藤原悠紀

J-GLOBALへ         更新日: 17/09/25 19:41
 
アバター
研究者氏名
藤原悠紀
 
フジワラユウキ
eメール
fujiwara-yukincnp.go.jp
所属
独立行政法人日本学術振興会
職名
特別研究員(PD)
学位
博士(理学)(早稲田大学)
その他の所属
国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター

プロフィール

 リソソームは内部にさまざまな生体高分子に対する加水分解酵素を有し、細胞内における物質分解の主要な場と考えられます。私たちは近年、リソソームがRNAやDNAをATP依存的に直接内部に取り込み、分解するという新たな細胞内分解システムを発見し、これらをRNautophagy/DNautophagy(RDAと略記)と名付け、発表しました(Fujiwara et al., Autophagy, 2013 a,b)。また、これらのシステムにおいてリソソーム膜タンパク質LAMP2CとSIDT2がそれぞれ、基質核酸受容体と輸送体の一つとして働くことも見出しています。
 現在、RDAのより詳細なメカニズムや、生理的意義の解明を目標に研究を進めています。

研究分野

 
 

委員歴

 
2017年
   
 
日本神経化学会  拡大将来計画委員
 
2016年
   
 
日本神経化学会  第9回 神経化学の若手研究者育成セミナー 世話人副代表
 

受賞

 
2016年11月
第4回文部科学省新学術領域「オートファジー」班会議 兼 第10回オートファジー研究会 若手ベストポスター賞
 
2016年3月
国立精神・神経医療研究センター 神経研究所 最優秀研究発表賞
 
2013年3月
早稲田大学 小野梓記念学術賞
 
2013年3月
国立精神・神経医療研究センター 神経研究所 最優秀口演発表賞
 
2013年2月
Keystone Symposia on Molecular and Cellular Biology - Autophagy, Inflammation and Immunity "the top abstracts" 選出
 

論文

 
Contu VR, Hase K, Kozuka-Hata H, Oyama M, Fujiwara Y, Kabuta C, Takahashi M, Hakuno F, Takahashi SI, Wada K, Kabuta T
Journal of cell science   130(17) 2843-2853   2017年9月   [査読有り]
Takahashi M, Contu VR, Kabuta C, Hase K, Fujiwara Y, Wada K, Kabuta T
RNA biology      2017年3月   [査読有り]
Aizawa S, Contu VR, Fujiwara Y, Hase K, Kikuchi H, Kabuta C, Wada K, Kabuta T
Autophagy      2016年11月   [査読有り]
Aizawa S, Fujiwara Y, Contu VR, Hase K, Takahashi M, Kikuchi H, Kabuta C, Wada K, Kabuta T
Autophagy   12(3) 565-578   2016年3月   [査読有り]
Hase K, Fujiwara Y, Kikuchi H, Aizawa S, Hakuno F, Takahashi S, Wada K, Kabuta T
Nucleic acids research   43(13) 6439-6449   2015年7月   [査読有り]
Furuta A, Kikuchi H, Fujita H, Yamada D, Fujiwara Y, Kabuta T, Nishino I, Wada K, Uchiyama Y
The American journal of pathology   185(6) 1713-1723   2015年6月   [査読有り]
Fujiwara Y, Hase K, Wada K, Kabuta T
Biochemical and biophysical research communications   460(2) 281-286   2015年5月   [査読有り]
Nagamine S, Fujiwara Y, Shimizu T, Kawata A, Wada K, Isozaki E, Kabuta T
Neurological Sciences   36(6) 921-926   2015年3月   [査読有り]
Fujiwara Y, Kikuchi H, Aizawa S, Furuta A, Hatanaka Y, Konya C, Uchida K, Wada K, Kabuta T
Autophagy   9(8) 1167-1171   2013年8月   [査読有り]
Kabuta T, Mitsui T, Takahashi M, Fujiwara Y, Kabuta C, Konya C, Tsuchiya Y, Hatanaka Y, Uchida K, Hohjoh H, Wada K
The Journal of biological chemistry   288(18) 12615-12626   2013年5月   [査読有り]
Fujiwara Y, Furuta A, Kikuchi H, Aizawa S, Hatanaka Y, Konya C, Uchida K, Yoshimura A, Tamai Y, Wada K, Kabuta T
Autophagy   9(3) 403-409   2013年3月   [査読有り]
Konya C, Hatanaka Y, Fujiwara Y, Uchida K, Nagai Y, Wada K, Kabuta T
Neurochemistry International   59(2) 251-258   2011年8月   [査読有り]

Misc

 
藤原悠紀、Viorica Raluca Contu、長谷勝徳、株田智弘
実験医学増刊 The オートファジー 研究者たちの集大成が見える最新ビジュアルテキスト   35(15) 66 (2524)-73 (2531)   2017年9月   [依頼有り]
藤原悠紀、株田智弘
最新醫學   72(2) 234-239   2017年2月   [依頼有り]
Fujiwara Y, Wada K, Kabuta T
Journal of biochemistry   161(2) 145-154   2017年2月   [査読有り][依頼有り]
Klionsky DJ et al.
Autophagy   12(1) 1-222   2016年1月   [査読有り]
株田智弘, 藤原悠紀, 和田圭司
生化学   85(12) 1057-1066   2013年12月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
カンデル神経科学
藤原悠紀、和田圭司 (担当:共訳, 範囲:第5章 イオンチャネル)
メディカル・サイエンス・インターナショナル   2014年4月   
Autophagy: Cancer, Other Pathologies, Inflammation, Immunity, Infection and Aging Volume 1
Kabuta T, Fujiwara Y, Wada K (担当:共著, 範囲:Chapter 4 Roles of Multiple Types of Autophagy in Neurodegenerative Diseases)
Elsevier   2013年8月   

講演・口頭発表等

 
藤原悠紀、小祿和希、大島義之、古谷嘉章、長谷勝徳、Viorica Raluca Contu、高橋昌幸、株田千華、佐藤哲朗、堤信幸、和田圭司、株田智弘
第60回日本神経化学会大会 (シンポジウム)   2017年9月   
○藤原悠紀, 和田圭司, 株田智弘
Neuro2013 (シンポジウム)   2013年6月   
○Fujiwara Y, Furuta A, Kikuchi H, Aizawa S, Hatanaka Y, Konya C, Uchida K, Wada K, Kabuta T
Keystone Symposia on Molecular and Cellular Biology - Autophagy, Inflammation and Immunity   2013年2月   

競争的資金等の研究課題

 
生体の恒常性維持および免疫応答における細胞内新規核酸輸送・隔離・分解機構の役割
日本学術振興会: 特別研究員-PD
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 藤原悠紀
リソソームによる新規RNA/DNA分解システムとその意義に関する研究
日本学術振興会: 特別研究員-DC2
研究期間: 2014年4月 - 2016年3月    代表者: 藤原悠紀

特許

 
株田智弘, 藤原悠紀, 和田圭司、相澤修、長谷勝徳
特願2014-209340 : 異常核酸分解誘導剤
株田智弘, 藤原悠紀, 和田圭司、相澤修、長谷勝徳