中川栄二

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/01 10:57
 
アバター
研究者氏名
中川栄二
 
ナカガワ エイジ
eメール
nakagawancnp.go.jp
URL
http://www.ncnp.go.jp/hospital/sd/shouni/staff.html
所属
国立精神・神経医療研究センター病院
部署
小児神経科
職名
特命副院長、てんかんセンター長、外来部長
学位
医学博士

プロフィール

1989年 筑波大学 医学部卒業
1989年 滋賀医科大学 小児科研修医
1992年 国立精神・神経センター武蔵病院 小児神経科レジデント
1998年 カナダ ブリティシュ・コロンビア大学 神経科留学
2000年 獨協医科大学小児科 講師
2003年 国立精神・神経センター病院 小児神経科医長
2014年 国立精神・神経医療研究センター病院 外来部長
2018年 同 特命副院長、てんかんセンター長

専門分野:小児神経、てんかん、発達障害
専門医:小児科学会専門医、小児神経学会専門医、てんかん学会専門医、
臨床遺伝専門医、小児精神神経学会認定医、日本臨床薬理学会指導医、
ICD、子どもの心相談医

研究分野

 
 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
国立精神・神経医療研究センター病院 特命副院長、てんかんセンター長
 
2014年6月
 - 
現在
国立精神・神経医療研究センター病院 外来部長
 
2010年4月
 - 
現在
国立精神・神経医療研究センター病院 小児神経科 医長
 
2003年4月
 - 
2010年3月
国立精神・神経センター武蔵病院 小児神経科 医長
 
2000年10月
 - 
2003年3月
獨協医科大学 小児科 講師
 

委員歴

 
 
 - 
現在
日本小児科学会  和文誌編集委員
 
 
 - 
現在
日本小児神経学会  理事、評議員、社会保険・薬事委員会委員長、脳と発達副編集長、ホームページ委員
 
 
 - 
現在
日本重症心身障害学会  評議員、学会誌編集委員
 
 
 - 
現在
日本てんかん学会  理事、評議員、分類・用語委員長、てんかん専門医療施設検討委員
 
 
 - 
現在
日本小児保健協会  発達障害への対応委員
 
 
 - 
現在
日本てんかん協会東京支部  ともしび編集委員
 
 
 - 
現在
日本ADHD学会  理事
 

受賞

 
2000年
日本てんかん学会 JUHN AND MARY WADA賞(基礎部門)
 
2014年
てんかん治療研究振興財団 てんかん研究褒章受賞
 

論文

 
Takeshita E, Komaki H, Tachimori H, Miyoshi K, Yamamiya I, Shimizu-Motohashi Y, Ishiyama A, Saito T, Nakagawa E, Sugai K, Sasaki M
Brain & development   40(10) 918-925   2018年11月   [査読有り]
Takeguchi R, Haginoya K, Uchiyama Y, Fujita A, Nagura M, Takeshita E, Inui T, Okubo Y, Sato R, Miyabayashi T, Togashi N, Saito T, Nakagawa E, Sugai K, Nakashima M, Saitsu H, Matsumoto N, Sasaki M
Brain & development   40(8) 728-732   2018年9月   [査読有り]
Ueda R, Shimizu-Motohashi Y, Sugai K, Takeshita E, Ishiyama A, Saito T, Komaki H, Nakagawa E, Sasaki M
Epilepsy & behavior : E&B   84 122-126   2018年7月   [査読有り]
Kawarai T, Miyamoto R, Nakagawa E, Koichihara R, Sakamoto T, Mure H, Morigaki R, Koizumi H, Oki R, Montecchiani C, Caltagirone C, Orlacchio A, Hattori A, Mashimo H, Izumi Y, Mezaki T, Kumada S, Taniguchi M, Yokochi F, Saitoh S, Goto S, Kaji R
Parkinsonism & related disorders   52 55-61   2018年7月   [査読有り]
Sumitomo N, Ishiyama A, Shibuya M, Nakagawa E, Kaneko Y, Takahashi A, Otsuki T, Kakita A, Saito Y, Sato N, Sugai K, Sasaki M
Neuropathology : official journal of the Japanese Society of Neuropathology   38(3) 300-304   2017年12月   [査読有り]
Yasumura A, Omori M, Fukuda A, Takahashi J, Yasumura Y, Nakagawa E, Koike T, Yamashita Y, Miyajima T, Koeda T, Aihara M, Tachimori H, Inagaki M
Journal of attention disorders   1087054717740632   2017年11月   [査読有り]
Ishiyama A, Sakai C, Matsushima Y, Noguchi S, Mitsuhashi S, Endo Y, Hayashi YK, Saito Y, Nakagawa E, Komaki H, Sugai K, Sasaki M, Sato N, Nonaka I, Goto YI, Nishino I
Neurology. Genetics   3(5) e184   2017年10月   [査読有り]
Hanai S, Sukigara S, Dai H, Owa T, Horike SI, Otsuki T, Saito T, Nakagawa E, Ikegaya N, Kaido T, Sato N, Takahashi A, Sugai K, Saito Y, Sasaki M, Hoshino M, Goto YI, Koizumi S, Itoh M
The American journal of pathology   187(5) 1177-1185   2017年5月   [査読有り]
Kitamura Y, Komori T, Shibuya M, Ohara K, Saito Y, Hayashi S, Sasaki A, Nakagawa E, Tomio R, Kakita A, Nakatsukasa M, Yoshida K, Sasaki H
Brain pathology (Zurich, Switzerland)   28(1) 87-93   2016年11月   [査読有り]
Kubota K, Shimizu-Motohashi Y, Saito T, Akatsuka S, Takeshita E, Ishiyama A, Komaki H, Nakagawa E, Sugai K, Sasaki M
Brain & development   38(4) 392-398   2016年4月   [査読有り]
Koichihara R, Saito T, Ishiyama A, Komaki H, Yuasa S, Saito Y, Nakagawa E, Sugai K, Shiihara T, Shioya A, Saito Y, Higuchi Y, Hashiguchi A, Takashima H, Sasaki M
Brain & development   38(3) 350-353   2016年3月   [査読有り]
Fujita A, Waga C, Hachiya Y, Kurihara E, Kumada S, Takeshita E, Nakagawa E, Inoue K, Miyatake S, Tsurusaki Y, Nakashima M, Saitsu H, Goto YI, Miyake N, Matsumoto N
Clinical genetics      2016年2月   [査読有り]
Honda R, Saito Y, Okumura A, Abe S, Saito T, Nakagawa E, Sugai K, Sasaki M
Epileptic disorders : international epilepsy journal with videotape   17(4) 425-435   2015年12月   [査読有り]
Motoki T, Shimizu-Motohashi Y, Komaki H, Mori-Yoshimura M, Oya Y, Takeshita E, Ishiyama A, Saito T, Nakagawa E, Sugai K, Murata M, Sasaki M
Neuromuscular disorders : NMD   25(10) 754-757   2015年10月   [査読有り]
Okubo M, Fujita A, Saito Y, Komaki H, Ishiyama A, Takeshita E, Kojima E, Koichihara R, Saito T, Nakagawa E, Sugai K, Yamazaki H, Kusaka K, Tanaka H, Miyake N, Matsumoto N, Sasaki M
American journal of medical genetics. Part A   167(5) 1100-1106   2015年5月   [査読有り]
Goto M, Saito Y, Honda R, Saito T, Sugai K, Matsuda Y, Miyatake C, Takeshita E, Ishiyama A, Komaki H, Nakagawa E, Sasaki M, Uto C, Kikuchi K, Motoki T, Saitoh S
Brain & development   37(2) 216-222   2015年2月   [査読有り]
Kubota K, Saito Y, Ohba C, Saitsu H, Fukuyama T, Ishiyama A, Saito T, Komaki H, Nakagawa E, Sugai K, Sasaki M, Matsumoto N
Brain & development   37(1) 158-162   2015年1月   [査読有り]
Saito Y, Baba S, Takahashi A, Sone D, Akashi N, Koichihara R, Ishiyama A, Saito T, Komaki H, Nakagawa E, Sugai K, Sasaki M, Otsuki T
Brain & development   37(1) 175-178   2015年1月   [査読有り]
Murata Y, Watanabe O, Taniguchi G, Sone D, Fujioka M, Okazaki M, Nakagawa E, Watanabe Y, Watanabe M
Epilepsy & behavior case reports   4 91-93   2015年   [査読有り]
Saito Y, Aoki Y, Takeshita E, Saito T, Sugai K, Komaki H, Nakagawa E, Ishiyama A, Takanoha S, Wada S, Sasaki M
Brain & development   36(10) 878-883   2014年11月   [査読有り]
Sukigara S, Dai H, Nabatame S, Otsuki T, Hanai S, Honda R, Saito T, Nakagawa E, Kaido T, Sato N, Kaneko Y, Takahashi A, Sugai K, Saito Y, Sasaki M, Goto Y, Koizumi S, Itoh M
Journal of neuropathology and experimental neurology   73(8) 798-806   2014年8月   [査読有り]
Takahashi J, Yasumura A, Nakagawa E, Inagaki M
Neuroreport   25(8) 618-624   2014年5月   [査読有り]
Irahara K, Saito Y, Sugai K, Nakagawa E, Saito T, Komaki H, Nakata Y, Sato N, Baba K, Yamamoto T, Chan WM, Andrews C, Engle EC, Sasaki M
Pediatric neurology   50(4) 384-388   2014年4月   [査読有り]
Saito Y, Matsuda Y, Sugai K, Nakagawa E, Ishiyama A, Saito T, Komaki H, Sasaki M, Miyata A
Brain & development   36(4) 337-341   2014年4月   [査読有り]
Okanari K, Miyahara H, Itoh M, Takahashi A, Aizaki K, Nakagawa E, Otsuki T, Izumi T
Journal of child neurology   29(3) 415-420   2014年3月   [査読有り]
Goto M, Komaki H, Saito T, Saito Y, Nakagawa E, Sugai K, Sasaki M, Nishino I, Goto Y
Brain & development   36(2) 180-182   2014年2月   [査読有り]
Yasumura A, Kokubo N, Yamamoto H, Yasumura Y, Nakagawa E, Kaga M, Hiraki K, Inagaki M
Brain & development   36(2) 97-106   2014年2月   [査読有り]
Endo Y, Saito Y, Otsuki T, Takahashi A, Nakata Y, Okada K, Hirozane M, Kaido T, Kaneko Y, Takada E, Okazaki T, Enokizno T, Saito T, Komaki H, Nakagawa E, Sugai K, Sasaki M
Brain & development   36(1) 74-79   2014年1月   [査読有り]
Shiraishi H, Haginoya K, Nakagawa E, Saitoh S, Kaneko Y, Nakasato N, Chan D, Otsubo H
Brain & development   36(1) 21-27   2014年1月   [査読有り]
[Clinical trial of the infant in Japan].
Nakagawa E
No to hattatsu. Brain and development   45(6) 428   2013年11月   [査読有り]
Nakamura K, Kato M, Osaka H, Yamashita S, Nakagawa E, Haginoya K, Tohyama J, Okuda M, Wada T, Shimakawa S, Imai K, Takeshita S, Ishiwata H, Lev D, Lerman-Sagie T, Cervantes-Barragán DE, Villarroel CE, Ohfu M, Writzl K, Gnidovec Strazisar B, Hirabayashi S, Chitayat D, Myles Reid D, Nishiyama K, Kodera H, Nakashima M, Tsurusaki Y, Miyake N, Hayasaka K, Matsumoto N, Saitsu H
Neurology   81(11) 992-998   2013年9月   [査読有り]
Otsuki T, Honda R, Takahashi A, Kaido T, Kaneko Y, Nakai T, Saito Y, Itoh M, Nakagawa E, Sugai K, Sasaki M
Brain & development   35(8) 802-809   2013年9月   [査読有り]
Ishiyama A, Komaki H, Saito T, Saito Y, Nakagawa E, Sugai K, Itagaki Y, Matsuzaki K, Nakura M, Nishino I, Goto Y, Sasaki M
Brain & development   35(7) 654-659   2013年8月   [査読有り]
Kodera H, Kato M, Nord AS, Walsh T, Lee M, Yamanaka G, Tohyama J, Nakamura K, Nakagawa E, Ikeda T, Ben-Zeev B, Lev D, Lerman-Sagie T, Straussberg R, Tanabe S, Ueda K, Amamoto M, Ohta S, Nonoda Y, Nishiyama K, Tsurusaki Y, Nakashima M, Miyake N, Hayasaka K, King MC, Matsumoto N, Saitsu H
Epilepsia   54(7) 1262-1269   2013年7月   [査読有り]
Saito T, Saito Y, Sugai K, Nakagawa E, Komaki H, Okazaki T, Ishido Y, Kaneko Y, Kaido T, Takahashi A, Ohtsuki T, Sakuma H, Sasaki M
Brain & development   35(6) 531-539   2013年6月   [査読有り]
Nagai S, Saito Y, Endo Y, Saito T, Sugai K, Ishiyama A, Komaki H, Nakagawa E, Sasaki M, Ito K, Saito Y, Sukigara S, Ito M, Goto Y, Ito S, Matsuoka K
Journal of neurology   260(5) 1263-1271   2013年5月   [査読有り]
Nakata Y, Sato N, Hattori A, Ito K, Kimura Y, Kamiya K, Shigemoto Y, Nakagawa E, Sasaki M, Ohtomo K
Japanese journal of radiology   31(4) 253-261   2013年4月   [査読有り]
Ohashi T, Kobayashi I, Ooe H, Nakagawa E
Child's nervous system : ChNS : official journal of the International Society for Pediatric Neurosurgery   29(2) 255-261   2013年2月   [査読有り]
Liang QC, Otsuki T, Takahashi A, Enokizono T, Kaido T, Kaneko Y, Nakagawa E, Sugai K, Sasaki M
Neurologia medico-chirurgica   53(1) 47-52   2013年   [査読有り]
Maruyama S, Saito Y, Nakagawa E, Saito T, Komaki H, Sugai K, Sasaki M, Kumada S, Saito Y, Tanaka H, Minami N, Goto Y
Journal of neurology   259(11) 2329-2334   2012年11月   [査読有り]
Honda R, Saito Y, Nakagawa E, Sugai K, Sukigara S, Sasaki M, Kaneko Y, Gunji A, Suzuki K
Brain & development   34(10) 886-890   2012年11月   [査読有り]
Kawabata T, Komaki H, Saito T, Saito Y, Nakagawa E, Sugai K, Sasaki M, Hayashi YK, Nishino I, Momomura M, Kizawa T, Imagawa T, Yokota S
Brain & development   34(10) 877-880   2012年11月   [査読有り]
Hiyane M, Saito Y, Saito T, Komaki H, Nakagawa E, Sugai K, Sasaki M, Sato N, Yamamoto T, Imai Y
Brain & development   34(9) 787-791   2012年10月   [査読有り]
Takeshita E, Nakagawa E, Nakatani K, Sasaki M, Goto Y
Brain & development   34(9) 776-779   2012年10月   [査読有り]
Kaido T, Otsuki T, Kakita A, Sugai K, Saito Y, Sakakibara T, Takahashi A, Kaneko Y, Saito Y, Takahashi H, Honda R, Nakagawa E, Sasaki M, Itoh M
Journal of neurosurgery. Pediatrics   10(3) 217-225   2012年9月   [査読有り]
Sakakibara T, Sukigara S, Saito T, Otsuki T, Takahashi A, Kaneko Y, Kaido T, Saito Y, Sato N, Kimura Y, Nakagawa E, Sugai K, Sasaki M, Goto Y, Itoh M
Journal of neuropathology and experimental neurology   71(8) 741-749   2012年8月   [査読有り]
Arai A, Saito T, Hanai S, Sukigara S, Nabatame S, Otsuki T, Nakagawa E, Takahashi A, Kaneko Y, Kaido T, Saito Y, Sugai K, Sasaki M, Goto Y, Itoh M
Brain research   1470 89-97   2012年8月   [査読有り]
Shi X, Yasumoto S, Kurahashi H, Nakagawa E, Fukasawa T, Uchiya S, Hirose S
Brain & development   34(7) 541-545   2012年8月   [査読有り]
Fukumura S, Saito Y, Saito T, Komaki H, Nakagawa E, Sugai K, Sasaki M, Oka A, Takamisawa I
Developmental medicine and child neurology   54(7) 663-666   2012年7月   [査読有り]
Honda S, Hayashi S, Nakane T, Imoto I, Kurosawa K, Mizuno S, Okamoto N, Kato M, Yoshihashi H, Kubota T, Nakagawa E, Goto Y, Inazawa J
American journal of medical genetics. Part A   158A(6) 1292-1303   2012年6月   [査読有り]
Irahara K, Nakagawa E, Honda R, Sugai K, Sasaki M, Kaido T, Kaneko Y, Takahashi A, Otsuki T
Italian journal of pediatrics   38 15   2012年5月   [査読有り]
Nakayama T, Nabatame S, Saito Y, Nakagawa E, Shimojima K, Yamamoto T, Kaneko Y, Okumura K, Fujie H, Uematsu M, Komaki H, Sugai K, Sasaki M
Seizure   21(4) 295-299   2012年5月   [査読有り]
Shimizu-Fujiwara M, Komaki H, Nakagawa E, Mori-Yoshimura M, Oya Y, Fujisaki T, Tokita Y, Kubota N, Shimazaki R, Sato K, Ishikawa T, Goto K, Mochizuki H, Takanoha S, Ogata K, Kawai M, Konagaya M, Miyazaki T, Tatara K, Sugai K, Sasaki M
Brain & development   34(3) 206-212   2012年3月   [査読有り]
Hattori A, Komaki H, Kawatani M, Sakuma H, Saito Y, Nakagawa E, Sugai K, Sasaki M, Hayashi YK, Nonaka I, Nishino I
Neuromuscular disorders : NMD   22(2) 149-151   2012年2月   [査読有り]
Sukigara S, Liang WC, Komaki H, Fukuda T, Miyamoto T, Saito T, Saito Y, Nakagawa E, Sugai K, Hayashi YK, Sugie H, Sasaki M, Nishino I
Neuromuscular disorders : NMD   22(2) 162-165   2012年2月   [査読有り]
Honda S, Satomura S, Hayashi S, Imoto I, Nakagawa E, Goto Y, Inazawa J, Japanese Mental Retardation Consortium
Journal of human genetics   57(1) 73-77   2012年1月   [査読有り]
Yonekawa T, Nakagawa E, Takeshita E, Inoue Y, Inagaki M, Kaga M, Sugai K, Sasaki M, Kaido T, Takahashi A, Otsuki T
Epilepsy & behavior : E&B   22(4) 697-704   2011年12月   [査読有り]
Imataka G, Nakagawa E, Yamanouchi H, Arisaka O
Cell biochemistry and biophysics   61(3) 699-701   2011年12月   [査読有り]
Takeshita E, Saito Y, Nakagawa E, Komaki H, Sugai K, Sasaki M, Nezu A, Kitamura J, Itoh M, Sawano Y, Goto Y
Journal of the neurological sciences   308(1-2) 168-172   2011年9月   [査読有り]
Irahara K, Saito Y, Sugai K, Nakagawa E, Saito T, Komaki H, Nabatame S, Kaneko Y, Hotate M, Sasaki M
Epilepsy research   96(1-2) 185-189   2011年9月   [査読有り]
Mizuno T, Sasaki M, Komaki H, Sakuma H, Saito Y, Nakagawa E, Sugai K, Saito Y, Nonaka I, Sawaishi Y
Brain & development   33(8) 692-696   2011年9月   [査読有り]
Komaki H, Hayashi YK, Tsuburaya R, Sugie K, Kato M, Nagai T, Imataka G, Suzuki S, Saitoh S, Asahina N, Honke K, Higuchi Y, Sakuma H, Saito Y, Nakagawa E, Sugai K, Sasaki M, Nonaka I, Nishino I
Neuromuscular disorders : NMD   21(8) 563-568   2011年8月   [査読有り]
Sakuma H, Katayama A, Saito Y, Komaki H, Nakagawa E, Sugai K, Sasaki M
Brain & development   33(5) 442-444   2011年5月   [査読有り]
Saito Y, Kubota M, Kurosawa K, Ichihashi I, Kaneko Y, Hattori A, Komaki H, Nakagawa E, Sugai K, Sasaki M
Brain & development   33(5) 437-441   2011年5月   [査読有り]
Mizuno T, Nakagawa E, Sakuma H, Saito Y, Komaki H, Sugai K, Sasaki M, Takahashi A, Otsuki T, Sakihara K, Inagaki M
Child's nervous system : ChNS : official journal of the International Society for Pediatric Neurosurgery   27(3) 479-483   2011年3月   [査読有り]
Saito T, Hanai S, Takashima S, Nakagawa E, Okazaki S, Inoue T, Miyata R, Hoshino K, Akashi T, Sasaki M, Goto Y, Hayashi M, Itoh M
Cerebral cortex (New York, N.Y. : 1991)   21(3) 588-596   2011年3月   [査読有り]
Hanai S, Komaki H, Sakuma H, Nakagawa E, Sugai K, Sasaki M, Oya Y, Higurashi N, Hamano S
Brain & development   33(2) 161-165   2011年2月   [査読有り]
Aizaki K, Sugai K, Saito Y, Nakagawa E, Sasaki M, Aoki Y, Matsubara Y
Brain & development   33(2) 166-169   2011年2月   [査読有り]
Nabatame S, Saito Y, Sakuma H, Komaki H, Nakagawa E, Sugai K, Sasaki M, Uchiyama K, Kosaka M
Epilepsy research   91(2-3) 283-288   2010年10月   [査読有り]
Sasaki M, Nakagawa E, Sugai K, Shimizu Y, Hattori A, Nonoda Y, Sato N
Brain & development   32(9) 776-782   2010年10月   [査読有り]
Honda S, Hayashi S, Imoto I, Toyama J, Okazawa H, Nakagawa E, Goto Y, Inazawa J
Journal of human genetics   55(9) 590-599   2010年9月   [査読有り]
Saeki K, Saito Y, Komaki H, Sakakibra T, Nakagawa E, Sugai K, Sakuma H, Sasaki M, Honda T, Hayashi H, Katori N, Miyahara Y
Brain & development   32(7) 556-563   2010年8月   [査読有り]
Saito Y, Sugai K, Nakagawa E, Sakuma H, Komaki H, Sasaki M, Hoshino K
Brain & development   32(7) 583-587   2010年8月   [査読有り]
Kita Y, Gunji A, Sakihara K, Inagaki M, Kaga M, Nakagawa E, Hosokawa T
PloS one   5(6) e11050   2010年6月   [査読有り]
Hanai S, Saito T, Nakagawa E, Arai A, Otsuki T, Sasaki M, Goto Y, Itoh M
Seizure   19(5) 274-279   2010年6月   [査読有り]
Hanai S, Okazaki K, Fujikawa Y, Nakagawa E, Sugai K, Sasaki M, Otsuki T
Brain & development   32(6) 499-501   2010年6月   [査読有り]
Kaido T, Otsuki T, Kaneko Y, Takahashi A, Kakita A, Takahashi H, Saito Y, Nakagawa E, Sugai K, Sasaki M
Seizure   19(4) 256-259   2010年5月   [査読有り]
Kometani H, Sugai K, Saito Y, Nakagawa E, Sakuma H, Komaki H, Sasaki M, Adachi Y, Kaneko Y, Otsuki T, Hamano S
Brain & development   32(5) 412-416   2010年5月   [査読有り]
Honda S, Orii KO, Kobayashi J, Hayashi S, Imamura A, Imoto I, Nakagawa E, Goto Y, Inazawa J
Journal of human genetics   55(4) 244-247   2010年4月   [査読有り]
Nonoda Y, Saito Y, Itoh M, Nakagawa E, Sugai K, Takahashi A, Otsuki T, Saito Y, Arima K, Mizuguchi M, Goto Y, Sasaki M
Journal of the neurological sciences   287(1-2) 52-59   2009年12月   [査読有り]
Shimojima K, Komoike Y, Tohyama J, Takahashi S, Páez MT, Nakagawa E, Goto Y, Ohno K, Ohtsu M, Oguni H, Osawa M, Higashinakagawa T, Yamamoto T
Genomics   94(6) 414-422   2009年12月   [査読有り]
Tokutomi T, Wada T, Nakagawa E, Saitoh S, Sasaki M
American journal of medical genetics. Part A   149A(11) 2560-2563   2009年11月   [査読有り]
Shi X, Yasumoto S, Nakagawa E, Fukasawa T, Uchiya S, Hirose S
Brain & development   31(10) 758-762   2009年11月   [査読有り]
Sakakibara T, Nakagawa E, Saito Y, Sakuma H, Komaki H, Sugai K, Sasaki M, Kurahashi H, Hirose S
Epilepsia   50(9) 2158-2162   2009年9月   [査読有り]
Arai A, Mitsuhashi S, Saito Y, Komaki H, Sakuma H, Nakagawa E, Sugai K, Sasaki M, Robertson SP, Nishimura G, Yamamoto T, Nonaka I, Nishino I
Neuromuscular disorders : NMD   19(7) 485-488   2009年7月   [査読有り]
Shinozaki Y, Osawa M, Sakuma H, Komaki H, Nakagawa E, Sugai K, Sasaki M, Goto Y
Brain & development   31(6) 469-472   2009年6月   [査読有り]
Sato K, Nakagawa E, Saito Y, Komaki H, Sakuma H, Sugai K, Sasaki M, Kaido T, Nakama H, Otsuki T
Brain & development   31(6) 452-455   2009年6月   [査読有り]
[Serious complications of intraventricular interferon-alpha and ribavirin in the treatment of subacute sclerosing panencephalitis].
Sato K, Nakagawa E, Nonoda Y, Arai A, Sakuma H, Komaki H, Sugai K, Sasaki M
No to hattatsu. Brain and development   41(3) 224-228   2009年5月   [査読有り]
Saeki K, Saito Y, Sugai K, Nakagawa E, Komaki H, Sakuma H, Sasaki M, Kaneko Y
Epilepsia   50(5) 1274-1279   2009年5月   [査読有り]
Nakayama T, Otsuki T, Kaneko Y, Nakama H, Kaido T, Otsubo H, Nakagawa E, Sasaki M, Sugai K
Epilepsy research   84(2-3) 263-267   2009年4月   [査読有り]
Miyahara A, Saito Y, Sugai K, Nakagawa E, Sakuma H, Komaki H, Sasaki M
Epilepsy research   84(2-3) 201-209   2009年4月   [査読有り]
Saito Y, Sugai K, Nakagawa E, Sakuma H, Komaki H, Sasaki M, Maegaki Y, Ohno K, Sato N, Kaneko Y, Otsuki T
Journal of the neurological sciences   277(1-2) 37-49   2009年2月   [査読有り]
Imataka G, Ogino M, Nakagawa E, Yamanouchi H, Arisaka O
Neurologia medico-chirurgica   48(7) 318-321   2008年7月   [査読有り]
Takano K, Nakagawa E, Inoue K, Kamada F, Kure S, Goto Y, Japanese Mental Retardation Consortium
American journal of medical genetics. Part B, Neuropsychiatric genetics : the official publication of the International Society of Psychiatric Genetics   147B(4) 479-484   2008年6月   [査読有り]
Kim SU, Nagai A, Nakagawa E, Choi HB, Bang JH, Lee HJ, Lee MA, Lee YB, Park IH
Methods in molecular biology (Clifton, N.J.)   438 103-121   2008年   [査読有り]
Imamura Y, Fujikawa Y, Komaki H, Nakagawa E, Sugai K, Sato N, Sasaki M
No to hattatsu. Brain and development   39(1) 59-62   2007年1月   [査読有り]
Imataka G, Nakagawa E, Kuwashima S, Watanabe H, Yamanouchi H, Arisaka O
Congenital anomalies   46(3) 160-162   2006年9月   [査読有り]
Yamanouchi H, Imataka G, Nakagawa E, Nitta A, Suzuki N, Hirao J, Suzumura H, Watanabe H, Arisaka O, Eguchi M
Brain & development   27(5) 370-377   2005年8月   [査読有り]
Yamanouchi H, Ota T, Imataka G, Nakagawa E, Eguchi M
Pediatric neurology   28(5) 382-384   2003年5月   [査読有り]
Yamanouchi H, Ota T, Imataka G, Hagiwara Y, Nakagawa E, Eguchi M
Journal of child neurology   17(6) 448-450   2002年6月   [査読有り]

Misc

 
【新薬が変える子ども医療-薬物の使い分けと作用機序】 新しく開発された薬 神経・発達障害 てんかん部分発作 ラコサミド、ペランパネル
中川 栄二
小児内科   50(10) 1558-1562   2018年10月
<Key Points>(1)ラコサミドは、Na+チャネルを阻害し神経細胞の過度な興奮を抑える作用を現す。(2)ラコサミドは、既存のNa+チャネル阻害作用を現す抗てんかん薬とは異なり、緩徐なNa+チャネル不活性化により抗てんかん作用を現す。(3)ペランパネルは、グルタミン酸が作用するAMPA受容体への拮抗作用により、神経細胞の過度な興奮を抑える作用を現す。(4)ペランパネルは、ほかの抗てんかん薬で効果が不十分であるような難治性の部分発作(二次性全般化発作を含む)や強直・間代発作に効果が期待...
【小児のてんかん治療-てんかん診療ガイドライン2018を受けて-】 小児てんかんの疾患別の薬物療法
中川 栄二
小児科臨床   71(10) 1669-1675   2018年10月
新しいてんかん・発作分類 全般てんかん
中川 栄二
てんかん研究   36(2) 370-371   2018年9月
てんかん地域診療連携体制整備事業
中川 栄二, 齋藤 貴志, 岩崎 真樹, 岡崎 光俊, 須貝 研司
てんかん研究   36(2) 344-344   2018年9月
てんかんと発達障害の包括的診断と治療 てんかんと自閉スペクトラム症の診断と治療
中川 栄二
てんかん研究   36(2) 326-327   2018年9月
神経発達症とてんかん
中川 栄二
てんかん研究   36(2) 306-306   2018年9月
【てんかん診療Update】 てんかんの定義と新類型・分類
中川 栄二
Pharma Medica   36(8) 13-17   2018年8月
【小児処方の新潮流】 小児てんかんの治療up to date
中川 栄二
東京小児科医会報   37(1) 8-14   2018年7月
てんかん罹患率は約0.8〜1.0%であり、全てんかんの約2/3は小児期に発症する。小児では一時的な発作消失が得られる確率が成人よりも高いが、発作の一時的な寛解が認められるが再発が多く思春期などで経過が変動しやすい。小児期に発症するてんかんは多彩であり、その臨床像や予後はそれぞれ一様ではない。発達障害(神経発達症)ではてんかんの併存率が高く、自閉スペクトラム症(ASD)で約5〜38%、注意欠如多動症(ADHD)では約12〜17%にてんかんが併存する。またてんかん児の約20%でASD、約30%...
注意欠如多動症と併存症におけるグアンファシンの臨床効果
中川 栄二
脳と発達   50(Suppl.) S338-S338   2018年5月
発達障害に併存する睡眠障害とVPA治療効果
白久 博史, 中川 栄二, 加賀 佳美, 北 洋輔, 稲垣 真澄
脳と発達   50(Suppl.) S323-S323   2018年5月
てんかんの治療Update:新規抗てんかん薬の使い方 エキスパートオピニオン わが国における新規抗てんかん薬開発と小児への適応
中川 栄二
脳と発達   50(Suppl.) S162-S162   2018年5月
【けいれん・意識障害】 けいれん・意識障害への救急対応 静注用レベチラセタムの使い方と注意点
中川 栄二
小児内科   50(4) 491-494   2018年4月
<Key Points>(1)LEV静注薬(イーケプラ点滴静注薬)は、一時的に経口投与ができない患者に対するLEV経口製剤の代替療法である。(2)部分発作(二次性全般化発作を含む)、ほかの抗てんかん薬で十分な効果が認められない強直間代発作に対する抗てんかん薬との併用療法である。(3)ほかの抗てんかん薬との相互作用がなく、治療薬物モニタリング(TDM)を必要としない。(4)LEV静注薬から経口内服薬への切り替えが容易である。(著者抄録)
【診断と治療のABC[130]発達障害】 (第4章)臨床的見立て 発達障害とてんかん
中川 栄二
最新医学   別冊(発達障害) 130-138   2018年1月
発達障害ではてんかんの併存率は高く、自閉スペクトラム症(ASD)で5〜38%、注意欠如・多動症(ADHD)では12〜17%にてんかんが併存する。ASDでは知的障害を伴うほど併存率が高く、発作は幼児期や思春期に発症しやすい。発達障害児では定型発達児と比べて睡眠障害の合併が多い。定型発達児の睡眠障害は26〜32%であるが、ASDでは53〜78%、ADHDでは25〜50%に睡眠障害の報告がある。小児で明らかに睡眠時間が短く睡眠障害があるときは、常同行動、不安、注意力低下、攻撃性が増強する。発達障...
【診断と治療のABC[130]発達障害】 バルプロ酸
中川 栄二
最新医学   別冊(発達障害) 72-73   2018年1月
小児の睡眠関連病態
福水 道郎, 亀井 雄一, 三島 和夫, 中川 栄二, Hayes Marie J.
小児保健研究   76(6) 515-520   2017年11月
神経発達症における抗てんかん薬の臨床効果
中川 栄二
臨床薬理   48(Suppl.) S345-S345   2017年11月
自閉症スペクトラム障害の緊張病に電気けいれん療法が効果的であった1例
高折 徹, 中川 栄二
日本児童青年精神医学会総会抄録集   58回 185-185   2017年10月
注意欠陥・多動性障害(ADHD)児の病態解明と神経生理学的マーカーの開発 脳波周波数解析と事象関連電位による検討
加賀 佳美, 斎藤 良彦, 大井 雄平, 田中 美歩, 土井 裕一朗, 中川 栄二, 稲垣 真澄
国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所年報   (30) 238-238   2017年10月
前頭葉欠神てんかんの併存症と治療
中川 栄二
てんかん研究   35(2) 528-528   2017年9月
発達障害と睡眠障害
中川 栄二
日本発達障害学会研究大会発表論文集   52回 117-117   2017年8月
【てんかんをもつ子どもと家族への支援 将来を見据えた支援を考える】 知っておきたい知識 てんかんの定義・検査・診断
中川 栄二
小児看護   40(7) 778-785   2017年7月
【小児の睡眠関連疾患】 睡眠関連疾患と発達障害
中川 栄二
睡眠医療   11(2) 237-244   2017年6月
発達障害児では定型発達児と比べて睡眠障害の合併が多い。定型発達児の睡眠障害は26〜32%であるが、自閉スペクトラム症(ASD)では53〜78%、注意欠如・多動症(ADHD)では25〜50%に睡眠障害の報告がある。入眠潜時の延長、睡眠時間の減少、中途覚醒、早期覚醒といった不眠がみられている。小児で明らかに睡眠時間が短く睡眠障害があるときは常同行動、不安、注意力低下、攻撃性が増強する。発達障害では、てんかんや脳波異常の併存頻度が高く、発症の原因の1つに脳機能障害が考えられている。ADHDおよび...
【発達障害支援の今日的トピックス-薬物療法の潮流、現代を生きる生活への支援】 発達障害における薬物治療
中川 栄二
発達障害医学の進歩   (29) 1-9   2017年6月
発達障害の易興奮性、衝動性、睡眠障害に対するバルプロ酸の効果
岩渕 恵美, 中川 栄二, 竹下 絵里, 本橋 裕子, 石山 昭彦, 齋藤 貴志, 小牧 宏文, 須貝 研司, 佐々木 征行
脳と発達   49(Suppl.) S463-S463   2017年5月
注意欠如・多動性障害児における行動抑制機能 Go/NoGo課題試行中のNIRSと事象関連電位の同時計測による検討
加賀 佳美, 大井 雄平, 田中 美歩, 齋藤 良彦, 中川 栄二, 稲垣 真澄
脳と発達   49(Suppl.) S461-S461   2017年5月
小児側頭葉てんかん手術例の臨床的特徴
竹口 諒, 須貝 研司, 竹下 絵里, 本橋 裕子, 石山 昭彦, 齋藤 貴志, 小牧 宏文, 中川 栄二, 佐々木 征行, 高橋 章夫, 大槻 泰介, 池谷 直樹, 金子 裕, 岩崎 真樹
脳と発達   49(Suppl.) S377-S377   2017年5月
前頭葉欠神てんかんと注意欠如多動症併存例の検討
中川 栄二
脳と発達   49(Suppl.) S354-S354   2017年5月
発達障害の睡眠障害における入眠時脳波異常と薬物治療
中川 栄二, 岩渕 恵美, 山本 寿子, 加賀 佳美, 稲垣 真澄
脳と発達   49(Suppl.) S273-S273   2017年5月
結節性硬化症(TSC)の症例に発症する発達障害・精神障害 結節性硬化症の睡眠について 睡眠専門医の文献的考察から
福水 道郎, 中川 栄二
脳と発達   49(Suppl.) S167-S167   2017年5月
結節性硬化症(TSC)の症例に発症する発達障害・精神障害 TSCにおける発達障害・精神障害 薬物療法
中川 栄二
脳と発達   49(Suppl.) S166-S166   2017年5月
小児の睡眠関連病態
福水 道郎, 亀井 雄一, 三島 和夫, 中川 栄二, Hayes Marie J.
小児保健研究   76(講演集) 99-99   2017年5月
発達障害の臨床症状に関する包括的疫学調査
稲垣 真澄, 北 洋輔, 鈴木 浩太, 中川 栄二, 宮島 祐, 芦沢 文子
先進医薬研究振興財団研究成果報告集   2016年度 6-7   2017年3月
中川栄二
月刊精神科   30(2) 117‐123-123   2017年2月
睡眠障害、意欲低下、知的退行の増悪を認めた自閉症スペクトラム障害例
植松 賢司, 中川 栄二, 竹下 絵里, 本橋 裕子, 石山 昭彦, 斎藤 貴志, 小牧 宏文, 須貝 研司, 佐々木 征行
てんかん研究   34(3) 657-657   2017年1月
高橋孝治, 中川栄二, 竹下絵里, 本橋裕子, 石山昭彦, 齋藤貴志, 小牧宏文, 須貝研司, 北洋輔, 高橋章夫, 大槻泰介, 佐々木征行
てんかん研究   34(3) 619‐627(J‐STAGE)   2017年
中川栄二
小児内科   48(12) 1990‐1992-1992   2016年12月
<Key Points>(1)筋ジストロフィーでは筋症状のほか、知的障害、自閉症スペクトラム障害、注意欠如・多動性障害などの発達障害を伴うことが多い。(2)筋ジストロフィーでは呼吸器疾患、心疾患での生命予後の改善とともに、併存する中枢神経症状や精神症状への包括的な医療連携が大切である。(著者抄録)
大脳皮質形成異常切除後に精神症状と失語をきたした男児例
中川 栄二, 笠原 麻里
日本児童青年精神医学会総会抄録集   57回 216-216   2016年10月
中川栄二
てんかん研究   34(2) 493-493   2016年9月
山本寿子, 中川栄二, 北洋輔, 竹下絵里, 本橋裕子, 石山昭彦, 齋藤貴志, 小牧宏文, 須貝研司, 稲垣真澄, 佐々木征行
てんかん研究   34(2) 526-526   2016年9月
元木崇裕, 中川栄二, 小一原玲子, 高橋幸利, 竹下絵里, 石山昭彦, 齋藤貴志, 小牧宏文, 須貝研司, 佐々木征行
脳と発達   48(4) 277‐281-281   2016年7月
てんかん発症までの発達は問題なかった。6歳9ヵ月頃より全般性強直間代発作、ミオクローヌス発作を認め、てんかんと診断され抗てんかん薬が開始された。7歳2ヵ月時、長時間脳波で明らかな発作時脳波異常を認めず偽発作の可能性も考慮され一旦抗てんかん薬が中止された。発作は改善せず、次第に歩行困難となり発語が減少し食事や排泄に介助が必要となった。半年間で知能指数(IQ)が92から52まで低下した。7歳8ヵ月時、当院入院時には、全般性強直間代発作やミオクローヌス発作が連日群発していた。各種抗てんかん薬に対...
中川栄二
認知神経科学   18(2) 92-92   2016年6月
中川栄二
小児科   57(7) 859‐866   2016年6月
新井麻子, 新井麻子, 中川栄二
小児科   57(7) 961‐965-965   2016年6月
症例は4歳女児で、生直後より筋緊張低下、および特異顔貌多発奇形を認めた。吸綴が不良なため経管栄養管理となった。生後3ヵ月頃より体幹、四肢にリング状の襞を認め、ミシュランタイヤ児症候群と診断した。徐々に襞は顕著になり、2歳頃最も著明になったが、以後次第に軽快した。1歳まで経管栄養を施行したが、その後経口摂取可能となった。運動発達の遅滞を認め、2歳で座位可能となったが、つかまり立ちなどは認めていなかった。また精神発達の遅滞もあり、有意語はなかった。FISH解析を行ったところ、46,XX,ish...
中川栄二
小児内科   48(5) 731‐734-734   2016年5月
<Key Points>(1)薬物治療は、家族指導や環境調整を第一としたうえで家族に過剰な負担や生活の破綻がある場合に検討すべきである。(2)薬物治療は、常に子ども自身のメリットを考えてから投与を考える必要がある。(3)抗精神病薬の漫然とした投与は、成長期の小児の発達に影響を及ぼす危険性があることを意識して投与を行う必要がある。(著者抄録)
自閉性症状に対する脳波に基づく薬物治療の検討
中川 栄二
脳と発達   48(Suppl.) S316-S316   2016年5月
中川栄二
認知神経科学   18(1) 9‐14   2016年4月
古島わかな, 古島わかな, 中川栄二, 小牧宏文, 須貝研司, 佐々木征行
日本重症心身障害学会誌   41(1) 125-130   2016年4月   [査読有り]
急性肺炎に伴う低酸素血症後に一過性のミオクローヌスを呈したダウン症候群児を経験した。発熱と気道症状の出現後、第3病日より傾眠、顔色不良、第4病日に低酸素血症、意識レベルの低下を認め、第5病日より四肢と頭部にミオクローヌスが出現した。頭部MRIと脳波に新たな異常所見はなく、髄液5-HIAAは軽度高値であった。意識レベルの改善と随意運動の増加に伴いミオクローヌスは増悪したが、第9病日をピークに自然軽快し、約1ヵ月で病前の状態に回復した。ダウン症候群では、セロトニン機能の異常を基盤に持つため、低...
発達障害における睡眠障害の検討
澁谷 郁彦, 中川 栄二
小児の精神と神経   56(1) 74-75   2016年4月
中川 栄二
認知神経科学   18(1) 9-14   2016年4月
発達障害とは、先天的な様々な要因によって乳児期から幼時期にかけてその特性が現れ始める発達遅延であり、主な発達障害には、知的障害(ID)、自閉スペクトラム症(ASD)、学習障害(LD)や注意欠陥多動性障害(ADHD)などがある。発達障害ではてんかんの併存や脳波異常を認める割合は高く、抗てんかん薬の治療効果が報告されている。自験例220例での検討では、脳波異常76%、てんかん併存40%、睡眠障害を34%に認めた。脳波異常は、入眠時に前頭部優位の高振幅鋭波や徐波、高振幅律動性速波がASDで55%...
発達障害における睡眠障害の検討
澁谷 郁彦, 中川 栄二
小児の精神と神経   56(1) 74-75   2016年4月
深部白質虚血を回避した運動野およびその近傍のてんかん外科手術の1例
池谷 直樹, 大槻 泰介, 開道 貴信, 金子 裕, 高橋 章夫, 齋藤 貴志, 中川 栄二, 須貝 研司, 佐々木 征行
てんかん研究   33(3) 709-709   2016年1月
中川栄二, 中川栄二, 大久保真理子, 久保田一生, 小橋孝介, 澁谷郁彦, 大森幹真, 安村明, 福田亜矢子, 稲垣真澄
発達障害の包括的診断・治療プログラム開発に関する研究 平成25-27年度 総括研究報告書   51-53   2016年
稲垣真澄, 安村明, 福田亜矢子, 大森幹真, 大森幹真, 奥村安寿子, 鈴木浩太, 北洋輔, 中川栄二
発達障害の包括的診断・治療プログラム開発に関する研究 平成25-27年度 総括研究報告書   7‐11   2016年
岩渕恵美, 山本寿子, 竹下絵里, 中川栄二
日本小児精神神経学会プログラム・抄録集   116th 37   2016年
中川栄二
臨床薬理   46(Supplement) S139-S139   2015年11月
久保田一生, 仲村貞郎, 稲垣真澄, 中川栄二, 中川栄二
小児科臨床   68(11) 2083-2088   2015年11月
注意欠如・多動性障害(ADHD)ではしばしば脳波異常を認め、薬物治療として抗精神病薬の他、抗てんかん薬の併用が精神症状や睡眠障害に治療効果を認めることを経験する。しかしながら、脳波異常を伴うADHDに対する薬物治療の一定の見解は得られていない。今回、ADHD患者の脳波異常と薬剤投与の有効性について検討した。対象はADHD患者50例で、てんかんの合併の有無、睡眠時脳波、抗てんかん薬や抗精神病薬の内服状況について後方視的に検討した。てんかんの合併は36%、脳波異常は前頭部優位に脳波異常を86%...
安村明, 安村明, 中川栄二, 山下裕史朗, 宮島祐, 小枝達也, 相原正男, 小池敏英, 稲垣真澄
臨床神経生理学   43(5) 346   2015年10月
発達障害児の非侵襲的脳機能評価の現在地(これまで)と目的地(これから) 近赤外分光法(NIRS)を用いたADHD児における認知機能の発達的変化
安村 明, 中川 栄二, 山下 裕史朗, 宮島 祐, 小枝 達也, 相原 正男, 小池 敏英, 稲垣 真澄
臨床神経生理学   43(5) 346-346   2015年10月
澁谷郁彦, 中川栄二
日本小児精神神経学会プログラム・抄録集   114th 42-42   2015年10月
中川栄二
てんかん研究   33(2) 414-415   2015年9月
中川栄二
てんかん治療研究振興財団研究年報   26 31-40   2015年9月
中川栄二
小児内科   47(9) 1481-1484   2015年9月
双極性障害を併存したMLCの1例
中川 栄二
日本児童青年精神医学会総会抄録集   56回 P04-3   2015年9月
てんかん性脳症における免疫グロブリン療法の効果
中川 栄二, 竹下 絵里, 石山 昭彦, 齋藤 貴志, 小牧 宏文, 須貝 研司, 佐々木 征行
てんかん研究   33(2) 522-522   2015年9月
片側巨脳症における機能的半球離断術後の非罹患側の脳波経過と発達
高橋 孝治, 中川 栄二, 竹下 絵里, 本橋 裕子, 石山 昭彦, 齋藤 貴志, 小牧 宏文, 須貝 研司, 佐々木 征行, 高橋 章夫, 大槻 泰介
てんかん研究   33(2) 510-510   2015年9月
Myoclonic encephalopathy in nonprogressive disordersの3例
上田 理誉, 中川 栄二, 大野 武, 渋谷 郁彦, 粟嶋 勇也, 高橋 佳代子, 杉森 光子, 竹下 絵里, 本橋 裕子, 石山 昭彦, 齋藤 貴志, 小牧 宏文, 須貝 研司, 佐々木 征行
てんかん研究   33(2) 454-454   2015年9月
【てんかん】 ピンポイント小児医療 てんかんの治療 抗てんかん薬の作用機序
中川 栄二
小児内科   47(9) 1481-1484   2015年9月
<Key Points>(1)てんかん診断を明確にし、発作型に応じた薬剤を選択する。(2)作用機序を考慮した薬剤を選択する。(3)併存する精神・神経症状を考慮した薬剤を選択する。(4)十分量の抗てんかん薬を少ない種類で維持する。(著者抄録)
中川栄二, 澁谷郁彦, 竹下絵里, 石山昭彦, 齋藤貴志, 小牧宏文, 須貝研司, 佐々木征行
日本重症心身障害学会誌   40(2) 221-221   2015年8月
福本裕, 望月規央, 三山健司, 榎園崇, 中川栄二, 小澤慎太郎, 岡田尚巳
日本環境感染学会誌   30(4) 249-256   2015年7月
中川栄二
日本発達障害学会研究大会発表論文集   50th 87-87   2015年7月
中川栄二
認知神経科学   17(2) 90   2015年6月
精神・神経症状からみるてんかん 発達障害とてんかん
中川 栄二
認知神経科学   17(2) 90-90   2015年6月
発達障害における脳波異常と薬物治療の検討
中川 栄二
小児保健研究   74(講演集) 196-196   2015年5月
注意欠如多動性障害における脳波異常と薬物治療の検討
久保田 一生, 中川 栄二
小児の精神と神経   55(1) 60-61   2015年4月
中川栄二, 小嶋瑛美子, 元木崇裕
小児科診療   78(2) 247-252   2015年2月
発達障害に対する脳波異常および薬物療法(EEG abnormality and pharmacotherapy for developmental disorders)
中川 栄二, 仲村 貞郎, 久保田 一生, 大久保 真理子, 安村 明, 稲垣 真澄
日本小児科学会雑誌   119(2) 225-225   2015年2月
【けいれん性疾患の最新の治療】 最近の進歩 てんかんの免疫療法
中川 栄二, 小嶋 瑛美子, 元木 崇裕
小児科診療   78(2) 247-252   2015年2月
Rasmussen症候群や辺縁系脳炎などの自己免疫性脳炎に対しては初期治療としてステロイド療法、免疫グロブリン療法などが行われる。自己免疫性てんかんに対しても同様の免疫療法が施行され、その有効性が報告されている。またてんかん性脳症発症から、免疫療法開始までの期間が短いほど治療への反応性がよいと報告されており、早期診断および早期治療が重要と考えられる。(著者抄録)
元木崇裕, 中川栄二, 小一原玲子, 竹下絵里, 石山昭彦, 齋藤貴志, 小牧宏文, 須貝研司, 佐々木征行, 高橋幸利
てんかん研究   32(3) 598-599   2015年1月
高橋純一, 高橋純一, 安村明, 中川栄二, 稲垣真澄
認知神経科学   16(3/4) 179-187   2015年1月
安村明, 高橋純一, 高橋純一, 福田亜矢子, 中川栄二, 稲垣真澄
認知神経科学   16(3/4) 171-178   2015年1月
発達障害の診断と治療 生理学的指標に基づいた知見 ADHD児における実行機能の検討 干渉抑制機能の観点から
安村 明, 高橋 純一, 福田 亜矢子, 中川 栄二, 稲垣 真澄
認知神経科学   16(3-4) 171-178   2015年1月
近年、注意欠如・多動性障害(ADHD)の中核症状として実行機能障害が着目されている。我々はこれまでにADHD児の特性を抽出するため、実行機能のうち意味干渉や色干渉に対する抑制機能について行動学的ならびに前頭部脳機能を検討してきた。今回、多施設共同研究により、脳機能定量評価法がADHDの診断補助に有用か否か検討した。ADHD児38例(年齢:10.4±2.3、12例服薬)及び年齢・性別・利き腕・及び非言語性知能をマッチング(p>0.1)したTD児46例(年齢:10.2±1.7)を解析対象とした...
眞柄慎一, 眞柄慎一, 眞柄慎一, 高橋章夫, 斎藤義朗, 中川栄二, 開道貴信, 金子裕, 佐々木征行, 大槻泰介
てんかん研究   32(3) 541-547 (J-STAGE)   2015年
稲垣真澄, 相原正男, 軍司敦子, 宮島祐, 山下裕史朗, 中川栄二, 小池敏英, 小枝達也
精神・神経疾患研究開発費による研究報告集(2年度班・初年度班) 平成26年度   98-119   2015年
中川栄二, 開道貴信, 須貝研司, 玉浦明美, 岡崎光俊, 高橋章夫, 稲垣真澄, 伊藤雅之, 星野幹雄
精神・神経疾患研究開発費による研究報告集(2年度班・初年度班) 平成26年度   20-41   2015年
小林瑛美子, 中川栄二, 宮武千晴, 竹下絵里, 石山昭彦, 齋藤貴志, 小牧宏文, 須貝研司, 佐々木征行
てんかん研究   33(1) 76‐82 (J‐STAGE)   2015年
大久保真理子, 中川栄二, 竹下絵里, 石山昭彦, 齋藤貴志, 小牧宏文, 須貝研司, 三山健司, 佐々木征行
日本重症心身障害学会誌   39(3) 477-480   2014年12月
湯浅正太, 中川栄二, 竹下絵里, 石山昭彦, 齋藤貴志, 斎藤義朗, 小牧宏文, 須貝研司, 佐々木征行, 福本裕, 望月規央
日本重症心身障害学会誌   39(3) 427-433   2014年12月
仲村貞郎, 中川栄二, 安村明, 稲垣真澄
臨床医薬   30(11) 957-962   2014年11月
脳波異常を伴った発達障害に対する薬物治療について検討した。てんかん73例を含む発達障害患者125例を対象とした。脳波異常は95例(76.0%)に認め、てんかん合併は73例(58.4%)であった。抗精神病薬はリスペリドン(RIS)、アリピラゾール(ARP)、メチルフェニデート(MPH)、アトモキセチン(ATX)、抗てんかん薬はカルバマゼピン(CBZ)、クロナゼパム(CZP)、バルプロ酸(VPA)、ラモトリギン(LTG)が投与された。ASDでは、抗てんかん薬は16例中13例と多く使用され、有意...
注意欠如多動性障害における脳波異常と薬物治療の検討
久保田 一生, 中川 栄二
日本小児精神神経学会プログラム・抄録集   112回 26-26   2014年11月
中川栄二
小児の精神と神経   54(3) 250-250   2014年10月
中川栄二
てんかん研究   32(2) 328-328   2014年9月
中川栄二, 宮武千晴, 高橋章夫, 竹下絵里, 石山昭彦, 齋藤貴志, 小牧宏文, 須貝研司, 大槻泰介, 佐々木征行
てんかん研究   32(2) 403-403   2014年9月
発達障害における脳波異常の検討
久保田 一生, 中川 栄二, 仲村 貞郎, 小一原 玲子, 竹下 絵里, 石山 昭彦, 齋藤 貴志, 小牧 宏文, 須貝 研司, 佐々木 征行
てんかん研究   32(2) 413-413   2014年9月
【神経症候群(第2版)-その他の神経疾患を含めて-】 先天異常/先天奇形 染色体異常・先天奇形症候群 X連鎖精神遅滞症候群 非症候性X連鎖知的障害
中川 栄二
日本臨床   別冊(神経症候群IV) 427-433   2014年9月
高橋純一, 安村明, 中川栄二, 稲垣真澄
国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所年報   (27) 240-240   2014年8月
大久保真理子, 中川栄二, 竹下絵里, 本橋裕子, 石山昭彦, 齋藤貴志, 小牧宏文, 須貝研司, 三山健司, 佐々木征行
日本重症心身障害学会誌   39(2) 334   2014年8月
食道異物が2ヵ月間滞留していた重度知的障害児の1例
大久保 真理子, 中川 栄二, 竹下 絵里, 本橋 裕子, 石山 昭彦, 齋藤 貴志, 小牧 宏文, 須貝 研司, 三山 健司, 佐々木 征行
日本重症心身障害学会誌   39(2) 334-334   2014年8月

担当経験のある科目