山口 裕

J-GLOBALへ         更新日: 17/05/25 14:42
 
アバター
研究者氏名
山口 裕
 
ヤマグチ ユタカ
URL
http://www.fit.ac.jp/~y-yamaguchi/
所属
福岡工業大学
部署
情報工学部 情報工学科
職名
助教
学位
博士(理学)(北海道大学)
科研費研究者番号
80507236
ORCID ID
0000-0002-5982-8983

プロフィール

理論脳科学と複雑系数理の研究を行っています。

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2015年4月
 - 
現在
福岡工業大学 情報工学部 情報工学科 助教
 
2008年4月
 - 
2015年3月
北海道大学 電子科学研究所 助教
 
2003年4月
 - 
2008年3月
北海道大学大学院理学研究科数学専攻 博士後期課程
 
2003年
 - 
2006年
日本学術振興会 特別研究員(DC1)
 

受賞

 
2013年6月
The 4th Internathional Conference on Cognitive Neurodynamics (ICCN 2013) Best Poster Award 3rd place
 
2002年8月
計測自動制御学会 The SICE Annual Conference Young Author's Award A Finalist
 

論文

 
Ichiro Tsuda, Yutaka Yamaguti, Hiroshi Watanabe
Entropy   18(3) 74   2016年2月   [査読有り]
Yutaka Yamaguti, Ichiro Tsuda
Advances in Cognitive Neurodynamics(V)   735-740   2016年1月   [査読有り]
動的選択確率を持つ反復関数系による強化学習モデルの解析
山口 裕
福岡工業大学情報科学研究所所報   27 1-3   2016年   [査読有り]
Yamaguti Y, Tsuda I
Neural networks : the official journal of the International Neural Network Society   62 3-10   2015年2月   [査読有り]
Ichiro Tsuda, Yutaka Yamaguti, Hiroshi Watanabe
Advances in Cognitive Neurodynamics(IV): Proceedings of the 4th International Conference on Cognitive Neurodynamics 2013   583-587   2015年1月   [査読有り][招待有り]
Yutaka Yamaguti
Advances in Cognitive Neurodynamics (IV)   605-608   2015年1月   [査読有り]
Yutaka Yamaguti, Ichiro Tsuda, Yoichiro Takahashi
Cognitive Neurodynamics   8(1) 17-26   2014年2月   [査読有り]
Hiromichi Tsukada, Yutaka Yamaguti, Ichiro Tsuda
Cognitive Neurodynamics   7(5) 409-416   2013年10月   [査読有り]
Yasuhiro Fukushima, Yoshikazu Isomura, Yutaka Yamaguti, Shigeru Kuroda, Ichiro Tsuda, Minoru Tsukada
Advances in Cognitive Neurodynamics (III), Proceedings of the Third International Conference on Cognitive Neurodynamics – 2011, ed.Yoko Yamaguchi   635-640   2013年1月   [査読有り]
Hiromichi Tsukada, Yutaka Yamaguti, Hiroshi Fujii, Ichiro Tsuda
Advances in Cognitive Neurodynamics (III), Proceedings of the Third International Conference on Cognitive Neurodynamics – 2011, ed.Yamaguchi,Yoko   683-689   2013年1月   [査読有り]
Intermittent Switching of Phase Differences in Coupled Chaotic Oscillators and Coupled Circle Maps
Yutaka Yamaguti, Ichiro Tsuda, Yoichiro Takahashi
Proceedings of the 5th Shanghai International Symposium on Nonlinear Sciences and Applications   125-128   2012年   [査読有り]
Minoru Tsukada, Yasuhiro Fukushima, Makoto Yoneyama, Takeshi Aihara, Yutaka Yamaguti, Ichiro Tsuda
AIP Conference Proceedings Vol. 1389 “International Conference on Numerical Analysis and Applied Mathematics 2011″, eds T. E. Simos et al   19-25   2011年9月   [査読有り]
Minoru Tsukada, Yasuhiro Fukushima, Makoto Yoneyama, Takeshi Aihara, Yutaka Yamaguti, Ichiro Tsuda
AIP Conference Proceedings Vol. 1389 “International Conference on Numerical Analysis and Applied Mathematics 2011″, eds T. E. Simos et al., American Institute of Physics   1358-1360   2011年9月   [査読有り][招待有り]
S. Kuroda, Y. Fukushima, Y. Yamaguti, M. Tsukada and I. Tsuda
Advances in Cognitive Neurodynamics(II): Proceedings of the Second International Conference on Cognitive Neurodynamics – 2009, eds. R. Wang and F. Gu, Springer   103-106   2011年3月   [査読有り]
Tadokoro S, Yamaguti Y, Fujii H, Tsuda I
Cognitive neurodynamics   5 1-12   2011年3月   [査読有り]
Yamaguti Y, Kuroda S, Fukushima Y, Tsukada M, Tsuda I
Neural networks : the official journal of the International Neural Network Society   24(1) 43-53   2011年1月   [査読有り]
Y. Yamaguti, S. Kuroda, and I. Tsuda
Advances in Cognitive Neurodynamics(II): Proceedings of the Second International Conference on Cognitive Neurodynamics – 2009   97-101   2011年3月   [査読有り]
Kuroda S, Fukushima Y, Yamaguti Y, Tsukada M, Tsuda I
Cognitive neurodynamics   3 205-222   2009年9月   [査読有り]
Yasuhiro Fukushima, Minoru Tsukada, Ichiro Tsuda, Yutaka Yamaguti, Shigeru Kuroda
Advances in Neuro-Information Processing, Lecture Notes in Computer Science   5506 72-79   2009年   [査読有り]
Yasuhiro Fukushima, Minoru Tsukada, Ichiro Tsuda, Yutaka Yamaguti, Shigeru Kuroda
Advances in Neuro-Information Processing, Lecture Notes in Computer Science   5526 423-427   2009年   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
Effect of lubrication regime on washboard/fluting pattern formation due to electrical pitting
Kenji Sunahara, Satoshi Kitazaki, Yutaka Yamaguti, Yuji Ishida, Iwao Sasaki, Hiroshi Nishikawa, Kenji Matsuda
43rd Leeds-Lyon Symposium on Tribology “Tribology (The Jost report – 50 years on)”   2016年9月6日   
ネットワーク自己再組織化の数理的基盤の創成
津田一郎、行木孝夫、奈良重俊、山口裕、山口明宏、田所智、渡部大志、藤堂真登
新学術領域「オシロロジー」第2回領域会議   2016年6月27日   
情報伝達最大化原理に基づくネットワークの分化 [招待有り]
山口 裕
「非線形・統計力学とその周辺」セミナー   2016年3月15日   
Iterated function systems with dynamic selection probability in the hippocampus
山口裕、西田洋司、高橋宗良、ローレンス・ヨハン、津田一郎
科研費新学術領域「非線形発振現象を基盤としたヒューマンネイチャーの理解」第一回領域会議   2016年1月14日   
Mathematical modeling of rat’s internal activity: iterated function system with dynamic selection probability
Yutaka Yamaguti, Hiroshi Nishida, Muneyoshi Takahashi, Johan Lauwereyns, Ichiro Tsuda
The 15th RIES-Hokudai International Symposium [Hibiki]   2014年12月16日   
動的な選択確率を持つIterated Function System による課題遂行中のラット海馬神経活動の数理モデル
山口裕、西田洋司、高橋宗良、ローレンス・ヨハン、津田一郎
2014年度包括脳ネットワーク冬のシンポジウム   2014年12月12日   
Evolution of Heterogeneous Modules via Maximization of Bi-directional Information Transmission [招待有り]
Yutaka Yamaguti
4th Symposium on Artificial Life and Biomimetic Functional Materials   2014年11月28日   
情報伝達最大化原理に基づくネットワークの分化
山口 裕
第2回アライアンス若手研究交流会~モノを創る、観る、識る~   2014年11月26日   
情報伝達最大化原理に基づくネットワークの進化
山口裕 渡部大志 津田一郎
附置研究所間アライアンスによるナノとマクロをつなぐ物質・デバイス・システム創製戦略プロジェクト 平成25年度成果報告会   2014年5月30日   
Gamma波の伝搬に対する抑制性細胞の役割
田島実香 山口裕 津田一郎
脳と心のメカニズム 第14回 冬のワークショップ   2014年1月8日   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2017年4月 - 2021年3月    代表者: 津田 一郎
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 山口 裕
チューリング理論に基づく洗濯板状電食痕の形成メカニズム解明
公益財団法人NSK メカトロニクス技術高度化財団: メカトロニクス技術高度化「研究助成」
研究期間: 2016年3月 - 2018年2月    代表者: 砂原賢治
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2015年 - 2017年    代表者: 福島 康弘
神経ネットワークにおける機能分化と機能的結合機構の解明
福岡工業大学: 若手・新任教員スタートアップ支援
研究期間: 2015年4月 - 2016年3月    代表者: 山口 裕
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2014年 - 2015年    代表者: 山口 裕
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2011年 - 2014年    代表者: 福島 康弘
本研究の目的は学習と記憶の情報表現について、『部分と全体の情報をどのように表現しているのか』に着目して生理実験を実施し、その情報表現の基本原理を抽出し、その原理に基づくモデルを構築することである。具体的には、(1)海馬の文脈配列情報(時系列情報)がフラクタルコードとしてCA1に記録されているかどうかを生理実験とモデルで検証する。(2)海馬ではボトムアップ(部分情報)の時空間学習則(nonHEBB)とトップダウン(全体情報)のHEBB 則の相互作用によって強化学習がなされるとの仮説を単独ニュ...
文部科学省: 科学研究費補助金(特別研究員奨励費)
研究期間: 2003年10月 - 2005年3月    代表者: 山口 裕

学歴

 
2003年4月
 - 
2008年3月
北海道大学 大学院理学研究科 数学専攻 博士後期課程
 
2001年4月
 - 
2003年3月
北海道大学 大学院工学研究科 システム情報工学専攻修士課程
 
1997年4月
 - 
2001年3月
北海道大学 工学部 情報工学科