetime: Sakurai Jōji during the Russo-Japanese and First World Wars
菊池好行
Science, Technology, and Medicine in East Asia: Policy, Practice, and Implications in a Global Perspective (Ohio State University, Columbus, Ohio, USA)   2011年10月   
Cross-national Odyssey of a Chemist: Edward Divers (1837-1912) at London, Galway and Tokyo
菊池好行
Science and Technology in the European Periphery (STEP) Meeting (Galway, Ireland)   2010年6月   
Japanese Chemistry and the Russo-Japanese War
菊池好行
アメリカ科学史学会年会(アリゾナ州フェニックス)   2009年11月   
World War I, international participation and reorganization of the Japanese Chemical Community [招待有り]
菊池好行
第二十三回国際科学技術史会議(ハンガリー、ブダペスト)   2009年7月   
Anglo-Japanese Chemistry Contacts in Action: The English Model of Chemical Education in Meiji Japan
菊池好行
アメリカ科学史学会年会(ペンシルヴェニア州ピッツバーグ)   2008年11月   
Constructing Laboratory Chemistry Teaching at Japanese Inland Imperial Universities
菊池好行
第十二回東アジア科学技術医学史会議(米国メリーランド州ボルティモア)   2008年7月   
明治初期の化学史と日英交流史-史料論を中心として-
菊池好行
洋学史学会2008年6月例会(順天堂大学)   2008年6月   
明治初期の化学史と日英交流史
菊池好行
青山学院女子短期大学総合文化研究所「アジアの自然と文化」プロジェクト2007年度第3回講演会   2008年3月   
Hierarchy, Supervisory practice and institutional styles in a chemical laboratory: Constructing the laboratory teaching of the Department of Chemistry, Tokyo Imperial University in the Meiji period [招待有り]
菊池好行
ジョンズ・ホプキンス大学ワークショップ “Locating Japanese Science and Technology: Place and the Production of Knowledge”(米国メリーランド州ボルティモア)   2008年1月   
Analysis, Fieldwork and Engineering: Accumulated Practice and Multiple Identity of Applied Chemistry at Tokyo University, 1874-1900
菊池好行
第六回国際化学史会議(ベルギー、ルーヴェン)   2007年8月   
History of ‘Pure’ and ‘Applied’ Chemistry in Meiji Japan and Beyond [招待有り]
菊池好行
UCLA-KEK-Sokendai Symposium “Strategies for Studying Contemporary Sciences in Japan and the US”   2007年7月   
19世紀後半におけるロンドン、マンチェスター、東京の化学教育モデル [招待有り]
菊池好行
東工大火曜日ゼミ(火ゼミ)   2007年6月   
日英化学交流史研究に取り組んで [招待有り]
菊池好行
化学史学会年会、学会賞(論文賞)記念講演(愛知県立大学)   2007年6月   
ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドンの化学者たちと日本
菊池好行
日本科学史学会年会(京都産業大学)   2007年5月   
The English Model of Chemical Education in Meiji Japan: Transfer and Acculturation
菊池好行
第22回国際科学史会議(中国、北京)   2005年7月   
Japanese Samurai Students at University College London: Their Vision of Science and Technology [招待有り]
菊池好行
マンチェスター大学科学技術医学史センターランチタイムレクチャー   2005年2月   
The Impact of Chemical Education at University College London on Japanese Chemistry, Education and Industry [招待有り]
菊池好行
錬金術・化学史学会年会「ユニヴァーシティ・カレッジにおける化学」   2005年2月   
Hired Foreigners, Overseas Students and the Transfer of an English Model of Chemistry into Meiji Japan
菊池好行
イギリス科学史学会年会(英国リバプール)   2004年7月   
Joji Sakurai and the Transfer of a British Model of Chemistry to Meiji Japan
菊池好行
イギリス科学史学会大学院生会議(英国マンチェスター)   2004年1月   
日本の応用物理化学と電気化学協会
菊池好行
化学史学会年会(福岡女学院大学)   2002年6月   
The Formation of Physical Chemistry in Japan at the Turn of the Century
菊池好行
第二十一回国際科学史会議(メキシコ、メキシコシティー)   2001年7月   
池田菊苗の『唯エネルギー論』再考
菊池好行
化学史学会年会(東京外国語大学)   2001年6月   
Wilhelm Ostwald and Japanese Chemists
菊池好行
ワークショップ「化学、哲学、メディア文化から見たヴィルヘルム・オストヴァルト」(ドイツ、ライプツィヒ大学)   2000年11月   
河野禎造訳『舎密便覧』の原本 -オランダにおける化学実験操作の図表化の背景-
菊池好行
化学史学会年会(愛知県名古屋市)   2000年6月   
化学者共同体発展の数量的把握を巡る諸問題 -明治・大正期日本の場合-
菊池好行
化学史学会年会(東京大学駒場第二キャンパス)   1999年6月   
明治・大正期日本の帝国大学理科大学における『科学』 -教育と研究の狭間で-
菊池好行
シンポジウム「科学を考える~学際的アプローチ」(名古屋大学大学院人間情報学研究科)   1999年1月   
桜井錠二と日本の物理化学
菊池好行
化学史学会年会(岡山県津山市)   1998年10月   
マッハ、オストヴァルトとヴァルト -マッハと化学者たち-
菊池好行
日本科学史学会年会(愛知大学豊橋校舎)   1998年5月   
クラウジウスにおける熱力学第2法則観の展開
菊池好行
日本科学史学会年会(日本大学湘南校舎)   1995年6月   

Misc

 
菊池 好行
科学史研究. [第III期]   (269) 23-25   2014年4月
菊池好行
理科通信サイエンスネット   (53) 6-9   2015年9月   [依頼有り]
古川 安, 菊池 好行
化学史研究   28(4) 262-264   2001年12月
菊池好行
化学史研究      2007年6月
菊池 好行
化学史研究   30(2)    2003年6月

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2014年 - 2017年    代表者: 大野 誠
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2012年 - 2014年    代表者: 梶 雅範
研究代表者と研究分担者が4月に集まり、それぞれの研究計画について報告し、議論した。その後、6月、8月、12月、1月、2月、3月と6回の打ち合わせ会を開催した。とくに、3月の年度最終の打ち合わせ会では、科研費の研究メンバーがそれぞれの研究成果の中間発表を行った。予定した研究領域のうち、(1)出発点としての1930年代前半における日本化学の到達点(梶、河野)、(2)1930年代後半一40年代の戦時期の日本の化学(田中、古川、吉本)の時期と、有機化学(梶)、無機化学・地球化学(人耳)、燃料化学(...