篠田陽

J-GLOBALへ         更新日: 17/10/10 11:29
 
アバター
研究者氏名
篠田陽
所属
東京薬科大学
部署
薬学部
職名
講師
学位
博士(理学)2003年9月30日取得
その他の所属
RIKEN BSI
科研費研究者番号
80403096
ORCID ID
0000-0003-3253-2194

プロフィール

イメージング・電気生理・分子生物学の手法を用いて、以下のテーマについて研究を行っています。

・シナプス特異性のメカニズム
・光操作型新規タンパク質装置の開発
・記憶構築のネットワーク基盤
・毒性物質の神経毒性発現メカニズム

研究分野

 
 

経歴

 
2016年
 - 
現在
東京薬科大学  薬学部 公衆衛生学教室 講師
 
2012年
 - 
2016年
東京理科大学 理工学部 応用生物科学科 助教
 
2010年
 - 
2012年
欧州神経科学研究所(ゲッティンゲン・ドイツ) 博士研究員
 
2007年
 - 
2010年
理研BSI 博士研究員
 
2005年
 - 
2007年
大阪大学大学院生命機能研究科 特任助手
 
2005年
 - 
2005年
大阪大学大学院生命機能研究科 特任研究員
 
2004年
 - 
2004年
UC Irvine, CA, US Research Scientist
 
2003年
 - 
2004年
大阪大学大学院生命機能研究科 研究員(COE)
 
2000年
 - 
2003年
大阪大学大学院理学研究科博士後期課程
 

受賞

 
2013年3月
日本生理学会 日本生理学会奨励賞
 
2012年6月
日本生理学会 若手研究者奨励賞
 
2010年7月
包括脳ネットワーク 優秀若手賞 
 

論文

 
Yagishita K, Suzuki R, Mizuno S, Katoh-Semba R, Sadakata T, Sano Y, *Furuichi T and *Shinoda Y
Neurosci. Lett.   661 121-125   2017年10月   [査読有り]
Ihara D, *Fukuchi M, Katakai M, Shinoda Y, Katoh-Semba R, Furuichi T, Ishikawa M, Tabuchi A and Tsuda M
Cell Struct. Funct.   in press   2017年9月   [査読有り]
Hayashi K, Furuya A, Sakamaki Y, Akagi T, Shinoda Y, Sadakata T, Hashikawa T, Shimizu K, Minami H, Sano Y, Nakayama M and Furuichi T*
PLoS ONE   12(3) e0173175   2017年3月   [査読有り]
Sadakata T*, Shinoda Y, Ishizaki Y and Furuichi T
Neurosci. Lett.   639 88-93   2017年1月   [査読有り]
Shinoda Y*, Takahashi T, Akimoto J, Ichikawa M, Yamazaki H, Narumi A, Yano S and Fujiwara Y*
J. Toxicol. Sci.   42(1) 111-119   2017年1月   [査読有り]
Yoshikawa F, Sato Y, Tohyama K, Akagi T, Furuse T, Sadakata T, Tanaka M, Shinoda Y, Hashikawa T, Itohara S, Sano Y, Ghandour MS,Wakana S, Furuichi T*
PLoS ONE   11(11) e0166732   2016年11月   [査読有り]
Shinoda Y*, Nakajima Y, Iguchi H, Tatsumi S, Kitaoka M, Nakajima M, Takahashi T, Fujiwara Y and Furuichi T*
European Journal of Pharmacology   791 711-717   2016年10月   [査読有り]
Shinoda Y, Ishii C, Fukazawa Y, Sadakata T, Ishii Y, Sano Y, Iwasato T, Itohara S, and Furuichi T*
Scientific Reports   6 31540   2016年8月   [査読有り]
Nakajima Y, Iguchi H, Kamisuki S, Sugawara F, Furuichi T*, Shinoda Y*
The Journal of toxicological sciences   41(2) 311-319   2016年3月   [査読有り]
Hosono M, Shinoda Y, Hirano T, Ishizaki Y, Furuichi T*, Sadakata T*
Neuroscience letters   617 232-235   2016年2月   [査読有り]
Mishima Y, Shinoda Y, Sadakata T, Kojima M, Wakana S, Furuichi T*
Scientific Reports   5 8932   2015年3月   [査読有り]
Shinoda Y*, Ahmed S, Ramachandran B, Bharat V, Brockelt D, Altas B, Dean C*
Front. Synaptic Neurosci.   6(27) 1-12   2014年11月   [査読有り]
Sato Y, Yoshikawa F, Sadakata T, Shinoda Y, Koebis M, Furuichi T*
Neuroscience letters   581 14-19   2014年10月   [査読有り]
Sadakata T, Kakegawa W, Shinoda Y, Hosono M, Katoh-Semba R, Sekine Y, Sato Y, Saruta C, Ishizaki Y, Yuzaki M, Kojima M, Furuichi T*
PLoS ONE   9(6) e99524   2014年6月   [査読有り]
Sadakata T, Shinoda Y, Sato A, Iguchi H, Ishii C, Matsuo M, Yamaga R and Furuichi T*
International Journal of Environmental Research and Public Health   10(12) 6335-6353   2013年11月   [査読有り]
Sadakata T, Kakegawa W, Shinoda Y, Hosono M, Katoh-Semba R, Sekine Y, Sato Y, Tanaka M, Iwasato T, Itohara S, Furuyama K, Kawaguchi Y, Ishizaki Y, Yuzaki M, Furuichi T*
J Neurosci.   33(44) 17326-17334   2013年10月   [査読有り]
Shinoda Y, Sadakata T, Furuichi T*
Experimental Animals   62(2) 71-78   2013年4月   [査読有り]
Sadakata T, Shinoda Y, Oka M, Sekine Y, Sato Y, Saruta C, Miwa H, Tanaka M, Itohara S, Furuichi T*
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   109(51) 21104-21109   2012年12月   [査読有り]
Sadakata T, Shinoda Y, Oka M, Sekine Y, Furuichi T*
FEBS letters   1(4) 54-59   2012年11月   [査読有り]
Furuichi T*, Shiraishi-Yamaguchi Y, Sato A, Sadakata T, Huang J, Shinoda Y, Hayashi K, Mishima Y, Tomomura M, Nishibe H, Yoshikawa F
Neurochemical research   36(7) 1241-1252   2011年7月   [査読有り]
Shinoda Y, Sadakata T, Nakao K, Katoh-Semba R, Kinameri E, Furuya A, Yanagawa Y, Hirase H, Furuichi T*
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   108(1) 373-378   2010年12月   [査読有り]
Yoshikawa F, Banno Y, Otani Y, Yamaguchi Y, Nagakura-Takagi Y, Morita N, Sato Y, Saruta C, Nishibe H, Sadakata T, Shinoda Y, Hayashi K, Mishima Y, Baba H, Furuichi T*
PLoS ONE   5(11) e13932   2010年11月   [査読有り]
Sadakata T, Shinoda Y, Sekine Y, Saruta C, Itakura M, Takahashi M, Furuichi T*
The Journal of biological chemistry   285(49) 38710-38719   2010年10月   [査読有り]
Furutama D, Morita N, Takano R, Sekine Y, Sadakata T, Shinoda Y, Hayashi K, Mishima Y, Mikoshiba K, Hawkes R, Furuichi T*
Journal of neuroscience research   88 2810-2825   2010年7月   [査読有り]
Shinoda Y*, Tanaka T, Tominaga-Yoshino K, Ogura A
PLoS ONE   5(4) e10390   2010年4月   [査読有り]
Sato A, Sekine Y, Saruta C, Nishibe H, Morita N, Sato Y, Sadakata T, Shinoda Y, Kojima T, Furuichi T*
Neural Networks   21(8) 1056-1069   2008年10月   [査読有り]
Taniguchi N, Shinoda Y, Takei N, Nawa H, Ogura A, Tominaga-Yoshino K*
Neuroscience Letters   406(1-2) 38-42   2006年10月   [査読有り]
Kamikubo Y, Egashira Y, Tanaka T, Shinoda Y, Tominaga-Yoshino K, Ogura A*
The European Journal of Neuroscience   24(6) 1606-1616   2006年9月   [査読有り]
Shinoda Y, Kamikubo Y, Egashira Y, Tominaga-Yoshino K, Ogura A*
Brain Research   1042(1) 99-107   2005年3月   [査読有り]
Shinoda Y, Tominaga-Yoshino K, Ogura A*
Neuroscience Research   47(2) 191-200   2003年10月   [査読有り]
Shimada T*, Aoki K, Shinoda Y, Nakamura T, Tokunaga N, Inagaki S, Hayashi T*
Journal of the American Chemical Society   125(16) 4688-4689   2003年4月   [査読有り]
Takada T, Irie R, Shinoda Y, Katsuki T*
Synlett   (7) 1157-1159   1999年4月   [査読有り]

Misc

 
ゴルジ体における有芯小胞の生合成とCAPSタンパク質の役割
定方哲史, 篠田陽, 古市貞一
生体の科学   63(5) 414-415   2012年10月
BDNFの分泌制御と脳神経回路の形成
篠田陽、古市貞一
生化学   84(2) 106-112   2012年2月   [依頼有り]
自閉症の発症要因と動物モデル
篠田陽、定方哲史、三島百合子、古市貞一
実験医学(増刊)   30(2) 236-241   2012年1月   [依頼有り]
有芯小胞の分泌制御因子CAPS2と自閉症感受性
定方哲史、篠田陽、林周宏、古市貞一
実験医学(増刊)   28(5) 63-69   2010年3月   [依頼有り]
篠田陽、定方哲史、林周宏、古市貞一
脳と精神の医学   20(4) 303-310   2009年10月   [依頼有り]
自閉症の遺伝要因とCAPS2遺伝子
定方哲史、篠田陽、古市貞一
実験医学(増刊)   26(12) 209-217   2008年7月   [依頼有り]

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
研究期間: 2017年1月 - 2017年12月    代表者: 篠田陽
研究期間: 2016年 - 2019年    代表者: 鍜冶利幸 協力者:篠田陽・吉田映子
研究期間: 2015年 - 2017年    代表者: 篠田陽
研究期間: 2015年 - 2016年    代表者: 篠田陽
研究期間: 2013年 - 2014年    代表者: 篠田陽
研究期間: 2013年 - 2014年    代表者: 古市貞一 分担者:篠田陽
研究期間: 2012年 - 2013年    代表者: 篠田陽
研究期間: 2012年 - 2013年    代表者: 篠田陽
研究期間: 2009年 - 2013年    代表者: 宮野公樹 分担者:篠田陽 *2010年渡独により辞退
研究期間: 2009年 - 2010年    代表者: 篠田陽
研究期間: 2008年 - 2013年    代表者: 小島正己 協力者:篠田陽

委員歴

 
2017年
 - 
現在
INCF Japan node  神経科学者SNS運営委員会 委員
 
2017年
 - 
現在
JST アジアサイエンスキャンプ推進委員会  委員
 
2015年
 - 
現在
日本生理学会  男女共同参画委員会 委員
 
2014年
 - 
現在
日本生理学会  理事
 
2014年
 - 
現在
日本生理学会  評議員
 
2013年
 - 
現在
日本神経科学学会 Brain Beeタスクフォース検討委員会  委員
 
2008年
 - 
現在
日本生理学会  若手の会委員会 委員
 
2008年
 - 
2010年
日本生理学会  若手の会委員長
 

特許

 
特願2015-096688 : 中枢神経細胞保護剤、及び中枢神経変性疾患の予防又は治療剤
篠田陽・紙透伸治・古市貞一・菅原二三男・今堀龍志
特願2015-096689 : 中枢神経細胞保護剤、及び中枢神経変性疾患の予防又は治療剤
篠田陽・古市貞一・中島将博・今堀龍志