礒村 宜和

J-GLOBALへ         更新日: 17/10/04 20:34
 
アバター
研究者氏名
礒村 宜和
 
イソムラ ヨシカズ
URL
http://www.tamagawa.ac.jp/teachers/isomura/index.html
所属
玉川大学
部署
脳科学研究所 基礎脳科学研究センター
職名
教授
学位
博士(医学)(京都大学)
その他の所属
玉川大学大学院脳科学研究科

プロフィール

 動物の行動発現を担う脳回路原理を行動・電気生理学的手法により解明することを目指しています。そのために、前肢を使った独自の行動課題を遂行するラットを対象として、大脳(大脳皮質・大脳基底核・海馬など)の細胞間・領域間活動を、傍細胞(ジャクスタセルラー)記録やマルチニューロン記録、ホールセル記録、局所フィールド記録、オプトジェネティクスなどの計測・操作技術を組み合わせて解析しています(例 Multi-Linc解析法)。また、酒井裕研究室(玉川大学・神経計算論)とともに、神経科学の実験と理論の融合にも取り組んでいます。

大学院生募集中: 玉川大学大学院脳科学研究科(修士・博士課程)

研究分野

 
 

経歴

 
2013年4月
 - 
現在
玉川大学脳科学研究所 基礎脳科学研究センター主任
 
2010年4月
 - 
現在
玉川大学脳科学研究所 教授
 
2008年1月
 - 
2010年3月
独立行政法人理化学研究所 脳回路機能理論研究チーム 副チームリーダー
 
2005年4月
 - 
2007年12月
独立行政法人理化学研究所 脳回路機能理論研究チーム 研究員
 
2002年4月
 - 
2005年3月
東京都神経科学総合研究所 日本学術振興会特別研究員
 

受賞

 
2009年
第19回日本神経回路学会研究賞(共同研究)
 
2007年
平成19年度日本神経科学学会奨励賞
 
2000年
第2回日本生理学会奨励賞
 

論文

 
Soma S, Saiki A, Yoshida J, Ríos A, Kawabata M, Sakai Y, Isomura Y
The Journal of neuroscience   (in press)   2017年10月   [査読有り]
Nonomura S#, Fujiwara-Tsukamoto Y#, Kajihara T, Fujiyama F, *Isomura Y
Neuroscience research   120 53-59   2017年3月   [査読有り]
Handa T, Takekawa T, Harukuni R, Isomura Y, *Fukai T
Cerebral cortex   (in press)   2017年2月   [査読有り]
*Kimura R, Saiki A, Fujiwara-Tsukamoto Y, Sakai Y, Isomura Y
The Journal of physiology   595(1) 385-413   2017年1月   [査読有り]
Saiki A, Sakai Y, Fukabori R, Soma S, Yoshida J, Kawabata M, Yawo H, Kobayashi K, Kimura M, *Isomura Y
Cerebral cortex   (in press)   2017年1月   [査読有り]
Takeuchi S, Murai R, Shimazu H, Isomura Y, Mima T, *Tsujimoto T
Sleep   39(9) 1719-1735   2016年7月   [査読有り]
Mochizuki Y, Onaga T, Shimazaki H, Shimokawa T, Tsubo Y, Kimura R, Saiki A, Sakai Y, Isomura Y, Fujisawa S, Shibata K, Hirai D, Furuta T, Kaneko T, Takahashi S, Nakazono T, Ishino S, Sakurai Y, Kitsukawa T, Lee JW, Lee H, Jung MW, Babul C, Maldonado PE, Takahashi K, Arce-McShane FI, Ross CF, Sessle BJ, Hatsopoulos NG, Brochier T, Riehle A, Chorley P, Grün S, Nishijo H, Ichihara-Takeda S, Funahashi S, Shima K, Mushiake H, Yamane Y, Tamura H, Fujita I, Inaba N, Kawano K, Kurkin S, Fukushima K, Kurata K, Taira M, Tsutsui K, Ogawa T, Komatsu H, Koida K, Toyama K, Richmond BJ, *Shinomoto S(著者54名中9番目)
The Journal of neuroscience   36(21) 5736-5747   2016年5月   [査読有り]
Takeuchi S, Mima T, Murai R, Shimazu H, Isomura Y, *Tsujimoto T
Sleep   38(7) 1085-1091   2015年7月   [査読有り]
Cui W, Mizukami H, Yanagisawa M, Aida T, Nomura M, Isomura Y, Takayanagi R, Ozawa K, Tanaka K, *Aizawa H
The Journal of neuroscience   34 16273-16285   2014年12月   [査読有り]
Kamijo TC, Hayakawa H, Fukushima Y, Kubota Y, Isomura Y, Tsukada M, *Aihara T
Cognitive Neurodynamics   8 267-276   2014年8月   [査読有り]
Masamizu Y, Tanaka YR, Tanaka YH, Hira R, Ohkubo F, Kitamura K, Isomura Y, Okada T, *Matsuzaki M
Nature Neuroscience   17(7) 987-994   2014年7月   [査読有り]
Saiki A, Kimura R, Samura T, Fujiwara-Tsukamoto Y, Sakai Y, *Isomura Y
PLoS ONE   9(6) e98662   2014年6月   [査読有り]
Igarashi J, Isomura Y, Arai K, Harukuni R, *Fukai T
The Journal of Neuroscience   33 18515-18530   2013年11月   [査読有り]
*Isomura Y, Takekawa T, Harukuni R, Handa T, Aizawa H, Takada M, Fukai T
The Journal of Neuroscience   33 10209-10220   2013年6月   [査読有り]
Oyama K#, Ohara S#, Sato S, Karube F, Fujiyama F, Isomura Y, Mushiake H, Iijima T, *Tsutsui KI
Journal of Neuroscience Methods   218(2) 139-147   2013年9月   [査読有り]
Tsubo Y, Isomura Y, *Fukai T
Frontiers in Neural Circuits   7 85   2013年5月   [査読有り]
Aizawa H, Yanagihara S, Kobayashi M, Niisato K, Takekawa T, Harukuni R, McHugh TJ, Fukai T, Isomura Y, *Okamoto H
The Journal of Neuroscience   33(20) 8909-8921   2013年5月   [査読有り]
Passage-time coding with timing kernel inferred from irregular cortical spike sequences.
*Tsubo Y, Isomura Y, Fukai T
J Stat Mech Theor Exp (JSTAT)   P03004   2013年3月   [査読有り]
Hira R, Ohkubo F, Ozawa K, Isomura Y, Kitamura K, Kano M, Kasai H, *Matsuzaki M
The Journal of Neuroscience   33(4) 1377-1390   2013年1月   [査読有り]
Kimura R#, Saiki A#, Fujiwara-Tsukamoto Y#, Ohkubo F, Kitamura K, Matsuzaki M, Sakai Y, *Isomura Y
Journal of Neurophysiology   108 1781-1792   2012年9月   [査読有り]

Misc

 
オペラント条件づけで脳を探る
相馬 祥吾, 川端 正則, 礒村 宜和
生体の科学   67(1) 42-46   2016年1月   [依頼有り]
習慣の神経メカニズム
吉田 純一,礒村 宜和
生体の科学   66(1) 14-18   2015年2月   [依頼有り]
齊木 愛希子, 礒村 宜和
脳科学辞典      2012年5月   [査読有り][依頼有り]
解説:傍細胞(ジャクスタセルラー)記録法.
礒村 宜和,木村 梨絵,齊木 愛希子, 塚元 葉子
玉川大学脳科学研究所紀要   5 27-30   2012年3月   [査読有り][依頼有り]
礒村 宜和,木村 梨絵,高橋 宗良
日本神経回路学会誌   18(1) 14-21   2011年3月

書籍等出版物

 
Advances in Cognitive Neurodynamics (IV): Proceedings of the Fourth International Conference on Cognitive Neurodynamics - 2013. (ed., Hans Liljenström)
Yoshikazu Isomura (担当:分担執筆, 範囲:Reward-modulated motor information in dorsolateral striatum neurons. pp.459-464)
Springer   2015年2月   
心理学辞典(編集代表:下山晴彦)
礒村 宜和 (担当:分担執筆, 範囲:神経系の構造と機能(1) pp.460-462)
誠信書房   2014年9月   
ブレインサイエンス・レビュー
礒村 宜和 (担当:分担執筆, 範囲:運動指令を形成する皮質内機能的回路の探索pp.9-26)
クバプロ   2013年2月   
脳機能研究の新展開(狩野方伸他編)
礒村 宜和、塚元 葉子 (担当:分担執筆, 範囲:海馬ネットワーク・オシレーションの機能と発生メカニズムpp.164-169)
羊土社   2006年   
脳・神経科学集中マスター(真鍋俊也編)
高田 昌彦、礒村 宜和 (担当:分担執筆, 範囲:高次脳機能を探る(他)pp.88-98,120-121)
羊土社   2005年   

講演・口頭発表等

 
Plenary Lecture: Cortical, hippocampal and striatal activations during reward-seeking behaviors. [招待有り]
Yoshikazu Isomura
The 6th International Conference on Cognitive Neurodynamics (ICCN-2017) (Hotel Alcázar de la Reina, Carmona, Spain)   2017年8月3日   
The Multi-Linc method reveals spike dynamics in cortical projection neurons. [招待有り]
Yoshikazu Isomura
Tamagawa Dynamic Brain Forum, The 6th International Conference on Cognitive Neurodynamics (ICCN-2017) (Hotel Alcázar de la Reina, Carmona, Spain)   2017年8月3日   
Area-specific alteration of cortical neuronal activity during continuous and transient proactive inhibitions.
Yoshida J, Saiki A, Soma S, Yamanaka K, Nonomura S, Rios AA, Kawabata M, Kimura M, Sakai Y, Isomura Y
Neuroscience 2017, The 40th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society (Oral Session; Makuhari Messe, Chiba, Chiba)   2017年7月21日   
Activity of direct- and indirect-pathway striatal projection neurons identified by optogenetics during adaptive choice task with probabilistic reward.
Nonomura S, Yamanaka K, Nishizawa K, Kobayashi K, Sakai Y, Kawaguchi Y, Nambu A, Isomura Y, Kimura M
Neuroscience 2017, The 40th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society (Makuhari Messe, Chiba, Chiba)   2017年7月21日   
Comparison of sensory and motor representations in rodent sensory, motor, and association cortical areas.
Kawabata M, Soma S, Saiki A, Yoshida J, Rios A, Sakai Y, Isomura Y
Neuroscience 2017, The 40th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society (Makuhari Messe, Chiba, Chiba)   2017年7月21日   
Laterality representation of intratelencephalic and pyramidal tract projection neurons in the motor cortices during forelimb movements of the rat.
Soma S, Saiki A, Yoshida J, Rios A, Kawabata M, Sakai Y, Isomura Y
Neuroscience 2017, The 40th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society (Makuhari Messe, Chiba, Chiba)   2017年7月20日   
Effect of dopamine depletion of striatum on functional activity of motor cortex neurons in the rat.
Rios AA, Soma S, Yoshida J, Kawabata M, Sakai Y, Isomura Y
Neuroscience 2017, The 40th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society (Makuhari Messe, Chiba, Chiba)   2017年7月20日   
Multi-Linc解析法 - 領域間スパイク・コミュニケーションを探るために. [招待有り]
礒村 宜和
第32回日本大脳基底核研究会(三河湾リゾートリンクス, 愛知県西尾市)   2017年7月1日   
What happens in the brain during a reward-seeking behavior? [招待有り]
Yoshikazu Isomura
最先端研究セミナー(リエゾンラボ研究会)(熊本大学発生医学研究所, 熊本県熊本市)   2017年5月24日   
In vivo spiking dynamics of projection neurons in rat motor cortex. [招待有り]
Yoshikazu Isomura
Forum on Cognitive Neuroscience Frontier (Hangzhou Jinxi Hotel, Hangzhou, Zhejiang, China)   2017年4月25日   

競争的資金等の研究課題

 
シナプス光遺伝学を用いた脳領域間シグナル伝播機構の解明
科学技術振興機構: 戦略的創造研究推進事業CREST
研究期間: 2017年10月 - 2023年3月    代表者: 礒村 宜和
光遺伝学的に投射先を同定するマルチニューロン記録技術の開発(延長)
日本医療研究開発機構AMED: 「革新的技術による脳機能ネットワークの全容解明プロジェクト」
研究期間: 2017年4月 - 2019年3月    代表者: 礒村 宜和
光遺伝学的に投射先を同定するマルチニューロン記録技術の開発
科学技術振興機構JST: 「革新的技術による脳機能ネットワークの全容解明プロジェクト」
研究期間: 2014年10月 - 2017年3月    代表者: 礒村 宜和
オペラント学習による行動獲得と転換を実現する神経回路制御
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型)) 計画研究
研究期間: 2014年 - 2018年    代表者: 礒村 宜和
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2014年 - 2014年    代表者: 礒村 宜和
随意運動を発現する/しない皮質内回路機構
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2012年 - 2015年    代表者: 礒村 宜和
運動指令のトップダウン形成とボトムアップ形成を担う皮質回路機構
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2012年 - 2013年    代表者: 礒村 宜和
運動指令を形成する皮質内機能的回路の探索
ブレインサイエンス振興財団: 研究助成
研究期間: 2011年       代表者: 礒村 宜和
大脳皮質の運動指令を形成する抑制回路機構
上原記念生命科学財団: 研究奨励金
研究期間: 2011年       代表者: 礒村宜和
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2010年 - 2011年    代表者: 礒村宜和

学歴

 
1996年4月
 - 
2000年3月
京都大学大学院 医学研究科 脳統御医科学系専攻
 
1990年4月
 - 
1996年3月
大阪大学 医学部 医学科
 

委員歴

 
2017年7月
 - 
現在
NPO法人脳の世紀推進会議  正会員
 
2017年1月
 - 
現在
日本神経科学学会  将来計画委員
 
2016年8月
 - 
現在
「次世代脳」プロジェクト  実行委員
 
2014年
 - 
現在
脳と心のメカニズム  計画委員
 
2011年
 - 
現在
玉川大学脳科学研究所紀要  編集幹事(長)
 

特許

 
特願2017-146456 : 投射先同定装置、投射先同定方法及びプログラム
酒井 裕、礒村 宜和
特許5935221 : 動物学習支援装置、及び動物学習支援機能付き飼育ケージ
礒村 宜和
特許5692681 : 動物実験装置(2)
礒村 宜和
特許4982854 : 動物実験装置(1)
礒村 宜和

社会貢献活動

 
Tamagawa Dynamic Brain Forum
【出演, 司会, 企画, 運営参加・支援】  玉川大学脳科学研究所・他  The 6th International Conference on Cognitive Neurodynamics (ICCN-2017) (Carmona, Spain)  2017年8月3日
International Workshop on Basal Ganglia Functions 2017
【司会, 企画, 運営参加・支援】  玉川大学脳科学研究所・大脳基底核機能研究会・他  2017年7月23日
大会企画シンポジウム「大脳基底核-小脳カップリングBasal ganglia meet cerebellum」
【司会, 企画, 運営参加・支援】  日本神経科学学会  第40回日本神経科学大会  2017年7月22日
「ラットのマルチニューロン記録と解析法」コース
【講師, 運営参加・支援, 実演】  玉川大学脳科学研究所  玉川大学脳科学トレーニングコース2017  2017年6月8日 - 2017年6月10日
脳の顕微鏡標本を作ろう「ラット神経細胞の可視化」
【講師, 実演】  脳の世紀実行委員会・脳科学研究所・他  玉川大学夏休み高校生体験理科教室  2016年8月20日
研究戦略ワークショップ2016
【司会, 企画, 運営参加・支援】  新学術領域研究「適応回路シフト」  2016年7月1日 - 2016年7月2日
「ラットのマルチニューロン記録と解析法」コース
【講師, 運営参加・支援, 実演】  玉川大学脳科学研究所  玉川大学脳科学トレーニングコース2016  2016年6月23日 - 2016年6月25日
書評:「芸術脳の科学 脳の可塑性と創造性のダイナミズム」塚田稔著(講談社)
【寄稿】  日本神経回路学会  日本神経回路学会誌 23(1): 49  2016年3月
研究戦略ワークショップStrategy for Neuroscience 2015
【司会, 企画, 運営参加・支援】  玉川大学脳科学研究所・新学術領域研究「適応回路シフト」  2015年9月4日 - 2015年9月5日
素顔のニューロサイエンティストGyorgy Buzsaki
【寄稿】  中外医学社  Clinical Neuroscience 33(9): 1077  2015年9月1日

その他

 
2016年11月
ホンダ PCX(125cc) 2015年式 白 (中古)
2011年6月
ホンダ フリードハイブリッド1.5 ジャストセレクション ポリッシュドメタルメタリック
2005年12月
ホンダ フィット 1.3A アラバスターシルバー・メタリック
2003年5月
GM Saturn SL black berry (used)