山下 泰幸

J-GLOBALへ         更新日: 17/06/15 23:33
 
アバター
研究者氏名
山下 泰幸
 
ヤマシタ ヤスユキ
所属
京都大学
学位
修士(文学)(京都大学)

プロフィール

現代フランス社会においてイスラモフォビア/レイシズムに直面するイスラーム教徒たちが、それに対してどのように抵抗/回避しているかについて社会学的に研究しています。

研究分野

 
 

学歴

 
2017年4月
 - 
現在
京都大学 博士課程  
 
2015年9月
 - 
2016年8月
パリ第8大学  
 
2013年4月
 - 
2017年3月
京都大学 修士課程  
 

論文

 
現代フランスの〈新しいイスラーム〉に関する社会学的研究―イスラームに対する社会学的認識の刷新のための試論―
山下 泰幸
京都大学 平成28年度 修士論文      2017年3月   [査読有り]
立ち上がるムスリムたち、介入されるムスリムたち
山下泰幸
現代思想   43(20) 228-234   2016年   [招待有り]

Misc

 
【書評論文】日常の中のムスリム:イスラームに関する論争についての調査
山下泰幸
京都社会学年報   23 117-124   2015年   [査読有り]
現代イスラームと性的少数者
山下泰幸
現代思想   43(16) 176-184   2015年   [依頼有り]
ムスリムたちにとってのフランス
山下泰幸
現代思想   43(5) 121-125   2015年   [依頼有り]
【書評論文】エロティシズムと親密性の再構成:われわれが勝ち取ってきた世界
山下泰幸
京都社会学年報   21 97-104   2013年   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
現代フランスにおける「個人型イスラーム」 ──社会的に成功する新しい世代のムスリムの事例から──
山下泰幸
関西社会学会第68回大会   2017年5月27日   
フランス非常事態宣言と市民社会 [招待有り]
山下泰幸
Concerned Citizens about Constitutional Change   2016年10月16日   
グローバル化時代の性的少数者への暴力と迫害
山下泰幸
サロンド京都   2014年3月   
安藤美姫へのバッシング、どう思う? :婚外子差別/マタニティ・ハラスメント/スポーツとジェンダー
山下泰幸 山田果林
京都府男女共同参画企画 KYOのあけぼのフェスティバル   2013年10月   
What has made us have sexual intercourse?: The history of “sex education” in Japan
山下泰幸
The East Asia Junior Workshop   2013年8月   

競争的資金等の研究課題

 
ポスト伝統社会における宗教的アイデンティティに基づいたマイノリティの社会適応戦略
独立行政法人日本学術振興会: 特別研究員奨励費
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 山下泰幸

その他

 
「一人の日本人ムスリムにとってのシャルリ襲撃」、鹿島茂、関口涼子、堀茂樹編『シャルリ・エブド事件を考える』
白水社 (山下泰幸, エッセイ) 32-34 2015年
「パリの京大生に聞く仏ラップ最新事情」『クイック・ジャパン』
太田出版 (川口ミリ,インタビュー記事) 129 6 2017年