川添愛

J-GLOBALへ         更新日: 17/06/01 23:13
 
アバター
研究者氏名
川添愛
学位
博士(文学)

プロフィール

専門は言語学、自然言語処理。

研究分野

 
 

経歴

 
2012年4月
 - 
2017年3月
国立情報学研究所 社会共有知研究センター 特任准教授
 
2008年10月
 - 
2012年3月
津田塾大学 女性研究者支援センター 特任准教授
 
2006年4月
 - 
2008年9月
国立情報学研究所 情報学プリンシプル研究系 特任研究員
 
2005年3月
   
 
博士(文学)取得 (九州大学)
 
2004年4月
 - 
2006年3月
国立情報学研究所 情報学基礎研究系 研究支援推進員
 

受賞

 
2012年3月
言語処理学会 第17回年次大会 優秀発表賞
受賞者: 川添愛(津田塾大),齊藤学(中華大),片岡喜代子(九大),崔栄殊(一橋大), 戸次大介(お茶大)
 

論文

 
機能語の意味を表現する推論テストセット JSeMとりたて助詞テストの構築
川添愛、田中リベカ、峯島宏次、戸次大介
言語処理学会第22回年次大会発表論文集      2016年3月
「ロボットは東大に入れるか」プロジェクト: 代ゼミセンター模試タスクにおけるエラーの分析
松崎拓也、横野光、宮尾祐介、川添愛、狩野芳伸、加納隼人、佐藤理史、東中竜一郎、杉山弘晃、磯崎秀樹、菊井玄一郎、堂坂浩二、平博順、南泰浩、新井紀子
自然言語処理   23(1)    2016年   [査読有り]
An Inference Problem Set for Evaluating Semantic Theories and Semantic Processing Systems for Japanese
Ai Kawazoe, Ribeka Tanaka, Koji Mineshima, Daisuke Bekki
Proceedings of the Twelfth International Workshop on Logic and Engineering of Natural Language Semantics (LENLS12)      2015年11月   [査読有り]
A Framework for Constructing Multilingual Inference Problem
Ai Kawazoe, Ribeka Tanaka, Koji Mineshima, Daisuke Bekki
Proceedings of 1st International Workshop on the Use of Multilingual Language Resources in Knowledge Representation Systems (MLKRep2015)      2015年7月   [査読有り]
形式意味論に基づく含意関係テストセット構築の方法論
川添愛、田中リベカ、峯島宏次、戸次大介
第29回人工知能学会全国大会論文集      2015年6月
日本語意味論テストセットの構築
川添愛、田中リベカ、峯島宏次、戸次大介
言語処理学会第21回年次大会発表論文集      2015年3月
World History Ontology for Reasoning Truth/Falsehood of Sentences: Event Classification to Fill in the Gaps Between Knowledge Resources and Natural Language Texts
Ai Kawazoe, Yusuke Miyao, Takuya Matsuzaki, Hikaru Yokono, and Noriko Arai
Nakano, Yukiko, Satoh, Ken, Bekki, Daisuke (Eds.), New Frontiers in Artificial Intelligence (JSAI-isAI 2013 Workshops), Lecture Notes in Computer Science   8417 42-50   2014年   [査読有り]
Overview of Todai Robot Project and Evaluation Framework of its NLP-based Problem Solving
Akira Fujita, Akihiro Kameda, Ai Kawazoe and Yusuke Miyao
Proceedings of the 9th edition of the Language Resources and Evaluation Conference (LREC2014)   2590-2597   2014年5月   [査読有り]
MCNコーパス:「ノダ」にみるガイドライン作成の手法
田中リベカ、川添愛、戸次大介
言語処理学会第20階年次大会発表論文集      2014年3月
MCNコーパスにおける形式名詞「はず」「わけ」「つもり」のアノテーション
宇津木舞香, 佐藤未歩, 青木花純, 田中リベカ, 川添愛, 戸次大介
言語処理学会第20階年次大会発表論文集      2014年3月

Misc

 
言語情報の確実性に影響する表現およびそのスコープのためのアノテーションガイドラインVer.2.4
川添愛. 齊藤学. 片岡喜代子. 崔栄殊. 戸次大介
Technical Report of Department of Information Science, Ochanomizu University,   OCHA-IS 10-4    2011年3月
テキストマイニングを利用した感染症監視システム
ナイジェル・コリアー、川添愛
総研大ジャーナル   17 14-15   2010年   [依頼有り]
Nigel Collier, Ai Kawazoe, Hutchatai Chanlekha and Michael Conway
   2009年
川添愛、ナイジェル・コリア―
   2007年

書籍等出版物

 
精霊の箱 チューリングマシンをめぐる冒険
川添愛
東京大学出版会   2016年10月   
白と黒のとびら オートマトンと形式言語をめぐる冒険
川添愛
東京大学出版会   2013年4月   

講演・口頭発表等

 
理想の意味アノテーションに向けて ―意味アノテーション方法試論― [招待有り]
川添愛
NIIアノテーションワークショップ   2012年3月   
Semantic annotation in BioCaster: its design and challenges [招待有り]
川添愛
The 8th Horison and Information Societies Seminar   2007年6月   

競争的資金等の研究課題

 
自然言語テキストにおける確実性判断のための意味計算体系の構築
国立情報学研究所: 平成23年度 国立情報学研究所共同研究
研究期間: 2011年4月 - 2012年3月    代表者: 川添愛
確実性アノテーション:『確実性判断を表す意味的文脈』を記述したコーパスの構築
文部科学省: 科学研究費補助金 基盤研究(c) 20500148
研究期間: 2008年 - 2010年    代表者: 川添愛

委員歴

 
2012年9月
 - 
2014年3月
言語処理学会  大会プログラム委員
 
2009年7月
 - 
現在
 独立行政法人科学技術振興機構  男女共同参画アドバイザリー委員会 ワーキンググループ委員
 
2010年2月
 - 
2011年8月
 五女子大学共催イベント 第四回サイエンスフェスティバル 実行委員
 
2010年
 - 
2010年
 The Fourth Symposium on Semantic Mining in Biomedicine (SMBM 2010)  Program Committee
 

社会活動

 
2009年12月
第2回私立大学合同シンポジウム「男女共同参画の輪をさらに拡げよう」 事業報告者(2012年12月4日、津田ホール)
2009年11月
サイエンスアゴラ2009企画「理系女性のきらめく未来」サイエンスカフェ①「語り合おう!女性研究者支援の明日」パネリスト(2009年11月1日、東京国際交流会館4 階会議室4・5)
2009年10月
津田塾大学女性研究者支援センター主催 第2回シンポジウム 「ICT分野で国際的に活躍できる女性人材の育成を考える―日欧の事例を中心に」総合司会(2009年10月7日、津田ホール)
2009年8月
独立行政法人科学技術振興機構「理系女性のきらめく未来(ロールモデル集)」編集、執筆(2009年8月発行)
2009年3月
津田塾大学女性研究者支援センター主催 第3回シンポジウム 「Mentoring for Technical Women」 パネリスト(2009年3月10日、津田ホール)