大原祐治

J-GLOBALへ         更新日: 17/10/21 21:30
 
アバター
研究者氏名
大原祐治
 
オオハラユウジ
eメール
yuji-ohrfaculty.chiba-u.jp
URL
https://yujiohr.com/
所属
千葉大学
部署
文学部 人文学科 日本・ユーラシア文化コース
職名
教授
学位
博士(日本語日本文学)(学習院大学)

プロフィール

1972年生まれ。1930年代から1950年代にかけての日本文学を主たる対象とし、文学と隣接する、あるいは文学を包摂する諸領域(歴史、思想、教育、出版メディア等)と、文学との関わりについての考察を行っている。近年は特に、占領期の雑誌文化と戦後文学の展開との相関について考えている。

研究分野

 
 

経歴

 
2016年7月
 - 
現在
千葉大学 文学部 教授
 
2009年4月
 - 
2016年6月
千葉大学 文学部 准教授
 
2002年4月
 - 
2009年3月
学習院高等科 教諭
 

論文

 
「若い人達」に向けて―雑誌「学生」と大佛次郎の戦後
大原祐治
「おさらぎ選書」   (25) 21-45   2017年6月   [招待有り]
大原祐治
「人文研究」(千葉大学)   (46) 1-34   2017年3月
方法論としての「文学のふるさと」―坂口安吾における「芥川龍之介」
大原祐治
「近代文学合同研究会論集」   (13) 2-16   2017年2月
大原祐治
「千葉大学人文社会科学研究」   (32) 1-12   2016年3月
大原祐治
「人文研究」(千葉大学)   (44) 143-168   2015年3月
〈戦後〉の始め方―太宰治「パンドラの匣」論―
大原祐治
「近代文学合同研究会論集」   (10) 96-111   2013年12月
大原祐治
「語文論叢」   (28) 1-11   2013年7月
「小市民の幸福」と公共性―坂口安吾「中庸」から考える―
大原祐治
「国語と国文学」   89(7) 53-68   2012年7月   [査読有り]
大原祐治
「人文研究」(千葉大学)   (41) 83-115   2012年3月
大原祐治
「人文研究」(千葉大学)   (40) 31-57   2011年3月
大原 祐治, オオハラ ユウジ, OHARA Yuji
「千葉大学人文社会科学研究」   (20) 1-16   2010年3月
「陶酔の境」への想像力―井伏鱒二「遥拝隊長」について―
大原祐治
「近代文学合同研究会論集」   (5)    2008年12月
大原祐治
「学習院高等科紀要」   (6)    2008年7月
大原祐治
「学習院大学国語国文学会誌」   51 57-69   2008年3月
小説の中の学校/学校の中の小説―井伏鱒二試論(一)―
大原祐治
「学習院高等科紀要」   (5)    2007年7月
裂罅としての郷土/幻視される故郷(下)―川端康成「牧歌」について―
大原祐治
「学習院高等科紀要」   (4)    2006年7月
裂罅としての郷土/幻視される故郷(上)―柳田國男と川端康成における「信州」―
大原祐治
「学習院高等科紀要」   (3)    2005年7月
1930-40年代日本文学に関する考察
大原祐治
学習院大学      2005年3月   [査読有り]
「昭和文学史」への切断線―一九三〇年代・四〇年代の日本文学を「研究」するために―
大原祐治
学習院高等科紀要   (2)    2004年6月
大原祐治
「日本近代文学」   70 50-64   2004年5月   [査読有り]
豚並みに生きること―坂口安吾「白痴」論のためのノート―
大原祐治
「学習院高等科紀要」   (1)    2003年6月
大原祐治
「昭和文学研究」   45 67-78   2002年9月   [査読有り]
大原祐治
「学習院大学人文科学論集」   11 101-129   2002年
大原祐治
「日本文学」   51(1) 29-37   2002年   [査読有り]
大原祐治
「昭和文学研究」   42 1-13   2001年3月   [査読有り]
大原祐治
「文学」   2(2) 182-195   2001年3月   [査読有り]
大原祐治
「日本近代文学」   65 193-207   2001年   [査読有り]
大原祐治
「日本近代文学」   84-97   2000年5月   [査読有り]
大原祐治
「学習院大学人文科学論集」   9 83-102   2000年
大原祐治
「学習院大学国語国文学会誌」   39 78-88   1996年3月

Misc

 
大原祐治
『漱石辞典』(翰林書房)   607-609   2017年5月   [依頼有り]
〈コラム〉漱石論の歴史③『こころ』論争
大原祐治
『漱石辞典』(翰林書房)   166-166   2017年5月   [依頼有り]
〈資料紹介〉『日本切支丹宗門史 下巻』(坂口安吾蔵書書込の翻刻と解題)
大原祐治
「坂口安吾研究」   (3) 73-77   2017年3月   [依頼有り]
〈書評〉副田賢二著『〈獄中〉の文学史 夢想する近代日本文学』
大原祐治
「昭和文学研究」   (74) 230-232   2017年3月   [依頼有り]
〈書評〉日比嘉高著『文学の歴史をどう書き直すのか 二〇世紀日本の小説・空間・メディア』
大原祐治
「図書新聞」   (3290) 2   2017年2月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
『月刊にひがた』復刻版 別冊 解題・総目次・執筆者索引
大原祐治
三人社   2016年10月   ISBN:9784908147586
辻本雄一(監修)河野龍也(編著) (担当:分担執筆, 範囲:戦時下の「親馬鹿」と手紙―『環境』における父と子)
勉誠出版   2015年11月   ISBN:4585290834
和田博文(監修)大原祐治(編) (担当:編者, 範囲:エッセイ「防空と空襲」、解題、関連年表、主要参考文献)
ゆまに書房   2014年6月   ISBN:484334138X
宮原 琢磨(編著) (担当:分担執筆, 範囲:文学史の彼岸―「文藝春秋」創刊と大正期の文芸メディア―)
日本大学文理学部   2013年4月   ISBN:4905194512
大原 祐治
翰林書房   2006年11月   ISBN:4877372377

講演・口頭発表等

 
所有と欲望をめぐって―「桜の森の満開の下」考
大原祐治
坂口安吾研究会第30回研究集会   2017年3月19日   坂口安吾研究会
(パネル発表)戦後とメディア/占領期の地方雑誌〔ディスカッサント〕
大原祐治
国際日本文化研究センター共同研究「戦後日本文化再考」第2016年度第1回共同研究会   2016年4月17日   
「芥川龍之介」の使い方―方法論としての「文学のふるさと」
大原祐治
近代文学合同研究会第15回シンポジウム   2015年12月12日   近代文学合同研究会
戦争と文学―「空襲」表象をめぐって [招待有り]
大原祐治
学習院大学国語国文学会2015年度秋季大会   2015年11月7日   学習院大学国語国文学会
(パネル発表)一九四〇年代の東北表象と地方文化運動〔コメンテーター〕
大原祐治
日本近代文学会2015年度秋季大会   2015年10月25日   日本近代文学会

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2016年4月 - 2021年3月    代表者: 大原祐治
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2013年4月 - 2017年3月    代表者: 大原 祐治
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2010年4月 - 2013年3月    代表者: 大原祐治
文部科学省: 科学研究費助成金(基盤研究(C))
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 梅澤亜由美
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 日高 佳紀

学歴

 
1999年4月
 - 
2002年3月
学習院大学大学院 人文科学研究科博士後期課程 
 
1996年4月
 - 
1999年3月
学習院大学大学院 人文科学研究科博士前期課程 
 
1991年4月
 - 
1995年3月
学習院大学 文学部 日本語日本文学科
 

委員歴

 
2016年4月
 - 
現在
日本近代文学会  評議員
 
2015年4月
 - 
2017年3月
日本近代文学会  編集委員
 
2013年12月
 - 
2015年11月
日本文学協会  委員選考委員
 
2012年6月
 - 
現在
昭和文学会  幹事
 
2009年12月
 - 
2013年11月
日本文学協会  委員