深谷昌弘

J-GLOBALへ         更新日: 19/03/14 15:26
 
アバター
研究者氏名
深谷昌弘
所属
北里大学
部署
医学部解剖学教室 医学系研究科 (研究院)
職名
講師
学位
博士(医学)(北海道大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2010年5月
 - 
現在
北里大学医学部 講師
 
2008年
 - 
2010年4月
北海道大学 医学(系)研究科(研究院) 助教
 
2007年
   
 
北海道大学 医学研究科・大学院 助教
 
2006年
   
 
北海道大学 大学院医学研究科 助手
 
2005年
 - 
2007年
北海道大学 医学(系)研究科(研究院) 助手
 

受賞

 
2008年3月
日本解剖学会 平成19年度日本解剖学会奨励賞 AMPA型およびNMDA型グルタミン酸受容体の細胞内局在制御機構に関する分子解剖学的研究
 
2004年3月
北海道大学医学研究科 第23回高桑栄松奨学基金奨励賞 NMDA 型グルタミン酸受容体のシナプス局在制御機構に関する分子解剖学的研究
 

論文

 
Fukaya M, Fukushima D, Hara Y, Sakagami H
Journal of Neurochemistry   129(1) 21-36   2014年4月   [査読有り]
Ohtani Y, Miyata M, Hashimoto K, Tabata T, Kishimoto Y, Fukaya M, Kase D, Kassai H, Nakao K, Hirata T, Watanabe M, Kano M, Aiba A
The Journal of Neuroscience   34(7) 2702-2712   2014年   [査読有り]
Yazaki Y, Hara Y, Tamaki H, Fukaya M, Sakagami H
Brain Research   1557 55-65   2014年   [査読有り]
Sakagami H, Katsumata O, Hara Y, Tamaki H, Watanabe M, Harvey RJ, Fukaya M
Journal of Comparative Neurology   521(4) 860-876   2013年   [査読有り]
Kang S, Li Y, Fukaya M, Lorenzini I, Cleveland DW, Ostrow LW, Rothenstein JD, Bergles DE
Nature Neuroscience   16(5) 571-579   2013年   [査読有り]
Hughes EG, Kang SH, Fukaya M, Bergles DE
Nature Neuroscience   16(6) 668-676   2013年   [査読有り]
Hara Y, Fukaya M, Tamaki H, Sakagami S
European Journal of Neuroscience   38(5) 2659-2671   2013年   [査読有り]
Watanabe Y, Katayama N, Takeuchi K, Togano T, Ito R, Sato M, Yamazaki M, Abe M, Sato T, Oda K, Yokoyama M, Takao K, Fukaya M, Miyakawa T, Watanabe M, Sakimura K, Manabe T, Igarashi M
Journal of Biological Chemistry   288(48) 34906-34919   2013年   [査読有り]
Kageyama Y, Zhang Z, Roda R, Fukaya M, Wakabayashi J, Wakabayashi N, Kelsler TW, Reddy H, Iijima M, Sesaki H
Journal of Cell Biology   197(4) 535-551   2012年   [査読有り]
Tamaki H, Sanda M, Katsumata O, Hara Y, Fukaya M, Sakagami H
FEBS letters   586(19) 3064-3070   2012年   [査読有り]
Nakata Y, Yasuda T, Fukaya M, Yamamori S, Itakura M, Nihira T, Hayakawa H, Kawanami A, Kataoka M, Nagai M, Sakagami H, Takahashi M, Mizuno Y, Mochizuki H
The Journal of Neuroscience   32(48) 17186-17196   2012年   [査読有り]
Fukaya M, Kamata A, Hara Y, Tamaki H, Katsumata O, Ito N, Takeda S, Hata Y, Suzuki T, Watanabe M, Harvey RJ, Sakagami H
Journal of Neurochemistry   116(6) 1122-1137   2011年3月   [査読有り]
Hida Y, Fukaya M, Hagiwara A, Deguchi-Tawarada M, Yoshioka T, Kitajima I, Inoue E, Watanabe M, Ohtsuka T
Journal of Biochemistry   149(6) 693-700   2011年   [査読有り]
DeBiase LM, Kang SH, Potter E, Fukaya M, Pucak M, Rowich D, Mishina M, Calabresi P, Bergles DE
The Journal of Neuroscience   31(35) 12650-12662   2011年   [査読有り]
Kang S, Fukaya M, Yang JK, Rothenstein JD, Bergles DE
Neuron   68(4) 668-681   2010年6月   [査読有り]
Fujikawa K, Iwata T, Inoue K, Akahori M, Kadotani H, Fukaya M, Watanabe M, Chang Q, Barnett EM, Swat W
PloS one   5 e9050   2010年2月   [査読有り]
Yamazaki M, Fukaya M, Hashimoto K, Yamasaki M, Tsujita M, Itakura M, Abe M, Natsume R, Takahashi M, Kano M, Sakimura K, Watanabe M
European Journal of Neuroscience   31 2204-2220   2010年   [査読有り]
Kitanishi T, Sakai J, Kojima S, Saitoh S, Inokuchi K, Fukaya M, Watanabe M, Matsuki N, Yamada MK
Genes to cells   15(7) 737-747   2010年   [査読有り]
Wakabayashi J, Zhang Z, Wakabayashi N, Tamura Y, Fukaya M, Kensler TW, Iijima M, Sesaki H
The Journal of cell biology   186(6) 805-816   2009年9月   [査読有り]
Akashi K, Kakizaki T, Kamiya H, Fukaya M, Yamasaki M, Abe M, Natsume R, Watanabe M, Sakimura K
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   29 10869-10882   2009年9月   [査読有り]

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
興奮性シナプス後部に局在するIQ-ArfGEFの機能的役割の解明
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究B)
研究期間: 2011年 - 2012年    代表者: 深谷昌弘
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2007年 - 2008年
本研究課題では、抑制性ニューロンにおいて発現するNMDA受容体の調節サブユニットであるNR2DおよびNR3Aサブユニットに着目し、その発現細胞と細胞内局在、関与する神経回路網、シナプス可塑性への関与の有無を明らかにすることを目的として研究を行っている。当該年度は、マウス大脳皮質、海馬、小脳領域での抑制制ニューロンにおけるNMDA受容体NR2DおよびNR3Aサブユニットに対する特異抗体を用いた局在解析を蛍光多重免疫染色法や免疫電子顕微鏡法を用いて行った。その結果、大脳皮質のNR2Dサブユニッ...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2006年 - 2007年
本研究では小脳バーグマングリアに発現するAMPA型グルタミン酸受容体およびその結合分子であるStargazinファミリー(TARPs)の詳細な細胞内局在解析を行い、バーグマングリアに発現するStargazinファミリーであるγ5サブユニットのノックアウトマウスを用いて、バーグマングリアでのAMPA型グルタミン酸受容体の発現調節機構を分子解剖学的に明らかにすることを目的として研究を行った。その結果、バーグマングリアに発現するAMPA型グルタミン酸受容体とγ5は共に平行線維および登上線維が形成...
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2005年 - 2006年
本研究では小脳バーグマングリアに発現するAMPA受容体の詳細な細胞内局在を明らかにし、神経細胞でのAMPA受容体局在制御機構との比較を行い、その細胞表面発現機構へのstargazinファミリー蛋白の関与を明らかにすることを目的として研究を行った。
まず、小脳バーグマングリアに発現するAMPA受容体のサブユニットであるGluRα1とGluRα4の局在解析を行った。その結果、AMPA受容体は平行線維とプルキンエ細胞の興奮性シナプスの周囲に豊富に存在し、特にシナプス間隙近傍のバーグマングリア細胞...