胡振江

J-GLOBALへ         更新日: 17/04/11 11:26
 
アバター
研究者氏名
胡振江
URL
http://research.nii.ac.jp/~hu/
所属
国立情報学研究所
部署
アーキテクチャ科学研究系
職名
教授
学位
博士(工学)

プロフィール

1988年中国上海交通大学計算機科学系を卒業.1996年東京大学大学院工学系研究科情報工学専攻博士課程修了.同年日本学術振興会特別研究員を経て,1997年東京大学大学院工学系研究科情報工学専攻助手,同年10月同専攻講師, 2000年同専攻准教授, 2008年より国立情報学研究所教授.

研究分野

 
 
  • 情報学 / ソフトウェア / プログラミング言語、関数プログラミング、ソフトウエア工学

経歴

 
2008年4月
   
 
National Institute of Informatics Professor
 
2000年7月
 - 
2008年3月
The University of Tokyo Associate Professor
 
1997年10月
 - 
2000年6月
The University of Tokyo Lecturer
 
1997年1月
 - 
1997年9月
The University of Tokyo Research Associate
 
1996年4月
 - 
1996年12月
JSPS Research Fellow
 

受賞

 
2016年6月
日本ソフトウェア科学会 2015年度基礎研究賞
 
ソフトウェア科学分野の基礎研究において顕著な業績を挙げていることを認められ、受賞
2015年10月
8th International Conference on Software Language Engineering Distinguished Reviewer Award
 
SLE 2015のプログラム委員として、丁寧な論文の査読、建設的な査読報告書の提出、また積極的に議論に参加する姿勢が評価された。
2012年2月
ACM Recognition of Service Award
 
2009年5月
日本ソフトウェア科学会 高橋奨励賞
 
2008年3月
JSSSTプログラミング論研究会 PPL 2008 最優秀論文賞
 

論文

 
Towards Systematic Parallelization of Graph Transformations Over Pregel
Le-Duc Tung, Zhenjiang Hu
International Journal of Parallel Programming (IJPP)   45(2) 320-339   2017年   [査読有り]
Integrating Goal Model into Rule-based Adaptation
Tianqi Zhao, Tao Zan, Haiyan Zhao, Zhenjiang Hu, Zhi Jin
23rd Asia-Pacific Software Engineering Conference (APSEC 2016), Hamilton, New Zealand, December 6-9, 2016.      2016年12月   [査読有り]
Parsing and Reflective Printing, Bidirectionally
Zirun Zhu, Hsiang-Shang Ko, Pedro Martins, Joao Saraiva, Zhenjiang Hu
9th ACM SIGPLAN International Conference on Software Language Engineering (SLE 2016), Amsterdam, October 31 - November 1, 2016.      2016年11月   [査読有り]
Language designers usually need to implement parsers and printers. Despite being two intimately related programs, in practice they are often designed separately, and then need to be revised and kept consistent as the language evolves. It will be m...
A Framework for Synchronization Between Feature Configurations and Use Cases Based on Bidirectional Programming
Weize Zhao, Haiyan Zhao, Zhenjiang Hu
Sixth International Model-Driven Requirements Engineering Workshop (MoDRE), Peking, China, September 12, 2016.      2016年9月   [査読有り]
Kento Emoto, Kiminori Matsuzaki, Zhenjiang Hu, Akimasa Morihara, Hideya Iwasaki
21st ACM SIGPLAN International Conference on Functional Programming (ICFP 2016), Nara, Japan, September 18-21, 2016.   200-213   2016年9月   [査読有り]
The vertex-centric programming model, known as “think like a vertex”, is being used more and more to support various big graph processing methods through iterative supersteps that execute in parallel a user-defined vertex program over each vertex ...

講演・口頭発表等

 
Tianqi Zhao, Tao Zan, Haiyan Zhao, Zhenjiang Hu, Zhi Jin
23rd Asia-Pacific Software Engineering Conference (APSEC 2016), Hamilton, New Zealand, December 6-9, 2016.   2016年12月9日   
Zirun Zhu, Hsiang-Shang Ko, Pedro Martins, Joao Saraiva, Zhenjiang Hu
9th ACM SIGPLAN International Conference on Software Language Engineering (SLE 2016), Amsterdam, October 31 - November 1, 2016.   2016年10月31日   ACM SIGPLAN
Language designers usually need to implement parsers and printers. Despite being two intimately related programs, in practice they are often designed separately, and then need to be revised and kept consistent as the language evolves. It will be m...
Kento Emoto, Kiminori Matsuzaki, Zhenjiang Hu, Akimasa Morihara, Hideya Iwasaki
21st ACM SIGPLAN International Conference on Functional Programming (ICFP 2016), Nara, Japan, September 18-21, 2016.   2016年9月20日   ACM SIGPLAN
Weize Zhao, Haiyan Zhao, Zhenjiang Hu
Sixth International Model-Driven Requirements Engineering Workshop (MoDRE), Peking, China, September 12, 2016.   2016年9月12日   
Chenglong Wang, Jiajun Jiang, Jun Li, Yingfei Xiong, Xiangyu Luo, Lu Zhang, Zhenjiang Hu
30th European Conference on Object-Oriented Programming (ECOOP 2016), Rome, Italy, July 17-22, 2016.   2016年7月21日   
Transforming programs between two APIs or different versions of the same API is a common software engineering task.
However, existing languages support for such transformation cannot satisfactorily handle the cases when the relations between eleme...

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
大規模グラフ並列処理のための代数的構造に基づく理論基盤とプログラム開発基盤の構築
日本学術振興会: 科学研究費助成事業(基盤研究(B))
研究期間: 2014年4月 - 2018年3月    代表者: 岩崎英哉
Structural Recursion on Bulk Synchronous Parallelism for Efficient Large-Graph Querying
日本学術振興会: 科学研究費助成事業(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2015年4月 - 2017年3月    代表者: 胡振江
大規模な実用に耐えうる双方向グラフ変換の統合的基盤技術の構築
日本学術振興会: 科学研究費助成事業(基盤研究(A))
研究期間: 2013年4月 - 2017年3月    代表者: 胡振江
双方向モデル変換の言語的基盤技術に関する研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業(基盤研究(B))
研究期間: 2010年4月 - 2013年3月    代表者: 胡振江
双方向モデル変換は、モデル駆動ソフトウェア開発において、従来は上流過程から下流過程への単方向のモデル変換であったものを、下流過程におけるモデルの修正を上流過程に反映させること目的としており、その言語的技術基盤を確立すべく、言語の設計、実装、応用にわたって研究するという当初の研究計画に対して、以下のような成果を挙げた。(1) 双方向グラフ変換の言語UnQL+を提案し、双方向モデル変換の基盤技術を確立した。(2) 世界初の双方向グラフ変換エンジン GRoundTram を実現し公開し、ヨーロッ...
モデルの型検査からモデル変換の型検査へ
日本学術振興会: 科学研究費助成事業(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2010年4月 - 2012年3月    代表者: 胡振江
本研究では、木構造を一般化したグラフ構造の変換の研究に力を注ぎ、グラフ問い合わせ言語UnQL(UnCAL)で書かれたグラフ変換が、入出力グラフに課したい構造制約を常に満たす変換となっているかを静的検証する計算機実行可能な枠組みを定式化することに成功した。また、具体的な型検査システムの実装としては、単項二階論理(MSO)と呼ばれる論理の真偽判定問題へとモデル変換の型検査問題を帰着させて、MONAという既存のMSO実装系を活用し、高速な実装を行った。さらに、ユーザの意図する入力グラフに対応する...

委員歴

 
2015年
 - 
現在
Asian Association for Foundation of Software  Executive Committee member
 
2014年
 - 
現在
ACM Haskel Symposium (Haskell)  Steering Committee Member
 
2014年
 - 
現在
IEEE  Conference Advisory Committee Member
 
2013年
 - 
現在
IFIP TC2 (Software: Theory and Practice)  Japan Representative
 
2013年
 - 
現在
National Science Review (NSR, Oxford Journals)  Editorial Board Member
 

Misc

 
Le-Duc Tung, Kento Emoto, Zhenjiang Hu
Grace-TR-2014-03, Grace Center, National Institute of Informatics   1-10   2014年8月
Zhenjiang Hu, Juan de Lara
Software Modeling and Systems   533-535   2013年12月
Efficient Query Evaluation on Distributed Graph with Hadoop Environment
Le Dec Tung, Quyet Nguyen-Van, Zhenjiang Hu
日本ソフトウェア科学会第30回大会, 東京大学本郷キャンパス, 2013年9月10日~13日.      2013年9月
An Experimental Implementation of Self-adjusting Bidirectional Transformations,
Vo Huu Phuc, 加藤弘之, 日高宗一郎, 胡振江
日本ソフトウェア科学会第30回大会, 東京大学本郷キャンパス, 2013年9月10日~13日.      2013年9月
Tao Zan, Hugo Pacheco, 胡振江
日本ソフトウェア科学会第30回大会, 東京大学本郷キャンパス, 2013年9月10日~13日.      2013年9月