高橋由光

J-GLOBALへ         更新日: 17/06/28 17:11
 
アバター
研究者氏名
高橋由光
 
タカハシヨシミツ
所属
京都大学
職名
准教授
学位
博士(社会健康医学)(京都大学), 修士(環境学)(東京大学)

研究分野

 

経歴

 
2016年12月
 - 
現在
京都大学大学院医学研究科健康情報学 准教授
 
2014年9月
 - 
2015年8月
ハーバード公衆衛生大学院 客員研究員
 
2012年4月
 - 
2014年3月
国立国際医療研究センター 客員研究員
 
2011年12月
 - 
2016年11月
京都大学大学院医学研究科健康情報学 講師
 
2010年7月
 - 
2011年11月
京都大学大学院医学研究科エコチル調査京都ユニットセンター 特定助教
 
2009年6月
 - 
2010年7月
京都大学大学院医学研究科健康情報学 研究員
 
2009年6月
 - 
2010年7月
京都大学大学院医学研究科医療疫学
 
2006年7月
 - 
2009年5月
国立国際医療センター研究所国際臨床研究センター医療情報解析研究部 流動研究員
 
2003年4月
 - 
2005年3月
日本アイ・ビー・エム株式会社
 

学歴

 
2005年4月
 - 
2010年1月
京都大学 大学院医学研究科 社会健康医学系専攻
 
2001年4月
 - 
2003年3月
東京大学 大学院新領域創成科学研究科 社会文化環境学専攻
 
1997年4月
 - 
2001年3月
東京大学 文学部 行動文化学科社会学
 

論文

 
Takahashi N, Kuriyama A, Kanazawa H, Takahashi Y, Nakayama T
Pacing and clinical electrophysiology : PACE      2017年6月   [査読有り]
Tabara Y, Takahashi Y, Setoh K, Kawaguchi T, Kosugi S, Nakayama T, Matsuda F, Nagahama Study Group.
American journal of hypertension      2017年5月   [査読有り]
Tabara Y, Arai H, Hirao Y, Takahashi Y, Setoh K, Kawaguchi T, Kosugi S, Ito Y, Nakayama T, Matsuda F, Nagahama study group.
Diabetes research and clinical practice   127 123-131   2017年3月   [査読有り]
Matsumoto T, Tabara Y, Murase K, Takahashi Y, Setoh K, Kawaguchi T, Muro S, Kadotani H, Kosugi S, Sekine A, Yamada R, Nakayama T, Mishima M, Matsuda F, Chin K
PloS one   12(3) e0171849   2017年3月   [査読有り]
Tabara Y, Arai H, Hirao Y, Takahashi Y, Setoh K, Kawaguchi T, Kosugi S, Ito Y, Nakayama T, Matsuda F, Nagahama study group.
Atherosclerosis   257 22-28   2017年2月   [査読有り]
Arai R, Harada H, Tsukiyama H, Takahashi Y, Kobayashi M, Saji T, Matsuda S
Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association      2016年8月   [査読有り]
Kanatani KT, Hamazaki K, Inadera H, Sugimoto N, Shimizu A, Noma H, Onishi K, Takahashi Y, Itazawa T, Egawa M, Sato K, Go T, Ito I, Kurozawa Y, Konishi I, Adachi Y, Nakayama T, Japan Environment & Children's Study Group
Annals of allergy, asthma & immunology : official publication of the American College of Allergy, Asthma, & Immunology   116(5) 425-430.e7   2016年5月   [査読有り]
Kimura H, Fujibayashi S, Otsuki B, Takahashi Y, Nakayama T, Matsuda S
Spine   41(8) 719-727   2016年4月   [査読有り]
Tanida S, Fujibayashi S, Otsuki B, Masamoto K, Takahashi Y, Nakayama T, Matsuda S
Spine      2016年4月   [査読有り]
Takahashi Y, Ishizaki T, Nakayama T, Kawachi I
Health policy (Amsterdam, Netherlands)   120(3) 334-341   2016年3月   [査読有り]
Hirata A, Hirata T, Takahashi Y, Nakayama T
Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology      2016年3月   [査読有り]
Tabara Y, Takahashi Y, Setoh K, Kawaguchi T, Gotoh N, Terao C, Yamada R, Kosugi S, Sekine A, Nakayama T, Matsuda F, Nagahama Study group
Metabolism: clinical and experimental   65(1) 66-72   2016年1月   [査読有り]
Tabara Y, Takahashi Y, Kumagai K, Setoh K, Kawaguchi T, Takahashi M, Muraoka Y, Tsujikawa A, Gotoh N, Terao C, Yamada R, Kosugi S, Sekine A, Yoshimura N, Nakayama T, Matsuda F, Nagahama study group
Journal of hypertension   33(12) 2407-2413   2015年12月   [査読有り]
Ozaki Y, Nagao K, Saigo R, Tai T, Tanaka N, Kobayashi H, Nakajima K, Takahashi Y
Sexual medicine   3(4) 295-301   2015年12月   [査読有り]
Kuriyama A, Takahashi Y, Tsujimura Y, Miyazaki K, Satoh T, Ikeda S, Nakayama T
Journal of public health (Oxford, England)   37(3) 498-505   2015年9月   [査読有り]
Yamawaki M, Wada-Isoe K, Yamamoto M, Nakashita S, Uemura Y, Takahashi Y, Nakayama T, Nakashima K
Brain and behavior   5(3) e00315   2015年3月   [査読有り]
Kumagai K, Tabara Y, Yamashiro K, Miyake M, Akagi-Kurashige Y, Oishi M, Yoshikawa M, Kimura Y, Tsujikawa A, Takahashi Y, Setoh K, Kawaguchi T, Terao C, Yamada R, Kosugi S, Sekine A, Nakayama T, Matsuda F, Yoshimura N, Nagahama Study group
Journal of hypertension   33(2) 323-329   2015年2月   [査読有り]
Takahashi Y, Uryuhara Y, Inoue M, Okamoto S, Kashihara H, Kito K, Shinohara K, Mandai M, Morioka M, Tanaka S, Kawakami K, Nakayama T
[Nihon koshu eisei zasshi] Japanese journal of public health   62(7) 325-337   2015年   [査読有り]
Murase K, Tabara Y, Ito H, Kobayashi M, Takahashi Y, Setoh K, Kawaguchi T, Muro S, Kadotani H, Kosugi S, Sekine A, Yamada R, Nakayama T, Mishima M, Matsuda S, Matsuda F, Chin K
PloS one   10(10) e0140058   2015年   [査読有り]
Sengoku T, Matsumura K, Usami M, Takahashi Y, Nakayama T
International journal of clinical oncology   19(6) 989-997   2014年12月   [査読有り]
Tabara Y, Takahashi Y, Kawaguchi T, Setoh K, Terao C, Yamada R, Kosugi S, Sekine A, Nakayama T, Matsuda F, Nagahama Study Group
Hypertension   64(6) 1212-1218   2014年12月   [査読有り]
Murase K, Tabara Y, Takahashi Y, Muro S, Yamada R, Setoh K, Kawaguchi T, Kadotani H, Kosugi S, Sekine A, Nakayama T, Mishima M, Chiba T, Chin K, Matsuda F
Sleep   37(11) 1809-1815   2014年11月   [査読有り]
Takada A, Takahashi Y, Nishimura S, Kosugi S
Journal of biosocial science   46(5) 561-579   2014年9月   [査読有り]
Tsujimura Y, Takahashi Y, Ishizaki T, Kuriyama A, Miyazaki K, Satoh T, Ikeda S, Kimura S, Nakayama T
Diabetes research and clinical practice   105(2) 176-184   2014年8月   [査読有り]
Kanatani KT, Adachi Y, Sugimoto N, Noma H, Onishi K, Hamazaki K, Takahashi Y, Ito I, Egawa M, Sato K, Go T, Kurozawa Y, Inadera H, Konishi I, Nakayama T, Japan Environment & Children's Study Group
BMJ open   4(6) e004863   2014年6月   [査読有り]
Tabara Y, Muro S, Takahashi Y, Setoh K, Kawaguchi T, Terao C, Kosugi S, Sekine A, Yamada R, Nakayama T, Mishima M, Matsuda F, Nagahama Study Group
Atherosclerosis   232(1) 59-64   2014年1月   [査読有り]
Tabara Y, Takahashi Y, Setoh K, Muro S, Kawaguchi T, Terao C, Kosugi S, Sekine A, Yamada R, Mishima M, Nakayama T, Matsuda F, Nagahama Study Group
International journal of cardiology   168(3) 2673-2677   2013年10月   [査読有り]
Ichikawa K, Takahashi Y, Ando M, Anme T, Ishizaki T, Yamaguchi H, Nakayama T
BioPsychoSocial medicine   7(1) 14   2013年10月   [査読有り]
Tabara Y, Takahashi Y, Kohara K, Setoh K, Kawaguchi T, Terao C, Igase M, Yamada R, Kosugi S, Sekine A, Miki T, Nakayama T, Matsuda F, Nagahama Study Group
American journal of hypertension   26(8) 973-980   2013年8月   [査読有り]
Tominari S, Nakakura T, Yasuo T, Yamanaka K, Takahashi Y, Shirasaka T, Nakayama T
PloS one   8(7) e69603   2013年   [査読有り]
Fujibayashi S, Takemoto M, Izeki M, Takahashi Y, Nakayama T, Neo M
Spine   37(19) E1197-202   2012年9月   [査読有り]
Inadequate communication between patients with unruptured cerebral aneurysms and neurosurgeons.
Saito M, Takahashi Y, Yoshimura Y, Shima A, Morita A, Houkin K, Nakayama T, Nozaki K
Neurologia medico-chirurgica   52(12) 873-877   2012年   [査読有り]
Takahashi Y, Sakai M, Tokuda Y, Takahashi O, Ohde S, Nakayama T, Fukuhara S, Fukui T, Shimbo T
Journal of public health (Oxford, England)   33(4) 518-526   2011年12月   [査読有り]
Takahashi Y, Ohura T, Ishizaki T, Okamoto S, Miki K, Naito M, Akamatsu R, Sugimori H, Yoshiike N, Miyaki K, Shimbo T, Nakayama T
Journal of medical Internet research   13(4) e110   2011年12月   [査読有り]
Takada A, Nakamura R, Furukawa M, Takahashi Y, Nishimura S, Kosugi S
Journal of biosocial science   43(4) 481-503   2011年7月   [査読有り]
Takahashi Y, Sakai M, Fukui T, Shimbo T
Asia-Pacific journal of public health / Asia-Pacific Academic Consortium for Public Health   23(3) 386-398   2011年5月   [査読有り]
Takahashi Y, Uchida C, Miyaki K, Sakai M, Shimbo T, Nakayama T
Journal of medical Internet research   11(3) e29   2009年7月   [査読有り]
Miyaki K, Lwin H, Masaki K, Song Y, Takahashi Y, Muramatsu M, Nakayama T
International journal of environmental research and public health   6(3) 999-1009   2009年3月   [査読有り]
Hien ND, Ha NH, Van NT, Ha NT, Lien TT, Thai NQ, Trang VD, Shimbo T, Takahashi Y, Kato Y, Kawana A, Akita S, Kudo K
Emerging infectious diseases   15(1) 19-23   2009年1月   [査読有り]
Nakao K, Makino H, Morita S, Takahashi Y, Akizawa T, Saito A, Asano Y, Kurokawa K, Fukuhara S, Akiba T, J-DOPPS Investigators Group
Nephron. Clinical practice   113(3) c132-9   2009年   [査読有り]
Sakai M, Shimbo T, Omata K, Takahashi Y, Satomura K, Kitamura T, Kawamura T, Baba H, Yoshihara M, Itoh H, Great Cold Investigators-I
BMC health services research   8 258   2008年12月   [査読有り]
Song Y, Miyaki K, Araki J, Zhang L, Takahashi Y, Nakayama T, Muramatsu M
Journal of nutrigenetics and nutrigenomics   1(5) 252-258   2008年   [査読有り]
Increasing the number of SNP loci does not necessarily improve prediction power at least in the comparison of MTHFR SNP and haplotypes.
Miyaki K, Takahashi Y, Song Y, Zhang L, Muramatsu M, Nakayama T
Journal of epidemiology / Japan Epidemiological Association   18(6) 243-250   2008年   [査読有り]
Takahashi Y, Miyaki K, Nakayama T
Journal of public health (Oxford, England)   29(1) 62-69   2007年3月   [査読有り]
[Randomized controlled trials of antibiotics for acute respiratory tract infections in adults].
Takahashi Y, Shimbo T
Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine   65 Suppl 2 Pt. 1 573-577   2007年2月   [査読有り]

Misc

 
木村浩明, 藤林俊介, 大槻文悟, 高橋由光, 中山健夫, 松田秀一
日本整形外科学会雑誌   90(3) S861-S861   2016年3月
木村浩明, 藤林俊介, 大槻文悟, 高橋由光, 中山健夫, 松田秀一
J Spine Res   7(3) 688-688   2016年3月
高橋由光, 高橋由光, 藤原武男, 中山健夫
日本公衆衛生学会総会抄録集   74th 413-413   2015年10月
主観的社会階層と主観的健康感の変化 日米比較研究
高橋 由光, 藤原 武男, 中山 健夫
日本公衆衛生学会総会抄録集   74回 413-413   2015年10月
尾崎由美, 尾崎由美, 永尾光一, 西郷理恵子, 田井俊宏, 田中祝江, 小林秀行, 中島耕一, 武田明久, 高橋由光
日本性機能学会雑誌   30(2) 172-172   2015年8月

講演・口頭発表等

 
How does the age influence on the relationship between central blood pressure and cardiovascular risk factors? Cross-sectional analysis of Nagahama Zero-ji Preventive Cohort Project in Japan
Tokumoto S, Tsujimura Y, Takahashi Y, Ishizaki T, Miyaki K, Nakayama T
IEA World Congress of Epidemiology   2011年8月   
The characteristics of people who had been screened to be hyperglycemic but did not visit clinics: a retrospective cohort study.
Tsujimura Y, Nakayama T, Ishizaki T, Takahashi Y, Sato T, Ikeda T, Kimura S
IEA World Congress of Epidemiology   2011年8月   
The development of scale for social support to counter obesity (SSCO).
Takada A, Takahashi Y, Kosugi S
The Joint Scientific Meeting of IEA Western Pacific Region and Japan Epidemiological Association   2010年   
Salt reduction intervention in workplace based on behavioral theories - Rationale and design of a randomized controlled trial -.
The Joint Scientific Meeting of IEA Western Pacific Region and Japan Epidemiological Association   2010年   
he Evaluation of the Focused Health Checkup/Focused Health Consultation System Focusing on Metabolic Syndrome with Hypertension.
The Joint Scientific Meeting of IEA Western Pacific Region and Japan Epidemiological Association   2010年   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
医療費適正化に向けた生活保護受給者の医薬品処方および生活習慣病の実態調査:大規模レセプト分析
厚生労働省: 厚生労働行政推進調査事業費政策科学総合研究事業(政策科学推進研究事業)
研究期間: 2017年4月 - 2019年3月    代表者: 高橋由光
ビッグデータを活用した多疾患罹患の社会的決定要因の検討:ネットワーク分析とGIS
日本学術振興会: 科学研究費挑戦的萌芽研究
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 高橋由光
医療費適正化に向けた生活保護受給者の生活習慣病罹患および医薬品処方の実態調査:医療扶助レセプト分析
厚生労働省: 平成28年度厚生労働行政推進調査事業費補助金厚生労働科学特別研究事業
研究期間: 2016年11月 - 2017年3月    代表者: 高橋由光
民間医療保険加入が幸福度に及ぼす影響に関する研究:日米比較
公益財団法人 生命保険文化センター: 生命保険に関する研究助成
研究期間: 2014年4月 - 2015年3月    代表者: 高橋由光
日本学術振興会: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 高橋 由光
本研究では、同一疾病で複数の医療機関に受診する「重複受診」の抑制および医療費適正化のために、保険者(市町村や健康保険組合等)のレセプトデータを利用し、患者の重複受診行動の要因解明を目指している。特に、受診行動を患者と医療機関の関係ととらえ、社会ネットワークの視点から検討する。保険者が所有する全レセプトデータを用いることで、網羅的に被保険者(=患者)の受診行動を把握することが可能である。初年度である2013年度は、複数の健康保険組合のレセプトデータを取得し(2010年~2012年の3年間、約...
戸外活動時間を考慮に入れた、土壌性ダスト(黄砂)による呼吸器/アレルギー疾患リスクの定量的評価
環境省: 環境省環境研究総合推進費
研究期間: 2011年 - 2014年    代表者: 中山健夫
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2012年 - 2013年    代表者: 中山 健夫
本研究は健康保険組合のレセプトと健診データの匿名化突合により、高血糖と高血圧に関する要医療判定者を追跡し、6か月以内の受診は糖尿病で3割強、高血圧で3割以下であること、未受診の予測因子は、若年、検査値が受診勧奨の基準を越えるが比較的低い値であることを示した(Tsujimura, Diabetes Res Clin Pract [in press])。京都府A市に移住した東日本大震災被災者11人に面接を行い、住民票の移動の有無で健診受診機会が変わることが示された(投稿中).
子どもの健康と環境に関する全国調査(エコチル調査)
環境省: 
研究期間: 2011年   
環境省では、日本中で10万人のお母さんと赤ちゃんとに参加してもらう大規模な疫学調査を開始します。赤ちゃんがお母さんのお腹にいる時から13歳に達するまで、定期的に健康状態を確認させていただき、環境要因が子どもたちの成長・発達にどのような影響を与えるのかを明らかにしていこうとしています。
http://www.env.go.jp/chemi/ceh/intro/index.html より
日本学術振興会: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 内田 千代子
 大学生においては、10年以上前から自殺が死因の一位を占めている。大学生の自殺予防を促進することは焦眉の急を要する課題である。家族や友人の死で苦しむ"遺された人"も相当数に上ると考えられる。SOS(signs ofsuicide)自殺予防プログラムを基盤にしつつ、"遺された人"のポストベンションに留意したプログラムで自殺予防教育を施行すること、および、友人の自殺の危険に気づいて支援できるピアサポーターとしての関わりのできる若者を養成して自殺者を減らす結果に導くことが本研究の目的である。 研...
日本学術振興会: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2008年 - 2010年    代表者: 内田 千代子
実態調査により、大学生の6%以上が深刻に自殺を考えたことがあり、そのような学生は自殺を肯定する傾向があることが明らかになった。また、自殺を肯定する傾向は女子より男子のほうが高かった。いじめの経験と自殺念慮との関連性は、大学生において認められ、中校生においてはその可能性が示唆された。50%以上の学生が、何らかの自殺に関する教育を受けたことがあり、自殺の危険性に関する知識では受講経験者のほうが高く、予防教育が有効であると考えられた。少人数を対象とした自殺予防教育において効果が認められ、友人の自...
「臨床疫学研究に活用可能な診療情報プラットフォーム構築」に関する研究
厚生労働省: 
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 福原俊一
ながはま0次予防コホート事業
研究期間: 2007年   
京都大学医学研究科と日本国滋賀県長浜市による、健常な長浜市民約1万人を対象にしたゲノム疫学コホート研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金(萌芽研究)
研究期間: 2007年 - 2008年    代表者: 宮木 幸一
昨年度までに取得した健常な日本人成人ボランティアのコホートデータを対象に、ベースライン調査時に取得したデータ項目のうち、主に、eNOS遺伝子、血圧値、Food frequency questionnaire (FFQ)によるナトリウム摂取量を利用した。eNOSをTT群とTC+CC群の2群に分け、ナトリウム摂取量を連続量として扱った際の高血圧(収縮期血圧≧140mmHg or拡張期血圧≧90mmHg)のオッズ比(OR)を検討した。まず広く行われているロジスティック回帰分析を行い、次にOran...
健康・医療に関する情報取得におけるインターネットの利用状況
研究期間: 2006年   
インターネットを利用した患者間コミュニケーション支援に関するランダム化比較試験研究
ファイザーヘルスリサーチ振興財団: 平成17年度若手研究者国内共同研究助成金
研究期間: 2005年 - 2006年    代表者: 高橋由光
健康情報学におけるネットワーク分析
研究期間: 2005年   
健康は、情報やソーシャルキャピタル (SC:人々が持つ信頼関係や人間関係) の影響も強く受けるため、情報インフラであるインターネット空間における健康関連情報やSCの健康情報学的意義が注目されつつある。ネットワーク分析を用いて、健康関連情報や、インターネット内のSCの要約と可視化の試行などを行っている。
(http://repository.kulib.kyoto-u.ac.jp/dspace/handle/2433/97938)
インターネットを利用したピアサポートに関する研究
研究期間: 2005年   
ネットワーク分析を用いたテキストマイニング
研究期間: 2001年