Kazue Ichino Takahashi

J-GLOBAL         Last updated: Apr 8, 2019 at 12:17
 
Avatar
Name
Kazue Ichino Takahashi
E-mail
kazutakamusashino-u.ac.jp
Affiliation
Musashino University
Section
Faculty of Engineering Department of Environmental Systems Sciences

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 2017
 - 
Today
Professor, Faculty of Engineering Department of Environmental Systems Science, Musashino university
 

Education

 
Oct 2007
 - 
Sep 2010
Th university of Tokyo
 

Published Papers

 
高橋和枝, 佐々木重邦
武蔵野大学環境研究所紀要   (5) 59-65   Mar 2016
高橋和枝, 佐々木重邦
武蔵野大学環境研究所紀要   (4) 63-73   Mar 2015
高橋和枝, 澤田孝, 中村二朗, 松野泰也
環境情報科学   43(4) 43-46   Jan 2015
R&D on Conservation of Material Resources in Telecom Facilities
Y. Higashi, K. I. Takahashi, T. Sawada
NTT Technical Review   13(3) 1-6   2015   [Refereed]
蓑輪浩伸, 由井悠基, 林政彦, 林克也, 高橋和枝, 杉山泰之
電子情報通信学会技術研究報告   113(444(EE2013 48-58)) 1-6   Feb 2014
Effects of substituent groups in rhenium bipyridine complex on photocatalytic CO2 reduction
Yoko Ono, Jiro Nakamura, Masahiko Hayashi, Kazue Ichino Takahashi
American Journal of Applied Chemistry   2(5) 74-79   2014   [Refereed]
Y. Ono, Y. Yui, M. Hayashi, K. Asakura, H. Kitabayashi, K. I. Takahashi
ECS Transactions   58(12) 33-39   2014   [Refereed]
村上佳世, 新村萌子, 高橋和枝, 國岡達也, 伊坪徳宏
東京都市大学横浜キャンパス情報メディアジャーナル   (14) 46-54   Apr 2013
H Minowa, Y. Yui, Y. Ono, M. Hayashi, K. Hayashi, R. Kobayashi, K. I. Takahashi
J. Power Sources   244 17e22   2013   [Refereed]
高橋和枝, 中村二朗, 松野泰也
日本LCA学会誌   8(1) 73-77   Jan 2012
HARA Minako, TAKAHASHI Kazue I., KUNIOKA Tatsuya, NAKAMURA Jiro
NTT Tech Rev (Web)   9(2) WEB ONLY   Feb 2011
TAKAHASHI Kazue Ichino, TERAKADO Ryutaro, NAKAMURA Jiro, ADACHI Yoshihiro, ELVIDGE Christopher D., MATSUNO Yasunari
Resour Conserv Recycl   55(2) 196-200   Dec 2010
原美永子, 高橋和枝, 國岡達也, 中村二朗
NTT技術ジャーナル   22(11) 37-40   Nov 2010
Study on sustainable management of material for Information Communications Technology.
Kazue Ichino Takahashi
The University of Tokyo      2010   [Refereed]
TERAKADO Ryutaro, TAKAHASHI Kazue Ichino, DAIGO Ichiro, MATSUNO Yasunari, ADACHI Yoshihiro
Journal of the Japan Institute of Metals   73(11) 833-838   Nov 2009
ICHINO TAKAHASHI Kazue, NAKAMURA Jiro, OTABE Kazumi, TSURUOKA Masaaki, MATSUNO Yasunari, ADACHI Yoshihiro
The Journal of the Japan Institute of Metals.A   73(9) 747-751   Sep 2009
  Mobile phones contain many useful metals, such as gold, silver, copper and tungsten, etc. The contained metals in each mobile phone are relatively little, however, the total number of mobile phones used in Japan has become very large. Therefore,...
TERAKADO Ryutaro, ICHINO TAKAHASHI Kazue, DAIGO Ichiro, MATSUNO Yasunari, ADACHI Yoshihiro
The Journal of the Japan Institute of Metals.A   73(9) 713-719   Sep 2009
  Recently, metal demands in the world, especially, in developing countries have rapidly risen. The recovery of metal scrap for recycling contributes to the conservation of natural resources and the construction of a sound material cycle society. ...
ICHINO TAKAHASHI Kazue, TERAKADO Ryutaro, NAKAMURA Jiro, DAIGO Ichiro, MATSUNO Yasunari, ADACHI Yoshihiro
The Journal of the Japan Institute of Metals.A   72(11) 852-855   Nov 2008
  We developed a novel methodology to analyze world-scale stock-in-use of copper by using a nighttime light image. Radiance calibrated nighttime light imaged data (RCD) of the world has been assembled from the Defense Meteorological Satellite Prog...
高橋 和枝, 中村 二朗, 津田 昌幸
Journal of Life Cycle Assessment, Japan   1(3) 213-220   Oct 2005
Yukitoshi Takeshita, Kiyoshi Kato, Kazue Ichino Takahashi, Yoshiyuki Sato, Shiro Nishi
J. Supercritical Fluids   31 185-193   2004   [Refereed]
高橋和枝, 中村二朗, 西史郎
NTT R D   51(8) 641-647   Aug 2002
Kazue Ichino Takahashi, Shigeki Ishibashi, Syogo Kobayashi
Mol. Cryst. Liq. Cryst.   382 77-95   2002   [Refereed]
TAKAHASHI Kazue, SATO Yoshiyuki, KATO Kiyoshi, NISHI Shiro
高分子論文集   58(12) 697-702   Dec 2001
Kazue Ichino Takahashi, Shiro Nishi, Mikio Takeshima, Maiko Kamekura
J. Advanced Science   13(3) 234-238   2001   [Refereed]
Direction of mesogenic side chains and its effect on the properties of polymeric ferroelectric liquid crystals
Kazue Ichino Takahashi, Shigeki Ishibashi, Fumio Yamamoto
Ferrolectrics   181 277-285   1996   [Refereed]
TAKAHASHI K., ISHIBASHI S., YAMAMOTO F.
IEICE technical report. Electronic information displays   95(155) 7-12   Jul 1995
We have synthesized new polymeric ferroelectric liquid crystals (PFLCs) with an alkanoyl group. The feature of these PFLCs is large spontaneous polarization (Ps), which leads to a high switching speed. The highest Ps of over 500nC/cm^2 was attaine...
Syogo Kobayashi, Shigeki Ishibashi, Kazue Ichino Takahashi, Shinji Tsuru, Fumio Yamamoto
Adv. Mater   5(3) 167-171   1993   [Refereed]
Properties of polymeric ferroelectric liquid crystals with two chiral groups
Kazue Ichino Takahashi, Shigeki Ishibashi, Fumio Yamamoto
148 255-262   1993   [Refereed]
Properties of polymer FLC having a 2-methylbutanoyl group : FLC, polymer FLC/ polymer FLC mixtures, and copolymer FLC
Shigeki Ishibashi, Kazue Ichino Takahashi, Sizuko Ishizawa, Fumio Yamamoto
Ferroelectrics   148 277-283   1993   [Refereed]
Kazue Ichino Takahashi
Mol. Cryst. Liq. Cryst.   237 491-494   1993   [Refereed]
石橋重喜, 小林尚吾, 高橋和枝, 津留信二
NTT R D   41(10) 1203-1210   Oct 1992
Electro-optical effects in new polymeric liquid crystals
Kazue Ichino Takahashi
Mol. Cryst. Liq. Cryst. Letters   8(2) 33-37   1991   [Refereed]

Conference Activities & Talks

 
荒井翔平, 高橋和枝, 國岡達也, 太田直樹, 内田弘美, 伊坪徳宏
日本LCA学会誌   25 Jan 2015   
Objective. The objective of this research is to analyze the environmental impact of printed matter using rice ink with the consideration of the impact of land use change and using reclaimed vegetable oil based on LCA method.<BR>Method. Several sce...
松永恵里, 三輪貴志, 高橋和枝, 新井啓之, 澤田孝
廃棄物資源循環学会研究発表会講演論文集(Web)   2015   
電子基板には貴重な資源が含まれており、リサイクルの高度化のためには、微量な含有資源量の把握が必要である。そこで、筆者らは、資源量を簡便に推定する方法として、電子基板に搭載されている部品の含有資源量データベースを作成し、対象とする部品の搭載数と含有資源量から、基板全体の含有資源量を推定する方法を検討している。今回、将来的にプロセスの自動化が可能な画像処理技術を用いた電子基板の検出・識別技術について、経済性が高い金を高濃度で含むICを事例として検討したので報告する。まず、画像処理技術を電子基板...
TAKAHASHI Kazue I., SAWADA Takashi, MOTOSHITA Masaharu, MURAKAMI Kayo, ITSUBO Norihiro
Eco Design   2015   
MATSUNAGA Eri, MIWA Takashi, TAKAHASHI Kazue I, SAWADA Takashi
Eco Design   2015   
林政彦, 野原正也, 由井悠基, 根本康恵, 蓑輪浩伸, 高橋和枝, 朝倉薫, 林克也, 中村二朗
電池討論会講演要旨集   19 Nov 2014   
小野陽子, 由井悠基, 林政彦, 朝倉薫, 北林博人, 高橋和枝
電気化学会大会講演要旨集   29 Mar 2014   
松永恵里, 三輪貴志, 高橋和枝, 澤田孝
廃棄物資源循環学会研究発表会講演論文集(Web)   2014   
電子基板や電子部品に含有される資源量の定量において,既存研究では,主に誘導結合プラズマ発光分光分析と誘導結合プラズマ質量分析(以降,ICP分析),または蛍光X線分析のファンダメンタルパラメータ法(以降,FP法)が利用されている.しかし,ICP分析は高精度・高感度だが煩雑・高コストな手法である.一方,蛍光X線分析は試料の前処理が粉砕のみであり,簡易で低コストという利点があるが,FP法では低精度という欠点がある.本研究では,電子基板・部品中の含有資源量を簡易・低コスト・高精度に定量する手法の確...
高橋和枝, 國岡達也, 根本康恵, 原美永子
日本化学会講演予稿集   8 Mar 2013   
高橋和枝, 古谷崇, 國岡達也, 染村庸, 松野泰也
日本化学会講演予稿集   9 Mar 2012   
古谷崇, 原美永子, 津田昌幸, 高橋和枝, 國岡達也, 中村二朗
電気化学秋季大会講演要旨集   9 Sep 2011   
高橋和枝, 味戸克裕, 上野祐子, 小川重男
日本化学会講演予稿集   11 Mar 2011   
原美永子, 高橋和枝, 中村雅之, 中村二朗
電子情報通信学会大会講演論文集   28 Feb 2011   
Sekine Nobuo, Daigo Ichiro, I. Takahashi Kazue, Matsuno Yasunari
Abstracts for ILCAJ meeting   2011   
携帯電話、携帯音楽プレーヤーといった小型電子機器に含まれる貴金属、レアメタルを対象に、製品の資源使用量、及び使用済み製品中の資源蓄積量の推計を行うことにより、日本における動的マテリアルフロー分析を行った結果を発表する。また、その分析をもとにして、複数の製品の機能を1つの製品に集約することによる、資源消費の削減効果についての評価を発表する。
Takahashi Kazue, Somemura Yoh, Kunioka Tatsuya, Nemoto Yasue, Matsuno Yasunari
Abstracts for ILCAJ meeting   2011   
スマートフォンは、近年、急激に台数を伸ばしており、今後も増加することが予想される。一方、スマートフォンは、フルブラウザ機能を有するため、パソコンやPDAを代替し、将来的には小型電子機器を集約することも期待できる。そこで、スマートフォンの資源消費による環境影響を評価するため、実機を解体し、元素分析により資源含有量を把握した。さらにユーザーアンケートを行い、スマートフォンによる他小型機器の代替可能性を評価し報告する。
MURAKAMI KAYO, takahasi kazue, kunioka tatsuya, somemura you, itsubo norihiro
Abstracts for ILCAJ meeting   2011   
企業の社会的責任(CSR)に対する関心が高まり、企業の環境活動や社会活動を配慮して投資先を決める投資家や製品を選択する消費者が増えている。しかしながら、日本においてそのような投資家や消費者は未だ少数派であり、今後の普及のためには、企業側が投資家や消費者の選好を把握し、より戦略的な情報発信を行っていくことが重要である。そこで本研究では、企業の生物多様性に対する取り組みを事例に、投資家や消費者が企業の環境対策をどのように評価しているかを、インターネット調査を用いた選択型実験によって分析する。
Ishiduka Toru, Takahashi Kazue, Somemura Yoh, Kunioka Tatsuya, Itsubo Norihiro
Abstracts for ILCAJ meeting   2011   
2010年10月に名古屋で生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)が開催され、生物多様性の損失要因に森林伐採等の自然環境の破壊や汚染が挙げられた。紙の主原料のパルプは森林を伐採して作られるため、環境負荷の中でも「生物多様性」や「一次生産」への影響が懸念されている。本研究では広く普及している紙製品として、約9800万部発行されている電話帳の評価を行い、「生物多様性」と「一次生産」の影響を定量的に算出した。
TAKAHASHI Kazue Ichino, NAKAMURA Jiro, MATSUNO Yasunari
Eco Des   2011   
HARA Minako, TAKAHASHI Kazue I., NAKAMURA Masayuki, KUNIOKA Tatsuya, NAKAMURA Jiro, SHIMIZU Satoru, UEBA Masazumi
Eco Des   2011   
原美永子, 高橋和枝, 中村雅之, 中村二朗
電子情報通信学会大会講演論文集   31 Aug 2010   
津田昌幸, 高橋和枝, 中村雅之, 中村二朗
電子情報通信学会大会講演論文集   2 Mar 2010   
Takahashi Kazue, Nakamura Jiro, Matsuno Yasunari
Abstracts for ILCAJ meeting   2010   
携帯電話の多機能化により、小型電子機器(カメラ、音楽再生機)の機能を代替することが可能となった。多くの機器類を持ち歩く必要がないという利便性の他に、代替による資源消費の削減も期待できる。そこで、実機を分解し、ICP-MSなどにより定量分析を行った結果、銅などの金属類の消費重量を約50%削減できることがわかった。その一方で、携帯電話は金の含有量が多いため、CO2換算の環境負荷においては、代替の効果は認められなかった。
Takahashi Kazue, Nakamura Jiro, Matsuno Yasunari, Adachi Yoshihiro
Abstracts for ILCAJ meeting   2009   
携帯電話には、貴金属やレアメタルが高濃度で含有されており、不用となった携帯電話をリサイクルすることによって、これらを資源として有効に活用することができるとともに廃棄物の減量化や、天然鉱石の採掘の抑制も期待できる。一方、その回収量の低迷が問題となっている。そこで、ユーザーアンケートに基づいた資源回収向上のためのエコデザイン技術を検討し、リサイクルによる資源回収効果の推計を行った。
TSUDA Masayuki, TAKAHASHI Kazue, NAKAMURA Masayuki, NAKAMURA Jiro, FURUTA Haruna, ITSUBO Norihiro
IEEE Int Symp Sustain Syst Technol   2009   
Takahashi Kazue, Tsuda Masayuki, Nakamura Jiro, Otabe Kazumi, Tsuruoka Masaaki, Matsuno Yasunari, Adachi Yoshihiro
Abstracts for ILCAJ meeting   2008   
携帯電話は、その加入者数が1億を超える一方で、携帯電話の回収率は20_%_を割り込み、希少な資源を散逸させる結果となっている。そこで、われわれは携帯端末実機200台あまりを収集し、解体して元素分析を実施し、端末に含まれる資源量を明らかにした。さらに端末のストック状況をモデル解析し、両者を合わせることで詳細な携帯電話のマテリアルフローを明らかにした。また退蔵したユーザーに対するヒアリングからその原因を明らかにし、より効率的な回収の在り方を議論する。
Tsuda Masayuki, Takahashi Kazue, Nakamura Masayuki, Nakamura Jiro, Furuta Haruna, Itsubo Norihiro
Abstracts for ILCAJ meeting   2008   
 社会うるおい指標は,ICTサービスの社会影響を6つの項目で評価する指標である.これまでこの指標を用いてサービスを評価してきたが,それらは全て単独のサービスであった.実際に提供されるサービスは,複数のサービスからなることもある.このような多様なサービスを含むICTシステムでは按分や相乗効果など,新たな課題が予想される.そこで本研究では,ケーススタディを通じ,多様なサービスを含むICTシステムの評価における課題抽出とその解決法について検討を行った.
高橋和枝, 原美永子, 津田昌幸, 中村二朗
エコデザインジャパンシンポジウム論文集   2008   
Hara Minako, Tsuda Masayuki, Takahashi Kazue, Nemoto Yasue, Nakamura Jiro
Abstracts for ILCAJ meeting   2007   
マテリアルフロー分析の実施は,製造業では比較的容易であり,調査事例も多数報告されている.しかしながら,公共事業や情報通信業など,膨大なインフラを有する事業について実施するのは,きわめて困難である.そこで,こうした場合にも分析を可能とするために,物質産業連関を用いた手法について検討した.また,このようにして得られたマテリアルフロー分析結果の利用方法についても考察を行った.
Takahashi Kazue, Tsuda Masayuki, Hara Minako, Nemoto Yasue, Nakamura Jiro, Nishi Shiro, Ishii Hideaki, Itsubo Norihiro
Abstracts for ILCAJ meeting   2007   
ICTサービスは,環境・社会問題の解決に寄与することが期待されている.しかし,ICTサービスには正負両面の効果があり,その効果を公平に評価する指標が必要である.そこで ICTサービスの導入による環境・社会・経済面の影響を定量的に評価することができる「社会うるおい指標」を考案した.この指標を用いて各種のICTサービスを評価し,ICTサービスのサステナブルデザインへのフィードバック方法を検討したのでその結果を報告する.
Fujine Yusuke, Tamura Takumi, Takeuchi Yoshie, Takahashi Kazue, Tomura Masaru, Katoh Tadashi, Kojima Noriyuki, Sasaki Shigekuni
Abstracts for ILCAJ meeting   2007   
ICTサービスのLCAでは一昨年度にガイドラインが制定されたが、その特徴であるポテンシャルの評価については検討事例が未だ多くない。社内情報共有システムについてLCCO2を評価し、システム導入前との比較を行ったところ、業務の効率化によるオフィススペース等の削減というポテンシャル効果が大きいことが分かった。そこでスペース等の評価についてシステム境界を変化させるなどし、結果に与える影響について考察した。
HARA Minako, TAKAHASHI Kazue Ichino, NAKAMURA Jiro, TSUDA Masayuki, NEMOTO Yasue, NISHI Shiro
Proc IEEE Int Symp Electron Environ   2007   
TSUDA Masayuki, TAKAHASHI Kazue I., HARA Minako, NEMOTO Yasue, NAKAMURA Jiro, NISHI Shiro, TAKAOKA Mika
Proc IEEE Int Symp Electron Environ   2007   
MATSUNO Yasunari, TAKAHASHI Kazue Ichino, TSUDA Masayuki, NAKAMURA Jiro, NISHI Shiro
Proc IEEE Int Symp Electron Environ   2007   
澤田孝, 折口壮志, 西史郎, 高橋和枝
エコデザインジャパンシンポジウム論文集   11 Dec 2006   
高橋和枝, 津田昌幸, 中村二朗, 西史郎
エコデザインジャパンシンポジウム論文集   11 Dec 2006   
松野泰也, 高橋和枝, 津田昌幸, 中村二朗, 西史郎
エコデザインジャパンシンポジウム論文集   11 Dec 2006   
後藤直紀, 加藤博和, 高橋和枝, 津田昌幸, 中村二郎
土木計画学研究・講演集(CD-ROM)   Dec 2006   
Goto Naoki, Kato Hirokazu, Takahashi Kazue, Tsuda Masayuki, Nakamura Jiro
Abstracts for ILCAJ meeting   2006   
テレビ会議システムの導入によって、出張会議を代替する場合の環境負荷削減可能性をLCAを用いて検討する。推計では、テレビ会議導入によって生じる余剰時間の行動により、環境負荷を増大させてしまうリバウンド効果も評価対象とする。結果、東京-大阪間のような長距離出張や、近距離であっても自動車を使用する出張は、テレビ会議を利用するほうが環境負荷が小さくなることを明らかにしている。
Tsuda Masayuki, Takahashi Kazue, Hara Minako, Nemoto Yasue, Nakamura Jiro, Nishi Shiro, Takaoka Mika
Abstracts for ILCAJ meeting   2006   
ICTサービスは,環境・社会問題の解決に寄与することが期待されている.しかし,ICTサービスには正負両面の効果があり,逆に社会の持続可能性を低下させる恐れもある.そこで,ICTサービス導入による社会の持続可能性向上度を定量的に評価する指標を開発した.この指標は,トリプルボトムラインと社会に暮らす人々の幸福を考慮して設計された.本報告では,指標の概要とケーススタディの結果の概略を紹介する.
Takahashi Kazue, Tsuda Masayuki, Nakamura Jiro, Nishi Shiro
Abstracts for ILCAJ meeting   2006   
eラーニングは、人の移動を不要とし、交通機関による環境負荷を削減すると見なすことができる一方で、機器類の使用、効率化によりもたらされた時間やお金の利用により環境負荷を生じる。アンケート結果から評価した結果、集合研修と比較して、eラーニングは56%のCO2削減効果があることがわかった。さらにeラーニングの価値は集合研修1としたとき、0.75であり、価値を考慮したeラーニングのファクターは1.7と試算された。
ICHINO TAKAHASHI Kazue, TSUDA Masayuki, NAKAMURA Jiro, NISHI Shiro
Proc IEEE Int Symp Electron Environ   2006   
NAKAMURA Jiro, TSUDA Masayuki, ICHINO TAKAHASHI Kazue, NISHI Shiro, TAKAOKA Mika
Proc IEEE Int Symp Electron Environ   2006   
TAKAHASHI Kazue I., KATO Kiyoshi, TSUDA Masayuki, NISHI Shiro, NAKAMURA Jiro
エコデザインジャパンシンポジウム論文集   2005   
高橋和枝, 國岡達也, 加藤清, 立道英俊, 田中融, 西史郎
エコデザインジャパンシンポジウム論文集   6 Dec 2004   
高橋和枝, 加藤清, 立道英俊, 田中融, 西史郎, 国岡達也
環境科学会年会一般講演・シンポジウム・プログラム   2004   
Nakamura Jiro, Origuchi Takeshi, Takahashi Kazue, Honjo Katsuhiko
Proceedings of Annual Conference of Japan Association for Social Informatics   2003   
The rapid spread of information and communications technology(ICT) including the Internet and mobile communications has accelerated the paradigm shift from an industrial society to an information cociety. ICT has a large influence on the environme...
高橋和枝, 国岡達也
環境科学会年会一般講演・シンポジウム・プログラム   2003   
前田利之, 折口壮志, 高橋和枝, 中村二朗, 国岡達也, 原田大生, 天川雅文, 宮本重幸
エコデザインジャパンシンポジウム論文集   5 Dec 2002   
高橋和枝, 中村二朗, 国岡達也, 西史郎
エコデザインジャパンシンポジウム論文集   5 Dec 2002   
原田大生, 宮本重幸, 藤本淳, 高橋和枝, 中村二朗, 国岡達也
電子情報通信学会大会講演論文集   7 Mar 2002   
高橋和枝, 中村二朗, 国岡達也, 原田大生, 宮本重幸, 藤本淳
電子情報通信学会大会講演論文集   7 Mar 2002   
高橋和枝, 中村二朗, 国岡達也, 西史郎
環境科学会年会一般講演・シンポジウム・プログラム   2002   
佐藤芳之, 高橋和枝, 西史郎, 竹島幹夫, 亀倉舞子
応用物理学会学術講演会講演予稿集   11 Sep 2001   
高橋和枝, 佐藤芳之, 西史郎
日本化学会講演予稿集   7 Sep 2001   
高橋和枝, 竹下幸俊, 佐藤芳之
日本化学会講演予稿集   15 Mar 2001   
亀倉舞子, 竹島幹夫, 高橋和枝, 佐藤芳之, 西史郎
環境科学会年会一般講演・シンポジウム・プログラム   2001   
佐藤芳之, 中村真理子, 高橋和枝
エコデザインジャパンシンポジウム論文集   11 Dec 2000   
高橋和枝, 佐藤芳之, 加藤清, 西史郎
高分子学会予稿集   12 May 2000   
松井和樹, 涌井孝, 安藤慎治, 高橋和枝
高分子学会予稿集   12 May 2000   
佐藤芳之, 加藤清, 高橋和枝, 竹下幸俊, 西史郎
応用物理学関係連合講演会講演予稿集   28 Mar 2000   
高橋和枝, 佐藤芳之, 加藤清, 西史郎, 小中庸夫
ポリマー材料フォーラム講演要旨集   13 Oct 1999   
高橋和枝, 佐藤芳之, 加藤清, 西史郎
高分子学会予稿集   20 Sep 1999   
佐藤芳之, 加藤清, 竹下幸俊, 高橋和枝, 西史郎
応用物理学会学術講演会講演予稿集   1 Sep 1999   
佐藤芳之, 加藤清, 竹下幸俊, 高橋和枝, 西史郎
応用物理学会学術講演会講演予稿集   Sep 1998   
高橋和枝, 佐藤芳之, 竹下幸俊, 加藤清, 西史郎, 小中庸夫
日本化学会講演予稿集   Sep 1998   
TAKAHASHI Kazue, ISHIBASHI Shigeki
Preprints of Symposium on Liquid Crystals   30 Sep 1996   
The polymeric ferroelectric liquid crystals with two chiral groups, one on each side of the core, show large spontaneous polarization. We prepared ferroelectric liquid crystal copolymers containing the dichiral liquid crystal and a nonchiral liqui...
MATSUSHITA Jin, MIYACHI Kouichi, TAKANISHI Yoichi, ISHIKAWA Ken, TAKEZOE Hideo, FUKUDA Atsuo, Takahashi Kazue
Preprints of Symposium on Liquid Crystals   30 Sep 1996   
We have observed hindered rotation of C=O in a homogeneously aligned cell in SmC^* of a FLC compound by polarized FT-IR. Since this compound contains keto, ester, and lactic acid groups, three C=O stretching peaks are observed. They show different...
Ishibashi S, Takahashi K, Kitoh T, Himeno A, Kobayashi O, Ogawa I, Horikawa K
Proceedings of the Society Conference of IEICE   18 Sep 1996   
光導波路にLDやPDをハイブリッド実装したモジュールは、光部品の高機能化と経済化の観点から注目を集めている。一方、光導波路と液晶を組み合わせた光スイッチも駆動電力低減等の観点から検討されてきた。今回、電界制御複屈折(ECB)タイプのフィルム液晶を作製し、石英系光導波路(PLC)と組み合わせて光変調器アレーを構成したので報告する。
高橋和枝, 石橋重喜, 山本二三男
電子情報通信学会大会講演論文集   11 Mar 1996   
高分子強誘電性液晶(Polymeric Ferroelectric Liquid Crystal;PFLC)は、強誘電性液晶の特長である双安定性を保ちつつ、低分子液晶にはない耐衝撃性や、良配向性が期待できることから、大画面フレキシブル表示への適用が検討されている1)。その一方で、その粘度が高いため低分子強誘電性液晶並の高速応答は難しいと考えられている。強誘電性液晶の応答速度は粘度に反比例し、自発分極に比例することから、まずPFLCの速度改善の第一ステップとして自発分極を大きくすることを目指...
TAKAHASHI Kazue, ISHIBASHI Shigeki
Preprints of Symposium on Liquid Crystals   10 Sep 1995   
Ferroelectric liquid crystals(FLCs) with an optically active alkanoyl group and a chiral group derived from lactic acid show very large spontaneous polarization (Ps) of over 1000 nC/cm^2. In order to further analyse the phase transition behavior o...
TAKAHASHI K., ISHIBASHI S., YAMAMOTO F.
ITEJ Technical Report   20 Jul 1995   
We have synthesized new polymeric ferroelectric liquid crystals (PFLCs) with an alkanoyl group. The feature of these PFLCs is large spontaneous polarization (Ps), which leads to a high switching speed. The highest Ps of over 500 nC/cm^2 was attain...
高橋和枝, 石橋重喜, 小林尚吾
液晶討論会講演予稿集   Oct 1994   
高橋和枝, 石橋重喜, 山本二三男, 小林尚吾
高分子学会予稿集   Sep 1994   
TAKAHASHI Kazue, ISHIBASHI Shigeki, YAMAMOTO Fumio
Preprints of Symposium on Liquid Crystals   10 Sep 1993   
ISHIBASHI Shigeki, ISHIZAWA Suzuko, TAKAHASHI Kazue, YAMAMOTO Fumio
Preprints of Symposium on Liquid Crystals   10 Sep 1993   
Takahashi Kazue, Ishibashi Shigeki, Yamamoto Fumio
Preprints of Symposium on Liquid Crystals   11 Sep 1992   
石橋重喜, 高橋和枝, 山本二三男
液晶討論会講演予稿集   Sep 1992   
高橋和枝, 小林尚吾, 山本二三男
高分子学会予稿集   May 1992   
松元史朗, 津留信二, 高橋和枝
高分子学会予稿集   Oct 1990   
高橋和枝, 松元史朗, 津留信二, 山本二三男
高分子学会予稿集   Oct 1990