田中 嘉成

J-GLOBALへ         更新日: 17/09/28 02:53
 
アバター
研究者氏名
田中 嘉成
 
タナカ ヨシナリ
所属
上智大学
部署
地球環境学研究科地球環境学専攻
職名
教授
学位
農学博士(名古屋大学)
科研費研究者番号
60338647

研究分野

 
 

受賞

 
2001年
日本生態学会宮地賞
 

論文

 
Ecological risk assessment of chemical pollutants Advances in analyses on population-level effects
3 34-43   2000年
Sexual selection enhances populational extinction under changing environments
180 197-206   1996年   [査読有り]
A genetic mechanism for the evolution of senescence in Callosobruchus chinensis (the azuki bean weevil)
70 318-321   1993年   [査読有り]
Individual variation of scent avoiding oviposition behavior in azuki bean weevil Callosobruchus chinensis.
9 31-33   1991年   [査読有り]

Misc

 
環境保全における集団生物学理論の役割
田中嘉成
横浜国立大学環境科学研究センター紀要   25 73-82   1999年
田中 嘉成, 中西 準子
水環境学会誌   21(9) 616-623   1998年   [査読有り]
個体群の絶滅確率に基づく生態リスク評価
田中嘉成
日本生態学会誌   48 327-335   1998年   [査読有り]
生物の絶滅リスクの予測手法と課題
田中嘉成
化学物質と環境   28 13-15   1998年
理論生態学の環境毒性データ解析への応用
田中嘉成
横浜国立大学環境科学研究センター紀要   24 11-20   1998年

書籍等出版物

 
生態学事典
田中 嘉成
2003年   
環境リスクマネジメントハンドブック
田中 嘉成
2003年   
環境変動と生物の適応・存続
田中 嘉成
1999年   
生物多様性とその保全
田中 嘉成
1997年   
量的遺伝学
田中 嘉成
1993年   

講演・口頭発表等

 
3栄養段階の生物群集モデルに基づく環境汚染の生態リスク評価手法
田中嘉成
第63回日本生態学会大会   2016年3月   
3栄養段階生態系モデルに基づく化学物質の生態リスク評価
田中嘉成
日本リスク研究学会第28回大会   2015年11月22日   
除草剤使用の削減と河川ベントス個体数の回復という不確実性に頑健な対策地点の選択
三﨑貴弘・横溝裕行・田中嘉成
第49回日本水環境学会   2015年3月   
生態系モデルに基づく化学物質の包括的生態リスク評価
田中嘉成
環境科学会2014年会   2014年8月   
ミジンコ個体群モデルに基づく環境汚染物質の生態リスク評価
田中嘉成
第61回日本生態学会大会   2014年3月18日   

所属学協会

 
 

競争的資金等の研究課題

 
環境汚染物質の生態リスク評価法に関する研究
生物個体群の進化および絶滅過程に関する理論的研究