酒井 雄希

J-GLOBALへ         更新日: 17/05/29 15:48
 
アバター
研究者氏名
酒井 雄希
 
サカイ ユウキ
部署
認知神経科学研究室
職名
研究員
学位
博士(医学)(京都府立医科大学大学院医学研究科 精神機能病態学)
その他の所属
京都府立医科大学附属病院

プロフィール

強迫性障害のニューロイメージング研究を行っています

研究分野

 
 

経歴

 
2006年4月
 - 
2008年3月
京都第一赤十字病院 研修医
 
2008年4月
 - 
2009年3月
京都府立医科大学附属病院 精神科・心療内科 前期専攻医
 
2009年4月
 - 
2013年3月
京都府立医科大学大学院医学研究科精神機能病態学 指導教官:福居 顯二 大学院生
 
2013年4月
 - 
2015年3月
京都府立医科大学大学院医学研究科精神機能病態学 助教
 
2015年4月
 - 
現在
国際電気通信基礎技術研究所 脳情報通信総合研究所 数理知能研究室 研究員
 
2015年4月
 - 
現在
京都府立医科大学大学院医学研究科精神機能病態学 特任講師
 

論文

 
Yu Takagi, Yuki Sakai, Lisi Giuseppe, Noriaki Yahata, Yoshinari Abe, Seiji Nishida, Takashi Nakamae, Jun Morimoto, Mitsuo Kawato, Jin Narumoto, Saori C. Tanaka
   2017年3月
Obsessive-compulsive disorder (OCD) is a common psychiatric disorder with a
lifetime prevalence of 2-3 percent. Recently, brain activity in the resting
state is gathering attention as a new means of exploring altered functional
connectivity in psy...
【強迫症の理解と治療の新たな展開I】 強迫症研究のこれから translational researchの可能性について
酒井 雄希, 田中 謙二
精神科治療学   32(3) 399-404   2017年3月
強迫症(obsessive-compulsive disorder:OCD)は、前頭葉-線条体回路の異常に代表される明確な生物学的基盤を持つ精神疾患と考えられている。我々は、近年注目されている安静時fMRIを用いることで、OCD患者におけるマクロレベルでの神経回路異常を明らかにしてきた。このような異常を詳細に検討し、さらに、操作を加えることによる神経活動の変化や症状との因果関係を同定するためにはモデル動物が必要不可欠である。これまでに様々な遺伝子改変モデル動物が報告されているが、OCD患者...
BMI(ブレインマシンインタフェース)技術による精神科的診断と治療の創造 強迫性障害の生物学的基盤とニューロフィードバック法による治療可能性
酒井 雄希
精神神経学雑誌   (2016特別号) S259-S259   2016年6月
【強迫とその周辺】 強迫性障害におけるニューロフィードバック
酒井 雄希, 高木 優, 田中 沙織
臨床精神医学   44(11) 1527-1535   2015年11月
Abe Y, Sakai Y, Nishida S, Nakamae T, Yamada K, Fukui K, Narumoto J
European neuropsychopharmacology : the journal of the European College of Neuropsychopharmacology      2015年9月   [査読有り]
Fujihara K, Narita K, Suzuki Y, Takei Y, Suda M, Tagawa M, Ujita K, Sakai Y, Narumoto J, Near J, Fukuda M
NeuroImage      2015年1月   [査読有り]
Takata N, Yoshida K, Komaki Y, Xu M, Sakai Y, Hikishima K, Mimura M, Okano H, Tanaka KF
PloS one   10(3) e0121417   2015年   [査読有り]
衝動性と強迫性 ~計算論的アプローチによる疾患研究
田中沙織 酒井雄希 成本 迅
分子精神医学   15(1) 15-22   2015年1月   [招待有り]
【薬物療法の終了-そのエビデンスとアートを探る】 強迫性障害に対するSRI長期投与のベネフィットとリスク、終了方法
阿部 能成, 酒井 雄希, 多賀 千明
臨床精神薬理   17(4) 499-505   2014年4月
強迫性障害に対する薬物療法の第一選択はセロトニン再取り込み阻害薬(serotonin reuptake inhibitor:SRI)であり、各種ガイドラインでも推奨されている。強迫性障害の治療においてはうつ病に対する薬物療法よりも高用量をより長期間使用することが推奨されているが、反応率は40〜60%程度に留まる。またSRI漸減を考慮するまでに1〜2年の観察期間を設けるように推奨されているが、SRI中止後は30%以上の再発率が報告されている。SRIのみではなくSRIと暴露反応妨害法を軸にした...
Nagahara Y, Nakamae T, Nishizawa S, Mizuhara Y, Moritoki Y, Wada Y, Sakai Y, Yamashita T, Narumoto J, Miyata J, Yamada K, Fukui K
Progress in neuro-psychopharmacology & biological psychiatry   51C 72-77   2014年1月   [査読有り]
Nakamae T, Sakai Y, Abe Y, Nishida S, Fukui K, Yamada K, Kubota M, Denys D, Narumoto J
PloS one   9 e112075   2014年   [査読有り]
de Wit SJ, Alonso P, Schweren L, Mataix-Cols D, Lochner C, Menchón JM, Stein DJ, Fouche JP, Soriano-Mas C, Sato JR, Hoexter MQ, Denys D, Nakamae T, Nishida S, Kwon JS, Jang JH, Busatto GF, Cardoner N, Cath DC, Fukui K, Jung WH, Kim SN, Miguel EC, Narumoto J, Phillips ML, Pujol J, Remijnse PL, Sakai Y, Shin NY, Yamada K, Veltman DJ, van den Heuvel OA
The American journal of psychiatry      2013年11月   [査読有り]
酒井雄希
京都府立医科大学雑誌   122(8) 585-586   2013年8月
酒井雄希, 成本迅, 中前貴, 福居顯二
月刊精神科   22(4) 370-374   2013年4月
Hirosawa R, Narumoto J, Sakai Y, Nishida S, Ishida T, Nakamae T, Takei Y, Fukui K
Neuropsychiatric disease and treatment   9 955-962   2013年   [査読有り]
酒井雄希, 福居顯二
心身医学   52(2) 148-153   2012年2月
Nakamae T, Narumoto J, Sakai Y, Nishida S, Yamada K, Kubota M, Miyata J, Fukui K
Progress in neuro-psychopharmacology & biological psychiatry      2012年1月   [査読有り]
Yamamoto H, Tsuchida H, Nakamae T, Nishida S, Sakai Y, Fujimori A, Narumoto J, Wada Y, Yoshida T, Taga C, Fukui K
Neuropsychiatric disease and treatment   8 579-583   2012年   [査読有り]

Misc

 
精神疾患の作業記憶能力を特徴づける機能的脳ネットワークの特異的変化(Uniquely altered functional brain networks characterize working memory ability in psychiatric disorders)
山下 真寛, 吉原 雄二郎, 松河 理子, 高橋 英彦, 市川 奈穂, 岡本 泰昌, 加藤 進昌, 橋本 龍一郎, 八幡 憲明, 田中 沙織, 酒井 雄希, 川人 光男, 今水 寛
日本生物学的精神医学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集   37回・45回 208-208   2015年9月
安静時機能的MRIとスパース推定を用いた摂食障害の生物学的基盤の同定
酒井 雄希
先進医薬研究振興財団研究成果報告集   2015年度 64-66   2016年3月
安静時機能的MRIとスパース推定を用いた摂食障害の生物学的基盤の同定
酒井 雄希
先進医薬研究振興財団研究成果報告集   2015年度 64-66   2016年3月
Clozapine投与中に顕著な好中球数の変動を呈したが、無顆粒球症には至らなかった1例
西川 仁美, 酒井 雄希, 新美 美希, 綾仁 信貴, 西村 伊三男, 福居 顯二
精神神経学雑誌   117(1) 59-59   2015年1月
高木 優, 酒井 雄希, 阿部 能成
人工知能学会全国大会論文集   29 1-4   2015年
藤澤なすか, 畑讓, 酒井雄希, 中前貴, 福居顯二
精神神経学雑誌   115(1) 110   2013年1月
伊藤惇, 成本迅, 酒井雄希, 西田誠司, 中前貴, 奥山智緒, 山田惠, 福居顯二
日本生物学的精神医学会誌   23(Supplement) 172   2012年9月
西澤晋, 和田良久, 守時通演, 水原祐起, 永原優理, 山下達久, 酒井雄希, 中前貴, 成本迅, 山田惠, 福居顯二
日本精神神経学会総会プログラム・抄録集   108th S.273   2012年
永原優理, 和田良久, 西澤晋, 守時通演, 水原祐起, 山下達久, 酒井雄希, 中前貴, 成本迅, 山田惠, 福居顯二
日本精神神経学会総会プログラム・抄録集   108th S.470   2012年
酒井雄希, 酒井雄希, 成本迅, 西田誠司, 中前貴, 山田惠, 西村恒彦, 福居顯二
日本精神神経学会総会プログラム・抄録集   107th S.453   2011年

講演・口頭発表等

 
革新的技術を用いた精神疾患への新たなアプローチ [招待有り]
酒井 雄希
金曜サイエンスサロン   2017年2月3日   
強迫性障害における主観的時間とその生物学的基盤
酒井 雄希
「こころの時間学」2016年度第2回領域会議   2016年12月20日   
OCD therap
酒井 雄希
ATR DecNef worksho   2016年12月6日   
Understanding neuropsychiatric disorders: focus on obsessivecompulsive disorder [招待有り]
酒井 雄希
4th mini-symposium on Cognition, Decisionmaking and Social function   2016年10月25日   
強迫性障害における主観的時間とその生物学的基盤
酒井 雄希
「こころの時間学」2016年度第1回領域会議   2016年7月11日   
強迫性障害における主観的時間とその生物学的基盤
酒井 雄希
「こころの時間学」2016年度第1回領域会議   2016年7月10日   
強迫性障害の生物学的基盤とニューロフィードバック法による治療可能性 [招待有り]
酒井 雄希
第112回日本精神神経学会学術総会   2016年6月2日   
OCDの計算論モデルとfMRI [招待有り]
酒井 雄希
第8回不安症学会   2016年2月6日   
強迫症モデルマウスの安静時fMRI解析中間報告 [招待有り]
酒井 雄希
第2回マウス精神疾患モデルMRI研究会   2016年1月15日   
The neural basis of intertemporal decision making in OCD.
Yuki Sakai; Saori C. Tanaka; Jin Narumoto; Seiji Nishida; Takashi Nakamae; Kei Yamada; Kenji Doya; Kenji Fukui
新学術領域研究予測と意思決定の脳内計算機構の解明による人間理解と応用 第10回領域会議   2015年12月17日   
安静時機能的MRIとスパース推定を用いた摂食障害の生物学的基盤の同定
酒井 雄希
第48回 精神神経系薬物治療研究報告会   2015年12月4日   
The neural basis of intertemporal decision making in OCD.
Yuki Sakai; Saori C. Tanaka; Jin Narumoto; Seiji Nishida; Takashi Nakamae; Kei Yamada; Kenji Doya; Kenji Fukui
International Symposium on Prediction and Decision Making 2015   2015年11月1日   
強迫性障害の神経基盤と デコーディッドニューロフィードバック法を用いた治療可能性 [招待有り]
酒井 雄希
第38回日本神経科学大会   2015年7月29日   
Reinforcement learning based on impulsively biased time scale and  its neural substrate in OCD. 
酒井 雄希
RLDM 2015(The Multi-disciplinary Conference on Reinforcement Learning and Decision Making)   2015年6月7日   
Impulsively Biased Time Scale and Its Neural Substrate in OCD [招待有り]
酒井 雄希
第 1 回神経経済学ワークショップ   2015年2月20日   
精神疾患とfMRI –その応用可能性− [招待有り]
酒井 雄希
第1回マウス精神疾患モデルMRI研究会   2015年1月10日   
Altered Striatal Specialization for Reward Prediction in OCD
酒井 雄希
Cambridge-KPUM-ATR OCD conference   2014年12月6日   
デコーディッドニューロフィードバック法による精神疾患の治療可能性 [招待有り]
酒井 雄希
第37回日本神経科学大会(ランチョンセミナー)   2014年9月12日   
ワークショップ「最先端脳科学セミナー」 ヒト脳機能画像研究 [招待有り]
酒井 雄希
第110回日本精神神経学会学術総会   2014年6月27日   
精神疾患(認知症・強迫性障害・摂食障害)の基礎知識と最新の研究成果 -食行動異常と脳画像研究- [招待有り]
酒井 雄希
味の素株式会社イノベーション研究所における摂食と精神疾患・ニューロイメージング研究に関する講演   2014年1月30日   
Neural Substrates for Altered Reward Prediction in Psychiatric Disorders with Serotonergic Dysfunction.
酒井 雄希
International Symposium on Prediction and Decision Making   2013年10月13日   
Altered Striatal Functional Specialization for Reward Prediction in non-medicated patients with Obsessive-Compulsive Disorder.
Sakai Y, Narumoto J, Tanaka S, Nishida S, Nakamae T, Yamada K, Doya K, Fukui K.
The 4th World Congress of Asian Psychiatry   2013年8月20日   
Neural substrates for altered reward prediction and decision making process in psychiatric disorders with serotonergic dysfunction.
酒井 雄希
11th World Congress of Biological Psychiatry   2013年6月24日   
Possible Application of Optogenetics and fMRI to Investigate the Neural Mechanism of Obsessive-Compulsive Disorder
酒井雄希、高田則雄、小牧裕司、疋島 啓吾、田中謙二、岡野英之
新学術領域研究予測と意思決定の脳内計算機構の解明による人間理解と応用 第5回領域会議   2013年6月8日   
Neural substrates of patients with obsessive-compulsive disorder and possible application of decoded neurofeedback to the treatment. [招待有り]
酒井 雄希
Cinet-BMI Seminar   2013年5月9日   
強迫性障害におけるfMRI研究
酒井 雄希
京府医、慶大医交流シンポジウム   2013年2月1日   
Functional Specialization for the Reward Prediction in the striatum of Obsessive-Compulsive Disorder
酒井 雄希、 成本 迅
新学術領域研究予測と意思決定の脳内計算機構の解明による人間理解と応用 第4回領域会議   2012年11月17日   
Translational Research in Obsessive Compulsive Disorder
成本 迅、 酒井 雄希
新学術領域研究予測と意思決定の脳内計算機構の解明による人間理解と応用 第4回領域会議   2012年11月17日   
チュートリアル2 機能的MRI
酒井 雄希
新学術領域研究予測と意思決定の脳内計算機構の解明による人間理解と応用 第4回領域会議 チュートリアル   2012年11月16日   
セロトニン神経系の障害をともなう精神疾患における意思決定神経基盤
酒井 雄希
第34回日本生物学的精神医学会   2012年9月28日   
金銭報酬を用いた異時点間の選択問題において、腹側線条体は短期の報酬予測、背側線条体は長期の報酬予測に関係した
酒井 雄希
平成23年度生理研研究会「今、社会神経科学研究に求められていること」   2011年10月   
安静時fMRIを用いた無投薬強迫性障害患者におけるStriato-Pallidal/SNr-thalam connectivityの変化
酒井 雄希
第107回精神神経学会   2011年10月   
Role of fMRI in Psychiatry: a clinical perspective
酒井 雄希
Management of Common Neuropsychiatric Disorders   2011年8月   
Corticostriatal Functional Connectivity in Non-medicated Patients with Obsessive-Compulsive Disorder
酒井 雄希
第32回日本生物学的精神医学会   2010年   
Corticostriatal Functional Connectivity in Non-medicated Patients with Obsessive-Compulsive Disorder
酒井 雄希
16th Annual Meeting of the Organization for Human Brain Mapping   2010年   
Altered Functional Connectivity in Obsessive-Compulsive Disorder: A Resting State fMRI Study
酒井 雄希
平成21年度特定領域研究「統合脳」夏のワークショップ   2009年   
身体感覚に関する妄想様観念、強迫的確認を伴う神経性無食欲症に低用量olanzapineが著効した1例
酒井 雄希
第104回近畿精神神経学会   2008年   

競争的資金等の研究課題

 
DecNefを応用した精神疾患の診断・治療システムの開発と臨床応用拠点の構築
文部科学省: 脳科学研究戦略推進プログラム
研究期間: 2013年 - 2017年    代表者: 川人光男
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 宮田 淳
安静時 fMRI を用いた強迫性障害患者の治療最適化ツール開発
科学技術振興機構: 研究成果展開事業 研究成果最適展開支援プログラム  A-STEP フィージビリティスタディステージ 探索タイプ
研究期間: 2014年12月 - 2015年11月    代表者: 酒井 雄希
安静時機能的MRIとスパース推定を用いた摂食障害の生物学的基盤の同定
先進医薬研究振興財団: 平成 26 年度 『精神薬療分野研究助成』 若手研究者助成
研究期間: 2014年12月 - 2015年11月    代表者: 酒井 雄希
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2014年 - 2015年    代表者: 成本 迅
阪本精神病理学研究所平成25年度精神疾患に関する医学研究助成
阪本精神病理学研究所: 平成25年度精神疾患に関する医学研究助成
研究期間: 2013年4月 - 2014年3月    代表者: 酒井 雄希
文部科学省: 科学研究費補助金(研究活動スタート支援)
研究期間: 2013年 - 2014年    代表者: 酒井 雄希
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2012年 - 2012年    代表者: 成本迅
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 成本 迅
強迫性障害の病態には行動選択における衝動性が関与していると考えられており、その神経基盤としては皮質線条体回路とセロトニン神経系が関連していることが示唆されている。これまでの研究から、強迫性障害患者においては腹側線条体、島皮質前部を中心とする短期の報酬予測に関与する脳領域の活動が優位になっていると仮説をたてている。この仮説を検証するために、機能的MRIにより測定した報酬課題遂行中の脳活動の数理モデル解析と、拡散テンソル画像、安静時の機能的MRIによる機能的結合の評価、構造画像による体積測定を...
強迫性障害における主観的時間とその生物学的基盤
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究)
研究期間: 2016年 - 2018年    代表者: 酒井 雄希